茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック

ホワイトニング

ホワイトニング(歯牙漂白)について

ホワイトニング(歯牙漂白)は、さまざまな原因で変色した歯を削ることなく白くできることが最大の特徴です。歯を白くする治療法としては、この他、セラミックの冠を作る方法、ラミネートベニアを歯面に接着する方法があります。


歯を削る量は、ホワイトニング→ラミネートベニア→セラミックと多くなりますが、白さの追求では、逆の順番になりセラミックが最も自由度が高くなります。したがって、ホワイトニングは“歯を削りたくないけど白くしたい”、“自分の歯の色が悪く悩んでいる”といった方にお勧めの方法です。ただし、ホワイトニングは“まっ白”な歯になる治療ではないことを覚えていただきたいのです。どこまで白くなるかは、変色した原因や個人差もあり、あまり白くならない場合もあるからです。「まず2~3回やってみて、納得できるようなら続けてみよう」と少し気楽な気持ちくらいがおすすめです。あまり効果がないようであれば、ラミネートベニアやセラミックなどの他の治療を選択してください。したがって、当院では気軽に治療を受けていただくべく、歯科医院で行うオフィスブリーチは治療費を1本の歯につき1000円に設定しております。


ホワイトニング(歯牙漂白)
ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスブリーチと自宅で行うホームブリーチがあり、どちらの方法もあなたの歯を美しく白くすることができます。


オフィスブリーチ
オフィスブリーチ
歯面清掃
歯肉および周囲組織の保護

薬剤に強い刺激性や組織腐食性があるために行います。

薬剤の塗布ならびに光照射
薬剤を除去し洗浄
研磨

以上のような処置は、約40分の時間がかかります。次回以降は1週間の間隔を開けて合計3~5回繰り返すことで白い歯にすることができます。
処置後の注意として、24時間は喫煙や着色の可能性のある飲食物(コーヒー、カレー等)を摂らないことや、歯がしみるといった知覚過敏を生じることがあるので、このような症状が生じたときは、一時中止し症状が消えてから再開することがよいでしょう。

ホームブリーチ
ホームブリーチ
歯面清掃
模型作製(歯列の型取り)
ブリーチングトレーの作成

薬剤を確実に歯列にとどめておくためのものです。

ホワイトニング

期間は1日約2時間、最長2週間です。

メインテナンス

ホワイトニングは、歯科医院で行うことが一般的ですが、ホームブリーチの利点として通院の必要がなく、自分のペースで行うことができるといった点があげられます。
1日2時間程度(連続2時間あるいは朝、夕各1時間など)2週間の期間が必要なことから、オフィスブリーチ同様、色の濃い食品、飲料を控え続けることや、誤った使用による不十分な効果が考えられます。
不快事項として知覚過敏、歯肉の痛み、喉の灼熱感、顎関節の痛みを生じることもあります。費用としては、歯面清掃、トレー製作、使用方法の説明、薬剤の購入すべて合わせて35000円です。

メインテナンス

ホワイトニング(歯牙漂白)は、歯を白くすることがゴールではなくメインテナンスが重要です。なぜなら1度白くしても後戻りといってかならず効果が薄れてくるからです。そのためには、控えるべき食品や飲料を理解することや6ヵ月に1度のチェックを受け、必要があれば追加のホワイトニングを行うことで効果を持続させることができます。