茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

とんで、とんで、とんで!
すくすく元気に成長中のスズメ達、アッという間に手に負えなくなります。
何しろ私には羽根も無く、空も飛べず、虫を取ることもできないのですから。

数日前まで、小さな箱の中で餌をねだっていたかと思えば、今度は箱の縁に飛び乗り我先に奪い合います。
そうかと思えば羽根をバサバサさせながら、飛ぶ練習を兼ねてのおねだりも始まりました。

「飛ぶなよ!飛ぶなよ!飛んじゃだめだからな!」と言い聞かせながらの餌やりです。
次の日には私の忠告も無視して、本当に飛び始めやがった!

バサバサバサ・・・
「だから、飛んじゃダメ!って言ってるでしょ!」と言いながら部屋の中を追いかけます。
「あ~、こんな所にうんこして!」と言ってはウエットティッシュで拭き取ります。

2羽のスズメを確保すると「そうだ!」と閃き、スーパーで見かける買い物かごを被せ「これでしばらく安心だ!」と一息着きました。

しばらくすると、「あれ~、お前ら何飛んでるの?」と、部屋の中を飛び回るスズメを追うと狭い物陰に入り込んだではありませんか!

どう確保する?
餌でおびき寄せる?
お腹はいっぱいらしく上手くいきません。

ライトで照らすと広い場所へと誘導でき、再び確保。
何故逃げ出したのかと買い物かごをよく見ると、取っ手の部分はスズメが通れるくらいの大きさになっているのを見つけ、ラップとテープで塞ぎ逃げ出し防止策を完了。

そろそろ野生に返す頃だと悟りました。
心配なことは、今のところ自ら食べようとしないこと!

ごはんは自動的に口の中に入ってくるものだと感じている節があり、野生に返しても生き抜けない可能性が大なのです。
今、自宅駐車場に小鳥の餌を撒き自ら食べる訓練をしています。

小石や撒いてある餌をついばむ様子を見ていると「やっぱり本能がさせるのかな?」と頼もしく、何とか生き延びる可能性を感じホッとします。

でもね、しばらく見守っているとチョコチョコと私の近くまで寄ってくるのです。
そして、すっかり親ばかになった私は「食べるか!」と言っては練り餌を口に運んでしまうのです。
だってとっても可愛いのです!

しかし、この感情を押し殺して明日はいよいよ放鳥です!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
すくすく元気に
先週保護したスズメ達の続報です。
すっかり弱った状態で保護した2羽のスズメ、食べ物を口元に持っていくと大きな口を開けます。

そこで、「ホレ!」と奥に流し込んでやると「ゴクリ」と飲み込み、鳴き声を上げる元気も出てきた。
どうやら危機は脱した模様。

そして翌日、ホームセンターで練り餌を購入し、爪楊枝の柄の部分を使い小さな団子を作り口元に持っていくと、あっという間に「パクリ」と食べてもらえるまでに回復。

2羽のスズメ達が一生懸命、先を争い食べる姿を見られるようになったのです。
ただ、気懸かりなのが1羽は高い所から落ちた際に足を痛めたようで、うまく歩くことができなかったのです。

もう一羽も背中に傷を負い化膿したりしないかとも心配していました。
ところが、数日もすると傷は跡形も無いくらいまで治り、歩くことが困難であった1羽も歩いているではありませんか!
何という回復力!

これなら2羽とも野生に戻せるかもしれないと希望を持つことができました。
週の半ばになると飽きもせず1日中鳴き声を上げ、私の気配を感じると「何か食わせろ!」「早く寄こせ!」と一層激しく鳴き始めます。

そして、体格差も出始め、足の悪い方がひと回り小さく、大きな方がしゃしゃり出て餌に食いつきます。
その姿は、人間が手を使って相手を抑え、出てこれない様にするのと全く同じで、羽根を広げてバサバサさせることで独り占めしようとするのです。

そんな仕草を観察しながら「ホ~ラ、ちびすけ!」と言っては小さな方を贔屓するのは世の常です。
ここ数日は羽根を延ばしてバタバタさせることで羽ばたく練習や箱のヘリに上り餌をねだるなど、いよいよ手がつけられなくなる様相を呈してまいりました。

でも、クチバシはまだまだ子供のままで「ほら、つついてごらん?」と小鳥の餌を置いても食べられません!

とにかく、私の姿に敏感に反応してくれる今の時間がこれからも長く続いてくれると幸せなんですが・・・
その一方で悲しい報告もあるのです。

スズメ達を保護した翌日の朝、やはり同じ場所にまた2羽のスズメを見つけました。
1羽は既に力尽き、もう1羽もアリがたかった状態でぐったりしているのを見つけたのです。

何とか助けようとしたのですが力及ばず、この2羽は救うことができませんでした。
何らかの原因で夜間に落ちてしまい、冷え込んだ夜に長時間放置されたことが明暗を分けてしまったのでしょう。

運、不運は何事にも付き物ですが、神様の気まぐれによる不運は、どんなものでも御免こうむりたいものです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
えらいことに!
今期のNHK朝ドラの主人公は“すずめ”です。
そして、今現在私の手元にはスズメがいます。

しかも、部屋の中に2羽!
事の始まりは、夕方の雷雨に伴う強風でした。
今日は日中30℃を超える暑い日だったにもかかわらず、夕方には急激に気温が下がり強い風も吹き始めてきました。

土曜日で早めに診療も終わり、ちょっと早いかなと思いながらも、ブーちゃんにご飯を食べさせ、お散歩まで付き合うサービスまでしてあげ自宅に帰って来ました。

玄関に向かう途中、建物の端で何かが動いているのに気付きました。
「蝶がジタバタしているのか?」と近づき、よく見ると“ヒナ”と思われるスズメがバタバタしているのが目に入りました。しかも2羽!

きっと先程の強風で巣の中から運悪く落下してしまったのでしょう!
ほっといたら絶体死んでしまうし、巣は高いところにあるらしく、しかも場所もわからない!

「ダメもとで保護するしかないか!」と小さな箱にティッシュペーパーを敷き詰め自宅に持ち帰りました。
僅かに動くのみで、鳴き声を上げることも無く「だめかもしれない」と感じながらも、“何かしてあげなければいけない”と早速動き始めました。

“何か食べさせなければ”と考え、ブーちゃんのおやつを細かく砕き、水と砂糖を加えた即席の練り餌さを作成し、小さなシリンジに詰め先を鈍化させた注射針を付け、口元を刺激するように食べさせてあげようと試みました。

見つけた時には、アリがたかりはじめる程弱っていたので、口を開ける元気もなかったのです。
少しでも栄養が補給できればと口元に置くと、僅かに飲み込む様子が見られ少し期待が持てました。

次は保温だと使い捨てカイロを箱の底に置き、箱全体を温めるよう工夫してみました。
時間を空けて何度か繰り返すと元気を取り戻し、餌を近づけると進んで口を開け、飲み込むようになり、目も開け、鳴き声も上げるようになったのです。

今、1時間おきに餌をあげていますが今後どうなるのでしょう?
このまま成長して大勢の仲間と仲良く暮らせるようにしてあげられれば最高なのですが!

例え、うまくいかなくても“ひもじい思い”をして、冷たくなってしまうよりは遥かにましでしょう。
どうやらスズメは減少の一途をたどり保護されるべき状態らしいです。
何とか、このまま大きくしてあげたいものです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
漢方薬
前回のブログにおいて「わたしはビョーキ!」との題で多汗症について綴ってみました。

すると思いもかけないことに、汗っかきである私のために、ある方から「ボツリヌスよりも漢方薬の方が効くよ!」と、わざわざ来院し資料を持参して頂きました。
誠に感謝です!

実は私、既に漢方薬をなんだかんだと1年程服用しています。
目的ですか?
「そりゃ、当然、若々しさを保つために決まっています。」

そもそも、口腔外科医として勤務していた大学病院時代にも漢方薬を臨床で使っていました。
入院患者さんや外来通院している患者さんに病状というより症状に合わせた漢方薬を処方していたのです。
病棟では悪性腫瘍の治療で体力を消耗した方たち、外来では顎関節症や口腔乾燥症で悩んでいる人にといった感じで使っていたのです。

で、実際はというと、「どうでしたか?」と効果の程を聞くと、決まって「いや~、苦くて苦くて、とても続けられません!」

「他の薬なら何でも飲めますが、この薬だけは勘弁です!」といった声が圧倒的だった記憶です。
しかも、漢方薬の処方は難しい漢字をズラズラ書く必要があり、製薬会社担当者から「先生!ツ○○の××番と書いてもらえれば結構です。お手間は取らせません!」なんてことを言われた記憶もあります。
肝心の効能効果ですが、「う~ん、どうだろう?」が素直な感想です。

苦い苦いと言われ、長期間服用してもらえなかったし、同時に併用した他の薬剤や療法が効果的だった可能性もあるため詳細不明です。

ちなみに、私が飲んでいる漢方薬は苦くないので1年間続けて来られました。
効果の程はというと1年前の私と比較して
1「う~ん、若いかも?」
2「変わんないかな~?」
3「老けたんじゃないの?」
の3つの中から判断していただければ、漢方薬の効果に対する判断基準になると思います。

そもそもにおいて、私は、漢方薬の服用に関わらず永遠に若いつもりですよ!
でも「あ~、腰痛え~」が口癖です。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
わたしはビョーキ?
昔からの習慣で、私も新聞に目を通すことを日課としています。

先日、読んでいたら「え~、わたしはビョーキなの?」と思える記事を見つけたので綴ってみましょう。

子供の頃から、自分はとてつもない汗っかきで、これが当たり前のように日々を過ごしてきました。
ブログの中でも、一般的な人と比較して適温と感じる気温が数度違うとか、診療中は汗をかきすぎるのでハチマキが必須アイテムであると表明してきました。

ところが、新聞記事によるとどうやら私は“頭部の多汗症”ではないか?と思えるようになり、読み進むに従い自分のことを言われている気分となりました。

学生の頃には「これだけ汗をかき過ぎるのは、どこか異常があるのではないか?」とお医者さんに聞いたこともあったし、本当の話として、実家から電車通学、通勤の折には、冷房の効いていない満員電車に乗ったときは、大量の汗のため一駅ごとに電車から降りて汗を拭き、次の電車を待ってまた一駅乗ってなんて経験を何度もしたことがありました。
これは数分おきに電車が来るからできた裏技で、真壁周辺の電車で試したら「明日からお前は来なくていい!」と言われてしまいます。

まあ、「汗をかかない方が病的で、かき過ぎるのは代謝が良いからで、汗っかきは健康の証拠!」とズ~と思っていました。

そして、私が罹患しているかもしれない“頭部の多汗症”は今一つ治療の決め手に欠け、効果的治療が難しいもののようです。

ところが近年、ボツリヌス毒素注射が臨床試験で効果抜群なことが判明し、この治療により大量の汗から解放され、涼しい顔になれるんだそうだ。

私も、暑い中で涼しい顔をしている人を見ると羨ましく「あんな風になれたら楽だろうな」と思ったし、一人だけ汗だくで「暑い暑い!と団扇をあおいでいるのも迷惑だよな!」と感じたことも数知れずです。

ただ、このボツリヌス注射も効果は半年ほどで、継続しないと元に戻るそうな。
半年だけでも涼しい顔の世界を体験できれば、今後の人生観も変わるかもしれないと思う新聞記事でした。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)