茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

エンガチョ
私が小さな頃、友達が汚いものを触ったところを見た時、「おまえ、エンガチョ!」と言っては楽しんでいました。
決して“いじめ”のように執拗にはやし立てるようなことはありませんでしたが、誰かが言い出すと「エンガチョ、エンガチョ」と言って「エンガチョ、カギ閉めた!」などと遊んでいました。

つい先日、エンガチョを連想する体験をしたので綴ってみます。
その日は私の年に一度の健康診断の日でした。
朝早く起床し、必要な素材を持ち健診会場へと向かいました。

健診はレントゲン写真やら心電図検査やら定番とも言える検査を行い、いよいよ血液検査のため採血する段になったのですが、エンガチョは採血のための針を刺すその時に起こりました。

「アルコールにアレルギーはありませんか?」と聞かれ「いいえ、ありません。」と私が答え、そして腕に駆血帯が巻かれました。
看護師と思われる人がグローブをして肘をアルコール綿で消毒、“どの血管にしようかな”と指で触りまたアルコール綿で消毒。

そしてまた“何処の血管にしようかな”と指で血管のある部位を触りアルコール綿で消毒、そしてまた指で血管の感触を確かめ“此処にした!”と決めたのか、いきなり針を刺して採血を始めました。

その瞬間、私は心の中で「バカ野郎、エンガチョじゃないか!」と憤っていました。
これを読んでいるあなた、なぜエンガチョなのか解りますか?
アルコール綿で消毒したら針を刺すまで触ったらだめでしょう!

せっかく消毒した所をまた触ったら不潔となり、何のために消毒したのか意味がなくなってしまいます。と、こんなふうに憤ってみても、今までに何度もエンガチョな採血を受けているので慣れっこになっています。
でも、もし万が一ばい菌が入ったらどうするのでしょう?

やはり私の妻(医師)も採血の際、消毒した所を指で触ってから採血する人が多いと嘆いています。
採血の瞬間「なんで消毒した所を触ってから針を刺すの?」と聞くようですが、聞かれた人は“何がいけないの?”とばかりにキョトンとしていると言って文句を言っていました。

みなさんも、採血を受ける際には不潔な行為をされそうになったら“エンガチョ”と叫んでみてください。
ちなみに、私もインプラントや歯周病の治療でPRPを作成する際や、血液検査をしなければならないときには採血をしていますが“エンガチョ”なことはしていません!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
不謹慎
熊本地震が発生して数日、多数の死者とともに多大な被害をもたらし、今も大きな余震が頻発して予断を許さない状況が続いています。

被害に遭われた方々には一日も早く平和な日常が取り戻せることを願います。私も東日本大震災の時、電気、水道がストップしたことで断片的情報が得られるのみで、余震にも次々襲われ不安な日時を過ごしたことを思い出しました。

かえって遠方にいる方が正確な情報を入手でき、何処で何が起きているのか手に取るようにわかることで、便利さを思い知らされると同時に復旧作業や支援が進まず、やきもきしてしまいます。

それにしても今回の地震災害は“これでもか!”と思うほどに大きな余震が活断層に沿って頻発しています。
余震のあまりの多さに妻が「どこに逃げたらいいのかな?」と聞いてきたので、思わず私は「決まっているさ!原発に逃げればOKさ」と答えてしまいました。不謹慎だなと思いながらも原発の敷地内であれば、原子力規制委員会が活断層が無く、津波にも対応、土砂災害の心配も無く、地震の揺れにもびくともしないよう厳しく審査した場所なのだから国内ではかなり安全地帯なはずだと思ったからです。

原発反対派の人達からは「どれだけ不謹慎な奴だ!」と罵られそうです。
不謹慎ついでにもう一つ言わせていただければ、裁判長が原発の運転差し止めを決められるなんて、なんと凄い国なんだろう?と感じたことです。
だって原子力規制委員会の委員たちが議論を重ねてゴーサインを出したものをひっくり返してしまえるなんて驚きの一言です。

原子力に関する専門家を国家が指名して、多額の税金を使って調査し、議論を重ねた結論にノーを突き付けて、運転再開は裁判所が決めると言い切ったのだからきっと裁判長はスーパーマンなのでしょう。
縄張りを考えても福井県が稼働を認めている原発を滋賀県の裁判所が待ったをかける!

日本が領有している尖閣諸島を中国の裁判所が中国のものだから日本は返還しなければならないと判決して日本が従う!そんな感じでしょうか?

私の妻(医師)が外来診療で患者さんによく言われる「友達が薬は飲まないほうがいいと言うので飲んでません。」というおはなしです。

血圧や糖尿病など飲まないと命にかかわるから処方しているのに、医者より友達の言うことを聞いて止めた場合、その友達は責任取ってくれるの?という笑い話のような本当のおはなしです。
ノーと決めた裁判長は責任取ってくれるのでしょうか?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
怪しい冊子
先日のことです。
私(土井歯科クリニック)宛てに90ページほどの冊子(宣伝雑誌?)が届きました。

どうやら活性酸素が人間のカラダの中で悪さをすることでさまざまな疾病を引き起こしている。そして、この悪者である活性酸素を除去する酵素を多く含む食品を試してみませんか?と、こんな内容と理解しました。

アトピー、シミ、更年期障害、健康増進と言った効能であればそれ程気に留めることもなかったのですが、一部“これは絶対納得できない!”記述が目に留まったので少し綴ってみたいと思いました。

“がん”に対して大きな効果ありと謳っているくだりです。
まず、①「がん患者の直接死因は抗がん剤の副作用である」とほぼ断言し、抗がん剤は副作用で苦しむだけで使うべきでは無いとしている点です。

私が大学病院で臨床していた頃と比較すると抗がん剤の種類や作用機序は桁外れに進歩し、さまざまな組み合わせにより大きな治療効果が統計学的にも証明されエビデンス(証拠)のある治療として全世界で行われ、毎年のように新たな抗がん剤も世に送り出されています。
さらには遺伝子を調べることで、より効果的な抗がん剤を選択できたり副作用の少ない治療が可能になりつつあります。

また、“がん”に対する新たな知見も次々解明され、がん治療中の患者さんは諦めず可能なかぎり手を尽くすことが必要とも提唱されています。

もっと許されない記述として②「悪性リンパ腫は世界で1年以内にみんな死んでいる」とあることです。
当院にも悪性リンパ腫の患者さんが歯の治療のために来院していますが、もうかれこれ5年以上抗がん剤の治療によって良好なQOLを保ち続けています。

どうやらこの冊子に書いてある食品を摂取して免疫機能を向上させれば“がん”ですら制御でき、すべての疾病に効能のある万能食品だと謳っているように感じられました。
病気のすべてが活性酸素により引き起こされているとは思えないし、免疫によりすべて解決できるわけでは無いことは明白です。

私が大学病院に勤務していた頃、がん治療は外科手術、放射線治療、化学療法が柱であり第4の治療法として免疫療法が提唱されいくつかの免疫賦活剤が使用されました。

それから約30年、免疫療法は民間療法といっても良いランクにまで下がってしまっているように感じています。
もし、私ががんに罹患してしまっても免疫力を上げることだけに集中することはあり得ないでしょう。
最後に①、②の部分は冊子の記述をそのまま引用しています。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
包括化
さあ、4月もスタートです。

生活に必要なものも、あまり関係無いものも値上がりする季節でもあります。
医療においても医科も歯科も診療報酬の改定により名目0.49%のアップとなりました。

しかしながら薬剤や材料の価格がかなり引き下げられたので実体としては下げられたといった感覚です。
政府・厚生労働省は、
「2025年に向けて地域包括ケアシステムと効果的、効率的で質の高い・・・・」
「地域包括ケアシステムの推進と医療機能の・・・・」
という目標を掲げ報酬改定を実施したようです。

医科については詳細不明なのでコメントできませんが、歯科においては高い診療報酬を設定するものの比較的高い施設基準を設け、高いハードルをクリアできたら魅力的な点数をゲットできますよと誘うものの、さまざまな処置や検査が包括されてしまいました。

このハードルがクリアできなければ、確実な収入減ですが、今のところ当クリニックではクリアできる目途は立ちません。

包括とか包括化などと言われると良さそうな響きを感じられますが、なんでもかんでも1つの報酬に含まれるから個々の処置や検査の報酬は廃止していくよ!といった意味合いがあります。

逆の見方をすればやってもやらなくても同じ点数なので、“手抜きをした方がお得じゃん!”となるのですが、そこは日本人・医療人なので“真面目にきちんと治療するに決まっている”と判っているのか政府も厚生労働省も確信犯として政策を実施し、それに踊らされているようにも感じています。

そしてその先に待っているのが“梯子外し”です。

高い診療報酬で多くの医療機関を誘導して“もういいかな?”と思ったら思い切り診療報酬を引き下げる荒業です。
歯医者歴約30年にもなれば何度となく経験しているのできっと2025年までにはこの荒業を見ることができるでしょう。

実際に診療していると今までの包括化により、処置に対する点数があっても算定不能なものが多くなり、これもサービスあれもサービスとなり最後の会計で「今日のお会計は○○円です。」となって「え、これだけなの?」と患者さんに驚かれることもあります。

特に歯科医師は過剰なうえにこれ以外にスキルが無く転職不能なので、まだまだず~と、ず~とこの状況が続くに違いありません。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
彩りを
靖国神社桜開花の標準木にも開花宣言が出され、いよいよ桜シーズンの到来です。

残念ながら当院には桜の木がありませんので、桜前線の到来については判断保留なのですが、周囲の桜の木を観察すると開花している樹もあるので桜川市にも桜前線到着したものと判断致します!

そこで、当院入口脇にある花壇にもパンジーだけではなく春到来の彩りを加えようと早速行動してみました。
春の到来を告げる花「うーん、普通じゃつまらん!そうだ!チューリップ!!」とそんな事を考え、ホームセンターで花を探すも見つけられずフラワーショップを何軒か辺りやっとチューリップの鉢植えを目にすることが出来ました。

店員さんに「このチューリップをばらして花壇に植えようと考えているんですが?」と伝えると「ばらしてしまうと勿体ないから、例えば鉢のままプランターに差し入れたりすると映えますよ。」とアドバイスしてくれました。なるほど!とそのアドバイスを素直に受け入れたことで、写真のような春の彩りがさらに融合された花壇へと変身してくれたかなと勝手に判断しています。


このチューリップも桜の花が散るころには同じように散ってしまいそうなので今に時期にはピッタリです。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)