茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

包括化
さあ、4月もスタートです。

生活に必要なものも、あまり関係無いものも値上がりする季節でもあります。
医療においても医科も歯科も診療報酬の改定により名目0.49%のアップとなりました。

しかしながら薬剤や材料の価格がかなり引き下げられたので実体としては下げられたといった感覚です。
政府・厚生労働省は、
「2025年に向けて地域包括ケアシステムと効果的、効率的で質の高い・・・・」
「地域包括ケアシステムの推進と医療機能の・・・・」
という目標を掲げ報酬改定を実施したようです。

医科については詳細不明なのでコメントできませんが、歯科においては高い診療報酬を設定するものの比較的高い施設基準を設け、高いハードルをクリアできたら魅力的な点数をゲットできますよと誘うものの、さまざまな処置や検査が包括されてしまいました。

このハードルがクリアできなければ、確実な収入減ですが、今のところ当クリニックではクリアできる目途は立ちません。

包括とか包括化などと言われると良さそうな響きを感じられますが、なんでもかんでも1つの報酬に含まれるから個々の処置や検査の報酬は廃止していくよ!といった意味合いがあります。

逆の見方をすればやってもやらなくても同じ点数なので、“手抜きをした方がお得じゃん!”となるのですが、そこは日本人・医療人なので“真面目にきちんと治療するに決まっている”と判っているのか政府も厚生労働省も確信犯として政策を実施し、それに踊らされているようにも感じています。

そしてその先に待っているのが“梯子外し”です。

高い診療報酬で多くの医療機関を誘導して“もういいかな?”と思ったら思い切り診療報酬を引き下げる荒業です。
歯医者歴約30年にもなれば何度となく経験しているのできっと2025年までにはこの荒業を見ることができるでしょう。

実際に診療していると今までの包括化により、処置に対する点数があっても算定不能なものが多くなり、これもサービスあれもサービスとなり最後の会計で「今日のお会計は○○円です。」となって「え、これだけなの?」と患者さんに驚かれることもあります。

特に歯科医師は過剰なうえにこれ以外にスキルが無く転職不能なので、まだまだず~と、ず~とこの状況が続くに違いありません。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
彩りを
靖国神社桜開花の標準木にも開花宣言が出され、いよいよ桜シーズンの到来です。

残念ながら当院には桜の木がありませんので、桜前線の到来については判断保留なのですが、周囲の桜の木を観察すると開花している樹もあるので桜川市にも桜前線到着したものと判断致します!

そこで、当院入口脇にある花壇にもパンジーだけではなく春到来の彩りを加えようと早速行動してみました。
春の到来を告げる花「うーん、普通じゃつまらん!そうだ!チューリップ!!」とそんな事を考え、ホームセンターで花を探すも見つけられずフラワーショップを何軒か辺りやっとチューリップの鉢植えを目にすることが出来ました。

店員さんに「このチューリップをばらして花壇に植えようと考えているんですが?」と伝えると「ばらしてしまうと勿体ないから、例えば鉢のままプランターに差し入れたりすると映えますよ。」とアドバイスしてくれました。なるほど!とそのアドバイスを素直に受け入れたことで、写真のような春の彩りがさらに融合された花壇へと変身してくれたかなと勝手に判断しています。


このチューリップも桜の花が散るころには同じように散ってしまいそうなので今に時期にはピッタリです。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
連鎖・・・
形あるものはいつか壊れると言いますがこのところ次から次へと必需品とも言える機械が壊れていく様を見ると「いい加減にしてくれ!」「何で歯医者の機械は呪われたように壊れの連鎖が続くのだ!」と悲鳴を上げそうです。

百万円単位のものではないのが幸いですが、それでもこれが使えないと日頃の診療に差し支えるものばかりなのが頭痛の種です。

連鎖の始まりは超音波を使った機械が突然ダウンしたことで新規に購入したことからでした。

次いで短時間で型取り用のペーストを作成してくれる機械(自動練和機)もあっさりダウンしてくれました。

さらには歯の長さを測定する機械(根管長測定器)が変調をきたしてリタイア、こんなこともあろうかとバックアップも兼ねて常に2台稼働させていたので「平気、平気」ゆっくり直してもらって来てね!と思っていたら、カムバックの見通しがつかないうちに2台目も突然の反乱でリタイア。

ついには万が一に備えてバックアップのバックアップとして大事に戸棚の奥にしまってあった機械が現役復帰です。
さらに連鎖は続くのですが、もうこれ以上綴りたく無いので省略しますが他の業種でもこんなに次々故障に苦しめられることがあるのでしょうか?

それとも使い方が悪いのでしょうか?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
謎の箱
その日は、あと10分もすれば診療が始まる「さて、今日も1日頑張るぞ!」といったタイミングでした。
スタッフが「先生、宅急便です!」と私の元に箱を届けてくれました。

「ありがとう。」と言って受け取ったものの、私は箱を見るなり発注した覚えも無く、さらにはこのメーカーに今まで当院から製品を発注したこともありませんでした。

そこでスタッフに「配達した人はもう帰ってしまったの?」と尋ねると「もう帰りました。」と言われ、頼んだ覚えの無い宅配物を受け取り何だか嫌な気分!

しかもですよ!
この箱よく見ると何やら大きなシールも貼ってあります。
“緊急手術医療品につき取扱注意!!”と大きく表示されています。

もしかしたら朝1番の手術に必要な病院の機材が間違って当院に配達されたのかもしれない!と思い、もし届かなくて困っていたら大変だと大急ぎで発送先に問い合わせてみました。

「もしもし、今緊急手術医療品と書いてあるものが配達されてきましたが、どこか他の病院にいくはずのものが当院に配達されてきているようなのですが調べてみてもらえますか?」とこんな具合に問い合わせてみました。
荷物のコードを伝え先方のほうも「調べてみるので分かり次第電話します。」と言って電話が切れました。

もし誤配だったら凄く困っているだろうなと考えながらも、本当は自分の所に来た荷物だったとしたら一体中身は何だろう?と思いを巡らせました。

このメーカーの品物は購入したこと無いし、「まさか!爆弾?」なんて馬鹿な妄想を抱き、中身が分かるまで在庫置き場に隔離しておきました。
「ご迷惑をおかけしました。」と患者さんに謝罪して診療を開始、そして荷物のことなどすっかり忘れていた頃に折り返しの電話が来て荷物の正体が判明しました。

答えを先に言うとインプラント埋入手術に使用するチューブでした。
たまたま、いつもと違う業者に発注したためメーカーからの直送で当院に届いたためだと判明しました。

しかも、いつも使っているチューブはこのメーカーの商品と互換性があることも分かりまたまたビックリでした。
当然、在庫置き場の謎の箱を開けて確認したことは言うまでもありません。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
モルジェロン病・最終章
とにかく当時の私は病名の存在など知る由もなく、また“糸が出てくるなんて訴える人が来た”くらいの認識しかありませんでした。

まず、「糸なんか出てないよ!」と如何に納得してもらうかを考えました。
鏡で糸が出る場所をよく見てもらい「ほら、糸なんて出てないでしょ!」を試したり、レントゲン写真を撮影して“何もないでしょ!”なんか当たり前です。

とにかく、こんなことでは全く納得してくれないのは明らかでした。

次に考えたことは、“入れ歯の人”だろうと“歯がある人”だろうと「もしかしたら糸が出てくる原因があるかもしれないから、ここの歯ぐきを切って開いてみましょう!」と言って切開して調べることで納得してもらおうとしました。
麻酔をして“痛い処置”をしたにも関わらず、“効果なし”でした。

次に実行したのは、患者さんの訴えをじっくりと聞き“何が希望なのか?”“どうしてほしいのか?”を調べてみました。
義歯の患者さんならば糸とは関係無い、“咬み合わせ”や“適合状況の改善”や“粘膜との当たり具合”、“神経圧迫の可能性等”を丹念に話ながら解決に努めました。

歯が関係しそうならば“歯の形態”、“神経の治療”、“歯周病の治療”、それでも納得してもらず、「歯を抜いてほしい」と言われた時は“本当にいいの?”と思いながら“抜歯”までしてブリッジにしたこともありました。

歯科医師としては“なんでこんなことしているのだろう?”“これはやり過ぎじゃないの?”と考えながらも患者さんが納得してくれる行為を突き詰めて行ったらこうなった。
そんな感じでした。

患者さんと良く話をし、希望を聞いて治療することにより、「これだけやってもらってもそれ程変わらないのだからこれ以上良くならない。」としぶしぶ納得してくれる患者さんや「まだ、たまに糸が出ることがあるけど大分良くなった。」と喜んでくれる患者さんもいてなかなか完治までさせることは困難であった記憶があります。

今ならインターネットもあり症状から病気を検索することも可能で、もっと効果的なアプローチがあったのではないかとも考えます。

こう考えると知らず知らずのうちに、今だ私の無知に起因した疾患に必死に対応しているのかもしれません。
私は、大学病院や当時老人病院と呼ばれた場所で勤務していたこともあり、親しい人にも話したことが無いような体験や経験を多くしています。

そう言えば、点滴の容器の中に“さかなが泳いでいる”と怯えたように繰り返し訴える患者さんの話、“お化けの話”などそれはもうたくさんあります。
機会があればそんな話も綴ってみてもいいかな?なんてことも考えています。今回のお話しはこれにて終了です。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)