茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

すごいもんだ!
先日のことでした。
約10年振りに当院を受診した患者さんのお話です。

今回の受診は歯が欠けたので治したいということと、歯周病が気になるので診て欲しいとの理由でした。
この患者さんは、19年前当院が開業して間もない頃に初めて受診しましたが、その時は自転車に乗って転倒したため血だらけの状態で来院していました。

カルテを見返すと顔は腫れ上がり口の中から血が流れ、歯は欠けてグラグラ、支える骨も飛び出し、神経も障害したのか周囲がピリピリしびれていると訴え、それはそれは酷い状況であった様子が記載されていました。

下の前歯4本と上の前歯1本が脱臼し骨の中から飛び出し、その中の2本は完全脱臼して折れた骨と歯茎に繋がっているだけでプラプラとしている状態でもありました。

開業間もなく、口腔外科で培った技術も今のように錆びついていない頃でもあり「やるだけやってみるけど、もしかしたら植え直しても生着しないかもしれません!」なんてムンテラ(説明)してから治療したにちがいありません。

まず、傷の状態を把握するためデブリードマン(傷の洗浄と掻把)をおこない下の前歯4本に対しては、患者さん本人に確認しながら歯の位置を修正し再移植するとともに、周囲の骨を整復して口腔内を縫合処置して、移植した歯が動かないようしっかり固定する処置をした記録があり、そして上の前歯もまた同様の処置がおこなわれました。
後日時間をかけて、歯の神経の処置や折れた歯の修復がおこなわれ最終的な治療が終了し経過観察となりました。

その後は、数年に1度来院し「あの時はお世話になりました。すっかり治って調子いいです!」と感謝の言葉をもらった記憶があります。
そして、最後に受診してから10年後の今回、冒頭のお話につながるのです。

あの時の私の治療が現在どうなっているのか興味津々でもあり、レントゲン写真を撮影し全顎的に精査させてもらいましたが、あの19年前の治療は一部に骨の吸収を認めるもののしっかりとしていて、実際に歯を揺らしてもびくともしないことに“すごいもんだ!”と感心してしまいました。

私の治療がよかったのか、患者さんの回復力(治癒力)が素晴らしかったのか、はたまたその両方が相乗効果をあげたのかわかりませんが、いまだに良い状態を保ち続けてくれています。
そもそも、再移植は数年持てば良い結果であると認識していたので綴らせていただきました。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
チロ
我が家にはブーちゃんという家族がいるのは皆さんご存知のことと思います。毎日、朝晩2回のご飯を届けることが日課となるため必然的に家庭のゴミ出しは私の担当となっています。

ゴミ集積場まで距離にしておよそ50mで、その少し手前に1軒の家があります。
その家にも番犬がいて、ゴミ袋を持った私が門に近付くと吠え始め、門の前を通り集積場にゴミを置き、また門の前を通り私の姿が見えなくなるまで吠え続けてくれます。

その姿は立派な番犬であり、忠犬であることは想像できます。
余りにも毎回吠えられるので、試しにブーちゃんにいつもおやつとして与えている犬用ビスケットや犬用ガムをゴミ出しの度に上げてみました。

最初は「こいつ何をくれるんだ?」とばかり、おっかなびっくり貰っていたものの、何カ月も経つとおやつの味をすっかり覚えてくれたようで、尻尾を振ってくれたり、お手をしてくれたりと、かなり仲良く振る舞ってくれるようになりました。

ただし、吠える行為そのものには変化が無く番犬としての任務には忠実でした。さらに犬の小屋には「チロの家」と書かれていたので“チロ”という名前の犬なんだろうと思い、ゴミ出しから帰っても「チロという犬がいて、・・・」と話題にしたりしていました。

また、度々ご主人と2人で散歩に出てうれしそうに尻尾を振る姿も見て、良いご主人に巡り合えたようで幸せな犬ライフを送っていることが窺えました。

ところが、今年に入るとご主人の体調がすぐれず留守をすることが多くなり、チロにとって心配な日々が続いていました。

そして、梅雨の近付く先月、ご主人がこの世を去るという最悪な日が訪れてしまいました。
チロはご主人と2人暮らしだったため、チロは誰にも面倒を見てもらえず、たった1人で家を守ることになってしまったのです。

幸いなことに親族が週に数回訪れ面倒をみているようなので、なんとか持ちこたえているものの、元気が無いことは言うまでもありません。

私がゴミ捨てに行ってもいつものように吠えることも無く、ションボリしている姿が目につきます。
目が会うとようやく仕方ないとばかりに力無くいつものように吠えるものの、以前の迫力とは程遠いものです。

「チロ、元気にしているか?」と声をかけておやつを差し出すもの「ハイハイ、一応貰ってあげますよ!」とばかりに投げやりな態度なのも心配です。

このような中途半端な生活はいつまで続くのでしょうか?
まさかとは思いますが、保健所送りになったりしないか?と余計な心配もしてしまいます。

ブーちゃんとの相性やチロの気持ちもありますが、我が家の一員として向かい入れてもいいかな?なんてことも考えています。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
今も昔も
今回はとりとめも無い事を綴ってみましょう。

イギリスにおける国民投票の結果、EUからの離脱が決定したことで、その余波が世界各地に広がっています。
残留と思われていたため、日本でもネガティブサプライズということで株価が急落、為替も急激な円高となり、この先が不安視されます。

当クリニックには、若い人を中心に子育て世代の女性が在籍しています。
雑談のおり、このイギリスの国民投票について聞いてみたことがありました。「今、イギリスでEUから離脱するか国民投票で決めようとしていることを知ってる?」と私。

するとほぼ全員が「知りません!」と返事を帰してきました。
「え~、今、テレビや新聞でどうなるんだ?離脱したらえらいことになるかもしれない!なんて騒いでるのに、本当に知らないの?」と再び私。

「そもそもEUが何だか知ってる?」
“私たちに何か関係あるんですか?”
とまあ“無関心の極み”こんな感じでした。

そう言えば、遠い昔の事に感じる私が中学生の頃“三無主義”なんて言葉がはやりました。
無気力、無関心、無責任この3つを指す言葉です。

私たちの世代でも、“今どきの若者は”と嘆かれたことを思い出します。
その後も、“しらけ世代”だの、“新人類”だのと若い世代は様々なネーミングをされてきました。
あれから何年経ったのでしょう!

今だに三無主義は脈々と引き継がれていると思うのは、私だけではないはずです。
今回の選挙から18歳での選挙権が認められるように法改正されたことで、懸命に若い世代に対して投票所に行こうと呼びかけられています。

たぶん、“笛吹けども踊らず”で投票率が向上することは無いと断言できます。だって今も昔も三無主義は変わらないのだから!
そもそも政策は投票率の高い世代の意見が反映されるのが当たり前なのだから、“若い人が多く投票すれば、若い世代の意見を取り入れた政策が実行されるから絶対投票するべきだ!”と声を大きくして訴えてみても変わらないと思います。

でも、日本のかじ取りを仕切っているのは三無主義と言われた世代なのですから気にすることは無いのでしょうか?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
茨城県におけるHIV・エイズ
以前、HIV感染症患者の歯科治療ガイドブックについて綴りました。

茨城県エイズ治療拠点病院等連絡会議が年1回開催されて、この会議報告が茨城県歯科医師会報に掲載されていたので部分引用してみたいと思います。

茨城県内には、筑波大学付属病院を中心に合計10か所のエイズ治療拠点病院があり、HIV感染者、およびエイズ発症者の治療が行なわれています。

報告によると、統計を取り始めた昭和62年から平成26年までの茨城県内のHIV感染者・エイズ患者の新規報告数は、延べ830名で、平成3年から平成9年までは毎年40件以上あり、その後減少傾向にはあるものの、近年でも毎年20件前後で他県と比較しても報告数は多い傾向にあるようです。

また、新規患者の約38%が、既にエイズを発症している、いわゆる「いきなりエイズ」だそうです。

これらのデータは、保健予防課が県内の保健所や医療機関からの報告を受けてまとめた、いわば「おもての数」であり、本人が気づかずに感染している「実数」はおそらくこの数倍に上るのではないか、というのが連絡会議での意見となっているようなので「やっぱり!」と思いながらもビックリです。

この報告からわかるように当院においても感染者と接している可能性があり、感染力が低いとはいえ、日頃の感染対策が重要なことが再認識されます。

さらにもっと考えさせられることとして、エイズに対する偏見等が依然としてあることから感染そのものを伏せていることや、頻繁な休暇が取り難いことで治療が十分なされないこともあります。

例えば、HIV感染者の歯科診療実態調査によれば、HIV感染が判明してから歯科治療を受けたことがあると回答した616名の回答をみると、「感染を明らかにしてHIVの治療を受けている施設内の歯科で治療した」が43.4%、「感染を明らかにして病院から紹介された歯科で治療した」が14.7%、これに対して「感染を明らかにしないで自分が通いやすい歯科で治療した」が29.0%となっているそうです。

この数字は大変憂慮すべきで改めて考えさせられてしまいます。
やはり問診は大変重要であり、治療歴や、検査データ、内服薬をきちんと把握できればある程度、HIV感染に限らず大抵のことは掴めると思います。

ただし、此れすら正直に回答してくれないと、もはや「お手上げ」です。
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
補償プラン
数日前のことでした。
歯科材料のセールスマンから「先生!このほど歯科医療機器補償プランという保険ができたのですが興味ありませんか?」と向けられ説明書を渡してくれました。

どうやら医療機器に損害が発生した場合の備えとして、さまざまな機器や設備が保険の対象になることや、突発的なもの偶発的なもの、すべての損害が対象となり、なんと修理業者の出張費用まで保険対象になると書かれていました。

さらに驚きなことは、どんなに古い機器や設備を修理しても保険金支払いをしてくれるようです。
保険料は高額機器の種類や数に関係無く、医院にある歯科治療用ユニットの数で決定されるという極めてシンプルな決め方です。

補償の対象は医院内にあるすべての機器や設備の修理費用でX線やレーザーなどの高額機器は年間2回を限度に50万円まで、その他のものは年間10回まで10万円を限度とする保険です。

確かに当院のように度々器械の故障や出張修理を依頼していると魅力的な保険で加入しようかなと考えますが、ただ、良く考えてみると歯科用CTやモニターソフトなどが不具合となった場合の修理代金は数百万円の出費となりとても保険でカバーされないこと。

故障修理のほとんどの場合、修理工場から返却されるまでにかなりの日数を要するので、注文すればすぐに納入される新品を新規に購入し、修理から帰ってきたものはバックアップ用にしていることが多いこともためらう点です。
どんなに古いものが保険の対象となるにしても、余りに古い機器を使い続けることが医院のイメージにプラスと働くことは考えられないことも挙げられます。

そして、最大の理由は高額機器の新規購入や更新、医院の改修を見越して毎月一定額を積み立てていることです。
今までのブログでも度々故障や改修の件を綴ってきましたが、すべてこの積立金で賄ってきています。

このような理由から、見送ることにしたのですが、どの程度の歯科医院が申し込むのか興味のあるところです。
どの歯科医院もある程度見越した対策を講じているのではないかと思うのですが、しばらくしたら、「ねえ、ねえ、どれくらいの歯科医院が申し込んだの?」と尋ねてみたいな~!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)