茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

ジェネリック
今回とても真面目で大切なお話です。
先日ある冊子に目を通していたら、ジェネリック医薬品についてとても興味深い記述を見つけたので一部引用を交えて綴っていきます。

このところジェネリック医薬品のCMを目にすることが多くなっていますが、臨床の場においてもジェネリック薬品を処方することで診療報酬が高くなるといった設定にされています。

私が大学病院に勤務していた頃は、ジェネリック薬品は“ゾロ”とか“ゾロ品”と呼ばれ、特許が切れたのを良いことに作られた、“効くような”“効かないような薬”として失礼ながら認識していました。
従って、“この症状には効いてもらわないといけない!”といった時には先発品を、それ以外にはゾロ品をといった扱いだったように記憶しています。

では、なぜこういった認識であったかを少し解説してみましょう。
もし、私が有名パティシエと一緒に洋菓子を作るとしましょう。
同じお菓子を同じ材料で同じやり方でそれぞれ作ったとしたら、私の作ったお菓子は見た目が同じようであっても食べてみれば明確な違いがあるはずです。

薬剤においても出来上がった製品の結晶の形、配合されたさまざまな薬品の調合により、先発品と微妙に薬効が異なるとされていました。

よって、薬によっては“効きが甘い”とか“キレが悪い”などと言われて「どうしても先発品を使いたくなる。」なんて声を実際聞いていました。

あくまでも、私が大学病院に勤務していた20年前の話で、これだけジェネリック医薬品を推奨するのですから、現在は先発品とほぼ同様の薬効を発揮しているのだと思っておりました。

さて、ここからが本題です。
関西の某大学にて薬学部教授をしている先生が寄稿した記事を読んでビックリしてしまいました。
この記事から一部引用を交えて綴ってまいります。

まず、全国400店舗の薬局を対象にジェネリック薬の保険別使用度調査を行った結果、被用者保険(社会保険)がジェネリックの使用が最も多く、次いで国民健康保険、そして高齢者医療制度(後期高齢者)の順であり、最もジェネリック薬を使っていないのが、日頃、ジェネリック医薬品使用促進をうるさいほど言っている厚生労働省のお役人達が加入している共済保険だそうです。

寄稿者である教授は、お役人も自分や家族が使用する薬については信用しておらず、ジェネリックは使いたくないのでしょう!と皮肉を込めています。

さらに、ジェネリック医薬品とは“このようなものだ!”と続けています。
残念ですが、ちょっとばかり長くなってきたので続きは次回に持ち越しです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
衰えた~
先日のことです。
所用のため車を使い東京都の四谷まで行ってきました。

なぜか要件が終了するまで3時間程の突然の自由時間ができてしまい“どうしようか?”と考えました。
普通ならその辺りを散策したり、買い物をしたり、食事をしたりと周辺で時間を潰すのですが、「せっかく東京に来たのだから歩いてみよう!」と何故か、とんでもないことが頭の中に浮かびました。

そして「そうだ!神宮球場まで歩いてみよう!」自分でも唐突な思考だと思いながらも「よし!実行だ!」と、さっそく歩き始めてしまいました。

私、大学病院に勤務していた時は、テクテク、テクテクと一日中院内を歩き回っていました。
さらに通勤でも片道40分くらいは歩いていたので、一日2万歩は確実に歩いていました。

当然、歩くスピードも速く、競歩のような早さを自負していました。
そんな過去を持っているので「まだまだ、イケるでしょ!」と軽く考えていたのが間違えのもとでした。
歩幅を大きくしてテクテク歩けばまだまだ負けないと、そんな甘い考えでした。まず、歩き始めて感じたことは、とにもかくにも東京には人が多いことです。

さまざまな人がさまざまな目的で歩道を移動していますが、暫く歩くとそのスピードについていけないことに愕然とさせられました。
私はスニーカーで手ぶらの軽装にも関わらず、私より遥かに小さな体格の前期高齢者と思しき人にもついてゆくことができず、スーツ姿で重そうな鞄を下げた同年代の人にも全くついていけない!どんどん差を開けられ「ダメだ!ついていけない。」と必死で歩いていると、信号待ちでストップしてくれてようやく追いつく。

やっとのことで追いついた私には余裕なしでヘトヘトにも関わらず、見知らぬその人は、待ち時間も勿体ないとスマホとにらめっこ。
すべてが異次元に映り、自分の衰えを自覚させられました。

そもそも、私の自宅周辺ではどこに行くにも車での移動が必須で、昼間から人が歩いていたら不審者として通報されてしまうくらいの場所です。

事実、私がこの地に越してくる前、“どんな場所なのだろう?”と歩いていたら、すれ違う車の運転者からの視線を感じたことがありました。
人間歩くのは基本です。“歩かないといけない!”そう感じた数時間でした。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
エンガチョ
私が小さな頃、友達が汚いものを触ったところを見た時、「おまえ、エンガチョ!」と言っては楽しんでいました。
決して“いじめ”のように執拗にはやし立てるようなことはありませんでしたが、誰かが言い出すと「エンガチョ、エンガチョ」と言って「エンガチョ、カギ閉めた!」などと遊んでいました。

つい先日、エンガチョを連想する体験をしたので綴ってみます。
その日は私の年に一度の健康診断の日でした。
朝早く起床し、必要な素材を持ち健診会場へと向かいました。

健診はレントゲン写真やら心電図検査やら定番とも言える検査を行い、いよいよ血液検査のため採血する段になったのですが、エンガチョは採血のための針を刺すその時に起こりました。

「アルコールにアレルギーはありませんか?」と聞かれ「いいえ、ありません。」と私が答え、そして腕に駆血帯が巻かれました。
看護師と思われる人がグローブをして肘をアルコール綿で消毒、“どの血管にしようかな”と指で触りまたアルコール綿で消毒。

そしてまた“何処の血管にしようかな”と指で血管のある部位を触りアルコール綿で消毒、そしてまた指で血管の感触を確かめ“此処にした!”と決めたのか、いきなり針を刺して採血を始めました。

その瞬間、私は心の中で「バカ野郎、エンガチョじゃないか!」と憤っていました。
これを読んでいるあなた、なぜエンガチョなのか解りますか?
アルコール綿で消毒したら針を刺すまで触ったらだめでしょう!

せっかく消毒した所をまた触ったら不潔となり、何のために消毒したのか意味がなくなってしまいます。と、こんなふうに憤ってみても、今までに何度もエンガチョな採血を受けているので慣れっこになっています。
でも、もし万が一ばい菌が入ったらどうするのでしょう?

やはり私の妻(医師)も採血の際、消毒した所を指で触ってから採血する人が多いと嘆いています。
採血の瞬間「なんで消毒した所を触ってから針を刺すの?」と聞くようですが、聞かれた人は“何がいけないの?”とばかりにキョトンとしていると言って文句を言っていました。

みなさんも、採血を受ける際には不潔な行為をされそうになったら“エンガチョ”と叫んでみてください。
ちなみに、私もインプラントや歯周病の治療でPRPを作成する際や、血液検査をしなければならないときには採血をしていますが“エンガチョ”なことはしていません!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
不謹慎
熊本地震が発生して数日、多数の死者とともに多大な被害をもたらし、今も大きな余震が頻発して予断を許さない状況が続いています。

被害に遭われた方々には一日も早く平和な日常が取り戻せることを願います。私も東日本大震災の時、電気、水道がストップしたことで断片的情報が得られるのみで、余震にも次々襲われ不安な日時を過ごしたことを思い出しました。

かえって遠方にいる方が正確な情報を入手でき、何処で何が起きているのか手に取るようにわかることで、便利さを思い知らされると同時に復旧作業や支援が進まず、やきもきしてしまいます。

それにしても今回の地震災害は“これでもか!”と思うほどに大きな余震が活断層に沿って頻発しています。
余震のあまりの多さに妻が「どこに逃げたらいいのかな?」と聞いてきたので、思わず私は「決まっているさ!原発に逃げればOKさ」と答えてしまいました。不謹慎だなと思いながらも原発の敷地内であれば、原子力規制委員会が活断層が無く、津波にも対応、土砂災害の心配も無く、地震の揺れにもびくともしないよう厳しく審査した場所なのだから国内ではかなり安全地帯なはずだと思ったからです。

原発反対派の人達からは「どれだけ不謹慎な奴だ!」と罵られそうです。
不謹慎ついでにもう一つ言わせていただければ、裁判長が原発の運転差し止めを決められるなんて、なんと凄い国なんだろう?と感じたことです。
だって原子力規制委員会の委員たちが議論を重ねてゴーサインを出したものをひっくり返してしまえるなんて驚きの一言です。

原子力に関する専門家を国家が指名して、多額の税金を使って調査し、議論を重ねた結論にノーを突き付けて、運転再開は裁判所が決めると言い切ったのだからきっと裁判長はスーパーマンなのでしょう。
縄張りを考えても福井県が稼働を認めている原発を滋賀県の裁判所が待ったをかける!

日本が領有している尖閣諸島を中国の裁判所が中国のものだから日本は返還しなければならないと判決して日本が従う!そんな感じでしょうか?

私の妻(医師)が外来診療で患者さんによく言われる「友達が薬は飲まないほうがいいと言うので飲んでません。」というおはなしです。

血圧や糖尿病など飲まないと命にかかわるから処方しているのに、医者より友達の言うことを聞いて止めた場合、その友達は責任取ってくれるの?という笑い話のような本当のおはなしです。
ノーと決めた裁判長は責任取ってくれるのでしょうか?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
怪しい冊子
先日のことです。
私(土井歯科クリニック)宛てに90ページほどの冊子(宣伝雑誌?)が届きました。

どうやら活性酸素が人間のカラダの中で悪さをすることでさまざまな疾病を引き起こしている。そして、この悪者である活性酸素を除去する酵素を多く含む食品を試してみませんか?と、こんな内容と理解しました。

アトピー、シミ、更年期障害、健康増進と言った効能であればそれ程気に留めることもなかったのですが、一部“これは絶対納得できない!”記述が目に留まったので少し綴ってみたいと思いました。

“がん”に対して大きな効果ありと謳っているくだりです。
まず、①「がん患者の直接死因は抗がん剤の副作用である」とほぼ断言し、抗がん剤は副作用で苦しむだけで使うべきでは無いとしている点です。

私が大学病院で臨床していた頃と比較すると抗がん剤の種類や作用機序は桁外れに進歩し、さまざまな組み合わせにより大きな治療効果が統計学的にも証明されエビデンス(証拠)のある治療として全世界で行われ、毎年のように新たな抗がん剤も世に送り出されています。
さらには遺伝子を調べることで、より効果的な抗がん剤を選択できたり副作用の少ない治療が可能になりつつあります。

また、“がん”に対する新たな知見も次々解明され、がん治療中の患者さんは諦めず可能なかぎり手を尽くすことが必要とも提唱されています。

もっと許されない記述として②「悪性リンパ腫は世界で1年以内にみんな死んでいる」とあることです。
当院にも悪性リンパ腫の患者さんが歯の治療のために来院していますが、もうかれこれ5年以上抗がん剤の治療によって良好なQOLを保ち続けています。

どうやらこの冊子に書いてある食品を摂取して免疫機能を向上させれば“がん”ですら制御でき、すべての疾病に効能のある万能食品だと謳っているように感じられました。
病気のすべてが活性酸素により引き起こされているとは思えないし、免疫によりすべて解決できるわけでは無いことは明白です。

私が大学病院に勤務していた頃、がん治療は外科手術、放射線治療、化学療法が柱であり第4の治療法として免疫療法が提唱されいくつかの免疫賦活剤が使用されました。

それから約30年、免疫療法は民間療法といっても良いランクにまで下がってしまっているように感じています。
もし、私ががんに罹患してしまっても免疫力を上げることだけに集中することはあり得ないでしょう。
最後に①、②の部分は冊子の記述をそのまま引用しています。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)