茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

茨城県におけるHIV・エイズ
以前、HIV感染症患者の歯科治療ガイドブックについて綴りました。

茨城県エイズ治療拠点病院等連絡会議が年1回開催されて、この会議報告が茨城県歯科医師会報に掲載されていたので部分引用してみたいと思います。

茨城県内には、筑波大学付属病院を中心に合計10か所のエイズ治療拠点病院があり、HIV感染者、およびエイズ発症者の治療が行なわれています。

報告によると、統計を取り始めた昭和62年から平成26年までの茨城県内のHIV感染者・エイズ患者の新規報告数は、延べ830名で、平成3年から平成9年までは毎年40件以上あり、その後減少傾向にはあるものの、近年でも毎年20件前後で他県と比較しても報告数は多い傾向にあるようです。

また、新規患者の約38%が、既にエイズを発症している、いわゆる「いきなりエイズ」だそうです。

これらのデータは、保健予防課が県内の保健所や医療機関からの報告を受けてまとめた、いわば「おもての数」であり、本人が気づかずに感染している「実数」はおそらくこの数倍に上るのではないか、というのが連絡会議での意見となっているようなので「やっぱり!」と思いながらもビックリです。

この報告からわかるように当院においても感染者と接している可能性があり、感染力が低いとはいえ、日頃の感染対策が重要なことが再認識されます。

さらにもっと考えさせられることとして、エイズに対する偏見等が依然としてあることから感染そのものを伏せていることや、頻繁な休暇が取り難いことで治療が十分なされないこともあります。

例えば、HIV感染者の歯科診療実態調査によれば、HIV感染が判明してから歯科治療を受けたことがあると回答した616名の回答をみると、「感染を明らかにしてHIVの治療を受けている施設内の歯科で治療した」が43.4%、「感染を明らかにして病院から紹介された歯科で治療した」が14.7%、これに対して「感染を明らかにしないで自分が通いやすい歯科で治療した」が29.0%となっているそうです。

この数字は大変憂慮すべきで改めて考えさせられてしまいます。
やはり問診は大変重要であり、治療歴や、検査データ、内服薬をきちんと把握できればある程度、HIV感染に限らず大抵のことは掴めると思います。

ただし、此れすら正直に回答してくれないと、もはや「お手上げ」です。
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
補償プラン
数日前のことでした。
歯科材料のセールスマンから「先生!このほど歯科医療機器補償プランという保険ができたのですが興味ありませんか?」と向けられ説明書を渡してくれました。

どうやら医療機器に損害が発生した場合の備えとして、さまざまな機器や設備が保険の対象になることや、突発的なもの偶発的なもの、すべての損害が対象となり、なんと修理業者の出張費用まで保険対象になると書かれていました。

さらに驚きなことは、どんなに古い機器や設備を修理しても保険金支払いをしてくれるようです。
保険料は高額機器の種類や数に関係無く、医院にある歯科治療用ユニットの数で決定されるという極めてシンプルな決め方です。

補償の対象は医院内にあるすべての機器や設備の修理費用でX線やレーザーなどの高額機器は年間2回を限度に50万円まで、その他のものは年間10回まで10万円を限度とする保険です。

確かに当院のように度々器械の故障や出張修理を依頼していると魅力的な保険で加入しようかなと考えますが、ただ、良く考えてみると歯科用CTやモニターソフトなどが不具合となった場合の修理代金は数百万円の出費となりとても保険でカバーされないこと。

故障修理のほとんどの場合、修理工場から返却されるまでにかなりの日数を要するので、注文すればすぐに納入される新品を新規に購入し、修理から帰ってきたものはバックアップ用にしていることが多いこともためらう点です。
どんなに古いものが保険の対象となるにしても、余りに古い機器を使い続けることが医院のイメージにプラスと働くことは考えられないことも挙げられます。

そして、最大の理由は高額機器の新規購入や更新、医院の改修を見越して毎月一定額を積み立てていることです。
今までのブログでも度々故障や改修の件を綴ってきましたが、すべてこの積立金で賄ってきています。

このような理由から、見送ることにしたのですが、どの程度の歯科医院が申し込むのか興味のあるところです。
どの歯科医院もある程度見越した対策を講じているのではないかと思うのですが、しばらくしたら、「ねえ、ねえ、どれくらいの歯科医院が申し込んだの?」と尋ねてみたいな~!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ガイドブック  HIV感染者の歯科治療
このほど歯科医師会より“HIV感染者の歯科治療”というガイドブックが届きました。

以前のブログでも、若い人(特に10代)のHIV感染者や梅毒患者が増加している現状を綴っています。
したがって、一般的な歯科医院といえどもこれらの病気に感染している人が歯科治療のために来院することが十分考えられることを示唆しています。

このガイドブックが届くまで、HIV感染者やAIDSを発症した人はAIDS拠点病院で治療を受けることが義務であり、これらの患者さんが来院したら紹介すればよい!

我々のようなクリニックには無縁のこととばかり思っていました。
また、このガイドブックの配布が意味するところは、もはやHIVがかなり身近な存在となりつつあることを示していることになりそうです。

実は私、大学病院に勤務していた頃、HIV感染者の治療をしていました。
当時のHIVは今とは異なり“死の病”とも言うべきもので、感染者が外来治療や入院治療をしていることは内緒であり、治療はとても慎重に、しかも秘密厳守でおこなわれていました。

そんなわけで私もHIVの検査を受けた経験もあるんです!(当然陰性でした)
しかし、今回届いたガイドブックには、健康なAIDS患者の存在が普通に現実なので、今やHIV感染症は死なない病気であり、“糖尿病や高血圧症のような慢性疾患のひとつである”とさえ言われていると書かれています。
またこうも書かれています。

HIVウイルスの感染力はB型、C型肝炎ウイルスに比較して非常に小さく、消毒薬や熱により不活化され易く、日常生活では感染せず、診療の現場においては標準予防策で十分対応可能だとされています。

具体的には血液や唾液の付着した器具の消毒、滅菌もしくは適切な廃棄を遵守することや、直接的な汚染の防止のための手袋の使用や保護用眼鏡などの装着をすることであると記されています。

これらの記述は、ウイルスの解明や治療法の進歩によるものでしょうが、「糖尿病や高血圧症のような慢性疾患のひとつ」と言われても「わたし、HIV感染していますが、よろしくお願いします。」と気軽に受診されてもほとんどの歯科診療所は混乱するでしょう!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
見えるけど見えない
さて今回は、少々不便な私の日常について綴ってみたいと思います。

今年の健康診断も終わり、特に異常な点も報告されずホッとひと安心でした。
健診会場では、視力検査があったのですが、検査に立ち会った看護師さんが私の検査結果をみて「両方とも1.5ですか!良く見えて羨ましいです。」と私に声をかけてくれました。
人生折り返し地点を遥かに過ぎたにも関わらず、小さな頃からズ~~と視力だけはこんな感じで暮らして参りました。

小学生の頃は、目が悪くてメガネをかけた人が羨ましく暗い所で本を読んでみたりしたものの、視力を悪くする事が出来ず悔しい思いをした?経験もあります。

当然、視力に自信があったので歯科医師になっても裸眼での診療可能でしたが、切削片や飛沫から目を保護するため素通しの眼鏡をかけていました。

そして、今から10年以上前のことです。
拡大鏡を使用して診療すると見える世界が変わると勧められ試し始めてみました。

確かに使い始めは裸眼でも見えるのにわざわざこんなものを使うことはない!と思っていたものの、慣れるに従い、細かな所が視認しやすくすっかりお気に入りのアイテムとなりました。

ところがここ数年、年齢的なものもあり、近くの文字が見えづらく霞むようになり始めたのです。
簡単に言えば「老眼」というやつです。
むかしから遠視気味だったのですから当然といえば当然の必然で、今では毎年のように新たな老眼鏡を調達し、現在4つの老眼鏡と2つのハズキルーペが自宅や診察室のあちらこちらに配置してあり、どこにいても困らないようにしてあります。

日常の生活であれば眼鏡無しでも全く困ることはないのですが、新聞を読んだり説明文を読んだりするときは、まったくのお手上げとなり「チクショー、全然見えないよ。」と毎日ぼやいております。
みんなが羨むような右も左も1.5の視力を誇りながらも「見えるけど見えない」という人生後半戦の生活を送り続けています。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ジェネリック・その2
(似て非なるものジェネリック)

お待たせしました、前回の続きでここからが“似て非なるものジェネリック”の本当の姿です。

薬は、医薬品の部分と嵩を調節する賦形薬や安定化薬などの部分からなっているそうな!
ジェネリックは主薬の特許は切れていますが、それ以外の製剤の特許は有効なものも多いとのことです。
ニフェジピンの徐放性製剤は1日1回の内服で、高血圧や狭心症の治療に使用されています。

錠剤から薬が溶出してくるところに最大の工夫がなされており、先発品は2層錠構造で特許をとり、消化液が豊富なところで溶ける外郭錠にはニフェジピンの含量を少なく、大腸など消化液が少ないところで溶ける内層錠には多く含ませることで、24時間一定の割合でニフェジピンを溶解させます。

一方、ジェネリックメーカーはこの2層錠は特許の関係で使用できず、錠剤の剤皮を高分子の膜で工夫することにより徐放性を獲得しているとのことです。
この膜が何かの条件で一挙に溶けたり、破壊されるとニフェジピンが大量に放出されて反射性頻脈など大変危険な状況に陥ってしまいます。

ニフェジピンに限らず、徐放性製剤では、1錠中に3回投与分の薬用量を詰め込むので、一挙に放出されれば命にも関わる問題を惹起することになってしまい、
これが先発品の信頼される所以となっています。

さらに、胃潰瘍の治療薬で、分解しやすい薬品は主薬の特許が切れていても安定化薬などの特許が切れておらず、ジェネリックメーカーは他の安定化薬を使わざるを得ないものがあるそうです。
後発品を処方する場合は早めに飲みきる服薬指導が必要になるものもあるとされています。また、24時間放出性の経皮吸収製剤でも主薬の特許が切れても製剤特許のため徐放性を発揮させることができない製剤ができてしまってもいるようです。

これが喘息の治療薬だと極端な場合、最初の3時間で薬剤が溶出してしまうものがあります。
一般に喘息は明け方に呼吸機能が落ちて喘息発作が起きますがジェネリックでは対応できないものもでてしまいます。しかし一方、急性気管支炎で一刻も早く咳を止めたい場合には逆にジェネリックの方がよい場合もあるようです。
ただ、薬学部の教授のように薬に詳しければ、逆手を取った服用も可能ですが、一般人には困難でしょう!まだまだたくさん引用したい例があるのですがこれくらいで勘弁していただきましょう。

最後に、強調したいことを綴りましょう。
ジェネリック薬は原料に良質な医薬品を使用しているか否かにかかるようです。
2013年には韓国の医薬品原料を使用した日本の11社が、出荷禁止となった新聞記事がでていたそうです。(知りませんでした!)

医薬品は命に関わるので食品以上に品質管理が重要だそうで、安全なジェネリックを選択する基準として、中国産や韓国産を使っていないことを確認することが最重要な決め手となると述べられています。
このところ、多くの日本企業は経営判断の失敗や不祥事により活力を失いつつあるものの、日本の製品や技術は薬に例えれば先発品であり、中国や韓国製は見た目が同じに見えても似て非なるジェネリックとも言えると思います。
何か世の中、中国や韓国に遠慮したり、配慮した報道や行動が目立つように感じているので、もっともっと“日本が先発品である”と声を大きくしてもらいたいものです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)