茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

三菱車にお乗りいただいて・・・
そう言えば先日のことでした。
三菱自動車工業より“三菱自動車をご愛顧いただいているお客様へ重要なお知らせ”と記したダイレクトメールが手元に届きました。

私が三菱自動車のランサーエボリューションを相棒にしているのをご存知と思いますが、それゆえ三菱車を愛用している全ユーザーに対する“燃費試験における不正行為の内容に関する報告”と“不正行為の概要”を具体的に示した報告書ならびに謝罪文が送付されて来たのでしょう。

私の愛車はもう8回も車検を記録している20世紀の車なので、不正行為と直接関係無く、また、そもそも燃費を気にして走るような車でも無いのでわざわざ送付なんてしなくても良いのにと思いますが、三菱車を乗り続けてきた個人の感想としては「問題無い」「心配無い」とはっきり実感しています。

他に車を所有していてもこのランエボが日常の足として使い勝手良く、走行距離数もあと僅かで10万キロに到達し、不具合と言っても左の電動ミラーがたまに動かなくなるものの、いつの間にか復活してくれるし、ほとんど故障らしい故障も無く、こらからもズ~と自分の足として乗り続ける気満々です。

ただ、チョット気掛かりなのは今回のダイレクトメールが2通届いたことです。
なぜこのようなことになったかと考えると、三菱自動車ユーザーの難民化があると思います。

私がランエボを購入した頃はRVブームで、そのブームも数年後には下火となり、販売不振により購入販売店が閉鎖されてしまい、少々遠い新たな販売店を紹介され整備を受けるようになりました。

さらにはリコール問題が発生し、さらなる販売不振でその販売店も閉鎖になりました。
今は、3店目の販売店を自力で見つけ整備を受けていますが、今回の不正でまた新たな販売店を探さなければならないかと心配しています。

このように次々と整備を受ける販売店が閉鎖されたことにより顧客名簿が重複してしまい、私の手元に2通届いたものと考えます。

ただ、どの販売店もとても親切で私の愛車を大切にメインテナンスしていただけたので大変満足していますが、今後のことが気掛かりとなっています。

こう不正が立て続けに発生してしまうと、車そのものもダメの烙印を押されてしまいそうでますます気掛かりです。

このところ、三菱自動車に限らず日本を代表する企業が不正行為や経営判断の誤りから苦しんでいるようです。
常々感じていることは「上がダメだとその会社はダメになる」そして迷惑するのは社員でありユーザーということです。

投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
男はつらいよ
人間、誰しも歳を取ります!
そして体の自由が利かなくなったり、物忘れをしたり、近くの物が見えにくくなったり、耳が遠くなったり、とさまざま悩みや病気を抱え、人間であれば必ず経験しなければなりません。

そして、それは男性だろうが女性だろうが性別にも関係ありません。
世間では旦那さんが倒れて奥さんが介護するのは、何ら違和感もない「昔から当たり前のこと」といった感覚で見ることができます。

ところが一方で奥さんが倒れて旦那さんが介護をしなければならない場合はとっても大変なことになってしまうようです。
当院に来院している患者さんの中にも奥さんが脳梗塞や認知症を発症して要介護状態になってしまい世話をしている方もいらっしゃいます。

「なかなか、介護が大変で・・・」
とか
「認知症もあるので片時も目が離せないのです。」とおっしゃって「歯が痛いけど、なかなか通院する時間が取れないのです。」と言って済まなそうにお話をされる患者さんと会話することもあります。
「先生!男が買い物かごを下げてスーパーまで行くのって大変だぞ!」
とか
「デイサービスに通所してもらっているけど、その間に家事をしたり買い物に行ったり、食事の支度をしておかないと、帰って来たら片時も目が離せなくなるので、とても自分のための時間など持てません!」など、男性だからといっても、皆さん長年連れ添った奥さんをとても大切にしています。

しかし、男性の立場から考えた場合、普段奥さんに依存することが多かったことを、突然“さあ、やりなさい!”あるいは“あなたがやらなかったら誰がやるの!”と慣れない介護や家事を担当せざるを得なくなると、目が回るほど忙しくなってしまいます。

さらにもっと深刻なことは、生活費をどう捻出するかという問題にも行き着きます。
そう!仕事と介護と家事この3つを両立どころか全てを一手に引き受けなくてはならなくなることです。
男性が健在の場合だと、女性ほど手厚い福祉を受けることが困難なので話を聞いていると何かアドバイスができないかと考えさせられます。

介護の問題であれば介護認定審査員をしていた経験から、要介護度によってはデイサービスだけでは無く自分の時間を少しでも取り戻し、ホッとする時間を作るためにショートステイを取り入れてみたらと提案してみたこともあります。

後日、「ショートステイを取り入れることができ、少しだけ休む時間を確保できたので感謝しています。」と報告を受け、少しだけ役に立てたこともありました。
やっぱり、男はつらいよ!と皆さんにわかってもらいたいものです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
裏話
連日のオリンピックメダル獲得でテレビから目が離せない方々も多く、毎日寝不足だけど4年に一度のオリンピックだから仕方がない!といった状態でしょうか?

その一方で、自己記録を更新するも予選落ち、実力を出し切れず予選落ちといった選手がいるのもスポーツです。
そこで今回は、私が趣味にしている射撃に関するオリンピックの裏話を綴ってみましょう。

射撃に興味の無い方はほとんど知らないかと思いますが、スキート射撃において日本人女性で史上初めてオリンピック代表になった方のお話です。

初めてということで、テレビでも紹介されていましたが、父親が同じ競技のモスクワオリンピック幻の代表で、娘さんが父の無念を晴らした構図があるからです。

父親が1300年余の歴史を持つ古峯(ふるみね)神社の宮司さんといえば「ああ!テレビでやってた。」と覚えがあるという方もいらっしゃるかと思います。
お盆休みの先日、神社の敷地にある古峰ヶ原(こぶがはら)射撃場まで足を運び楽しい時間を過ごしてまいりました。

前日にはスキート射撃の予選、決勝が行われたのですが、残念ながら予選落ちとなったものの、射場の責任者からいろいろ情報をゲットしてきました。

本番の射撃ではいきなり低スコアから始まり、その後しり上がりに得点を伸ばしたとはいえ、出だしのスコアが響き予選突破成りませんでした。

ここからが裏情報なのですが、前日の練習では高スコアを連発して好調だったそうです。
しかも、オリンピックの前におこなわれた現地の射撃大会でもメダルを獲得するなど射撃関係者も「このままいけば、メダルいけるかもしれない!」と期待されるほどの好調さを維持していたようです。

そんな彼女でもオリンピックの舞台では持っている実力を発揮できなかったようで残念ではあります。
さらに良く話を聞いてみたところ、始めから射撃をしていたわけでなく、大学を卒業してアメリカへ語学留学をしていたため英語が堪能だそうです。

そもそも射撃を始めた理由は、せっかく射撃場があって父親がオリンピック選手だったことで、30歳頃からトラップ射撃を始め、途中から父親と同じスキート射撃へ変更したいきさつがあるそうです。

さらにはイタリアにも射撃留学をしているのでイタリア語もできて、とってもインターナショナルな経歴の持ち主で、本番で緊張するようなタイプでは無さそうなのですが・・・

そう言えば、オリンピックの開会式入場行進でもかなり目立っていたことからもこんな経歴があったからこそだと思うのですが!
“オリンピックには魔物が住む”と言われますが、まさに魔物に憑りつかれたのでしょうか?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科医療訴訟
医療事故及び医療過誤訴訟が増加しています。

歯科医療は、医科に比較し患者生命に直接関与したり、救命救急等の緊急対応が優先される医療内容は少なく、患者さんの主訴や咀嚼機能の回復、審美性に関する診療が多くを占めています。

これらの特殊性から、訴訟事例には「説明・問診義務」、「治療方法」、「適応」に関連するものが多いとのことです。
このところ患者意識の変化を背景に医事紛争事例が増加するとともに、医療者には医療水準に基づいた医療の提供はもとより、新規の知見や治療法についての研修、研鑽が必要とされています。

そもそも歯科医療訴訟は増加傾向にあり、内科、外科、整形外科についで多く、1997年に600件程、2004年には1100件と倍増し、2010年以降は700~800件前後を推移しているようです。

私は医療訴訟と言ったら外科や産婦人科を思い浮かべるのですが、この産婦人科より歯科の方が多いとは少々驚かされました。

ただし、訴訟と言っても全てが医療側の敗訴になっている訳ではないものの、状況によっては多額の賠償金や和解金の支払いとなった事例もあるので、慢心することなく常に最新の専門的知見を学び、新たに開発された治療方法や技術、材料の情報収集や習得に努めることが肝要であることが分かります。

とは言え、予期せぬ結果や事故が発生することは否めないことであり、それが医療者のミスであったとしても、患者さんとの信頼関係があれば紛争事例になることが避けられる場合もあります。

一方で、ミスが無い場合でも信頼関係が無ければ紛争に繋がることもあります。

これらの内容は、私も「解っているよ!」と思いながらも些細なミスの連鎖や、ちょっとした説明不足から自分の意図したことと異なるすれ違いから誤解を生じ、争いごとへと繋がることは承知しています。

例えるなら、高齢の患者さんと話す時、親しげに家族のような言葉を使った方が良い場合や、しっかり敬語を使った方が良い場合など、なかなか判断に迷うことなどがあります。

これも些細なことかもしれませんが、判断を誤ると良い信頼関係を構築することができないことになります。
本当に難しい事ばかりです。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科医師国家試験
私は歯科医師なので、当然ながら歯科に関する雑誌やら冊子やら刊行物などさまざまな郵便物が届きます。
最近届く郵便物の中で目に付く項目が、歯科医師国家試験の結果に関することなので少しばかり綴ってみたいと思います。

今年おこなわれた第109回歯科医師国家試験において3103人の受験者のうち1973人が合格して合格率が63.6%という結果でした。

前回より合格率が僅かに下がると同時に合格者が2000人を下回ったのは歯科医師国家試験が年1回になって以降初めてのことだそうです。

低い合格率の要因として、高い合格基準や「必要最低点」の設定の影響があると分析されています。
このコメントだけを読めば「あ~、そうなんだ。」で終わるのですが、この合格率や合格者数はもっと深刻な問題が潜んでいるのをご存知の方も多いと思います。

そもそも、歯医者が多すぎるのが全ての問題なんです。
歯科医師過剰問題がもう20年以上解決されずに放置されていますが、歯科大学を減らすのは無理とか、じゃあ、入学定員を減らそう!とか、ある程度対策をしたものの、今だ根本的な問題は放置のままです。

そうこうするうち、合格者数を絞る試み、入学志願者の減少による定員割れ、学生の質の低下などさまざまな要因が重なり今回のような合格率や合格者数になったものと考えます。

一番困るのは歯学部を卒業したけれど国家試験に合格できない歯学士という卒業証書だけを持つ人たちです。
試験に受からなかったら歯医者を名乗れないので、診療も治療もできないので歯学士だけでは資格を生かすなんてこともできませんから。

とはいえ、現在でもまだまだ歯科医師は過剰なので、大都市部では新しく歯科医院ができるのと同じくらい歯科医院が廃院している現状があり、地方でも何とか医院を維持しているといった場合も多いようです。

ただし、あと10年以上先には多くの先輩歯科医師が引退を始める時期が到来するでしょうから、もしかしたらこれから歯科医師になるのは案外先見の明があるかもしれません。
ただし、かなりの賭けになるかもしれませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。

投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)