茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

とんでる
先日のことでした。
その日はインプラントの埋入手術があり、患者さんへモニターを装着しました。

モニター画面の波形を見て「あれ~、飛んでますね~。」と思わず口から言葉が出ました。
すると患者さんも「そうなんですよ!飛んでるって言われてるんです。」と答えてくれました。

「お医者さんからも、飛んでるけど心配ないからと言われ薬も飲んでないし、何にも制限されてませんから。」と続けてくれました。

確かに、術前の問診時にも抗血栓薬の内服だけで、良好な健康状態を確認していました。
「飛ぶ」と呼ぶ状況は、医療の世界では脈拍を計っていると、脈がスキップしたようになり、本来打つべき脈が途切れて1つの脈が飛んでしまったように感じることから呼ばれています。

ほとんどが期外収縮によるものであり、誰にでも生じている現象で治療の対象にならないものです。
ただ、モニター画面では結構な頻度で生じていていたものの、血圧、脈拍、酸素飽和度も問題なく、患者さんも呼吸苦、気分不快も無く「いつもこんなものですから、心配ないです。」と答えてくれました。

ならば、とインプラント埋入術を開始し、術中も何事も無く終了することができました。
ここからが本題です。

術中に頭の中で浮かんでいたことを綴らせていただきます。
「そう言えば、1分間にVPC(期外収縮)が何回出ているかで分類があったよな~。確か○○の分類とか言って治療のグレードがあった気がする。」

「大学病院ではこんな時、静注用リドカインを使ったよな~。100ミリグラムワンショット。」
「そうそう、内科の先生から“これは裏ワザだからよく覚えておくといいよ!”と言って、なかなかVPCが収まらないときは、まずワンショット静注で止めてからリドカイン1000ミリグラムを生食100ccに入れてシリンジポンプで・・・」
「上室性の不整脈なら、血圧が比較的高めなら、ワソランを使って、ちょっと不安定なら・・・」
と、まあ、こんなことが頭の中でいろいろ浮かんでいました。

実際に、対応していたことなので自然に頭の中に浮かんできたことですが、今では歯科開業医として20年近く過ごしています。
頭の中に浮かんでいた医療器具や薬剤は当然のごとく、院内に用意されていないので、医療として行うことは不可能です。

しかしながら、治療法や対処法が頭の中にあってと、何のアイデアも無く対応しているのではどちらに安心感があるかは明らかです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
三兄弟
去年だったでしょうか?
旅先で何気なく手に取り「なんか珍しい物を見つけた!」と初めて購入したのが“りんごバター”でした。

こんがり焼いたトーストに塗って食べると「お~、うまいな~。」と癖になっていました。
その後はネットで幾種類かの“りんごバター”を見つけ、取り寄せては「これはいい!」とか「チョット気に入らない!」なんて気取っていました。

そして今年になってまたまた新たなバター、“桃”と“さつまいも”を旅先で見つけました。
そうなんです!バター三兄弟です。

どうです羨ましいでしょ!
味の方は内緒です。

だってまだ食べてないのですから。
さらに、もう一つの三兄弟を紹介しましょう。

名付けて“難抜歯三兄弟!”
私が最近抜いた難しい親知らず3症例です。

最初は垂直方向の埋伏智歯ですが、レントゲン写真を見ると比較的易しそうに見えたのですが、歯肉を剥離してみたらほとんど骨の中に埋もれていて骨削除、骨削除で結構大変でした。

2つ目は水平埋伏智歯です。

歯冠部も歯根部もすべて下歯槽管に近接していて、骨や歯牙を削除するにも神経障害の危険性がありやっぱり大変でした。
 
ちなみに神経損傷なんてしていませんよ。
私失敗しないので!

3つ目は上顎の水平智歯です。
上顎洞(副鼻腔)に近接していて、しかも骨を削除しないと抜けない症例だったのですが、場所が場所だけに器具が上手く使えない、見えない、そして上顎洞に迷入させる恐れもあり、力の入れ具合も難しくなかなか手強かった抜歯です。

バターの三兄弟は大歓迎ですが、困難な抜歯の三兄弟はあまり出会いたくないですな~。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
カープ!カープ!カープ!
“箱を開けたらカープが溢れていた!”まさにそんな表現がピッタリです。

広島に住んでいる友人が「今、広島は大変じゃ!」「カープが優勝しよったけんなんでもかんでもカープじゃ。」ということでカープに“あやかった”さまざまな商品を送ってもらったのがこの写真です。


どうです?
まさにカープが溢れています。

中身はほとんどがお菓子なのですが、ゼリー飲料があったり、広島ならではのお好み焼きの粉、さらには牡蠣のエキスが入った味噌まであって、しっかりと広島をアピールしています。

美味しそうで早速食べてしまおうかと手を伸ばすものの、袋に手をかけると躊躇してしまいます。
今少し眺めてからにしてみようかな。

カープとファイターズが、日本一を目指して熱戦を繰り広げていますが、今後の展開が楽しみです。
もし、日本一になったらどうなっちゃうんでしょう?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
些細なこと
つい先日「おや、!」と思い「あ、!」と、気づいたことがあります。
でも、とっても些細なことではありましたが綴ってみます。

いつも、当然の如く、しかも、当たり前のように使用している紙幣ですが、なかなか手元に長く留まってくれないので、じっくり見る機会がありません。

でも、その日は何となく気が付いてしまった“特異日”だったに相違ありません。

5000円札を2枚何気なく手に取っていたら、左下のホログラムシール?の違和感に何となく気づいたのです。
そして、2枚の5000円札を見比べてみたら明確な違いを見つけました。

「え~、シールの形が違う~!」
そして、つり銭として保管してあった10枚ほどの札を確認してみました。

「あ~、違う~!」
他に違いを探してみたら何となく番号に使用しているインクの色も変わっているように見えました。
写真のように大きめのシールとコンパクトなシールの2種類があるようです。
左側のホログラムシールは円形であるのに対し、右側は四角形であることがお判りいただけると思います。

どちらが新しく発行された紙幣なのか判別できませんが、何となくその日は人生における“些細な特異日”であったにちがいありません。

すでに知っていた方には申し訳ありませんが、まだ知らないという方は、ぜひ確認してみてください。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
セールス電話
今、日本では2%のインフレを目指し金融緩和が続けられています。
金利が下がれば、設備投資、住宅ローンなどで金融機関から借り入れがし易くなり、景気が良くなれば経済も活性化するなんてことをしているのかな?

でも、なかなか目論見書通りには、ことが進んでいない様子です。
それが原因かどうかは不明ですが、最近セールスの電話がかかってきます。

「先生、税金高いと思いませんか?」
「節税できるお得な情報があるのですが!」と、決まってこんなことから始まります。

大体こんな電話は“投資用マンションを買いませんか”という内容のセールス電話です。
聞いた瞬間「全く興味ないので失礼します。」と言うものの、「そもそも、そんなもの買えないし~。」と内心毒づきながら切ってしまいます。

時には「節税できるほど税金払っていません。」とか「納税は国民の義務ですから。」なんて答えることもあったりして、「本当に投資用マンションを購入する人がいるのかな~」とか「電話がかかって来るのだから誰か買う人がいるんだろうな~」と感じていました。

そして見つけたこの記事“投資用マンションにカモられた人が見た地獄”です。
セールストークを信じて購入してみたものの、節税どころか毎年赤字がかさんで行く現状が綴られていました。

私も「不動産を所有しておけば将来年金代わりになりますよ!」なんて言葉巧みに誘われましたが、実際は20~30年後には購入したマンションは古くなり修繕が必要になったり、家賃も安くしなければ入居してもらえないなどバラ色とは程遠い将来が待っているようです。

とは言え、マンションやアパートを所有して老後は安泰という人がいるのも事実です。
このような人たちは、綿密にリスクやコストを計算して他人任せにしていないはずです。

少なくとも営業でかかって来る電話の話を鵜呑みにして手を出しても火傷することは間違い無いようです。
「そんなにうまい話なら、私に勧めないであなたが自分でやったらいいじゃない!」これが結論で間違い無いでしょう・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)