茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

歯周病患者に朗報!
去る、11月9日歯科関連薬品が新たに保険適応されました。

リグロス歯科用液キットなる、組み換え型ヒトbFGFを有効成分とした世界初の歯周組織再生医薬品です。
これまで歯周炎による歯槽骨欠損に使われる材料には、ブタ歯胚組織を使用したエムドゲインのみであったものに、新たな武器がラインナップされることになり11月18日より薬価収載になったとの通知がありました。
どれどれとさっそく、ネットで添付文書を調べてみると

【効能・効果】
歯周炎による歯槽骨の欠損
<効能・効果に関連する使用上の注意>
1.本剤は、歯周ポケットの深さが4mm以上、骨欠損の深さが3mm以上の垂直性骨欠損がある場合に使用すること。
2.本剤は、インプラント治療に関する有効性及び安全性は確立していない。

【用法・用量】
歯肉剝離掻把手術時に歯槽骨欠損部を満たす量を塗布する。

とありました。また、興味深いデータもあったので載っけてみます。

投与36週後の新生歯槽骨の増加率の平均値では今回の新薬では37.1%、何も使わない場合で21.6%の増加とありました。

さらに、エムドゲインとの比較では同じく36週後の新生歯槽骨の増加量では新薬で1.93㎜、エムドゲインで1.36㎜と新しいリグロス歯科用液に軍配が上がっていました。

どうやら、添付文書から見てみると歯周病に悩む患者さんにとってかなり期待のできる薬と言えそうです。しかも、保険適応ですから治療費もそこそこに抑えられそうなので朗報と思へます。

当院では、歯周外科治療(歯肉剝離搔把手術)を数多く手掛けているので、早速注文してみようかと他の通知書を調べてみたところ、医薬品リスク管理計画を策定して市販後安全対策を進めること、及び販売開始後6カ月間、適正使用を推進し、副作用等の情報を把握するために市販後調査等を実施する義務があると記され、まずは大学病院等の歯周治療を専門とする医療施設から普及を努めていくとありました。(残念!)

このようなことから、当院で治療に使えるようになるにはまだまだ先のことになりそうです。申し訳ありませんが、もう少しお待ちください。

ただ、私が心配しているのは、この新薬を使うには高い講習会を受講しないと売ってあげないよ!という歯科特有の商法です。

例えるならば
「××社から画期的な新型テレビが発売されました。購入希望者は○万円支払い商品取扱説明会を受講してから購入して下さい。尚、価格は定価10万円のところ画期的なテレビなので12万円にて販売いたします。」
とまあ、こんなところです。

一般の社会では考えられないようなことが歯科では常識になっていることです。そして、やはりというべきか“流通につきましては、特殊医薬品の流通を専門とし全国ネットワークを有する・・・・・を総代理店として“との文言がありました。

やはり、今までにも綴ってきたバカバカしい歯科の商法が繰り返される予感です。お願いだから有料講習など無しで、しかも決められた薬価で入手できるよう祈りたいと思います。患者さんのためにならないのですから!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
テレビって奴は!
このところ、テレビ番組では「可愛くてこんな娘がそばにいてくれたら、毎日が楽しいだろうな。」なんて思うドラマがあるかと思えば「私、失敗しないので!」が決めのフレーズとなっている医療ドラマがあります。

これ以外のドラマやらバラエティー番組も視聴しているのですが、やはり医療モノのドラマは「あり得ねえよ!」と言いながらもついつい観ては夫婦2人で悪態をついています。

「は~?、フリーランスの外科医~~」
「お前はどこでも手術が出来るのか?腹部外科、胸部外科、脳外科、何をやっても失敗しない?」
「がんのステージ4で主病巣(原発巣)だけ切除したって遠隔転移があるからステージ4なのにバカじゃないの?」
なんてありとあらゆる言っちゃもんを付けています。

視聴率が取れれば何でもありは些か行き過ぎた演出ではないか?
これを信じてしまう患者さんが「テレビでやっていたのに何故できないの?」なんて話が現実になりそうです。
週刊誌の記事で「大丈夫なんですか?」と聞かれた経験のある私にとっては“間違い無い!!”と確信できる事柄です。

さらには、患者さんから「実話です。」と聞かされた話では、ある親子が保健所から“白い犬”を里親として譲り受け、数日後、その“白い犬”を返しに来たそうです。

理由を聞いてみると「だって、この犬喋らないんだもん!」だそうです。
やはりテレビCMで白い犬が喋っているのを見て、白い犬だったら喋るはずと思って里親に応じたからだそうです。

まあ、子供だけではなく、その保護者にもかなり問題があると思いますが、テレビの影響の大きさを物語るものです。
これも、新聞で見つけた記事ですが、今や日本人の2人に1人ががんに罹患する時代におけるがん治療に関してのものでした。

がん治療は総合戦略であり、神の手、素晴らしい外科医がいれば全部できるということではない。
正しい治療をするには、正しい診断が必要であり、放射線科、画像診断学のプロがいて、内科的に治す抗がん剤のプロ、そして上手な外科医、様々な分野のプロがいて初めて総合的な治療が出来ると記されていました。

テレビの中では、神の手を持つ一人の医師が何でもできてしまう方が都合良いのでしょうが、テレビの製作だって神の手を持つ一人のプロデューサーが仕切っているわけではあるまいに!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
不思議なリモコン
東京では、11月の降雪はなんと54年ぶりだそうで、ここ桜川市でも結構な積雪があり心配させてくれました。
ということは、本格的な冬の到来を告げたことになるのかと思いきや、今後もまだまだ気温の高い日が続くようです。

しかし、冬になれば我が家にある不思議なリモコンも本領を発揮し始めてくれます。
そのリモコンは車庫の開閉に使う電動シャッター用なのですが、何故か寒くなると駄々を捏ねて困惑させてくれるのです。

数年前、電動シャッターを取付けたものの、氷点下の冷え込みになるとシャッターがリモコンに反応しなくなるのです。
日も差し、暖かくなると何事もなかったかのように動き始めるといったことを繰り返していました。

当初は、シャッターが凍り付いたためと考え、「まあ、寒いし、こんなもんかな~」と半ば諦め、春になり暖かくなると同時に正常に動作し始めたのであまり気にも留めないでいました。

こんな事を数年繰り返すと、さすがに「困った。」と感じメーカーに連絡を取り点検してもらいました。
「モーターは問題無いし、リモコンもほら、ちゃんと動きますよ!電池替えました?」
「これと同じものを北国でも使っていますが、不具合の報告は受けていませんよ」と呆れたように言われ「やれやれ」といった感じに引き上げて行きました。

「じゃ、なんで動かなくなるの?」と考えてみましたが、原因として考えられるのは“寒さ”以外思い当たることはありません。
そこで、普段玄関に置いてあるリモコンを試しに暖かい居間に置くといった簡単なことをしてみました。

すると効果はテキメン、いつでもすんなり開いてくれるではありませんか!
その後は寒くなり、作動しなくなると置き場所を居間に変更するようになったわけです。

そして、今回の降雪です。
車で外出しようとリモコンを操作しても動いてくれなかったので、リモコンをエアコンの吹出し口でじっくり温め、“スイッチオン”

“するとどうでしょう?”スルスルとシャッターは開きはじめたのです。
本当に不思議なリモコンです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インプラント周囲炎
このところ週刊誌等により歯科に限らず医科においても「こんな治療は受けてはいけない!」「こんな先生には罹るな!」などとネガティブな情報が飛び交っています。

紙面を作成する方は雑誌が売れて利益が上れば良いわけで、先生や患者に取材しても、記者が正確に反映させているか不明であり面白可笑しく記事にしている面も多分にあるかと感じています。

事実、発売された翌日には「先生、わたしのインプラントは大丈夫ですか?」と問い合わせの電話があり反響の大きさに驚いています。

また、インプラント治療を希望する患者さんにもテレビ、週刊誌のネガティブ情報により、今まで以上に丁寧な説明を必要とし、ネガティブな質問を多数受けることになっています。

ほとんどの歯科医師はインプラントを埋入したいがために抜歯をすることは無いし、多数の歯牙が失われ義歯を選択した場合でも、義歯を装着することで健康な歯牙が数年してまた失われていく悪循環を目の当たりにし、義歯の不自由さや、食の制限を聞いているのは我々です。

そしてインプラントにより食生活が劇的に改善され、これを喜ぶ患者さんの生の声を聴くのも我々歯科医師です。
当院では、多くの患者さんにインプラント治療を提供しています。
多くの感謝の言葉を聞いてきましたが、一方でインプラント周囲炎という厄介なトラブルを抱えてしまうのも頭の痛い問題です。

歯科に関する雑誌、専門誌そしてインプラント専門誌においてさえも“インプラント周囲炎は発症させないことが肝要である”との記述ばかりであり、治療法は今だ確立されずメカニズムの解明が待たれる!といった具合です。
現状がこれですから周囲炎の治療に関した記事もほとんど目にすることも無く、しかも発症率は高いようです。

インプラントメーカーの担当者が当院を訪れた際にも週刊誌の記事が話題になり「著名な先生も周囲炎を含めてなかなか詳しく話してもらえないし、基本的には発症したものは抜去して再埋入することが多いようです。」とか、他のメーカーでは「上部構造を作成する時に動いてしまうものは失敗にカウントせず、成功率を上げているようだ」なんて話も聞きました。

「へ~、そうなんだ!」と裏話に驚き
「そうそう、うちでは、インプラント周囲炎治しているよ!最近結構治せるようになったんだよ!」
「ほら、このインプラントこんなだったのが良くなったでしょ!」なんて話をしたことがあります。

確かにすべてのインプラント周囲炎を完治させることは難しいものの、試行錯誤によりかなり骨吸収してしまったものでも長期に機能させられるようになってきました。

「でも、周囲炎は治ったと思っても数か月するとまた再発したりで、本当に根気が必要だし、長いと2年くらいかけているのもあるからね~。」とか「患者さんによっては、よく話し合って抜去して再埋入することもあるし、治療そのものを諦めることもあるよ。」なんてことを話したりもしました。

インプラント治療において埋入はそれ程大変ではないけれど、その後のメインテナンスが重要であり、頭の痛い事態が生じれば全力で対処しなければならず、結構スキルが必要だと実感しています。

最後に「インプラントを手掛けるのはヤクザなことだね!だって一度手を染めたらズ~と責任が生じて走り続けていないとならないから」と言って話を締めくくりました。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
そうなのかな?
先日の水曜日は私が学校歯科医をしている中学校で健康集会があり講演をしてまいりました。
お願いする方は「よろしくお願い!」の一言で済むのですが、頼まれた方はスライドの準備やら講演内容の原稿などいろいろ準備に忙殺されてしまいます。

とは言え、今まで数回経験していたため前回の反省を踏まえてのスライドやら原稿を追加や変更で済ませたので忙殺はちょっと言い過ぎかもしれませんでした。

その水曜日という日は、あのアメリカ大統領の投開票日だったので朝からテレビで開票の行方に注目していました。
縮まりそうで縮まらない得票数や選挙人の獲得数に「トランプが勝つの?」なんて冗談を言っていましたが、午後になり健康集会の時間が近づくにつれ「ヒラリーが嫌われているのは知っていたけどここまで嫌われていたとは!」、「トランプの勝ちで決まりじゃないの!」と言いながら中学校へと向かいました。

おかげで講演前の変な緊張も無く終了でき、ホッと安心して帰宅しました。
やはり、テレビではトランプ優勢を伝え“ほぼトランプで決まり”の情勢で、しばらくするとトランプ当確の報道が伝わってくることになりました。

その日の夜遅くのニュースでアメリカ議会選挙についての報道で何となく「そうなのかな?」という結論に達しました。
ここからは私の勝手な妄想です。

今回のことを日本に当てはめてみると総理大臣選挙の国民投票と衆議院の国政選挙が同時に行われたと考えてみます。
総理大臣は”野党のR4”と”与党の異星人”の一騎打ちで、国政選挙は与党に勝ってもらいたいので与党に投票、総理は二重国籍問題などなんのその、初の女性総理を目指すR4、でもチョット待て!異星人とは言え、与党の総理の方がねじれも無く国の運営には都合がいいのではないか?

異星人の総理とは言え、副総理に地球人がいるし、もしかしたらこっちの方がいいのではないか?
そんな心理が働いたのではないでしょうか?

だって、もし異星人の総理が「地球は地球人だけのものではない! 中東やアジアは異星人が治めてもいいのではないか!」「異星人ともっと仲良くしよう」なんて言い出したら暗殺してしまって地球人の副総理が成り代わればいいのではないか。

そんな妄想が頭の中に浮んできました。
まさか・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)