茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

ニセ科学
今回はどこまで綴ったら良いのかわからない、というか「ああ、あの製品!」なんて頭に浮かんでしまうものがあって深入りできない話題です。

医療を扱った刊行物の特集が目に留まりました。
そこには、科学的根拠がないにもかかわらず、あたかも科学的に正しいと見せかける「ニセ科学」「疑似科学」が世の中にあふれている!といった前文から始まっていました。

確か、このブログでも“・・・と言われている”や“・・・とされる”といった文章は科学的根拠に乏しく「似非科学」であるから要注意ですよ!と綴った覚えがあります。(私もこの表現は便利でよく使っているので批判できません)

テレビなどでは「個人の感想であり・・・」といったテロップや「効果を保証するものではありません!」などの表示をよく見かけます。

この表示を見ただけでエビデンスに乏しく、要注意なのですが、内容的には「もしかしたら私にはピッタリかもしれない!」と思わせるものばかりです。

同様にこの刊行物にもサプリメントをはじめ、医療、週刊誌、医療情報サイト等々、事細かに“ニセ科学”が解説してありとてもすべてを紹介できないし、それこそ「ああ~、あの品物!」とか「ああ~、アレね!」と想像できるものばかりです。

「がんもどき」理論による、がん放置療法など命にかかわるニセ科学についてのコメントも見つけることができ、様々な例が採り上げられていました。

項目が多岐にわたるので、今回は私がデンタルショーに参加した折、サプリメントを販売している業者に質問したときのことを綴ってみましょう。

ヒアルロン酸やコンドロイチンのサプリメントやドリンク剤を服用すると若返るとか健康増進になるといった効能を謳って勧められた時でした。

「これって、基本タンパク質だから経口で内服してもアミノ酸に分解されるだけだから、栄養にはなってもあなた達が謳っている効能は無いのではないでしょうか?」とこんな質問をしてみました。

すると「確かにおっしゃる通りなのですが、ほんの僅かはそのまま取り込まれるのです!」と答えが返ってきました。
そこで「うそばっかり~、そんなことがあるとは思えないけど~」とやり取りしたことがありました。

このような指摘をしてしまうと業者もそれ以上食い下がるようなことは無くなってしまいます。
さらにもう一つ、昨日ファックスのインクフィルムを購入しに家電量販店を訪れ見回していた時、「顔やせ」する器具が安売りされているのを見つけました。

「一日一分間使うだけでほうれい線もすっきり」なんてことが効能として表示されていたものの、ほうれい線は運動でどうにかなるようなものでもないでしょう?と思うのと同時に、顔の表情筋はとっても薄く小さな筋肉だから少し運動しただけで顔のかたちが変わるなんてことは無いと思うけどな?と・・・

少なくとも、この世の中には「ウソだ~」とか「本当?」と感じることが溢れていることは間違いありません。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
気掛かりな事
ある種の薬を使うことで、顎骨壊死という顎の骨が腐ってしまうことがあり得るといった現象はほとんど知られていません。

これについて、歯科医師会雑誌で目に留まったこの気掛かりな現象を一部引用して綴っていきたいと思います。
BP製剤といってビスホスホネート系の薬剤を内服、あるいは注射で投与されている患者さんが大勢いらっしゃいます。

ビスホスホネート(BP)は破骨細胞に対し特異的に作用し、骨吸収を抑制し、骨粗鬆症や悪性腫瘍の骨転移などに広く用いられ、様々な種類の薬剤が存在します。

2003年にBP製剤関連顎骨壊死が発表されて以来、数多くの報告がなされ、骨吸収抑制薬関連顎骨壊死や血管新生阻害薬を含めた顎骨壊死も報告され、しかも年々増加しているのです。

発生頻度では日本、アメリカ、欧州などではBP製剤経口薬で0.01~0.02%、悪性腫瘍などに使用される注射薬では1%前後と報告されているようです。

骨吸収抑制薬のデノスマブではさらに発生頻度が高くなり、血管新生阻害薬による顎骨壊死の発生も海外では多く報告されているものの、日本における発生頻度はまだ不明とのことです。

これら薬剤による顎骨壊死の発生率は低いものの、もし発生した場合は、可能なかぎり休薬という方法しか根本的な治療法が無く、治療も難渋する症例がほとんどなのが現状です。

ただし、これらの薬剤は悪性腫瘍の治療をはじめ骨粗鬆症に対する治療に強いエビデンスを有しています。
このため、超高齢化社会を迎えた我が国では骨粗鬆症による骨折リスクの減少によって、生活機能やQOLの維持、健康寿命の延長や死亡率の減少がもたらされます。

当院においてもBP製剤を処方されている患者さんが来院いたしますが、このようにとても役立つ薬剤であるにも関らず、歯科においては顎骨壊死という厄介な病気の発症が隠れているのです。

特に抜歯やインプラント治療、根尖・歯周外科手術など骨への侵襲を伴う処置では発生頻度が上昇することが判明しているものの、侵襲が危険だからといって、明らかに治療不能な歯牙や予後不良な歯は放置すべきでないとも書かれています。

いずれにせよ、骨粗鬆症等で治療を受けている方が歯科治療を目的として受診した際には、必ず申し出て頂きたいし、自分勝手な判断で申告しない場合は命取りになりかねないことを知っていただきたいと感じています。
また、顎骨壊死の予防のためにも積極的に歯科医院を受診して口腔内の管理をしていただきたいものです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科技工所
歯医者さんで治療を受けた人の中には差し歯を入れた、銀歯を作ってもらった、私なんか入れ歯を作ってもらいました!といった経験をお持ちの方も少なくないと思います。
私は歯科医師なので患者さんのために差し歯だって、銀歯だって、入れ歯だろうと何でも作れる資格を持っています。

でもね、一日が24時間しかない現状では、すべての患者さんの技工物(差し歯、銀歯、入れ歯等々)を自分で作り、提供するには余りにも時間が少なすぎます。だって考えてもみてください!

一つ一つの技工物は全てオーダーメイドで時間をかけて作り出さなければならない物です。
様々な工程を経て作るものなので、労力と時間と経験が必要であり、不具合があれば「あそこの歯医者は下手くそ!」なんてすぐに言われてしまいます。

そんな技工物ですが、この技工物は歯科技工所で歯科技工士という専門職の方たちによってほぼ製作されています。

歯科医師にも得意不得意な治療があるように歯科技工にも差し歯や銀歯が得意な技工所や義歯ばかりを作っている技工所もあるので土井歯科クリニックでは主に2つの技工所に技工物の製作依頼をしています。

また、特殊な素材を使った技工物はさらに他の技工所に依頼するとか、一口に技工物といっても様々な手を経て患者さんに提供されています。

この技工士さん達、あるアンケート調査では過酷な実態が浮き彫りになっています。
まず、苦労の割には収入が少ない、長時間労働である(作製に手間暇がかかる為)
過酷な労働により成り手がいない、または離職者が多いなど様々な問題点が指摘されています。

これは昔から(20年くらい前)指摘されていた事ですがまったく改善されていないことがわかります。
これというのも医療費抑制策のため歯科医院の収入が上がらない(歯科医院が増えても歯科医療費がほとんど増えていない)のですから、当然、技工士の待遇も改善されません。

そのうち技工士がいなくなり歯科医院の経営も立ち行かなくなるとズ~と前から指摘されてきましたがいよいよ現実のこととなる予感です。

CAD・CAMマシンで機械が作るからOK!なんてメーカーは言っているけど技工士が作ったものと比較したらとても太刀打ちできないレベルだし、設備も法外なほど高価です。

機械が進歩しようとも、我が国においては如何なるものでも最後は人間(職人)が仕上げないと納得できないものがほとんどではないでしょうか?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
更新終了
先日、運転免許証を更新するため最寄りの警察署へ行ってきました。

ゴールド免許ホルダーである私は、署内ですべて手続きが完了する速攻更新ができた人なのです。
受付で更新手数料を払い、運転に支障が無いかの質問用紙に回答し、視力検査を受け、写真撮影をしたら、新しい免許証が出来るまでの間にビデオ講習を視聴し、交通事故の現状や改正道路交通法のレクチャーを受ければ「はい、免許証!」と、本当に速攻で簡単更新でした。

とは言え、この更新で高齢者の事故の現状や茨城県内の交通死亡事故の状況やらを聞くことが出来ました。
特に高齢者による運転操作ミスは新聞、テレビ、ニュースでもしばしば報道され、あまりにも多発することからワイドショーでも取り上げられるようにもなりました。

近年、車の安全性の向上により死亡事故が減少しているのに、高齢者が関わる重大事故は増え続けているのです。

茨城県においてもこの傾向に変化なく交通死亡事故は全国ワースト8位で、人口10万人当たりでも、自動車1万台当たりでも11位、12位と全国平均を大きく上回っている現状があるようです。

高齢運転者が絡む事故で見てもワースト9位であり、死亡事故の内訳でも道路横断中やシートベルト非着用が大半を占め、私が住む県西地区での死亡事故が最多という結果が出ていました。

特に、都市部と違い地方では街灯も無く、暗い道が多いため夜間に歩行者をはねる死亡事故が目立つ特徴があるのです。

対策としてライトを上向きにして走行することが推奨され、歩行者は反射材を着用するよう指導しているのでドライバーの皆さんも気をつけて下さいと念を押されて帰宅しました。

実際問題、昼間でも歩行者をほとんど見かけないのに、夜間に人が歩いていると思って運転しているドライバーは皆無ではないか?と感じる場所です。

轢かれているのはほとんど野良猫やタヌキだからこそ常に注意が必要なのでしょう。

都市部の人には判らないでしょうね!
私も最初は判りませんでした!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
速報
今、日本列島は、この冬一番の寒気に覆われ記録的な大雪に悩まされている地方もあれば、ここ桜川市のようにまるで冷凍庫の中に閉じ込められたように感じる地域もあります。

とは言え、スギやヒノキはこの寒さの中でも花粉を飛ばすための力を蓄えております。
予測によると西日本各地では大量飛散が予想され、今年は去年の数倍に上るのではないか?と予報されそうです。また、関東地方南部のスギ、ヒノキの花芽の個数や発育状況でも、今年の方が花粉の飛散が多くなる可能性が高いと見られているようです。

花粉症の方にとってはまたまた受難の年であり苦難の季節となりそうな予感。
花粉症と言えばくしゃみ・鼻水・鼻詰まりが三大症状であり、これ以外には目の痒みなどの眼症状、喉の痒みや咳、全身のだるさや倦怠感、鼻詰まりによる不眠、集中力の低下などが見られ、治療としては内服薬がメインとなるものの、花粉症防御対策としてマスクの使用が圧倒的であり、その他にメガネやゴーグルが続くといった調査結果も出ているようです。

最近注目され効果が期待できるものとして鼻洗浄が花粉症関連の学会でも取り上げられ推奨される方法になっているようでもあります。

これ以外にも空気清浄機の稼働、洗濯物の部屋干しも対策として有効で、ローションティッシュなどは多様化された対策商品として花粉症の方々の苦労を取り入れたものとなっています。

寒い寒い冬が過ぎ、せっかく待ち詫びた季節がやって来るのに、厄介な奴が立ちはだかる、じつに面倒な時代になったものです。でも、昔はこんなアレルギーは無かったとも言われています。

そもそも昔は、現代のように清潔過ぎる環境に無かったとか、寄生虫に蝕まれていたとか言われているようです。
だからこそ寄生虫を体に宿してあげればいいんじゃないの?なんて言っている科学者もいて、自ら実践しているなんて話も聞いたことがあります。

あまりにも苦しむ方は試してもいいかも?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)