茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

不愉快
毎日テレビを見ていると、民放の場合必ず番組スポンサーのCMが放映されます。
無料で視聴しているのですから仕方ないことです。

ただ、このテレビCMは何となく見ているもの、良くできてるな~、と少しばかり感心してしまうもの、など様々溢れています。

そして、この様々なCMの中には、見ていてとても不愉快になるものが少しばかりあります。
「○○子~、俺は君の何だったんだ~。」
「ほけん!」
と言われてあっさりフラれてしまう保険会社のCMです。

このCMが流れ出すと決まって私は、
「本当に、ふざけてるよな~。このCM作った人、何考えてるんだろう?そもそもよくスポンサーがOK出したよな~。」
と呆れたように言い、
「絶対、この会社の保険には入らない!」
と不愉快極まりないと怒りを表します。

すると私の妻が、旦那が緊急入院したところに、妻が駆けつけ、
「私たちの生活はどうなるの?」
と言う保険会社のも嫌い!

「だって、旦那さんが緊急入院したら、まず旦那さんのことを心配するのが当たり前でしょう?」
「それなのに私たちの生活どうなるの?」
が最初の言い草なんだから一体何考えてるの?と続きます。

また、ピザのCMでは、
「お持ち帰り、いいな~」
と若いおねえちゃんと一緒にタクシーに乗り込むシーンが出てくるのも、
「若い女性から見たら不愉快なんじゃないの~。」
なんて会話をしています。

何はともあれ、印象に残ればCMとしては成功なのかもしれませんが、
「絶対、買わない」とか、
「絶対、契約しない!」なんて思われたらスポンサー企業としては目も当てられないと思うのですが・・・

しかしながら、そのCMスポンサーがOK出したのですから私がとやかく言うことではないのでしょう。
ただ、今までにはもっともっと不愉快だったCMが存在します。

そのCMが流れ始めると、自然とチャンネルを変えてしまう破壊力抜群の凄いCMでした。
余りにも不愉快だったので、すぐチャンネルを変えていたため、記憶に残らず綴れないのが残念です。
これだけ多くのCMが溢れれば、作成する側もインパクトがあり、好印象なものもなかなか作れないのでしょうね。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
初めて知った
それは、つい先日のことでした。
そして、初めて知ったことを、初めて経験したのです。

我が家は自宅兼診療所なので、一階部分が歯科クリニックで二階が自宅といった構造になっています。
歯科クリニックを開業してかれこれ20年、様々な出来事や経験をしてまいりました。

さらに、この建物と繋がる合併処理浄化槽も休まず働き続けてくれました。
私も歯科医師として、日々患者さんと接し「治療も大事だけど治療後のメインテナンスも大切です。」と説いていました。

当然、我が家の浄化槽も設置時より定期点検業務や水質検査、モーターの交換などを専門業者に依頼していました。
もちろん、大事に大事にメインテナンスをしていたつもり!

先日と綴った日より10日程遡った日の出来事でした。
いつも点検してくれる会社の担当者から「そろそろ、浄化槽の清掃を依頼してください。」と言われたのです。

私「どういう事でしょうか?」
担当者「浄化排出される水に少し濁りが出始めているので、公社による水質検査に引っかかるかもしれないので!」と理由を言われました。

どうやら詳しく聞くと、我が家に設置されている合併処理浄化槽は25人槽といって一般家庭のものよりかなり大きな容量なので、今まで汚泥処理をしなくても水質に全く問題なかったそうです。

このように使い続けた結果、いよいよもって処理能力の限界に達したといったところでしょうか。
定期点検していれば問題無いと、今まで全く知らずにこれまで来ていたのでした!

さて、汚泥処理はどこに依頼すれば良いのか分からず、取り敢えず専門とされる業者に電話してみました。
「25人槽ですか?20年間、一回も処理していないのですか?」と、なかば呆れたというか唖然とするみたいな反応が返ってきたのです。

汚泥処理が必要なんて考えてみたこともなく過ごしてきたのですから当然です。
「う~ん、とにかくやってみないと分からないけれど、もしかしたら一回で全て処理できないかもしれないし、何しろ汚泥の量が多いはずなので2台で伺います。」と。

そして運命の日となった先日、処理のため浄化槽に車両が回されて来ました。
幸いなことに浄化槽近くに車両が着けられたため、吸引力のある強力なホースが使え、一日で全ての作業を終了することができたのです。

最後に処理業者から「本当は、毎年汚泥処理をしないといけないのですが、大きな槽でそれなりに金額もかかるので2~3年に一回でいいから処理して下さい。」と言われてしまいました。

確かに請求書を見たら「こんなにかかるの?」と感じた金額が記入されて少し驚いたのも事実です。
何はともあれ、浄化槽は定期的に汚泥処理が必要なんて初めて知った!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
あのねぇ・・・
また手元に届きました!
思わず、「あのねぇ、いい加減にして!」と諭してあげたくなるような読み物。

これを飲んで生活すれば、あら不思議!
癌を含むあらゆる病気が良くなります。

こんなことがたくさん書かれている読み物。
つい最近も、ニセ科学について綴ったものの、最新の研究では僅かに真実も含まれるらしいと聞きました。

従って全てを否定しませんが(私も寛容になりました)、おそらくそれ程には期待できないと感じています。
ネットを検索すれば、手術をすれば助かる可能性が高い癌患者が、怪しげな癌免疫治療を選択したため、余命僅かになってまでも最後まで信じ死を迎えたなどといったサイトを閲覧することがあります。

癌治療は、一にも二にも標準治療が第一選択であることを肝に銘じておくべきだと強調しておきたいと思います。
さて、話を戻すと私は歯科医師なので読み物に記述された癌に対する効能、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞等々の話はスルーさせていただきますが、歯周病に効果ありという点に絞ります。

ご存知のように、歯周病は放置すれば歯を失う怖い病気です。
この読み物によれば活性酸素が増えると歯周病の進行を早めてしまうので、我々が薦める食品を摂取しなさい!
さすれば改善するといった感じです。

治ると書かれていないのがミソなんですが、改善させるだけなら、うがいをするだけでも効果ありです。
私は歯周病を軽快させたり治療していますが、中等度以上に進行すると必ず歯の周囲に歯石が付着しています。
この歯石が歯周病の最大の原因ですから、様々なアプローチで除去すれば必ず劇的に改善します。

たとえ、重度の歯周病でも歯周外科のアプローチにより、抜かなければならないとされた歯でも「咬めるぞ!」といった状態に再生することもできるし、事実多くの歯を救ってきました。
決して食品の摂取だけでこのような改善は見られません!

くれぐれも「もう少し早く来院してくれれば!」なんてことにしないでください。
確かなことは、重度歯周病に罹患した患者さんが多く来院されています。
そして、歯周外科手術も多いな~と実感しています。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
暑さ寒さも・・・
お彼岸も過ぎ、桜の開花の便りが聞こえるこの頃です。

暑さ寒さも彼岸までと言われるように、朝布団から抜け出るのも「えい、や!」と掛け声をかけて起きる必要も無くなりつつあります。
とは言え、まだまだ季節の変わり目、寒の戻りなんてことになったら真冬に逆戻りになってしまいます。

先日も朝から冷たい、冷たい雨が降り「うわ~、今日は寒い!」なんてぼやくことしきり!
午後になると雨も上がり、靄っていた筑波山がはっきりと姿を表しました。
と、あら珍しや!

山頂付近を中心に綺麗な雪景色となっているではありませんか。
こんな筑波山はなかなかお目にかかれないお洒落な姿です。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
全日本トライアル選手権
さて、私が居住している茨城県桜川市の真壁地区では「まかべのひな祭り」が終了し、翌週には「真壁トライアルランド」において、全日本トライアル選手権シリーズ第1戦関東大会が開催されました。


写真は今大会のプログラムで、優勝した黒山選手のサインをもらってあります。黒山選手と言えば世界トライアル選手権の元チャンピオンであり、なんと名前が私と同じなんです。

ま、トライアル競技と言っても今一つピンと来ないかもしれませんが、日本の競技力は黒山選手の戦歴を見るように世界レベルであり5月には「ツインリンクもてぎ」で世界選手権が毎年開催されるほどにも拘わらず、世間的には浸透していない事が残念です。

当然、地元の真壁でも全くと言っていいほど関心がありません。
さらには、「白井トライアルランド」と言って、すぐ近くにも全日本トライアル選手権が開催された実績のある場所が存在し、トライアルの聖地といっても過言ではありません!どちらかと言えばモトクロスの方が迫力を感じるかもしれないものの、トライアル競技は近くで見ていると「なんで!」「なんで、こんなことができるの?」「おお~!」「すげ~!」と言った歓声が沸く競技です。

実は、私もほんの少しだけ挑戦していた時期があり、ちょっとした岩や丸太、崖に挑んでいたことがありました。
当然、見ていると「これくらいなら自分でも出来そう!」と感じても遥かに難易度が高く、世界レベルの選手はまるで宇宙人が競技をしているかのようです。

トライアル競技の良いところは、競技を間近で観戦できるためその凄さが肌で感じられるので、是非皆さんも足を運んで体感してもらいたいものです。


この写真は、大きな岩を乗り越えていく瞬間を撮影したものですが、実際の岩を近くで見てみると人の高さをはるかに上回るものでその迫力が少しは伝わるかもしれません。


ただ、ただ、残念なのがこの桜川市のやる気の無さです。
「ひな祭り」があるから手一杯だ!なんて言っているのですから!

そもそも、この時期は全国的にも「ひな祭り」なので、町おこしの一環で様々な市町村でも催され、真壁のように「古い街並みとひな祭り」と謳ってみても、毎年同じような雰囲気でもあり、訪れる観光客も減少していることが数字に現れ始めています。

そうなんです!

そうなんですよ!

地元の人たちは、知らないんです!
ここ真壁あるいは桜川市一帯に素晴らしいものがたくさん眠っていることを!
トライアル選手権は東京を始め、全国から観戦に訪れていることを!

さらに、ウルトラライトプレーン(飛行機)、ラジコン飛行機を飛ばせる飛行場
銃の所持許可が無くてもできる射撃場、“この射撃場を管理している方はモンゴルの射撃チームを指導するほどの人物で私もモンゴル土産を何度もいただいております。”

過去にパラグライダーのワールドカップが開催された事もある発着場もあり、その降下地点が真壁である等々なんでこんなにもたくさんの「人を呼べるアイテム」を持っていながら眠らせておくのか?
何とも歯がゆいものです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)