茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

料金等が変わる!
6月1日より郵便はがきの料金等が変わるようです。

早い話、ハガキの料金が10円値上がりして62円になるのです。
表題と同様、料金等とありますように、定形外郵便物も物によってはかなりの値上げとなります。

定形外郵便物が今回より規格内と規格外の二つのカテゴリーに分けられ、規格外のものがかなり値上がりすると表示されています。
規格内とは、目安としてA4サイズの用紙が折らずに入る大きさで、これより大きいと規格外と分類されてしまいます。

土井歯科クリニックでは規格外の定形外郵便物は殆ど扱いませんが、毎月リコールはがきを出しているので郵便はがきの値上がりは少しばかり残念な出来事となってしまいます。

宅配便も近々値上げが予定され、配達に関わる人たちの苦労を思えば仕方ないというより、ず~と長く値上げせずにいたのですから受け入れざるを得ないでしょう。

ただ、毎日のように配達される郵便物を見てみると、ハガキよりも封書や定形外郵便物の方が圧倒的に多い気がするので、なぜ“ハガキ”だけなのかと、見えない力が少しばかり働いているのかな~と勘ぐってしまうところもあります。
当面、面倒なこととして、52円の現行リコール用ハガキを束で購入しているので10円切手を大量に購入して一枚、一枚貼る作業がね~。

「ハイ、よろしく!」とリコールはがきと切手を渡して郵便局で貼ってもらえるとうれしいのですが!
最後に、あと半年くらい経ったら大混乱になりそうなこととして、今回の値上げは来年の年賀はがきには適応されず、52円のままで出せる特別措置です。

「やった!年賀はがき使えば安いままじゃん!」なんて思ったあなたはとっても考えが甘い!
小さな字で“2017年12月15日から2018年1月7日の間に差し出されるものに限ります”と書いてあります。

現行ハガキに「年賀」と書いて期間内に出しても、たぶんアウトだよね~。
これって、絶対混乱するよね!
今からチョット楽しみです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ピンハネ
さて、今回は眠れぬ夜の妄想について綴ってみましょう。

先ずは、前振りからです。
バラエティー番組を観ていたときです。

「ここに出ているタレントさん達は、芸能事務所や音楽事務所に所属しているんだよね!」と私。
「ということは、保険は社保(社会保険)だよね!」と妻に質問してみました。

すると
「いいや、たぶん国保(国民健康保険)でしょ!」と答えが帰ってきました。

そこで私
「ええ~、社保じゃないということは、事務所に所属って言っても、ただピンハネされているだけなの~!、酷いな~。」
とこんな会話が伏線にあったのです。

その日の夜、なぜか寝付かれず私にとって特異な晩になりました。
こんな時は、無理に寝ようとせずジッと目を閉じ眠くなるまでひたすら布団の中で過ごすことにしています。
タヌキ状態だと体は休んでいるように見えても頭の中は様々な考えがめぐります。

そんな時にピンハネという言葉が突然浮かび、ここから妄想がエスカレート。
ピンハネしている人は極悪人といったイメージだけど、待てよ!
ピンという言葉は、“ピン芸人”とか“ピンで活動する”なんて使っていて壱を表す言葉だから“ピンハネは一割は貰うけど九割は渡すことだよね!”とこんな感じです。

だったら、九割貰えるならとっても良心的じゃありませんか!と余り悪い言葉じゃないのではないか?ということです。
だって、預金利子や投資信託の分配金・株式の配当さらには売却益にも20%もの税金取られるから、リャンハネだよね!

さらには、所得税や住民税をはじめ、タバコ、酒、ガソリンなどさまざまな税金がありますが、場合によっては、イー、リャン、サン、スー、ウー、リュー、チー・・・と、サンハネとかウーハネなんてこともあるわけじゃないですか。
我が日本国は悪徳というより超極悪人なんでないの?といった妄想が駆け巡り始めました。

こうなるとますます頭が冴え、こんなに悪徳なことをしているのに国の借金は増え続け、もうすぐ消費税もピンになるじゃないか!
何を買ってもピンハネ分余計に払う必要があって、我が日本国の与党政治家や役人は無能な集団なのか?

それに輪をかけて、重要法案の審議もそっちのけでスキャンダルばかりを追い、発言がブーメランしまくる我が日本国の野党は無能どころか無脳な集団じゃないか?と次から次へと展開して行きます。

そして、いつの間にか窓の外がだんだん明るくなっていることに気付きました。

そしてそして、眠れぬ晩の妄想も終了したのでした。

くれぐれも勘違いしないで下さい。
これは眠れぬ夜の妄想ですからね!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
こしあぶら
春から初夏にかけてのこの時期は一年で最も過ごし易く爽やかな季節ではないでしょうか?
天気も良いし「さて、今日も射撃だ!」と射撃場に出掛けました。

お一人様で顔を出しても必ず知り合いがいるものです。
その日も、しばしば遠征射撃に出かける射友と一緒になり、「あれ、今日は一人なんですか?」と声をかけました。

すると「午前中、山の中で師匠と一緒に山菜を獲ってたんですよ!」との返答、その後、一旦家に帰り、射撃のため出直したので、その射友もお一人様での登場となったようです。

「“こしあぶら”って知ってます?」と聞かれ、
「こしあぶら?聞いたこともありませんが、一体何なんです?」と答えたところ、止めてあった車から何やら持って再び登場しました。

「これなんですけど、とっても珍しい山菜です」と見せてくれました。
「“たらの芽”のような山菜ですが、天ぷらにしたら最高に美味しいですよ!」「よろしかったらどうぞ」と、
このとても美味しいとされる素材を頂きました。

こちらが頂いた“こしあぶら”の写真です。

詳しく聞いてみると、
1)茨城県でも北部の寒冷な気候でないと自生しない樹木であること。
2)栽培がとても難しく、小さな苗を植えてもすぐに枯れてしまうこと。
3)新芽なので旬は1週間ほどしかないこと。
4)たらの芽よりも美味しく、天ぷらや、お浸しで食べられていること。
5)樹高があると新芽をゲットするのが大変であること。
6)群生しないため、新芽を求めて山の急な斜面を登ったりで、まるで登山のような苦労をすることがある。
以上、とても貴重で、手に入れることが困難なことが良くわかりました。

何はともあれ、射撃と射撃談義を堪能した後、頂いた“こしあぶら”を手に自宅に帰りました。

帰宅後、妻に今日の出来事を伝えるとやはり
「こしあぶら?聞いたことない!」と、茨城で生まれながらも知らないとのことでした。
さては、早速料理の準備です。

ネットを立ち上げ、天ぷらの作り方を検索
「なるほど、天ぷら粉は少し薄めにし、油の温度も低めにしてカラッと揚げるのがコツなのね!」と山菜の天ぷらを予習してから料理開始です。(私も少しは料理ができるのです)
「できたぞ!」と写真にあるように完成です。

そして食べてみました!
一言でいうと
「美味しい!」
「絶品!」
「サクサクで幾らでも食べられる!」と、こんな感想です。

確かにタラの芽のような姿形をしているものの、口の中に入れても全くエグ味が無く“タラの芽なんか!”と言いたくなるような美味しさでした。

ここからは、余談です。
愛犬のブーちゃんと河川敷を散歩するのですが、タラの芽に似た樹木がそこかしこに自生しています。

「これは何の樹なんだろうな?」と思いながら散歩していましたが、検索してみたところ“カラスざんしょう”という植物らしいことが判明しました。
やはり新芽は天ぷらにすれば食べられると書いてありましたが、あまり美味しくは無いようです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
続・水銀に関する水俣条約
さて、今回も引き続き水銀に関するブログです。

前回、国際機関の取り組みについて触れましたが、続編では各地域についての現状です。
米国では、年間61トン(2008年)の水銀が排出されています。
米国環境保護庁(EPA)は2014年に、歯科用アマルガムの環境への排出を削減するためクリーンウォーター法の基準を提案。

家庭排水の処理施設である公共排水処理(POTW)に流入する水銀の約半分は歯科医院から排出されるとして、セパレーターと回収した水銀のリサイクルを義務付け、これにより年間5.1トン削減できるとしています。

EUでは全体で年間145トン(2005年)の水銀が排出されています。
EU科学委員会は歯科用アマルガムがEUにおける2番目に大きな水銀の使用であるとして、水銀とその化合物の排出において環境品質基準を制定しています。

EU全体としての歯科用アマルガムの使用に対する規制はないものの、スウェーデン、オランダ、デンマークでは水銀を含む歯科用アマルガムの輸入・製造・販売・使用が禁止され、多くのEU参加国では歯科医院にセパレーターの設置を義務付けています。

最後に日本です。
世界全体の水銀需要が3798トン(2005年)で歯科用アマルガムが10%を占めるのに対し、日本の水銀使用量は9.0トン(2015年)で歯科用アマルガムは0.2%と非常に少なくなっています。

日本国内の歯科用アマルガムによる水銀使用量は、1970年には約5.2トン、1999年は約0.7トン、2006年には約0.1トン、2010年には約0.02トンまで削減されてきました。

平成28年4月(2016年)からは保険診療での使用不可となり歯科用における需要は、ほぼ0だと思われます。
環境省の水銀大気排出インベントリ(2010年度ベース、2013年度更新)によると、日本国内における水銀の大気排出量は年間17~21トンと推計され、歯科用アマルガム製造による排出は0.4キログラム(0.0004トン)と非常に僅かと推定されています。

また、火葬に伴う歯科用アマルガムの蒸発による排出は年間0.07トンとも推定されています。
そして、歯科医院から排出される水銀については明確なデータが無く、大半が金属業者によって回収されていると考えられています。

日本においては、コンポジットレジンやグラスアイオノマーセメントなどの代替材料開発がなされ、保険制度の充実もあり臨床応用の発展によりアマルガムの減少に繋がったと考えられています。
逆の見方をすれば、開発途上国では、材料、設備、費用などからまだまだ水銀が使われ続けるのでしょう。

せっかく、129ヵ国が締結しているのですから、今後も削減に努力を惜しまず、未締結の国にも積極的に働きかけるとともに、サポート体制の確立も重要と考えます。
水俣病が「Minamata disease」として世界的にも認知されているとは知りませんでしたが、イタイイタイ病はどうなんだろう?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
水銀に関する水俣条約
今回は、日本歯科医師会雑誌の後ろの方のページにひっそり載った、目立たないけど重要と思われ、しかもほぼすべての方がご存知無いと考えられる記事を引用して綴ります。

2013年10月、水銀および水銀化合物による環境汚染、健康被害を防ぐため「水銀に関する水俣条約」が国際連合条約として採択されました。

水俣条約という名称は、有機水銀による公害病である水俣病(海外ではMinamata disease として広く知られています)と同じ被害を繰り返してはならないという決意のもとに名付けられました。

この条約は、国際的な水銀管理を目指すものであり2016年4月の時点で129ヵ国が締結しています。
日本歯科医師会は、この条約の締結に際し「環境汚染対策としてアマルガム使用の廃絶に取り組む」とし、平成28年度の診療報酬改定で充填用銀錫アマルガムが廃止されたことにより、現在保険治療でアマルガム充填をしている歯科医院は無いと思われます。

私自身、治療でアマルガム充填を行なった経験が無く、30年前学生実習で1度だけ模型相手の経験があるのみです。

治療時に患者さんの口に中を覗いた時、アマルガム充填を見つけると「いったい、何年前の治療なんだろう?」と考えることもあり、また、私より遥かに若い年齢の患者さんにアマルガム治療を見つけると「あら~、アマルガムだ!高齢の先生が治療をしたのかな?」なんてことを思ったりしています。

また、歯科用カタログにアマルガムミキサー(治療用のアマルガムを作成する機械)が掲載されているのを見つけ、「購入する歯科医院があるとは思えないけど!」などと呟くこともありました。

そうは言っても、歯科用アマルガムの安全性については国際的に確認されており、「う蝕などの問題が無い限り口腔内のアマルガム修復物は原則として除去すべきではない」とされています。
また、除去する場合は「適切な回収方法を検討すべき」ともされています。
日本国内では排除されても、海外における歯科用アマルガムの使用は、現在でも修復材料として広く使用されています。

WHO(世界保健機構)は、水銀とヒトの健康について水銀含有保健医療機器の輸入販売と水銀使用の阻止を訴え、歯科用アマルガムからの水銀は世界全体の水銀排出量の約1%であり、一般下水中の全水銀の3分の1が歯科医院から排出されていると報告しています。

その昔、大学病院で当直していた頃は、「水銀体温計で熱を測っていたら口の中で割れてしまい水銀を飲み込んだけどどうしたらよいのでしょうか?」なんて問い合わせを受けたことがあったっけ!

UNEP(国連環境計画)は水銀が人体および環境に及ぼす被害について警告しています。
アマルガム修復の頻度は東アジア・東南アジアおよびEUで多く、世界全体では歯科用アマルガム中の水銀として年間約340トンが使用され、そのうち約70~100トンが環境中に排出されると算出しています。

また、アマルガム充填の既往がある人を火葬すると、水銀は完全に大気中に放出されるが、その量は1年に約3.6トンであると報告しています。

FDI(世界歯科連盟)は、歯科アマルガム由来の水銀による環境汚染に対し注意を呼びかけ、水俣条約を受けて歯科アマルガムの段階的廃止と進行状況を監視していくとしています。

このように世界の様々な国際機関が水銀使用に対する警鐘を発し、水銀の環境汚染の実態を報告しています。
これを読んだ皆さんも自身の口の中をじっくり見つめ直すチャンスかもしれません。
次回は米国、EU、日本の現状について綴ってみることにしましょう。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)