茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

今年も来院しました。
5月に入り、日差しも眩しく木々の緑も色濃くなってまいりました。

我が医院にも、外国からの小さなお客さまがやってきました。そう!つばめです。



投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
宮城県 インプラント ★う蝕について

※ウィキペディアからの引用です。ご参考にして頂ければと思います。

う蝕(うしょく、齲蝕とも)とは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことである。一般にはむし歯、虫歯として知られる。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕になった歯は、う歯(齲歯、デンタルカリエス:Dental caries)と呼ぶ。

う蝕は風邪と並び、どの世代でも抱える一般的な病気である。特に歯の萌出後の数年は石灰化度が低いためう蝕になりやすく、未成年に多く見られる。

茨城県 インプラント
桜川市 インプラント

は、土井歯科クリニックへ
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
口腔外科とは? 宮城県 インプラント 土井歯科クリニックへ
口腔外科について、記載致しました。
※ウィキペディアからの引用です。ご参考にして頂ければと思います。

口腔外科(こうくうげか)とは、齲蝕や歯周病の治療を除く顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般を扱う診療科である。一般外科の一分野であると同時に歯科の一分野でもある。日本では、口腔外科に従事する医者はその殆どが歯科医師のほうであり、医師は少ない。これは、咬合などの顎口腔機能が歯科と密接に関わっているためである。フランス・ドイツにおいては医師及び歯科医師のダブルライセンスが必要条件となり、米国でも両ディグリーを取得する流れとなりつつあるが、日本においては歯科医師又は医師のシングルライセンスで行うことができる。

なお、医療法施行令第3条の2、および厚生労働省令に歯科医業として規定されている標榜科名は、歯科口腔外科である。

茨城県 インプラント
桜川市 インプラント

は、土井歯科クリニックへ

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
口内炎の原因について・・・・。宮城県 インプラントは土井歯科クリニックへ
口内炎の原因について、記載致しましたので、ご覧ください。
※ウィキペディアからの引用です。ご参考にして下さい。

原因
上記分類の中にあるように、細菌やウイルスに感染することによって発症するものもあるが、多くを占めるアフタ性口内炎については、その発症のメカニズムとして以下のことが考えられている。ただし、現在のところ正確には分かっていない。近年では、免疫学的異常がかかわっているのではないかとされている。

偏食による鉄分やビタミンの不足
ストレスや睡眠不足
不正咬合や、歯ブラシなどによる粘膜への物理的刺激(口内を噛むなど)
唾液の不足、口腔の乾燥
口腔内の不衛生
歯磨き粉成分による粘膜の損傷(ラウリル硫酸ナトリウムなど)
また、口内炎になりやすい体質の人(食物アレルギーの人や粘膜の薄い人)もいる。 さらに、ビタミン欠乏症の症状として口内炎が現れることもある。

尚、一般に口内炎の原因として、「食べ物の好き嫌いが多い」「胃腸粘膜が荒れている」という説が巷間にて一般化している。が、これらが原因で無いことも多い。偏食ならびに胃腸と口内炎とでは因果関係が認められない事が多いからである。

桜川市 インプラント 専門 の土井歯科クリニック



投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
知覚過敏について・・・。
知覚過敏について、記載致しましたのでご覧ください。
※ウィキペディアからの引用です。

原因
象牙質知覚過敏症の原因は、主として象牙細管の開口によって、細管内の組織液が動き神経を刺激することだとされている。これを動水力学説という。細管内の組織液の移動は、エナメル質の欠損、歯頸部歯肉の退縮を引き起こす様々な事象に由来する。

エナメル質欠損の要因としては、咬耗症によるエナメル質の物理的磨耗、酸蝕症などによる化学的磨耗、さらには歯科治療による齲蝕歯質の除去がある。歯頸部歯肉退縮の要因としては、辺縁性歯周炎の進行や歯みがきの不正、歯肉の加齢変化が挙げられる。

これら直接的要因に加えて、過労や妊娠、精神的素因によってもたらされる歯髄の知覚亢進のような間接的要因もある。


症状
一般には、冷温刺激による一過性の疼痛をあらわし、咬合時の疼痛を示さず原因となる部位への接触痛は強い。 刺激による疼痛の程度により軽度(軽い痛みを自覚)、中等度(耐えられる痛み)、強度(耐えられない痛み)の三段階に分類する場合もある。

咬合時に痛みを生じたり、耐えられない痛みが持続して自発痛となっている場合は歯髄炎である場合が多く、たとえ治療中であっても経時的に知覚過敏症から歯髄炎へと移行する場合も一定の割合で存在するようである。

宮城県 インプラント 専門 の土井歯科クリニック


投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)