茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

一般事業主行動計画
以前のブログで紹介した一般事業主行動計画がようやく出来上がり茨城県労働局に届け受理されました。

これで土井歯科クリニックも「働きがいがあり、働きやすい企業」「社員を大事にする企業」としてイメージアップが期待できるということです。

これは、私が考えたキャッチコピーでは無く茨城県労働局からいただいた資料のまる写しです。当然本当になればいいけど、そうなることを期待したいと思います。

まず、ほとんどの方は一般事業主行動計画と聞いてもなんのことやらさっぱりわからないと思うので少し解説しておきましょう。

いま当院(土井歯科クリニック)では、育児休業取得中の職員がいて、私(院長)をはじめ、残りの職員みんなで支援しています。今後復職し、勤務に戻ったとしても仕事と子育ての両立を支援していかなければなりません。これは今現在少子化の進行が進みつつあり、この流れを変えるための法律が制定され、職員が仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない職員も含めた多様な労働条件の整備などに取組み、これらの課題に対し目標、計画を作り、達成のための対策や時期を定め、これら一連のものを記したものが一般事業主行動計画です。

  

この原本は医院にありお見せすることは可能ですが、多くの人が内容を閲覧できる場として「両立支援のひろば」というホームページがあるので興味のある方は覗いてみて下さい。たくさんの企業が内容を公表しているので参考に
なると思います。

ここで土井歯科クリニックのプチ自慢を少し。一般事業主行動計画の公表は茨城県の歯科医院では第一号みたいです。ということは、育児休業の取得、復職後の仕事と育児の両立に取組む時代の最先端を行く歯医者さんになってしまったということではないですか?

そしてもう一つのプチ自慢は、土井歯科クリニックでインプラント治療をはじめ多くの治療に大活躍の歯科用CTのトロフィーパンプラスという機種も茨城県で導入第一号です。「先生の医院がこのCT設置第一号になるので是非お願いします。」と売り込まれ、はじめは絶対イヤと言っていたのですが最後に茨城工場の工場長が「CT組み立て工場から日本で一番近いユーザーに是非なって下さい。」と言われ「今度は日本一?」「本当にほかに買う人いないの?」といった笑い話のような経緯で導入しました。今考えるとあの時決断してなかったら現在のように多数のインプラント症例を手掛けていなかったと思います。

そうしてみるとこの育児休業をはじめとする一般事業主行動計画は「まあしょうがないか」といった動機から始まったことですが、数年後には、「働きがいがあり、働きやすいクリニック」「職員を大事にするクリニック」として多くの方に認知されているといいな!と思います。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
こんなの作ってみました!
今夜は一人でお留守番です。そう、むかし大学病院で当直した時のように私一人で明日の夕方まで過ごさなければなりません。でも、救急車が来ることは皆無なので少し安心です。

当直といえば大学病院では、研修医2年目(歯科医師2年目)から始めたのですが、初めの頃はとにかく医局の電話が鳴るたびビクッ、「病棟ですが・・・」「救急外来ですが・・・」「救急隊からです」と聞いてさらにドキッの連続でした。
また医局は霊安室の真上で、おまけに年代物の建物だったのでソファーで仮眠をしていると壁や柱のあたりでバキッと音がするので「ラップ音」のようでまたまたドキッとして「リアルおばけ屋敷」のようでした。
でも、こんなことを繰り返していると「なんでも来い」の心境になるので不思議なものです。 

当直の時の食事は出前でしたが、今はどこかに食べに行ってもいいし、カップめんを食べてもいいのですが、手の込んだ料理はできないもののソコソコ料理のスキルがあるので冷蔵庫で見つけた材料を使っては創作料理風に仕上げて楽しんだりしています。

当然今夜も「なんか作ってみたい病」が発症します。普段もお昼や晩のごはんを作っては「おいしい」「まずい」と評価されています。

今夜はなにを作ろうかと考え思いついたのが写真の「焼肉のせチャーハン定食」です。
まず、野菜室をチラッと覗いて生姜を発見し、これは焼肉を作れということか?と思いつつ冷凍庫に豚肉を発見し
もう焼肉しかないと決心!でも、野菜もいっぱい食べないといけないなと思いさらに野菜室を物色していたら我が家の家庭菜園産のピーマン、あさつき、たまねぎ、農家にいただいたきゅうりにトマトを見つけ、さらにキャベツ、ベーコンも発見「サラダ付の焼肉のせチャーハン」にしよう思ったのです。

焼肉のたれは、おろした生姜にしょうゆ、みりん、さとうなどを加えて作り、チャーハンは野菜たっぷりに仕上げてみました。さらには、じゃがいもとはるさめを発見したので、はるさめは少し固めに茹でてきゅうりやたまねぎを加え少しスパイシーにしたサラダも作ってみました。

スープだって乾燥わかめを見つけたのでわかめたっぷりスープです。なかなかいい具合に仕上がったので、また機会があったらみそバージョンやカレーバージョンに挑戦してみたいと思います。


投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ワールドデンタルショー
先日ワールドデンタルショーを見に、パシフィコ横浜まで行ってまいりました。

しばらく前、歯科材料の営業マンから「先生はデンタルショーに行かないのですか?」と聞かれ「どこでやるの?」と聞き返し、「横浜でやるのですが、こんなに大きなデンタルショーは今度を逃すとしばらくありませんよ。」と言われて、これは行くしかないと決めました。

場所は横浜、目指すはパシフィコ横浜、相棒はもちろん我が愛車ランサーエボリューションⅥです。でも会場に我が相棒を入れるわけにはいかないので駐車場でしばしのお別れになったのはちょっと残念!さすがワールドデンタルショーです。会場は広い広い、普段見慣れたデンタルショーとは大違いです。しばらくまごまごしていたけど調子を取り戻し検索開始。どうしても目が行ってしまうのは目新しい機械、新しい外科材料、外科器具になってしまいます。たくさん出展されているためすべてを回れませんでしたが、行ったかいがあり心を惹かれる外科材料と器具を見つけることができました。
                                                                  
やはりこういったショーの良い所は直接担当者に質問したり、文献について尋ねたり、文献送付を頼んだりできることでしょう。器材や器具は手に取って気に入ればカタログを貰ってあとから購入しています。気になる材料の文献もさっそく届き、現在使っているものより効果が期待できそうなので、しばらくすると実際に治療で使われるでしょう。(患者さんには気付かれないかもしれませんが)

当院では文献を取り寄せ吟味し、エビデンス(証拠)に基づいた治療を心がけ、見えないところ、気付かないところで常に進化を重ねています。だれかが「いいみたいだ」と言っていたとか、「いいと言われている」ということでなく、自分の手に取り確かめた材料や器具を臨床に導入するようにしているのですよ

  



投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
おいしい新米
各地で稲刈りの話題が伝えられるようになりました。

そうです待ちに待った新米の季節到来です。
我が家にも今年の茨城のおいしいお米が届きました。

 

届いたお米はすべて玄米なので、家庭用精米機を使って食べる分だけ精米しては炊飯器で炊くことで、とってもおいしくごはんを食べられます。こうすることで何カ月たっても新米気分で食べられるのです。

新米はどうやって食べたらおいしいか?やっぱり炊き立てのあつあつのごはんでおにぎりにするのが一番でしょう、でも卵かけごはんも捨てがたいです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
たばこ
10月からたばこが大幅値上げらしいです。

1箱100円以上の値上がりで愛煙家にとってはかなり頭の痛い事態になりそうです。コンビニに立ち寄った際、かけ込みで5カートン購入している人を見かけたり、たばこ購入予約の張り紙を見ると深刻な愛煙家の行動を察することができます。

私は現在禁煙中です。もうかれこれ12年間継続中なので非喫煙者といってもよいくらいですが、医学的には禁煙中に分類されるようです。12年前にはほとんどチェーンスモーカーと呼べるくらい1日に50本以上吸っていました。

たしかブリンクマン指数といって「1日喫煙本数×年数」が600以上だと肺癌のリスクが非常に高くなるという指数があったはずですが、その頃すでに600をはるかに超えていたように記憶しています。そろそろ禁煙しないといけないかな?と漠然と思っていた頃でもありました。


これからはもう吸わないと決心してから早いもので4000日以上が経過しました。今では、隣で吸われるととっても迷惑だし、煙で咳き込んだり、たばこの臭いをとても不快に感じますが、当然のようにここまで来るには苦労もありました。

やはり初めは、口寂しいのであめ玉やガムでごまかしていましたが次第にごはんがおいしくなり、咳が出なくなり、痰が絡まなくなり息切れを感じなくなると同時に風邪をひかなく健康を自覚できるようになりました。またライターやたばこ切れの心配、吸殻をどうするか、どこで吸えばいいのかといった心配もなく、身軽になりリラックスした気分で毎日を過ごすことができるようになりました。関心が無くなったことで、1箱いくらなのかもよくわからないし、ほとんど病気にならないことで薬代とか医療費の支出が減り、たばこ代、その他の費用もいらず自分のお小遣いにも貢献しています。


もう1つびっくりなのは、ブリンクマン指数600越えでいつ肺癌を発症してもおかしくない状態だったものが、12年の禁煙で非喫煙者の肺癌発症リスクとほぼ同程度まで低下していることです。

いまでは診療中に喫煙者だとわかるとそれとなく「たばこはやめたほうがいいですよ」「こんな私でもやめられたのですよ」という歯科医師に変身しました。事実喫煙者のレントゲン写真は思いのほか歯周病が進行しているし、インプラントを希望する患者さんには長期的な成績が悪くなるので禁煙したほうがいいですよと指導しています。


禁煙の必要性は分かってるけど止められないとよく言われます。ちょっと見方を変えれば吸い続ける強い意志があるわけですから、止め続ける強い意志も持ち続けられるのではないでしょうか

?当院は「禁煙支援・相談歯科医院」の認証歯科医院に指定されています。「禁煙のススメ」という小冊子もそろえています。この際だからたばこを止めようと考えている方は気軽に相談してください。ヘビースモーカーだった私だからこそ適切なアドバイスやカウンセリングができると思いますよ。

 

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)