茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

無届け投与
気になる新聞記事を見つけました。

国への届け出をせず、アンチエイジングなどを目的に他人のさい帯血幹細胞を投与する治療を行ったとして、埼玉県内の医療機関に対し再生医療安全性確保法に基づき治療の一時停止を命じた。
と書かれた新聞記事でした。

土井歯科クリニックでは自己多血小板血漿(PRP)を使って歯科における骨・軟組織治癒促進治療を行う目的で厚生局(国への届け出)へ再生医療等提供計画や特定細胞加工物製造届書を提出し、しっかり法律を遵守しています。

今年の2月には再生医療等提供状況定期報告書も無事提出し、ホッとひと安心していた矢先の記事でした。
考えてみると、再生医療等の提供には膨大な書類が必要であり、たくさんの資料や文献を収集し、その作成には多大な時間を要しました。

法律施行以前のことを考えると「なんで、こんなに面倒なことをさせられるのだろう」と、途中で投げ出したくなるような思いをたくさんしていました。

今回の記事に出ていた医療機関は、他人のさい帯血を美容などの目的で投与していたため、再生医療安全性確保法では「第1種」の分類となり最もハードルが高く、設備の面でも最高水準が求められます。
土井歯科クリニックでのPRPを用いた治療は自分の細胞を加工するものなので「第3種」に分類され安全性の高いものです。

それでも、届け出には文献、作製方法、安全性の確保、治療の説明、承諾書等々と様々な書類の提出が必要でしたが、この医療機関はさい帯血の投与を患者さんにどう説明していたのでしょか?また、細胞を加工する際の安全性確保はどのようにしていたのでしょうか?実際に苦労して届け出を提出した私としては本当に心配なことです。

また、新聞記事にはこんなことも書かれていました。
厚生労働省には以前から、無届けでしかも各地で行われているとの情報が寄せられていた。
実際に確認されたのは今回が初めてであると。

う~ん、確かに再生医療安全性確保法をクリアして治療に用いるためには、まず届け出が大変、それから毎年定期報告書を作成しなければならない、さらに再生医療等委員会に審査を依頼し、審査を受けるための審査料金がかかるなど、とてもやってられないといった側面もあります。

このようなことを知ってしまうと、「バレなければいいか!」といった“悪魔のささやき”に魅入られたのでしょうか?

いや~、医療人としてはやってはいけないことだと思いますが・・・
それよりも、不幸にして患者さんに副反応や障害が発生したらどうするのでしょう?
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
火事
それは、風の強い日の午後でした。

所用を終え自宅へと着いた時、「何だか煙っているな~」と感じ、同時に「焦げ臭い気がする」とも感じたけれど、「どこかで“野焼き”でもしているのだろう」とさほど注意も払わず家の中に入りました。

この時期は河川の土手、畑や田んぼの畔では、あちこちで“野焼き”が行われて、少々煙っていても「またどこかでやってるな!」と思ってしまいます。

自宅に入り“やれやれ”、と2階に上がり着替えていた時です、消防車のサイレンと消防署から火災発生を知らせる放送が聞こえてきました。

こうなると先程煙っていた場所が火災の現場に違いないと推測でき、くつろいだ格好でサイレンの鳴る方向へ向かい、現場を見通せる窓から目をやると、強い風にあおられた煙が建物から勢い良く立ち上がる光景が目に入りました。

「あら~、本当に火事だったんだ!」と窓から見回すと、近くに大きな建物が無いこともあり、火事の状況を把握するには最高のロケーションとなっていることを知り、そうこうしているうちに消防車が次々と駆けつけ、懸命に消火作業を始めました。

さらに自宅前の道路には消火栓もあり、駆けつけた消防車からホースを接続し消火作業に加わる様子も観察できました。

気がつくと、消防関係者ばかりでなく近所に住む住民も心配そうに消火作業を見守る様子や、野次馬と思われる人や車も集まってきました。

建物自体も大きく、強い風の影響でもうもうと煙も立ち込め、時おり窓から炎が上がるのも見て取れ、逃げ遅れた人の有無や周囲の建物への延焼も心配される状況となっていました。

この地域は、消防署から駆けつけた消防隊だけでなく各地域に配置されている消防団も消火活動に参加し、みんなの力で火災から守ることが徹底されています。

この点が都市部の組織と異なっているようですが、だからといって片手間に団員をしているわけでなく、常日頃から訓練を行っている精鋭なのです。

今回の火災だって周囲の建物に被害を出すことなく消し止められました。
後から聞いた話ですが、普段は誰も住んでいない空き家であったにもかかわらず、火災当日は親族が訪れ火の不始末があったそうです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ニセ科学
今回はどこまで綴ったら良いのかわからない、というか「ああ、あの製品!」なんて頭に浮かんでしまうものがあって深入りできない話題です。

医療を扱った刊行物の特集が目に留まりました。
そこには、科学的根拠がないにもかかわらず、あたかも科学的に正しいと見せかける「ニセ科学」「疑似科学」が世の中にあふれている!といった前文から始まっていました。

確か、このブログでも“・・・と言われている”や“・・・とされる”といった文章は科学的根拠に乏しく「似非科学」であるから要注意ですよ!と綴った覚えがあります。(私もこの表現は便利でよく使っているので批判できません)

テレビなどでは「個人の感想であり・・・」といったテロップや「効果を保証するものではありません!」などの表示をよく見かけます。

この表示を見ただけでエビデンスに乏しく、要注意なのですが、内容的には「もしかしたら私にはピッタリかもしれない!」と思わせるものばかりです。

同様にこの刊行物にもサプリメントをはじめ、医療、週刊誌、医療情報サイト等々、事細かに“ニセ科学”が解説してありとてもすべてを紹介できないし、それこそ「ああ~、あの品物!」とか「ああ~、アレね!」と想像できるものばかりです。

「がんもどき」理論による、がん放置療法など命にかかわるニセ科学についてのコメントも見つけることができ、様々な例が採り上げられていました。

項目が多岐にわたるので、今回は私がデンタルショーに参加した折、サプリメントを販売している業者に質問したときのことを綴ってみましょう。

ヒアルロン酸やコンドロイチンのサプリメントやドリンク剤を服用すると若返るとか健康増進になるといった効能を謳って勧められた時でした。

「これって、基本タンパク質だから経口で内服してもアミノ酸に分解されるだけだから、栄養にはなってもあなた達が謳っている効能は無いのではないでしょうか?」とこんな質問をしてみました。

すると「確かにおっしゃる通りなのですが、ほんの僅かはそのまま取り込まれるのです!」と答えが返ってきました。
そこで「うそばっかり~、そんなことがあるとは思えないけど~」とやり取りしたことがありました。

このような指摘をしてしまうと業者もそれ以上食い下がるようなことは無くなってしまいます。
さらにもう一つ、昨日ファックスのインクフィルムを購入しに家電量販店を訪れ見回していた時、「顔やせ」する器具が安売りされているのを見つけました。

「一日一分間使うだけでほうれい線もすっきり」なんてことが効能として表示されていたものの、ほうれい線は運動でどうにかなるようなものでもないでしょう?と思うのと同時に、顔の表情筋はとっても薄く小さな筋肉だから少し運動しただけで顔のかたちが変わるなんてことは無いと思うけどな?と・・・

少なくとも、この世の中には「ウソだ~」とか「本当?」と感じることが溢れていることは間違いありません。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
気掛かりな事
ある種の薬を使うことで、顎骨壊死という顎の骨が腐ってしまうことがあり得るといった現象はほとんど知られていません。

これについて、歯科医師会雑誌で目に留まったこの気掛かりな現象を一部引用して綴っていきたいと思います。
BP製剤といってビスホスホネート系の薬剤を内服、あるいは注射で投与されている患者さんが大勢いらっしゃいます。

ビスホスホネート(BP)は破骨細胞に対し特異的に作用し、骨吸収を抑制し、骨粗鬆症や悪性腫瘍の骨転移などに広く用いられ、様々な種類の薬剤が存在します。

2003年にBP製剤関連顎骨壊死が発表されて以来、数多くの報告がなされ、骨吸収抑制薬関連顎骨壊死や血管新生阻害薬を含めた顎骨壊死も報告され、しかも年々増加しているのです。

発生頻度では日本、アメリカ、欧州などではBP製剤経口薬で0.01~0.02%、悪性腫瘍などに使用される注射薬では1%前後と報告されているようです。

骨吸収抑制薬のデノスマブではさらに発生頻度が高くなり、血管新生阻害薬による顎骨壊死の発生も海外では多く報告されているものの、日本における発生頻度はまだ不明とのことです。

これら薬剤による顎骨壊死の発生率は低いものの、もし発生した場合は、可能なかぎり休薬という方法しか根本的な治療法が無く、治療も難渋する症例がほとんどなのが現状です。

ただし、これらの薬剤は悪性腫瘍の治療をはじめ骨粗鬆症に対する治療に強いエビデンスを有しています。
このため、超高齢化社会を迎えた我が国では骨粗鬆症による骨折リスクの減少によって、生活機能やQOLの維持、健康寿命の延長や死亡率の減少がもたらされます。

当院においてもBP製剤を処方されている患者さんが来院いたしますが、このようにとても役立つ薬剤であるにも関らず、歯科においては顎骨壊死という厄介な病気の発症が隠れているのです。

特に抜歯やインプラント治療、根尖・歯周外科手術など骨への侵襲を伴う処置では発生頻度が上昇することが判明しているものの、侵襲が危険だからといって、明らかに治療不能な歯牙や予後不良な歯は放置すべきでないとも書かれています。

いずれにせよ、骨粗鬆症等で治療を受けている方が歯科治療を目的として受診した際には、必ず申し出て頂きたいし、自分勝手な判断で申告しない場合は命取りになりかねないことを知っていただきたいと感じています。
また、顎骨壊死の予防のためにも積極的に歯科医院を受診して口腔内の管理をしていただきたいものです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科技工所
歯医者さんで治療を受けた人の中には差し歯を入れた、銀歯を作ってもらった、私なんか入れ歯を作ってもらいました!といった経験をお持ちの方も少なくないと思います。
私は歯科医師なので患者さんのために差し歯だって、銀歯だって、入れ歯だろうと何でも作れる資格を持っています。

でもね、一日が24時間しかない現状では、すべての患者さんの技工物(差し歯、銀歯、入れ歯等々)を自分で作り、提供するには余りにも時間が少なすぎます。だって考えてもみてください!

一つ一つの技工物は全てオーダーメイドで時間をかけて作り出さなければならない物です。
様々な工程を経て作るものなので、労力と時間と経験が必要であり、不具合があれば「あそこの歯医者は下手くそ!」なんてすぐに言われてしまいます。

そんな技工物ですが、この技工物は歯科技工所で歯科技工士という専門職の方たちによってほぼ製作されています。

歯科医師にも得意不得意な治療があるように歯科技工にも差し歯や銀歯が得意な技工所や義歯ばかりを作っている技工所もあるので土井歯科クリニックでは主に2つの技工所に技工物の製作依頼をしています。

また、特殊な素材を使った技工物はさらに他の技工所に依頼するとか、一口に技工物といっても様々な手を経て患者さんに提供されています。

この技工士さん達、あるアンケート調査では過酷な実態が浮き彫りになっています。
まず、苦労の割には収入が少ない、長時間労働である(作製に手間暇がかかる為)
過酷な労働により成り手がいない、または離職者が多いなど様々な問題点が指摘されています。

これは昔から(20年くらい前)指摘されていた事ですがまったく改善されていないことがわかります。
これというのも医療費抑制策のため歯科医院の収入が上がらない(歯科医院が増えても歯科医療費がほとんど増えていない)のですから、当然、技工士の待遇も改善されません。

そのうち技工士がいなくなり歯科医院の経営も立ち行かなくなるとズ~と前から指摘されてきましたがいよいよ現実のこととなる予感です。

CAD・CAMマシンで機械が作るからOK!なんてメーカーは言っているけど技工士が作ったものと比較したらとても太刀打ちできないレベルだし、設備も法外なほど高価です。

機械が進歩しようとも、我が国においては如何なるものでも最後は人間(職人)が仕上げないと納得できないものがほとんどではないでしょうか?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)