茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

たばこ
10月からたばこが大幅値上げらしいです。

1箱100円以上の値上がりで愛煙家にとってはかなり頭の痛い事態になりそうです。コンビニに立ち寄った際、かけ込みで5カートン購入している人を見かけたり、たばこ購入予約の張り紙を見ると深刻な愛煙家の行動を察することができます。

私は現在禁煙中です。もうかれこれ12年間継続中なので非喫煙者といってもよいくらいですが、医学的には禁煙中に分類されるようです。12年前にはほとんどチェーンスモーカーと呼べるくらい1日に50本以上吸っていました。

たしかブリンクマン指数といって「1日喫煙本数×年数」が600以上だと肺癌のリスクが非常に高くなるという指数があったはずですが、その頃すでに600をはるかに超えていたように記憶しています。そろそろ禁煙しないといけないかな?と漠然と思っていた頃でもありました。


これからはもう吸わないと決心してから早いもので4000日以上が経過しました。今では、隣で吸われるととっても迷惑だし、煙で咳き込んだり、たばこの臭いをとても不快に感じますが、当然のようにここまで来るには苦労もありました。

やはり初めは、口寂しいのであめ玉やガムでごまかしていましたが次第にごはんがおいしくなり、咳が出なくなり、痰が絡まなくなり息切れを感じなくなると同時に風邪をひかなく健康を自覚できるようになりました。またライターやたばこ切れの心配、吸殻をどうするか、どこで吸えばいいのかといった心配もなく、身軽になりリラックスした気分で毎日を過ごすことができるようになりました。関心が無くなったことで、1箱いくらなのかもよくわからないし、ほとんど病気にならないことで薬代とか医療費の支出が減り、たばこ代、その他の費用もいらず自分のお小遣いにも貢献しています。


もう1つびっくりなのは、ブリンクマン指数600越えでいつ肺癌を発症してもおかしくない状態だったものが、12年の禁煙で非喫煙者の肺癌発症リスクとほぼ同程度まで低下していることです。

いまでは診療中に喫煙者だとわかるとそれとなく「たばこはやめたほうがいいですよ」「こんな私でもやめられたのですよ」という歯科医師に変身しました。事実喫煙者のレントゲン写真は思いのほか歯周病が進行しているし、インプラントを希望する患者さんには長期的な成績が悪くなるので禁煙したほうがいいですよと指導しています。


禁煙の必要性は分かってるけど止められないとよく言われます。ちょっと見方を変えれば吸い続ける強い意志があるわけですから、止め続ける強い意志も持ち続けられるのではないでしょうか

?当院は「禁煙支援・相談歯科医院」の認証歯科医院に指定されています。「禁煙のススメ」という小冊子もそろえています。この際だからたばこを止めようと考えている方は気軽に相談してください。ヘビースモーカーだった私だからこそ適切なアドバイスやカウンセリングができると思いますよ。

 

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
収穫3
以前、まるで時計のような花を咲かせるトケイ草について書きました。



それから数ヵ月後、パッションフルーツにみごと変身してくれました。



どうです見事な変身ぶりでしょう?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
収穫2
今度はぶどうが豊作です。



ぶどうの苗をゆずっていただきはや5年、毎年少しずつ大きくなるはずのブドウの木。
でもなかなか大きくなれません。

なぜかというと、ポインターのあのポイちゃんが原因なのです。
あいつ猟犬失格?で捨てられたか、迷子になったのかガリガリにやせてうろついていた所を拾って、「ポィと捨てられた犬だからポイちゃんだー」と良い名前まで付けてあげたのになんでもかんでも咬む咬む咬む。やっと成長してぶどうの木らしくなってくると根元をガリガリとやるのです。

するとひとたまりもなく、あっけなく1年の苦労が台無し。これを毎年繰り返していました。

でも今年は柵があります!しかも襲撃されることも無く安心なので「袋かけ」までしてみました。



おいしいぶどうの収穫です。



投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
収穫
大きなメロンが採れました。



作付けの時に余った野菜の苗を農家から頂くことがありました。こんなときはプランターに植えてちょっとだけ収穫を楽しんだりしていました。農家の方から農業指導を受けたりするうち、小さな囲いに植えるようになり、昨年からとうとう柵まで作って本格的な家庭菜園のようにしてしまいました。


4月の初めに雪が降ったりして肌寒い日が続いていたころ、ホームセンターで今年植える野菜の苗を選んでいたときです。ふとプリンスメロンの苗が目に留まりました。メロンは難しいと聞いていたのですが、なんとなく1つカゴの中へ。これが付き合いの始まりでした。



ツルが伸びてもいいようにフェンス際に直植えし、肥料をたっぷりあげておきました。なんだかんだ数カ月、写真のように大きなメロンのできあがり、そして収穫となりました。

植物ってすごいです、文句の一つも言わずただもくもくと成長し花を咲かせ、実らせるのですから。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
交流戦
今年のプロ野球交流戦はすでに終了しましたが、今度は歯科医師会ソフトボール交流戦が熱く熱く繰り広げられました。

毎年9月に県西地区の先生方が、地域別に4つのチームに分かれ開催されています。

わたしが所属する真壁班は旧真壁町、協和町、明野町で開業している先生達で構成されたチームです。
大相撲では、心技体の充実が肝要とされますが、日頃から運動不足のわれわれは、心(気持)は20歳代、技(技術)は40歳代、体(体力)は60歳代とすべてバラバラでこんなはずでは無いと思いつつも、現実はこんなものといった、珍プレーの連続でしたが楽しい時間を過ごすことができました。

試合の結果は、3戦全敗で、もはや指定席となってしまった最下位の成績でした。言い訳すれば、個々の能力は決して劣るわけでは無いのですが、試合になると、なぜか実力が発揮できない傾向にあるのです。

数年前には、奇跡の優勝を遂げ実力は証明済みなのですが、その後一度も勝った記憶がありません。
今度はいつ実力が出せるのでしょうか?

日頃、たくさんの先生とゆっくり話をする機会も無いため貴重な交流の場となりました。

最後に表彰式をして、ひとりひとり大きな梨をもらい筋肉痛で満身創痍の体で帰路につきました。この日も猛暑で、熱い暑い一日だったので写真のカエルのように葉隠れの術で涼むのもまたいいですね。





投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)