茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

収穫
大きなメロンが採れました。



作付けの時に余った野菜の苗を農家から頂くことがありました。こんなときはプランターに植えてちょっとだけ収穫を楽しんだりしていました。農家の方から農業指導を受けたりするうち、小さな囲いに植えるようになり、昨年からとうとう柵まで作って本格的な家庭菜園のようにしてしまいました。


4月の初めに雪が降ったりして肌寒い日が続いていたころ、ホームセンターで今年植える野菜の苗を選んでいたときです。ふとプリンスメロンの苗が目に留まりました。メロンは難しいと聞いていたのですが、なんとなく1つカゴの中へ。これが付き合いの始まりでした。



ツルが伸びてもいいようにフェンス際に直植えし、肥料をたっぷりあげておきました。なんだかんだ数カ月、写真のように大きなメロンのできあがり、そして収穫となりました。

植物ってすごいです、文句の一つも言わずただもくもくと成長し花を咲かせ、実らせるのですから。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
交流戦
今年のプロ野球交流戦はすでに終了しましたが、今度は歯科医師会ソフトボール交流戦が熱く熱く繰り広げられました。

毎年9月に県西地区の先生方が、地域別に4つのチームに分かれ開催されています。

わたしが所属する真壁班は旧真壁町、協和町、明野町で開業している先生達で構成されたチームです。
大相撲では、心技体の充実が肝要とされますが、日頃から運動不足のわれわれは、心(気持)は20歳代、技(技術)は40歳代、体(体力)は60歳代とすべてバラバラでこんなはずでは無いと思いつつも、現実はこんなものといった、珍プレーの連続でしたが楽しい時間を過ごすことができました。

試合の結果は、3戦全敗で、もはや指定席となってしまった最下位の成績でした。言い訳すれば、個々の能力は決して劣るわけでは無いのですが、試合になると、なぜか実力が発揮できない傾向にあるのです。

数年前には、奇跡の優勝を遂げ実力は証明済みなのですが、その後一度も勝った記憶がありません。
今度はいつ実力が出せるのでしょうか?

日頃、たくさんの先生とゆっくり話をする機会も無いため貴重な交流の場となりました。

最後に表彰式をして、ひとりひとり大きな梨をもらい筋肉痛で満身創痍の体で帰路につきました。この日も猛暑で、熱い暑い一日だったので写真のカエルのように葉隠れの術で涼むのもまたいいですね。





投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
まいった
毎日暑い日が続いていますが、我が家のブーちゃんとポイちゃんもさすがにバテ気味のようです。



ここらで何か精の付くものを食べさせてやらねばと思い、犬に精のつくものってなんだ?ってことでちょっとネットで検索をと考えました。


いつものようにパソコンを立ち上げようと電源をONにしてパスワードを入力。
んー!「ログインできません」のメッセージが出現。あれ、パスワード間違えた!と、今度は慎重に入力。
また「ログインできません」の表示。あれあれ、と、もう一度パスワード入力。またまた「ログインできません」の表示。いったいどうなってんだ!


そうだ!再起動をしようと電源OFF。やっぱりだめでした。

これを何回かしょうもなく繰り返したけどやっぱりどうにもなりませんでした。
例えるならば、テレビの電源を入れても何も映らず音もしない、ただ茫然と言ったところでしょうか。(パソコンも暑さにダウン?)

「そういえば、説明書どこかにあったなー」と、探しまわり読んでみても、からっきしパソコンオンチの私では、「だめだー!」。電話するしかないと決心。
カスタマーセンターに電話したところ、担当者から「お客様の症状はパソコン本体ではなくソフトの不具合だと思われサポートできかねます」と言われガッカリ。
すかさず「有償でよろしければ、ソフトの修復も可能だと思われます」と助け舟を出され、もう乗るしかないと承諾。お金を振り込みに走ったりでまたまた暑さもヒートアップ。結局、数日かけてお金もかけてなんとか復旧「本当にまいった」でした。


今年の夏は、2階のリビングにピョンピョンとカエルが現われたり、突然セミが入り込んだりとなにかとハプニングの多い年となりました。まだまだ暑さが続きそうです。今度はなにが起こることやら。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ごほうび
なにやら書類がとどきました。

日本歯科医師会生涯研修事業修了基準達成に関わる送付物でした。
漢字ばかりでなにやらものものしいものかと思いつつ、開けてみるとこんなものが入っていました。

 

かんたんに説明すると、あなたは、平成20、21年の2年間、歯科医師会のいろいろな講習会やら勉強会に出て、いっぱい単位を取ったから「ごほうびあげる!」ということです。

修了証は飾って、ステッカーは目立つ所に貼りなさい、ということらしいです。
日頃から、歯科医師会関連のみならず、口腔外科学会、歯科麻酔学会、インプラント研究会、日本臨床抗老化医学会、日本アンチエイジング外科研究会等々所属しているので休みの度にあちこち出かけて知識を増やしたり、技術を磨いたりしています。

また、興味があれば文献を請求してよりくわしく勉強し、知識を増やしているつもりです。
先日も骨誘導に関する文献請求をしたら、今度は日本語でほっとしましたが分厚い文献が届きました。


勉強は、「ごほうび」が欲しくてしているわけでは無いけど、いつか「でっかいごほうび」が来るといいな!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桜川育児休業給付金
現在、職員が育児休業を取得しています。
人手がやや不足し多くの患者さん達に御迷惑をおかけしていますが、母子共に元気で、医院にも何度か顔をみせてくれております。職場復帰も秋頃になる予定でもうしばらくの辛抱といったところです。

育児休業を制度化している事業所で育児休業を取得すると育児休業給付金が休業者本人に支払われます。
2か月に一度手続きが必要なため、先日またまたハローワークまで行って手続きしてまいりました。

ここだけの話、給付金を貰う人(職員)は「いついつから育児休業にはいります、よろしくお願いしますね。」でOKなのですが、院長である私は、規則を策定したり、手続きのためにハローワーク通いして結構ハードワーク?もしました。

あと、お役所って結構待つことが多いですね。私も患者さんを待たせて迷惑をかけることもあるので、待つことの辛さをあらためて実感でき、お役所さまさまでもありました。

もう一つ気になることが・・・、育児休業に関する流れは、妊娠から出産、子育てとなんだかんだで数年の月日がかかるのに、関連する法律が知らぬ間に変わっていて、育児休業宣言を聞いて準備を始めてからでも2回変わっているような気がします。より良い法律にするための改正なのでしょうが、「あんまり変わるのもねー」といったところです。窓口の担当者は分かりやすく説明してくれるのでとても助かりました。もうしばらくしたら、今度は一般事業主行動計画を策定しなければなりません。一人でなんでもかんでもこなす院長先生ってすごいと思いません?

そうそう、我が家のブーちゃんとポイちゃんたちも育児休業を応援しています。医院の受付カウンターにある育児休業お知らせスライドショーに応援メッセージを寄せています。ぜひ見に来てください。




投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)