茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

採血
土井歯科クリニックでは、インプラント治療に際して血液データを必ず確認することで、どこか見落としが無いかを徹底しています。

入院して全身麻酔の手術をするのではないので、「直近の健康診断や人間ドックでの血液検査データでいいですよ」としてもいます。

なかには「ここ最近、検査した事無いなあー」といった暢気な患者さんもいらっしゃいます。そんな時はクリニック内で採血してから検査会社に依頼することになります。

では、いったい誰が採血するのか?当然院長である私が行います。
すると誰か「歯医者って採血できるの?」と疑問を挟む人もいるかと思います。答えは当然「採血OK」です。

土井歯科クリニックは、PRP治療のために採血していますが、このキットを扱っている企業がインプラント学会に出展していた時のことです。



1人の歯科医がブースに立ち寄り「歯科医って採血してもいいの?」と聞いたそうです。担当者は予期せぬ質問に戸惑い「インプラント学会でこんなことを聞かれると思いもしなかった」と言っていました。

歯科医師は、口腔・顎顔面頸部領域の治療であれば、医師とほぼ同様の医療行為を行うこができる職業なのです。ただ問題は、大部分の歯科医師が自分には関係無いと思い込んでいることではないかと思います。

血管を介した治療、血管確保の手技に関して言えば静脈注射や点滴、輸血に必要な末梢血管の確保、中枢の静脈に対しては高カロリー輸液、心機能の検査に必要な中心静脈(セントラルライン)確保、動脈に対しても採血、化学療法薬の投与(動注)、カニュレーション(A―ライン)など動脈、静脈に関してもこれだけの医療手技が可能です。

大学病院に勤務していた時にはこんなの当たり前のことでした。前述した企業の営業マンが来院した折、「採血できるの?」のエピソードが話題になったので、私が大学病院に勤務していた時の採血、点滴に関する印象に残る2人の患者さんの苦労話をちょっと披露してみました。

まず、1人目は全身に入れ墨がある患者さんでした。どこもかしこも入れ墨なので“血管がどこにあるのかわからない”また高齢であったので“血管が硬く”せっかく見つけた血管に刺そうとすると逃げられて失敗とかなり苦労した記憶のある方でした。

2人目は若い頃“やんちゃ”をして血管を潰した方でした。とにかく“針が刺せそうな血管が無い”ので手や足に蒸しタオルを当てたりして探し回りようやく見つけた血管が“左手小指の先”(本当です!)、“足の小指”とか考えられない場所から採血や点滴をしなければならず本当に「まいった」な患者さんでした。

その当時は、「これだけ難しい患者さんを相手に毎日刺しているからどんな患者さんにも注射できるよ」といばっていた記憶もあります。

現在は開業医として診療しているため大学病院時代の手技はほとんど使うこともありませんが歯科医師だって結構いろいろできることを知っていていただきたいと思います。

まだまだ綴りたいことはたくさんあるけれど今回はこれくらいにしておきます。また機会があればこんなこともできるんだということを紹介したいと思います。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
糖尿病とインプラント
土井歯科クリニックではインプラント治療を希望する患者さんに対し、必ず既往歴、現病歴、内服薬、血圧そして血液検査のデータを確認しています。

先日糖尿病を持病とする患者さんの血液データを確認した所、少し改善してから埋入手術に臨む方がリスクを少なくできそうなことがわかりました。

簡単な生活指導をするとともに、歯周病治療を優先し少しの間インプラント手術を延期することとしました。

糖尿病は、喫煙と並び歯周病の2大危険因子であり、歯周病は糖尿病の6番目の合併症としても認識されてきています。したがって歯周病と糖尿病はとても関係深いことがわかると思います。しかも、歯を喪失する1番の原因は歯周病であることからインプラント治療にも大いに関わってきます。

糖尿病を持病に持つ人は一生糖尿病から逃れることができないのかというとそのようなこともなく、実は歯周病を治療することで血糖コントロールが改善しインスリンが働きやすい状態にすることが可能であると報告されています。
さらにうれしいことに心筋梗塞や脳梗塞などの予防、ひいては全身の健康にもつながります。

歯周病は、糖尿病同様初期の間は自覚症状も無く、知らず知らずのあいだに進行していきます。歯ぐきの腫れ、出血、口臭などの症状があればかなり進行した歯周病です。

ぜひ、お近くの歯科医院を受診することをお勧めします。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新年あけました
あけましておめでとうございます。

今年はウサギ年、マスコミによる経済予測ではウサギ年はピョンピョンと飛び跳ねるようにジャンプアップするのではないかと取りざたされています。予測通りの一年になることを大いに期待したいと思います。

さて、当院も1月5日より診療が始まり、お正月気分に浸る間もなく虫歯や義歯をはじめとするみなさんのイメージ通りの歯科治療とともに、歯周外科治療やインプラント治療がさっそく始まり例年に無く早いスタートを切りました。今年も抜歯となる歯を少しでも減らし、失ってしまった歯に変わるべく治療に力を尽くせればと思います。



この写真は、幸福を招くといわれている“うさちゃんだるま”です。
みなさまに等しく幸せが訪れることをお祈りいたします。

では、今年もよろしくおねがいします!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
今年もおしまい
早いもので今年もあと数日となりましたが、さまざまな事柄に取組んでいると1年1年加速度がついたように早く過ぎてしまうように思えます。

しかし、2010年新たに所属した学会や研究会の会員証や受講証だけでも、これだけの種類があり1年という時間の長さを感じ、早い早いと思いながらも着実に向上しているのでしょう。



来年はうさぎ年!ありきたりですが大きくジャンプの年としていきたいと思います。

2011年もまたブログでみなさんに伝えたいこと知らせたいこといろいろ綴っていく覚悟です。

では、みなさん来年も健康でよい年であることをお祈りいたします。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
もう年末!
今年も余すところあとわずかになってまいりました。

今週で年内に予定されたインプラント手術も終了です。

今年最後の症例は名付けて抜歯即時抜歯窩拡大上顎洞底挙上1回法です。簡単解説するとだめになった歯(今回は折れた歯)を抜くと同時にその場所を拡げていき副鼻腔の粘膜を持ち上げ、そこに人工骨を満たしてからインプラントを埋入して仮の土台を装着するという一度で三回分の工程をこなしてしまう方法です。

通法なら、まず抜歯をして3カ月程度待ち、抜いた場所がきれいになったらインプラント治療として上顎洞底粘膜を挙上して人工骨を満たして埋入、さらに3カ月待って埋入した場所が直ったら2次手術をして仮の土台を付けてようやく上部構造を作製するという、三回も麻酔が必要な工程があり、しかもインプラントが完成するまで7~8カ月かかってしまいます。

これを一遍に行うことで痛い思いを最小限に完成までの時間は3~4カ月と大幅に短縮することができる方法です。しかもPRPを併用するとさらに治癒促進と感染予防が出来て成功率もアップし最短2カ月で完成させることが可能です。

とにもかくにも、患者さんが痛く無く、腫れずに、怖く無く、任せて安心な治療を目指しています。

でも年内まだまだ上部構造の製作と装着の予定がたくさんあり気を緩めることはできないし、来年に向けたセットアップ模型(完成予想模型)、埋入シミュレーションも控えています。





さらには、歯周外科手術は年内ぎりぎりまで予定があり抜歯の危機にある歯を少しでも減らさなければなりません。

また、PRPを使用した治療もインプラント治療や歯周外科治療で多くの患者さんに支持され症例も順調に増加しています。でも、歯周外科手術の場合、人工骨を使用しても健康保険が適用されるので費用の点から保険治療を選択される方も多いので腫れ、出血、グラつき、口臭が気になる方は気軽に当院に問い合せて下さい。

最後に健康保険について少しグチを・・・
開業当初より歯周外科手術を行っておりますが、10年前より5年前、5年前より現在と手技の向上や新しい器具、器材、材料を導入し進歩しているのにも関わらず、保険治療の評価は向上どころか低下しています。世の中は成果主義などともてはやされているけど、自分としては、成果を上げていると自負しているので、こんなことしている歯医者には、“お金”でなく、木に登りたくなるような“おだて”をしてくれると低い鼻を“ピノキオ”のようにもうちょっと高くできるけども・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)