茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

PRP(多血小板血漿)療法研究会
PRP(多血小板血漿)を使用した治療についての研究発表が大阪で開催されました。私も参加するために陸路新幹線に乗って大阪まで行ってまいりました。



羽田空港がリニューアル、茨城空港が開港ということもあり、飛行機で往復しようかとも考えたのですが、飛行機には苦い思い出があり断念しました。

振り返ると、2年前のある日曜日の夜の広島空港です。
当初の計画では広島空港発午後7時30分の飛行機に搭乗し9時頃羽田空港に到着、電車を乗り継いで夜中12時頃に自宅まで帰り着くという予定でした。

その日空港をほぼ予定どおり離陸したものの、羽田上空が悪天候とのことで琵琶湖や駿河湾上空を何回も旋回、もう時間的に自宅に帰りつくのは不可能になり「まいったなー」と思っていたら「当機は燃料補給のため中部国際空港・セントレア空港に着陸します。」とアナウンスがあり中部国際空港に着陸、この時午後11時。「もうどうにでもなれ、とにかく無事に着いてくれればいいよ!」こんな気持ちを抱きつつ補給点検が終了して再び離陸したのが11時30分。やっぱり悪天候のため東京湾上空、着陸の順番待ちとこれでもかと旋回(この間飛行機も空中分解しそう)なんとか羽田空港に着陸した時は月曜日の午前1時頃になっていました。

こんな時間に着いたらタクシーで帰宅するしかなくタクシー乗り場に向かうと大混雑、延々待ち続け茨城の自宅に午前4時になんとか帰りつきました。タクシー料金はなんと35000円、不本意な朝帰りですがそのまま診療です。なんともすさまじい経験でした。

こんな経験をしたらやっぱり新幹線でしょう!
PRP療法の話にもどりますが、そもそもPRPの治療は血液から血小板を濃縮し、内包する多種の成長因子を放出させ、自己由来の成長因子を局所に利用する方法で、自己由来であるため高い安全性を有しています。

また、慢性潰瘍である糖尿病性足壊疽、下腿難治性潰瘍や褥瘡など皮膚軟部組織の創傷治癒、骨の再生や治癒、顔や手のシワの改善など再建外科、外傷外科、美容外科、抗加齢医療といった領域を超えた広い範囲の種々の病態の治療に高い有効性が認められつつあります。非常に難解な文章かと思いますが簡単に言えば、さまざまな有効性が確認され今とってもホットな治療法として認識されつつある療法ということです。事実、日本のオリンピック選手やメジャーリーグで活躍する日本人選手の治療効果が新聞や雑誌、ニュースで報道されるようにもなってきています。

今回の研究会の発表を見ても、大学病院の基礎研究、歯科の分野では口腔外科関連の骨再生、整形外科、形成外科、美容外科、韓国からの発表まで多岐に渡った非常に有意義なものでした。

土井歯科クリニックにおいてもインプラント治療、歯周病治療に成果をあげていますが、これからも力を入れて取組むべき治療と再認識しました。現在私はACR研究会に所属し形成外科、美容外科の先生達とより成果をあげるべく取り組みを行っています。

ただ、歯科の領域では、PRPはもう古い。今はPRGF、CGF、PRFM、といったシステムが最新の治療と名乗りをあげています。アメリカやヨーロッパの文献(当然英語です)を調べてみると作製の手順やターゲットとなる部位が少々異なるだけで新しい素材として命名されるので混乱しやすいのですが血液を遠心分離して血小板を濃縮するものにちがいはありません。

土井歯科クリニックではPRPの作製方法、歯周病、インプラントに応用した治療効果等をわかりやすく解説した冊子とオリンピック選手の治療に使用し効果があがったことを報じた記事などをまとめています。好評であればホームペ
ージでも公表しようかと考えています。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新顔いろいろ
土井歯科クリニックでは、常に最新の機械や治療法を導入するとともに、滅菌や消毒にも気を配っています。

今年も新しい機器をいろいろ導入しました。

安さに惹かれて購入した超音波洗浄機が半年そこそこで壊れてしまいました。
これは当院の過酷な作動状況を物語るのですが、今回は信頼性の高いメーカーの機器に変更して大、中、小の3台そろい踏み体制でさらなる清潔環境パワーアップを果たしました。



最近加わった機械の中で最も分かりやすく、また最も評判がいいのがこの診察ユニットです。
座るなり「おー、いいですねー」といった声がとても多いこのユニットはふかふかのシートで全身を包み込んでくれます。



土井歯科クリニックでは、歯周外科治療やインプラント治療、親知らずの抜歯など時間のかかる治療も多くリラックスして治療を受けていただくことは大切なことです。

「ここはフカフカじゃないんだ?」とおっしゃる患者さんの声もありクリニックのリニューアルも視野に入れ順次導入をしていきます。

今度は、この四角い箱のような機械です。


これは、自分の血液を採血し遠心分離機でPRP(多血小板血漿)を作成し歯周病やインプラント治療に応用する最新治療(再生治療)に欠かせない機械です。

当院で採用しているPRP作製用キットは美容外科のアンチエイジング用途に開発され、皮膚に注射することも認められたキットなのでとても完成度が高いものです。

女性週刊誌を読む方でしたらPRPを使用した美容外科や再生治療といった広告をたくさん見かけていると思います。これを歯科治療に応用すると、インプラント治療で難症例(抜歯して少ない骨の所に人工骨を使ってインプラントを埋入する手技を同時に行う場合など)に分類される手技でも、難しい手技をしたと思わせない程早くとてもきれいに直ります。

また、歯周病治療でも人工骨をブロック状にして移植することができたり、血小板から放出される成長因子、増殖因子により重度な歯周病治療に応用しても術後の経過がとても良好でPRPには本当に驚いています。
この最新治療については、またあとでもう少しくわしく解説してみたいと思います。

つい最近では、最新の人工骨に変更(ワールドデンタルショーで見つけた材料)したことや、外科用吸引装置を新たに導入予定しお試し中(これもワールドデンタルショーで見つけたもの)などもっといっぱい新顔いろいろです。


「先生のところは、来るたびに新しい機械が入っていますね」と声をかけられることもしばしばです。しばらくぶりに来院したかたは、ぜひ新しい機械を探してみてください。大きな機械や機器だけでなく、小さく目立たない事も変化しているはずです。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
8020(はちまるにいまる)
先日友達から「おもろいもんみつけたでー」と電話がありました。

「なになにおしえて!」と私。「ほんならおくるわー」と数日後に届いたものが写真のこれです。

  

包みを開けて見た瞬間ウォォーとなってしまったのです。事情の飲み込めないみなさんは「普通のヨーグルト」で大きく80と20の数字があるだけの普通のパッケージと思われるでしょう。でも歯医者さんにとって8020(はちまるにいまる)はとっても馴染みのある数字です。

8020は80歳まで20本の歯を保ちましょうという歯科医師会が提唱するスローガンです。定期的に歯科医院を
受診して虫歯や歯周病を予防し元気に長生きおいしく食べようみたいなものです。

私も“はちまるにいまる”の付いたポスターなどは良く見かけていたのですが、このヨーグルトを見て「へー、こんな
のあるんだ、でも何が“はちまるにいまる”なんだろう?」とチョット疑問。食べてみたけど普通のヨーグルトみたいだったし、成分をみても特別なものが入っているようにも思えないのでなんだか不思議。

でも、これは報告しなければと思い周知のふみきりました!みなさーん世の中にはこんなものがありますよー・・・
ちなみに“よ坊さん”(よぼうさん)という歯科医師会の“ゆるキャラ”も存在します。あしからず・・・



投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
一般事業主行動計画
以前のブログで紹介した一般事業主行動計画がようやく出来上がり茨城県労働局に届け受理されました。

これで土井歯科クリニックも「働きがいがあり、働きやすい企業」「社員を大事にする企業」としてイメージアップが期待できるということです。

これは、私が考えたキャッチコピーでは無く茨城県労働局からいただいた資料のまる写しです。当然本当になればいいけど、そうなることを期待したいと思います。

まず、ほとんどの方は一般事業主行動計画と聞いてもなんのことやらさっぱりわからないと思うので少し解説しておきましょう。

いま当院(土井歯科クリニック)では、育児休業取得中の職員がいて、私(院長)をはじめ、残りの職員みんなで支援しています。今後復職し、勤務に戻ったとしても仕事と子育ての両立を支援していかなければなりません。これは今現在少子化の進行が進みつつあり、この流れを変えるための法律が制定され、職員が仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない職員も含めた多様な労働条件の整備などに取組み、これらの課題に対し目標、計画を作り、達成のための対策や時期を定め、これら一連のものを記したものが一般事業主行動計画です。

  

この原本は医院にありお見せすることは可能ですが、多くの人が内容を閲覧できる場として「両立支援のひろば」というホームページがあるので興味のある方は覗いてみて下さい。たくさんの企業が内容を公表しているので参考に
なると思います。

ここで土井歯科クリニックのプチ自慢を少し。一般事業主行動計画の公表は茨城県の歯科医院では第一号みたいです。ということは、育児休業の取得、復職後の仕事と育児の両立に取組む時代の最先端を行く歯医者さんになってしまったということではないですか?

そしてもう一つのプチ自慢は、土井歯科クリニックでインプラント治療をはじめ多くの治療に大活躍の歯科用CTのトロフィーパンプラスという機種も茨城県で導入第一号です。「先生の医院がこのCT設置第一号になるので是非お願いします。」と売り込まれ、はじめは絶対イヤと言っていたのですが最後に茨城工場の工場長が「CT組み立て工場から日本で一番近いユーザーに是非なって下さい。」と言われ「今度は日本一?」「本当にほかに買う人いないの?」といった笑い話のような経緯で導入しました。今考えるとあの時決断してなかったら現在のように多数のインプラント症例を手掛けていなかったと思います。

そうしてみるとこの育児休業をはじめとする一般事業主行動計画は「まあしょうがないか」といった動機から始まったことですが、数年後には、「働きがいがあり、働きやすいクリニック」「職員を大事にするクリニック」として多くの方に認知されているといいな!と思います。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
こんなの作ってみました!
今夜は一人でお留守番です。そう、むかし大学病院で当直した時のように私一人で明日の夕方まで過ごさなければなりません。でも、救急車が来ることは皆無なので少し安心です。

当直といえば大学病院では、研修医2年目(歯科医師2年目)から始めたのですが、初めの頃はとにかく医局の電話が鳴るたびビクッ、「病棟ですが・・・」「救急外来ですが・・・」「救急隊からです」と聞いてさらにドキッの連続でした。
また医局は霊安室の真上で、おまけに年代物の建物だったのでソファーで仮眠をしていると壁や柱のあたりでバキッと音がするので「ラップ音」のようでまたまたドキッとして「リアルおばけ屋敷」のようでした。
でも、こんなことを繰り返していると「なんでも来い」の心境になるので不思議なものです。 

当直の時の食事は出前でしたが、今はどこかに食べに行ってもいいし、カップめんを食べてもいいのですが、手の込んだ料理はできないもののソコソコ料理のスキルがあるので冷蔵庫で見つけた材料を使っては創作料理風に仕上げて楽しんだりしています。

当然今夜も「なんか作ってみたい病」が発症します。普段もお昼や晩のごはんを作っては「おいしい」「まずい」と評価されています。

今夜はなにを作ろうかと考え思いついたのが写真の「焼肉のせチャーハン定食」です。
まず、野菜室をチラッと覗いて生姜を発見し、これは焼肉を作れということか?と思いつつ冷凍庫に豚肉を発見し
もう焼肉しかないと決心!でも、野菜もいっぱい食べないといけないなと思いさらに野菜室を物色していたら我が家の家庭菜園産のピーマン、あさつき、たまねぎ、農家にいただいたきゅうりにトマトを見つけ、さらにキャベツ、ベーコンも発見「サラダ付の焼肉のせチャーハン」にしよう思ったのです。

焼肉のたれは、おろした生姜にしょうゆ、みりん、さとうなどを加えて作り、チャーハンは野菜たっぷりに仕上げてみました。さらには、じゃがいもとはるさめを発見したので、はるさめは少し固めに茹でてきゅうりやたまねぎを加え少しスパイシーにしたサラダも作ってみました。

スープだって乾燥わかめを見つけたのでわかめたっぷりスープです。なかなかいい具合に仕上がったので、また機会があったらみそバージョンやカレーバージョンに挑戦してみたいと思います。


投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)