茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

今年もおしまい
早いもので今年もあと数日となりましたが、さまざまな事柄に取組んでいると1年1年加速度がついたように早く過ぎてしまうように思えます。

しかし、2010年新たに所属した学会や研究会の会員証や受講証だけでも、これだけの種類があり1年という時間の長さを感じ、早い早いと思いながらも着実に向上しているのでしょう。



来年はうさぎ年!ありきたりですが大きくジャンプの年としていきたいと思います。

2011年もまたブログでみなさんに伝えたいこと知らせたいこといろいろ綴っていく覚悟です。

では、みなさん来年も健康でよい年であることをお祈りいたします。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
もう年末!
今年も余すところあとわずかになってまいりました。

今週で年内に予定されたインプラント手術も終了です。

今年最後の症例は名付けて抜歯即時抜歯窩拡大上顎洞底挙上1回法です。簡単解説するとだめになった歯(今回は折れた歯)を抜くと同時にその場所を拡げていき副鼻腔の粘膜を持ち上げ、そこに人工骨を満たしてからインプラントを埋入して仮の土台を装着するという一度で三回分の工程をこなしてしまう方法です。

通法なら、まず抜歯をして3カ月程度待ち、抜いた場所がきれいになったらインプラント治療として上顎洞底粘膜を挙上して人工骨を満たして埋入、さらに3カ月待って埋入した場所が直ったら2次手術をして仮の土台を付けてようやく上部構造を作製するという、三回も麻酔が必要な工程があり、しかもインプラントが完成するまで7~8カ月かかってしまいます。

これを一遍に行うことで痛い思いを最小限に完成までの時間は3~4カ月と大幅に短縮することができる方法です。しかもPRPを併用するとさらに治癒促進と感染予防が出来て成功率もアップし最短2カ月で完成させることが可能です。

とにもかくにも、患者さんが痛く無く、腫れずに、怖く無く、任せて安心な治療を目指しています。

でも年内まだまだ上部構造の製作と装着の予定がたくさんあり気を緩めることはできないし、来年に向けたセットアップ模型(完成予想模型)、埋入シミュレーションも控えています。





さらには、歯周外科手術は年内ぎりぎりまで予定があり抜歯の危機にある歯を少しでも減らさなければなりません。

また、PRPを使用した治療もインプラント治療や歯周外科治療で多くの患者さんに支持され症例も順調に増加しています。でも、歯周外科手術の場合、人工骨を使用しても健康保険が適用されるので費用の点から保険治療を選択される方も多いので腫れ、出血、グラつき、口臭が気になる方は気軽に当院に問い合せて下さい。

最後に健康保険について少しグチを・・・
開業当初より歯周外科手術を行っておりますが、10年前より5年前、5年前より現在と手技の向上や新しい器具、器材、材料を導入し進歩しているのにも関わらず、保険治療の評価は向上どころか低下しています。世の中は成果主義などともてはやされているけど、自分としては、成果を上げていると自負しているので、こんなことしている歯医者には、“お金”でなく、木に登りたくなるような“おだて”をしてくれると低い鼻を“ピノキオ”のようにもうちょっと高くできるけども・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
AED
当院にAEDを設置して早くも2年が経ちました。



幸いなことにまだ1度も使用したことがありませんが、早くもAEDパッドの使用期限を迎え「新しいものに交換せよ」との知らせが届き交換いたしました。

現在日本は高齢化社会を迎え、当院でも持病や合併症を抱えた患者さんが多く来院します。
歯科治療は、虫歯の治療でも麻酔注射が必要でさまざまな病気の知識や薬剤知識など総合力が問われる職業になっています。また、当院は口腔外科を標榜しているためインプラント治療、歯周外科治療、その他の外科処置も多くリスクのある治療が多くなっています。したがって現症や既往歴、内服薬などの把握に努め最新の情報を常に収集し適切な対処に務めています。

これからもAEDの出番が無くバッテリーやパッドの交換のみで済むよう、より新しい知識や手技の取得に努めたいと思います。


ところで先日、外傷の患者さんが急患でみえました。どうやら庭にいる時、顔面から転倒したらしく気が付いたときには、血だらけでくわしいことは覚えていないと震えながら繰り返してくれました。かかりつけの歯科医院が休診だったため当院を受診したようで顔は腫れ上がり、顔面と口から血がしたり泥だらけです。こんな状態の人が突然訪れたら歯科医も尻込みするだろうといった感じでした。冷静に簡単な問診と現病歴、内服楽を確認し、高血圧、糖尿病、腰痛があることがわかり、糖尿病はコントロール不良であることもわかりました。

血圧を測り局所麻酔薬を選択し処置を開始。運動障害、眼症状の有無を確認し、泥の付いた傷をデブリ(デブリードマンの略・創面をきれいにすること)して傷の断端を整形し縫合処置。現在医療費を削減するために必要と思われる処置をしても過剰であると切られてしまうことが多くなっています。きちんとしたトレーニングを受けた私は、たとえボランティアになってもきちんと対処していますが・・・・

このときも「デブリしないと絶対この傷腐るよなー」と考えながらも、「でもデブリを算定するとレセプト切られるよなー」とか、傷に泥が混じっているから「破トキ(破傷風トキソイド)打っておいたほうがいいよなー」*(茨城県は破傷風の発症が多いと聞いています)と思いながら「でも、歯医者で破トキを打つなんてフザケルナ」と言われそうだとか、処置中もいろいろ考えながら必要と考えることを行いました。私が大学病院に勤務していた時「親知らずが腫れた」と言って入院した患者さんが破傷風だった経験もあるので、知り過ぎていることの怖さもあるのです。

糖尿病も検査データからみるとすこぶる悪く今後も感染の危険が予想され「本当にこまった」でした。治療を受けた側からみたら「ころんじゃって、あそこの歯医者で縫ってもらったのよ」の一言で済むようなことでも、治療した人(私)はさまざまなことを深く考えて治療していることを知ってもらいたいと思います。

また、私が懸念したことが現実に起こり結果が悪ければ「あそこの歯医者はとても下手な歯医者」と言われかねません。さまざまな可能性を説明していても「後の祭り」となることもあるのです。簡単と思われる治療でもいろいろと頭の中でシュミレーションしながら冷静に対処していることを知ってもらいたいと思います!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
復帰です
育児休業していた職員がこの程めでたく職場復帰しました。

約1年間患者さんにだいぶご迷惑をおかけしておりましたが残された職員でなんとかがんばってきました。職場復帰したとはいえ、子育てはまだまだスタートしたばかりで仕事との両立は大変だと思います。また、まだまだ母親の愛情が大切な時期で心苦しい面もあり、職場復帰を手放しで喜ぶわけにはまいりません。

それゆえ短時間勤務など柔軟に対応し医院、職員全体で今後も支援していきます。ところで、先日妻が外出しました。またまた「何かごはんを作ろう」と思い「今日はオムライスだ!」と思い立ちました。

いろいろ材料を用意し、「そうそうたまねぎ」と思い包丁に力をいれました。瞬間「あっ、」「いたっ!」すでにまな板は血だらけ。シンクで確認しようとするこの間も血はボタボタと落ちます。

でもなぜかカメラを探しこの状況をカメラで撮影する私。血だらけのシンクと傷の状態を撮影してからようやく止血処置を開始です傷は深く縫合処置が必要でしたが、なにぶん自分だけなので縫合は無理。「そうだステリーテープがあった」と診察室に行き滅菌ガーゼで押さえながらステリーテープで止血しガーゼと絆創膏で留め処置終了です。

妻(外科医)が帰宅してから「ほら、こんなに血がでちゃった」と写真をみせると「ハハハ、あなたも外科のひとなのね。外科をやっているひとはどうしても写真とか撮りたくなるのよね!」と心配どころか笑われました。(写真を公開するのは事情により断念)

でも、大変なのは翌日からの診療です。当然わたしも口腔外科が専門なので歯科一般治療以外にもインプラントの手術、歯周外科手術(フラップ手術)、小手術(骨隆起除去手術、抜歯)等を行わなければなりません。

今週の「ちょっとまいった」は骨隆起除去手術で、かなり大きく舌の動きを制限する程だったのでノミと木槌を使う少し古典的だけどきれいに除去できる手技を選択したのですが、怪我のためなかなかいつものように指を動かせず苦労しました。



でも、毎日メスを使って手術をしているのに怪我をしたという記憶が無いのにまったく情けない話です。そういえば毎日のように針と糸を使って縫い合わせをしているけど洋服を縫うことはできないのでまあこんなものでしょうか。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クラウドコンピューティングEXPO
千葉、幕張メッセで日本のIT業界で最もホットな話題や最新情報を集めたクラウドコンピューティングEXPOが開催されていました。



日頃ニュースや雑誌にクラウド技術とかクラウド化などといった言葉を耳にしますが、詳しいことはわかりません。

ほとんどわからないからこそ情報を集めてみようと思い立ち潜入してきました。もしかしたら歯科医院でも使える情報や技術が見つかるかもしれないという期待もあったからです。

会場に入場するといろいろな企業の人から声がかかり、とても活気のある雰囲気です。しかも歯科におけるデンタルショーとちがい、成長産業で資金も豊富なためか、たくさんの企業からおまけがたくさんもらえるのも驚きでした。

とりあえず私がとても興味を覚えたものにクラウド化されたホームページ制作ソフトというか運用ソフトです。グローバルな企業がこぞって採用しているこのソフトは、関連のなさそうな検索ワードで検索してもホームページが上位表示されるという検索する側から見たら迷惑なホームページソフトを発見しました。

また、このソフトのベーシック版はサクサク簡単に作業でき、作製作業がSEO対策にもなるという本当なの?といった製品でした。ほかにもホームページを上位表示させるため検索ワードをいつまでにどれだけはいった文章をネットにアップしましょうみたいな「おたすけ機能付ホームページソフト」など、IT業界は2年前の技術はもう古すぎるといわれているくらい早く技術革新が進むようですが歯科医療は数十年前の技術がいまだにバッコしているのになんということでしょうといった感じです。

今、わたしがはまっているテレビ番組に「プロジェクトランウェイ」というファッションデザイナーを扱った番組がありますが、この中での決まり文句に「今日はやったものも、明日には消える」があるのですがまさに「これだー!」といった感じでした。

最後に一言、ここに書いたことは私が目の前で説明を受けたことを、自分なりに解釈したことなので専門家からは「バカだねー」と思われることを書いているかもしれません。あしからず!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)