茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

日本対オーストラリア
日本代表がオーストラリアとの激闘を制し4度目のアジアカップ優勝を果たしました。

深夜のテレビ観戦で思わず「ヤッター」と叫んでしまいました。
サッカーに興味の無い人にとっては夜遅くまで何やってるんだと思われることでしょう。

今回の勝利は5年前の「あの試合」で経験した悔しさを少しだけ軽くしてくれました。「あの試合」とは、忘れもしない2006年ドイツワールドカップサッカーのカイザースラウテルンで行われた「日本対オーストラリア」です。

私と妻はたくさんの日本サポーターたちとスタンドで応援していたのです。もしかしたら勝てるかもしれないと思い始めたところで、悪夢のような6分間での3失点を目の当たりにした目撃者だったのです。とってもとっても悔しい思いを胸に帰国した「あの試合」です。

観戦ツアーは旅の始まりからうまくいかなかったのです。成田空港のカウンターでチケットを受け取り、イギリスのヒースロー空港を乗り継いでドイツのフランクフルト空港に降り立つはずでした。アクシデントはヒースロー空港での乗り継ぎで起こりました。

この旅は自力でドイツの空港までたどりつかなければ始まらないというものでした。飛行機の乗り継ぎは初体験だったのですが、よく「トランジット」と言う言葉を聞いていたので「トランジット」という表示がある所に行けばよいとばかり思い込んでいたのが悲劇のはじまりでした。

空港の表示板には、こんな表示もなくただなんとなく人の流れについていったらなんとイギリスに入国してしまったのです。まちがいに気付いたけれど広い広いヒースロー空港は移動だけでも大変、案の定予定の便に乗り遅れました。

「このままではドイツにたどり着けない」と思案していると同じような日本人が何人もいることに気付きました。航空会社のカウンターに行きみんなで身振り手振りを交えた英語で交渉し、なんとかその日の最終便に搭乗できフランクフルト空港にたどり着いたという裏話があるのです。

ヒースロー空港で学んだことは、英語は話せなくても単語と身振りでなんとかなる、そしてポンドしか使えない(ユーロはだめ!)、最も覚えておかなければならないことは、「トランジットではなくフライトコネクションと表示してある場所に行くこと」でした。

帰国後、この悲劇は「週刊文春」に取り上げられました。なぜなら乗り遅れたなかまの中にこの雑誌に毎週連載しているライターさんがいたのです。

コラムの中でドイ夫妻との共有時間のことが出ていたのですが、この「ドイ夫妻」とはわれわれ2人のことなのです。どうです、まいりましたか?



でも、もう1つ裏話があるのです。実は、ライターさんの名前が「KENICHIRHO」でわたしが「KENICHI」です。帰国の日の朝、ドイツのホテルで航空券が余るなーと思い良く見てみると似たようなスペルの航空券があってライターさんの券を持っていることに気付いたのです。

この時出発の10分前しかもライターさんとちがうホテルに宿泊していたのです。もし気付かなかったら、しばらくドイツでホームレスをしていたかもしれません??

最後に、当時ドイツも日本同様、歯科医師過剰が言われ「歯科医師がタクシードライバーをしている」と聞いていました。そこで現地在住の日本人に「ほんとうに歯医者さんがタクシードライバーをしているの?」と聞いてみました。「いえいえそれはオーバーな話です」でも「ドイツでは親知らずの歯は有無を言わさず抜かれます」と言っていたことが印象に残っています。

やはり、まだまだ綴りたいことがありますが、また今度にしておきましょう。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
むしのやうに
毎日寒い日が続いています。

日本列島がすっぽり冷凍庫に入ったかのような異常低温。さらに豪雪による農業被害、最近は火山の噴火まで加わりいったいどうなってしまったんだという感じです。

日本全国こんな調子ですから野菜の値上がりも気になる所です。幸いにして野菜作りをしている患者さんからたくさんの野菜をいただくことがたびたびあります。

本業が野菜を出荷している農家なので実に立派でしかも新鮮採れたてです。
しかも「ちょっとだけ持ってきたんで玄関に置いておいたから」と言われますが段ボールにイッパイでちょっとの感覚にだいぶズレがあります。

食べきれない時は、職員にもおすそ分けしますがそれでもたくさんの野菜が手元に残ります。やはり新鮮な野菜はそのままサラダでムシャムシャいただきます。



大きなサラダボウルを山盛りにして「さあ、むしのきもちになって食べるぞ」とか「けむしのようにムシャムシャたべる」といっては楽しくおいしく食しています。

残念なのは、私のデリケートなお腹でたくさん生野菜を食べると今度はゴロゴロと鳴り始めることです。

やはり「むしのやうに」とは行かない私でした。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
採血
土井歯科クリニックでは、インプラント治療に際して血液データを必ず確認することで、どこか見落としが無いかを徹底しています。

入院して全身麻酔の手術をするのではないので、「直近の健康診断や人間ドックでの血液検査データでいいですよ」としてもいます。

なかには「ここ最近、検査した事無いなあー」といった暢気な患者さんもいらっしゃいます。そんな時はクリニック内で採血してから検査会社に依頼することになります。

では、いったい誰が採血するのか?当然院長である私が行います。
すると誰か「歯医者って採血できるの?」と疑問を挟む人もいるかと思います。答えは当然「採血OK」です。

土井歯科クリニックは、PRP治療のために採血していますが、このキットを扱っている企業がインプラント学会に出展していた時のことです。



1人の歯科医がブースに立ち寄り「歯科医って採血してもいいの?」と聞いたそうです。担当者は予期せぬ質問に戸惑い「インプラント学会でこんなことを聞かれると思いもしなかった」と言っていました。

歯科医師は、口腔・顎顔面頸部領域の治療であれば、医師とほぼ同様の医療行為を行うこができる職業なのです。ただ問題は、大部分の歯科医師が自分には関係無いと思い込んでいることではないかと思います。

血管を介した治療、血管確保の手技に関して言えば静脈注射や点滴、輸血に必要な末梢血管の確保、中枢の静脈に対しては高カロリー輸液、心機能の検査に必要な中心静脈(セントラルライン)確保、動脈に対しても採血、化学療法薬の投与(動注)、カニュレーション(A―ライン)など動脈、静脈に関してもこれだけの医療手技が可能です。

大学病院に勤務していた時にはこんなの当たり前のことでした。前述した企業の営業マンが来院した折、「採血できるの?」のエピソードが話題になったので、私が大学病院に勤務していた時の採血、点滴に関する印象に残る2人の患者さんの苦労話をちょっと披露してみました。

まず、1人目は全身に入れ墨がある患者さんでした。どこもかしこも入れ墨なので“血管がどこにあるのかわからない”また高齢であったので“血管が硬く”せっかく見つけた血管に刺そうとすると逃げられて失敗とかなり苦労した記憶のある方でした。

2人目は若い頃“やんちゃ”をして血管を潰した方でした。とにかく“針が刺せそうな血管が無い”ので手や足に蒸しタオルを当てたりして探し回りようやく見つけた血管が“左手小指の先”(本当です!)、“足の小指”とか考えられない場所から採血や点滴をしなければならず本当に「まいった」な患者さんでした。

その当時は、「これだけ難しい患者さんを相手に毎日刺しているからどんな患者さんにも注射できるよ」といばっていた記憶もあります。

現在は開業医として診療しているため大学病院時代の手技はほとんど使うこともありませんが歯科医師だって結構いろいろできることを知っていていただきたいと思います。

まだまだ綴りたいことはたくさんあるけれど今回はこれくらいにしておきます。また機会があればこんなこともできるんだということを紹介したいと思います。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
糖尿病とインプラント
土井歯科クリニックではインプラント治療を希望する患者さんに対し、必ず既往歴、現病歴、内服薬、血圧そして血液検査のデータを確認しています。

先日糖尿病を持病とする患者さんの血液データを確認した所、少し改善してから埋入手術に臨む方がリスクを少なくできそうなことがわかりました。

簡単な生活指導をするとともに、歯周病治療を優先し少しの間インプラント手術を延期することとしました。

糖尿病は、喫煙と並び歯周病の2大危険因子であり、歯周病は糖尿病の6番目の合併症としても認識されてきています。したがって歯周病と糖尿病はとても関係深いことがわかると思います。しかも、歯を喪失する1番の原因は歯周病であることからインプラント治療にも大いに関わってきます。

糖尿病を持病に持つ人は一生糖尿病から逃れることができないのかというとそのようなこともなく、実は歯周病を治療することで血糖コントロールが改善しインスリンが働きやすい状態にすることが可能であると報告されています。
さらにうれしいことに心筋梗塞や脳梗塞などの予防、ひいては全身の健康にもつながります。

歯周病は、糖尿病同様初期の間は自覚症状も無く、知らず知らずのあいだに進行していきます。歯ぐきの腫れ、出血、口臭などの症状があればかなり進行した歯周病です。

ぜひ、お近くの歯科医院を受診することをお勧めします。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新年あけました
あけましておめでとうございます。

今年はウサギ年、マスコミによる経済予測ではウサギ年はピョンピョンと飛び跳ねるようにジャンプアップするのではないかと取りざたされています。予測通りの一年になることを大いに期待したいと思います。

さて、当院も1月5日より診療が始まり、お正月気分に浸る間もなく虫歯や義歯をはじめとするみなさんのイメージ通りの歯科治療とともに、歯周外科治療やインプラント治療がさっそく始まり例年に無く早いスタートを切りました。今年も抜歯となる歯を少しでも減らし、失ってしまった歯に変わるべく治療に力を尽くせればと思います。



この写真は、幸福を招くといわれている“うさちゃんだるま”です。
みなさまに等しく幸せが訪れることをお祈りいたします。

では、今年もよろしくおねがいします!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)