茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

巨大地震
自分を含め近隣もなんとか難を逃れることができました。

今でも数分置きに余震があるのですっかり慣れっこになってしまったため、まるで釣り船から降りたときのように、常に揺れているような錯覚に陥っています。

次第に地震の惨状が伝わるにつれ被害に遭われた方々のご心痛を察します。

地震の日は、以前のブログに記したように朝からインプラントの埋入手術、歯周病のメインテナンス、歯周外科手術といつもと変わらぬ治療を予定通りこなしました。

そして、午後の診療です。2か月前にインプラント埋入した患者さんの経過、インプラント治療からもう7年も経過した患者さんのメインテナンス、これからインプラント治療を予定している患者さん。診療が終了し、患者さんたちが医院から出ようとしたり、会計を待って待合室に腰を下している時でした。このとき巨大地震が発生しました。

最初はグラグラと始まり「いつもより少し大きな地震だなー」と思い引き戸の所に移動、すると揺れがますます強くなり、引き戸にしがみつきスタッフはどうしてる?と見ると私と同じように窓際の引き戸の周辺に集まり怯えていました。

私は、「窓開けて」といい、ただしがみついて耐えていました。その間も揺れは続きガシャンガシャンという音や、洗浄機の中の水がバシャバシャと跳ね続けていました。スタッフも「いったいいつまで続くの?」と口にだして叫ぶほど長く続いた地震でした。

揺れがおさまるとみんなの無事を確認しなんとか落ち着きを取り戻しました。

しかし、すぐに余震が始まり何度となく外に避難したりしました。どうやらかなり大きな地震が発生したらしいことが判明し、電気も水道もガスもストップしたため医院の中をある程度かたずけスタッフを帰宅させました。

私の医院は自宅兼診療所なので、自宅である2階に行くとそれはそれは凄いことになっていました。よくテレビで大きな地震のあとの映像を見かけますがまったく同じ状況でした。あらゆるものが、割れたり散乱したりなにから手をつけようと途方にくれる状況でした。

とりあえず自分たちが居られるスペースを確保できるとコップ、皿、手指洗浄など歯科用のディスポ材や洗浄機がとても役立つことがわかったのと同時に、電気、水道、ガスすべてストップなのでラジオが頼りにもなりました。

 

やっぱり緊急時はNHK!とラジオも放送を聞いて情報収集し震源地や災害の状況をある程度知ると、まさにとてつもないことが起きていることがわかりました。

関西の友達からもやっと携帯電話が通じたといっては連絡をくれラジオだけではわからないテレビの映像について解説もしてくれました。今は、ようやく電気が復旧してくれたのでたいへん助かっていますが、水道はまだ断水したままです。

ガスはプロパンガスのため早期に復旧できました。電気と水道がまったく使えない状態が2日ほど続いたのでラジオは大変貴重な情報源でNHK以外の放送局もたくさん視聴してみましたが、とても気に障った放送局がありました。

お正月に駅伝を放送するラジオ局なのですが、聞いているとなんでこんなに不安を煽るような放送をするのか理解できない!パーソナリティーは不安だからこのようなことを言っている、「決して不安を煽ろうとしていません」と言いながら放送していましたがどう考えてもへんな放送でした。

私の妻にも「どう思う?」と聞いてみたら「この女の人の話し方聞いていると、とてもイライラする」といっていました。災害時にはラジオは唯一の情報源です。

決して不安を煽るような放送をしてはならないと思います。放送している人は電気、水道、ガスが無く、どうなるか分からない状態の人たちのことをどう考えているのでしょう?
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
コマーシャル
土井歯科クリニックでは、結構いろいろ広告を出しています。「ここに出した広告は宣伝効果はないだろう、単なるボランティアとちがうか」みたいな所にもなぜか出しています。

「うーん、なんか断り切れないんだよね!」といったところが本音です。今度こそ断ろうと思っていると「今、広告業界はこんな経済状況なので厳しんですよ」とか「なんとかお願いしますよ」と言われると「えー、そんなー」となってしまいます。

さらに、「少し割引しますからぜひお願いします」なんて殺し文句を言われると「わかったよー!」といった形で押し切られてしまいます。なんとも困ったものです。

そんな舌の根も乾かぬうちに今度はコマーシャル(動画)を作ってしまいました。(なんてことでしょう)

「先生、この程我が社はいろいろな企業のCMを作って流そうと企画したんです。ぜひ先生の所にもご参加いただきたい」といって説明が始まりました。もう広告は出さないと思っていたのですが、「CM?テレビをつけると流れているあれ?」こんどばかりは乗り気になってしまいました。

「15秒と短いのですがポイントを絞れば効果的ですよ」といわれ「コマーシャル、CM、動画、なんかかっこよくない?」と感じてしまったのです。

こうしてできた“音声付き動画”(コマーシャル)が納められたCDがこの写真です。



このコマーシャルはもうすでに流れています。気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが市庁舎で毎日流れているらしいです。もうかれこれ、ひと月になるはずですが、私はまだ流されているCMを一度も見ていません。
今度こっそり見に行かないとなりません。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
早いもので
もうすぐ2月も終わってしまいます。

ついこの間、新年が始まるとともに「寒いですね」と言っていたのに、早いものでもうすぐ3月です。

土井歯科クリニックでも、早いもので年末に埋入したインプラントの上部構造製作の時期に入りました。また、年明けに歯周外科手術をした患者さんも、早いものでメインテナンスの時期に入りました。

時間の流れがとっても早くなっている気がするのは私だけではないのかもしれません。



この写真はインプラント治療をするのに必須なセットアップ模型です。セットアップ模型とは、完成予想模型のことを指しこれを作ることでインプラント治療の最終形を知ることができます。

さらに、これをもとにサージカルステントといって埋入手術のときに完成形と同じものが作れるように埋入の位置決めのためのプラスチック製の器具もあります。

そして、ステントといってサージカルステントに変化させる前に、口の中に装着しCTを撮影しインプラントを埋入したい場所の骨の状態を調べる器具にもなるのです。

写真のように、たくさんのセットアップ模型が写っていますが、これらは3月に埋入する予定の模型たちです。1月、2月もたくさんのインプラントを埋入していますが、当院のスタッフたちは、私がインプラントの手術が終わっても少しも休ませてくれません。

どういうことかというと、ある日の午前中の診療です。患者さんに手術内容や術後の注意点を説明し「ふう!無事にインプラント埋入手術が終了!」と思うや否や、今度は虫歯や義歯の治療、また外科器具の用意が始まり、親知らずの抜歯、「終了!」と思ったら、またまた歯周外科の手術をして午前の診療終了です。私も当たり前のように治療をこなすのでスタッフも当然と考えているのでしょう。

カッコ良くいうと、土井歯科クリニックではインプラント治療は特別な治療でもなんでもないんですということです。

早いものでもう3月です!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
まだまだ毎日寒い日が続きます。

インフルエンザにノロウイルスとやっかいなやつらがうようよしています。みなさんくれぐれもお気を付けください。

とはいえ、日ごとに日差しに力強さを感じ、日照時間も長く春の訪れも感じられるようになりました。

しか~し、先週は連日“雪ふるよ~・雪ふるよ~”そして“積もるよ~・積もるよ~”と繰り返されましたが、まあ、なんとか大したことなく一安心でした。(豪雪地域のかたには申し訳ありません)

夜に雪が降り始めると明日の朝、積もったら駐車場の雪掻きをしないといけないとか、階段の雪はお湯で溶かさないとならないとか、そもそも職員は来られるのか?なんて、これでもいろいろ考えるのです。

そういえば、今朝、我が家のブーちゃんとポイちゃんにごはんをやらねばと外に出てみると太陽が出て日差しがまぶしく影まで出来ているのになぜか雪がちらちら舞っているではないですか「これは珍しい」と思い撮影してみました。
「天気雪」です!


投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
学校保健委員会
私、学校歯科医をしております。

先日学校保健委員会があり出席してまいりました。



いやー、本当に学校の先生って大変だなーと思いました。
まず本職である授業をしなければなりません。授業のためには当然予習をしたり調べ物をしたりと時間をかけているにちがいないでしょう。

また、ひとりひとりの生徒さんのケアーもしなければならないでしょうし、試験を作ったり学校行事を計画、実行し、さらには担当する課題を調査分析して学校保健委員会で報告もしなければなりません。

本当に「なんということでしょう?」といった感じです。先日の委員会の中でも取り上げられていましたが、給食で出された牛乳を残さず飲もうという運動だったのですが、これは私が中学生の時も同じことをしていました。

ただ、私は牛乳を飲むとお腹がゴロゴロ鳴りだす人でトイレに行きたくなるので少し迷惑な運動だったと記憶しています。

しかしながら、必要なカルシウムを効率良く摂取するには牛乳が一番良いそうです。

そういえば、もっと背を伸ばすんだといっては毎日2本3本と飲んでいた○○君はあれから背が伸びたのかなー?
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)