茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

異議あり!
そう言えば、原発事故のとき再臨界する?しない?海水注水やる?やらない?いろいろ情報が錯そうしたときがありました。

その際「可能性は、ゼロではない」という言葉をどう受け取るべきかが話題になりました。
実に紛らわしい言い回しで誤解を与える、非常時にけしからんといったことで随分と騒がれました。

全国紙の新聞記事では、「可能性は、ゼロではない」とは「可能性はゼロ」と同義であるらしいが、もっとさっぱりと、端的に語れぬものか?こんな表現は日本語をよってたかって壊していると載っていました。

土井歯科クリニックではインプラント治療をはじめ多くの治療を手掛けています。たとえば術前の説明で「埋入予定の場所には問題になる血管や神経が走行していないのであまり心配する必要がありません。ただし、体格や性格がひとりひとり違うように細い枝が走行していることもあるので、出血や神経障害をおこす可能性はゼロではありません。」こんなふうに説明しています。

「可能性はほとんどゼロ」の意味でずっと前から使っていました。これってそんなに日本語を壊すような言い方でしょうか。ちゃんと聞いていれば理解できそうな気がしませんか?

日本語は同じ内容の話を実にたくさんの表現で伝えることのできる言語です。私は小、中学校で担任の先生にたくさんの本を読みなさいと指導されてきました。そうすれば自然と文脈から話の内容が理解できるようになると。
きっと日本の偉い人は小さい頃あまり本を読まなかったのではないでしょうか?

でも、あとに続く若い人に道を譲るといっておきながら、辞任するとは言っていないと放言したし、偉い人が模範を示さないと小さな子供が真似してしまいます!

ここで話題を変えてみます。
以前コンサートについて綴りましたが、WOWOWでLADY GAGAのコンサートを放送していたので視聴しました。

以前から名前だけは知っていたので日本のアイドルタレントみたいな人かと思っていましたが、まったく認識違いでした。肉体も声も実に鍛えてあり、あれだけ激しく踊りながら声量のある声で歌っても汗もかいていない。見ていて「凄い」と感嘆の声をあげてしまいました。

また、24000人も入るコンサート会場は日本にないし、アメリカはコンサート中に写真や動画を撮ってもOKなのにもまたまたビックリでした。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
実は・・・?
早いもので、大震災から3か月が経過しました。

政治のゴタゴタや、辞めそうで辞めない人のおかげで一向に進まない災害復興、得意げに原発の停止要請し、その影響で、今度は日本中の原発がストップして、真夏に計画停電再開とさんざんな年になりそうな今日この頃です。

決して原発を推進せよとは言わないけど、もう少し、後先を考えてから口にすべきでしょう!迷惑するのは誰?

以前のブログで震災当日のことを綴りましたが、実はその日の午前中にインプラント埋入をしていたことに気付いたのです。

先日インプラントの上部構造の型取りをしたとき、ふとモニターのレントゲン写真の日付けが目に入りました。そこには、2011・3・11と入っていたのです。



「もしかして震災当日の午前中に埋入した患者さん?」となったわけです。地震があってからあまりに慌ただしかったため、当日の午前中のことはすっかり私の頭の中から抜け落ちていたのでした。もうインプラント治療が完了するくらいの時間が経っていたのですね。

大学病院勤務の時代、私の上司に言われた言葉を書いてみます。

「人のことを批判するのは結構だけど批判している本人はそれだけの実力があってしているのか?」
「実力もないのに人のことを批判するのはみっともない」

上司からは本当にいろいろ学びました。でもってわたしは?
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
コンサート
実はわたしコンサートにもう何十回も行っているのです。

先日も横浜アリーナに“マシャ”のコンサートに行ってきてしまいました。
“マシャ”でわかる人はかなりのファンだと思います。そう、“マシャ”とは去年のNHK大河ドラマの主役を張った福山雅治です。



正直に告白すると、わたしは妻のコンサートに運転手兼同伴者として楽しく参加しているのです。したがって、妻が今度は“徳さん”のコンサートに行くよと言われれば、やはり運転手兼同伴者として参加します。

“徳さん”とは、徳永英明のことですよ!今までなんやかんやでユーミン、TMレボリューション、チャゲアス(もう解散していますが)、ミスチル、とこんなところかな?まだほかにもいったことのあるアーチストがいるような気がしますが?こんな感じで年に数回いってまーす。

そもそもわたしのコンサートデビューはかなり早く確か5~6才のときだった記憶があります。
アーチストの名前は“ピンキーとキラーズ”だと記憶しています。この名前がわかる人はかなりの年長者にちがいありませんね!子供心に覚えているのは、大きな建物で屋根が角々していて金色の大きな玉ねぎみたいなものが乗っかっていたとおぼろげに記憶があるので、きっと日本武道館じゃなかったかなと考えています。

ただし、記憶は作られるのでまったくちがうかもしれませんがね。よく「昨日のことのように覚えている」ということがいわれますが「そんなことない!」というのが本当らしいです。

話をもとにもどしますが、コンサートはアーチストによって特徴があり通い慣れると「ふむふむ」ととっても楽しめます。この「ふむふむ」はまだコンサート未経験のあなたのために「ないしょ」にしておきます。ぜひあなたもすきなアーチストを見つけて経験してみてください。

名前をあげたメジャーなアーチストであれば、横浜アリーナやさいたまスーパーアリーナみたいに大きな会場に楽々10000人以上の観客を集めることができます。そしてこの会場でみんなが一斉にジャンプしたりするので“揺れんばかりの”という表現は本当で、とってもとっても揺れます。

コンサートに参加し始めのころは、会場が倒壊したりしないかと心配しました。本当にグラグラと会場が揺れマグニチュード5、震度4そんな感じになるので日本の耐震設計と耐震構造物には感心してしまいます。

コンサートの席なのですが、大きな会場の一番前の席なんていったい誰が、どうやって手に入れているのだろうと思いませんか?“神様はなんびとに対しても平等”というのが答えです。通い続けると一等賞の席が当たるのです。横浜アリーナでも、さいたまスーパーアリーナでも一番前の席で楽しんだことがあります。

いつぞやの福山雅治のコンサートでは、妻がギターのピックをゲットして大喜びしました。わたしは背が高いので飛んで来るものを専門にゲットすることを命じられています。今回は、金色テープをゲットし無事任務を遂行することができました。

“マシャ”のコンサートは、今度は9月頃さいたまスーパーアリーナであるそうです。
たぶん妻はなんとしてもチケットを手に入れるにちがいありません。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
とんねるず
そういえば、あの石橋と木梨のコンビ“とんねるず”を知らない人はいないと思います。
もうすっかりメジャーな芸能人としての地位を築いています。

土井歯科クリニックの院長は、あのふたりすなわち“とんねるず”とは帝京高校の同期生なのです。

したがって3年間同じ学び舎に在籍していたのです。だから野球部が甲子園に初出場したときは甲子園球場まで応援に行ったし、サッカー部が高校選手権で2回も優勝したときのことも知っているし、学食は“うどん”と“やきそば”が100円でカレーライスが150円だったことも知っています。

そして卒業25年も経ったクラス会では、3年間クラス担任をしていた先生と帝京高校の校長先生として再開したときは、とってもびっくりしました。

ただし、あのふたりとは同じクラスになったことはないので、同級生ではありません。
つまり“とんねるず”とはなんの面識もなく、3年間一緒だったということだけですが、あのふたりの存在は知っていましたよ。

そもそもわたしはBコース、彼らはAコースといってまったく異なるカリキュラムで学んでいました。Bコースは学年で1クラスのみの医歯薬系の進学コースだったので、教室は職員室に最も近い場所にありAコースとはまったく隔離された場所にあったことも関係しただろうし、当時はエリートコースとしてアンタッチャブルな存在でもあったからでしょう。

なにかトラブルになりそうになっても「何組だ?」と聞かれて「8組!(Bコースはかならず8組)」と答えたり、「Bコースか?」と聞かれ「うん」と答えるだけで黄門様の印籠のようにすべて一件落着な感じでもありました。

彼らがデビューしたての頃、帝京高校は“バカの巣窟”のような話で笑いを取っていたこともありましたが、40人くらいの同級生が医者、歯医者、薬剤師になっていることを彼らは知らないと思います。

そして最近では、クラス会を毎年のようにしているし、帝京高校の校長先生になった恩師を交え裏話やむかし話をしては楽しんでいることも知らない。

そしてあいつは外科医になったし、○○は内科、△△は眼科、××は耳鼻科、あと脳外と精神科がいると完璧なんだがなー!とか話していることも知らないし、そこでは“とんねるず”のことが話題にならないことも、医者である私の妻がBコースの同級生であることも知らない。

そう!あのふたりがまったく知らない、まるでパラレルワールドのような同学年の仲間がいることを!



投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
気になる!
最近私の妻も「気になる!」と言うようになり始めました。

それは、あのCMが始まってからです。そのCMは自動車保険のそれです。
オペレーターと電話をかけてきたやや年配の女性との間でやり取りするあのCMですが、毎回見るたび私は気になって気になって仕方がないのです。

女性オペレーターが「免許証の色は?」と問い掛けると年配の女性が「金色」と答え、すかさず先の女性オペレーターが「ゴールドですね!」と言い直すあのCMです。

はじめはあまり気にかけていなかったのですが、何度も何度も聞いているうちに、「おかしいだろ!」とテレビに言うようになってしまいました。

「そもそも何色?って聞いておいて金色と答えたらゴールドと言い直すのはどう考えてもおかしいだろ!」こんな風です。

妻に「この日本語おかしいでしょ?」と聞くと「そー!そうかなー!」っとこんな感じだったのですが、最近では「気になる!」と言うようになり、一緒に「おかしい!」と言ってくれるようになりました。

ためしに当クリニックに治療のため通院している小学生に「日本語で何色って聞いて金色と答えたらゴールドですねと言うのは日本語としてどう?」と聞いてみたら「本当だ!変だ変だ」と答えてくれた小学生もいました。

どうですあなたも「気になって」きたでしょう?
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)