茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

先取り
私の愛車についてです。
長年にわたりランエボⅥを相棒にしていることを何度か綴ってきました。

当然、20世紀に生まれた車両で、すでに地球を2周り半以上走ってきたこともあり、リフレッシュ計画の一環として、タイミングベルト、クラッチ板、ブレーキパッド等々、走行する上で重要と考えられる部品は既に交換しています。

そして、購入時から全く改造していないことがここに来てポイント急上昇となっています。
ランエボを走らせていると言ったら、ほぼすべてのユーザーが何らかの改造を施していると考えても過言ではないことから、今回は更なるオリジナル化計画を実行してみました。

“CDが聞けないのは情けない!”と購入後、唯一CD付のオーディオへと変更していたのですが、もしかしたらこんな日が来るかもしれない!と倉庫の奥にしまってあったカセットデッキを新車時のように再度取り付け直してもらったのです。

そしてこの程、リフレッシュ計画&オリジナル化の最終仕上げを決行したのです。
長年の運転により、所どころ内装の一部に剥がれが生じている箇所が気になっていました。
愛車整備でお世話になる三菱自動車に「購入時と同じ状況をこれからも維持していきたい。」と相談したところ、同じ材料での補修が可能との返事をもらい3か月程待っていました。

そして、先日内装の張替えが終了しリフレッシュ計画&オリジナル化がひとまず完了し、時を同じくしてこの新聞記事を見つけたのです。

自動車大手がすでに生産を終えた名車の「再生」支援に力を入れている。
人気モデルの正規部品の供給を再開し、修理も受け付ける取り組みだ。
自社の根強いファンをつなぎとめ、ブランド力を高める狙いがある。

またこうも書かれています。
「名車が今も街を走っていること自体がブランド力向上につながる」ため、「走る広告塔」としての役割に期待している。

なんと、私は自動車大手の取組みを先取りしていたのです!
思い出せば、私の愛車は発売当時かなり酷評されていました。

ガンダムチックだのハイテクてんこ盛りで車を操る楽しみが無い、などと言われていたと記憶しています。
とは言え、ガソリンスタンドでアルバイトをしている若いお兄ちゃんからは「カッコイイですね~!どこの国の車ですか?」と聞かれたこともあるし、運転していると小学生たちからは「カッコイイ!カッコイイ!」と指を差して連呼してもらえるし、目立つので「昨日は○○に居たでしょう?」なんて言われたりもします。

そしてオリジナル化も完了したことだし、この愛車を手放すつもりなんてあり得ないですよ。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
日本とアメリカ
今回はテレビを視聴していて気付いた日本とアメリカの違いについて私なりに気になったことを綴って見ましょう。
先ずは、リアルな比較から!

アメリカの経済は絶好調で、ダウは連日最高値を更新しているのに対し、日本の日経平均は冴えず、未だデフレに苦しんでいます。

一方で企業業績は好調で人手不足が深刻にも関わらずこのありさまなのは、もはや国民性の違いとしか言いようがないのかもしれません。

先日見たジュラシックワールドというジュラ紀の恐竜を甦らせたテーマパークの映画では、いったい何人が犠牲になったのか?

こんなに殺しまくっていいの?というくらいパーク内の人々が犠牲になるのと同時、やたらめったら銃も撃ちまくっていました。

一方日本で公開された最新のゴジラ映画ではゴジラが都市を破壊しまくっても誰も死にません!
また、武器を使うにも法律がどうした!
誰が責任取るんだ?
誰が命令するんだ?

もし人が死んだらどうする?なんて今の日本国を皮肉ったシーンの連続で「秀逸!良くできてる!笑える!」と感心してしまいました。

今度は刑事ものです。
アメリカでは犯人を見つけたり、そして逃げる奴を見つけたら、ためらわず撃つ!
そして撃ちまくる。

日本では「撃つぞ、撃つぞ」と言っているだけで撃たない!
そして普通に考えたら、犯人に反撃されて逆にやられてしまうよね!と思っても、なぜか逮捕できめでたしめでたしで終了する展開です。

最後に戦隊ヒーローものです。
アメリカでもパワーレンジャーが人気だそうですが、そもそも“名乗り”があり得ないとカットされそうだったそうです。
口上を述べている間(名乗り)に攻撃すれば勝てるから!
という至極当然な理由だったようです。

日本ではこの名乗りがあるからカッコイイのですが、アメリカ人には理解し難く武士道に通じた必要な行為だと納得してもらったなんて話を聞いています。

私が小学生の頃に読んだ蒙古襲来時の蒙古人との戦いで、日本の武士が名乗っている間に攻撃されてしまい戦の進め方の違いに戸惑ったと書いてあったのを覚えています。

こう考えるとそもそも日本人は世界の人々とは異質な民族なのかもしれないと考えるべきなのでしょうか?
でも、戦国時代とか明治維新後の時期は相当派手に、アメリカ以上に暴れていた頃もあるのですから、今は休止期かな?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
夏バテ
毎日毎日、本当に毎日暑い日が続いています。

暑いと言っても、気温を見れば「こんなもんなの?」と思いますが、この湿度!空気がとてつもなく重く感じる、この湿気に参っているのです。

冷房の効いた部屋から一歩外に出るとムッとしてクラクラしてしまいます。
外で仕事をしている方には失礼ですが、いつまでも涼しい部屋に閉じこもっていたい気分です。

当然、食事はツルツル系、飲み物は氷たっぷりでキーンと冷やしてがぶ飲みです。
こんな生活をしていると、外気との温度差もあり、エアコンをかけていても何だかだるいし、お腹の具合も悪くなるわ、外に出れば暑さでクラクラだし、もうどうすることもできません。

夜だってエアコン無しで寝ることはできないし、かと言って、温度調節も難しいので、タイマーを掛け毛布を被って寝ています。

そしてタイマーが切れ、しばらくしたら汗びっしょりで目が覚める!なんて日々を続けていたら見事に夏バテしてしまったという次第です。

したがいまして、毎日の眠りが浅く、寝ているような寝ていないような、何だか疲れたような、眠いような眠くないような日中を過ごしています。

診療中は集中しているので汗びっしょりで何も感じないものの、ちょっと気が緩むと、だるいような眠いような状態に襲われ「疲れた~」と呟く日々です。

休日になったら休息に努めればよいのに、「さあ~、休みだ!“遠征射撃だ~”」とばかりに福島県まで出かけたりしています。(しかも連チャンで!)

自業自得なのですが、好きなことは辞められません!
だからと言って、診療に手抜きはしていませんからね!

それでは、みなさまも暑さ(湿度)に負けないよう乗り切って下さい。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クワガタ
毎日、毎日暑い日が続いています。

一方で豪雨による壊滅的被害の発生やそれに伴う多数の死傷者を生じている地域もあります。
ここ数年を振り返ると、このところの日本の気象は私が小さかった頃とは異質な気がしてなりません。

でも昆虫たちは、天気の異変を知ってか知らずか、夜になると当院の敷地にある街灯目がけて集まってくれています。

名も知れぬ小さな虫、明るい光に誘われた蛾、カブトムシ、そして今回ゲットしたクワガタです。
なかなか立派なハサミを持った攻撃的な奴です。

「どれどれ」と捕まえようとするや大きなハサミで威嚇し、挟んできます。
此処の敷地では、毎年カブトムシはよく見かけるものの、これくらい立派なクワガタムシは滅多に見かけず、お宝とも言えるくらいの昆虫です。

両者とも虫の名前がついていて、他にもコガネムシ、ハサミムシ、ゾウムシ、スズムシ、ゾウリムシ、ミドリムシと日本語には虫と名が付く生き物が数多く見られ、何の違和感もなく使っています。

ネットで調べてみると、古代日本では虫とはどの様なものを指していたのか、はっきりしないようで、ヒトの体内に虫がいるとも信じ、さまざまことを引き起こすという考えを抱いていたとの記述を見つけました。

そして現代日本では主に昆虫を指していることが多く、私の嫌いなイモムシ、ケムシを始めウジ虫、デンデンムシなど、やはりありとあらゆる虫が存在しています。

また、学問上でもムシと名の付く動物が多数存在すると解説されていました。
とまあ、ネットで調べてみてもこんな感じなので、これも日本に長い歴史があるが故に、何となく名が付いてみたり、人にまつわる言葉に使われたりしてきたのでしょう。

今回はクワガタからこんな形でブログを綴ってみました。

まだ、梅雨も明けないのにも関わらず毎日暑い日が続いています。
くれぐれも体調管理に努めてください。

ちなみに、このクワガタ君は数日後に開放されました。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
もうすぐ実現!
昨年暮れのブログであったと記憶しています。
世界初となる歯周組織再生医薬品リグロス歯科用液キットが保険適用され、歯周病患者さんに朗報であると綴りました。

そのリグロス歯科用液キットが我々歯科開業医でもフラップ手術(歯周外科手術)に適応可能となり、破壊された歯周組織の再生をより確実に、そしてより促進させることができるようになりました。
歯周外科手術を数多く手掛ける土井歯科クリニックでも待ちに待った薬剤解禁です。

あとほんのひと手間で、手に入る段階までこぎ着けたものの、それにしても手続きが煩雑で嫌になります。
1ヵ月程前、歯科医師会主催の講習会で、治験に参加した歯科医師より手術手技やら使用上の注意点を解説付きで、しかも実症例のスライドを見る機会に恵まれました。

この折、製薬会社の代理店から購入できるようになっていることも知ったのです。
一番知りたいリグロスの実力(有効性)ですが、前回のブログでも示したように、フラップ手術単独、エムドゲイン併用群、リグロス併用群の新生歯槽骨増加量ではエムドゲイン併用群より優位に増加し、歯肉結合組織の再生にも遜色無しとの結果が出ています。

裏話として、治験に参加した先生の口から、骨の再生は良好にも関わらず歯肉に対する結果に思うようなデータを得られず、最終的には良好な結果を引き出せる選ばれた精鋭歯科医師により生み出されたデータであると聞くこともできました。

従って、添付文書にあるような結果を生み出すには、かなりの熟練が必要と思われますが、世界初の薬剤が保険適用され安価に再生医療として提供されるわけですから本当に朗報です。

ここからはあくまで私の考えです。
20年以上前から再生医療に使われ、今回の治験で比較対象とされたエムドゲインは保険適用を取得することなくこれまで経過してきました。

権利を持つ企業は歯科特有の考えを持ち、保険収載よりも自費治療で使われ続ける方が大きな利益をもたらすと胡坐をかき続けていたように感じます。

今回のリグロス歯科用液キットは製薬会社により開発された薬剤なので当然医療保険で使われることを前提にしてきたのでしょう。

そしてリグロスの保険認可ですから、今後はエムドゲインが歯科医療から忘れ去られていくのは自然の流れではないかと感じています。
歯科界では、むかしむかし、上層部に君臨していた人達が「歯科には自費があるから保険治療など興味が無い」との主旨の発言があったと何度か聞いています。

また、この言葉が今日の医科と歯科の保険点数の格差を生んだとも噂されています。
エムドゲインもこの流れの中でここまで来たのでなければ良いのですが・・・
あくまでも私の考えです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)