茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

南国?茨城
しばらく夏とは思えないお天気が続いていましたが、またまた夏が盛り返してまいりました。

地球温暖化により亜熱帯気候へと変わりつつある日本列島、そしてここ南国?茨城ではパイナップルがすくすくと育っています。

実は、もう何年も前からパイナップルをはじめパッションフルーツ、ドラゴンフルーツといった比較的寒冷地(最低気温氷点下5℃)での栽培が難しいものを越冬させては果実をゲットすることを繰り返しています。

パッションフルーツは簡単なのであたり前のように実がなるのですが、パイナップルとなると茨城県で果実まで収穫させるにはそう簡単なことではありません。それでも2年に1度の割合くらいで実を収穫できるようになりました。今年は特に梅雨明けが早く暑い日が続いたため7月の初めくらいから変化が現れはじめました。

8月に入りいよいよパイナップルもおおきくなってきたので公開してみました。
それでは、変化をごらんください。








投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
なつかしい!
土井歯科クリニックは、8月の院内リニューアルに向けた打ち合わせのため、先日やむなく休診にさせていただきました。

当日、打ち合わせまで少し時間があったのでテレビの番組欄を見ていたら、あの“ちい散歩”に私の実家のある蕨(わらび)の周辺を散策するとあるではありませんか!これは、見ないわけにはいかないとチャンネルを合わせてみました。



西川口駅から始まり周辺のレトロなお店「うんうん、これ昔と変わらないなー」といった映像、そして駅近くの古いトタンの建物、あれはその昔おおきな水道屋さんの事務所や倉庫があった辺りで「まだ残っていたの?」といった場所が写し出されました。

私の実家は蕨市内ですが、最寄りは川口市の西川口駅だったので小さい頃からよく利用していたため詳しいのです。この番組を見ていた人にだけ、私の幼少期の様子を交えてもう少し補足説明を加えていきたいと思います。

次に出てきた地井さんがブランコに乗っていた公園は、近くに8階建の公団住宅があり昭和40年代初めは鋳物工場がたくさん集まった地域でした。映画“キューポラのある街”の舞台になった地域で本当にたくさんの工場が密集し、鋳物工場は小さな製鉄所でもあったので、臭い、臭いと言っては子供の頃近くを通って遊びに行っていました。

また、その頃8階建ての公団住宅は周辺で1番高い建物で、なおかつエレベーターが設置されていたのでめずらしくて友達どうしで屋上まで昇っては遠くまで眺めた記憶があります。現在では、老朽化して目立たない建物になってしまいましたが当時はモダンな住宅だったのですよ!私も一緒に散歩させてくれればもっともっとたくさん解説してあげられたのにと残念でした。

それから歩道橋(跨線橋)の上から通過する電車を眺めるシーンがありましたが、私も小さい頃(小学校低学年まで)はよくあの上から通過する電車を友達と眺めて手を振ったり、貨物列車の連結数を数えたりしました。すぐ近くには“原っぱ”があり遊び仲間とコウロギやトカゲ(かなへび)をたくさん捕まえては、橋の上から通過する電車や貨物列車の上に「バイバイ!」とか「遠くに行けー!」「旅に出ろー!」といっては投げつけていた場所なんです。その頃の電車はまだ古いチョコレート色をした車両も多く残っていて今のように冷房車なんて考えられない時代でした。

それにしても子供はなんと残酷なことをするのでしょう。今ならそんなことをしている子供を見たら思わず「そんなかわいそうなことするなよ」と声をかけてしまうにちがいありません。あの橋はバイクや車が絶対来ない場所なので小さな子供でも安心して、心行くまで電車を眺めることのできる所で、最近ではとてもめずらしい歩道橋であることを再確認させてくれました。

最後は、あのSLがあった交通公園です。あそこは交差点や信号機が設置された自転車専用公園として交通ルールを学ぶ場所で、出来た当時は「なんてすごい公園ができたんだろう」とこれまた友達と自転車で繰り出して走り回っていた思い出のある公園なんです。放送では、全体的にあまり見どころが無いようなイメージが感じられましたが、私にとっては久しぶりにさまざまな思い出が蘇るとってもたのしい放送でした。

患者さんには、休診になってしまい迷惑をおかけしましたが、私個人にとっては“なつかしい!を感じることができました。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
地デジカ
いよいよ地上デジタル放送完全移行がなされました。
みなさんは地デジ対応テレビになっていますか?

実をいうと、なんと1か月前にあのNHKから地デジについての電話アンケート調査を受けていたんです。アンケートといっても「地デジ対応テレビになっていますか?」という簡単な質問に答えるものでした。



私の家はすでに数年前から地デジ対応済みなのでまったく心配ありませんでした。ただし、メインのテレビは問題なくてもちょっと一人で見たい時(チャンネル争いに負けた時など)のテレビはまだ未対応だったので、少し小さなテレビを買おうかと先週出かけてみました。

ところが、今小さなテレビは大人気らしく予約をしても1か月待ちは当たり前らしいのです。さらに、サイレントと呼ばれる地デジ移行を知らない人たちが突然テレビが映らなくなって慌ててテレビ購入に走る事態も予想されるため、ますます購入が難しくなることも考えられるそうです。

もうしばらくは、見たい番組は録画して後から楽しむことにしたいと考えています。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
知ってました?
土井歯科クリニックでは、手洗いの後、手指消毒器から手指消毒液を噴霧しさらにペーパータオルで拭くことで清潔な状態を保つことを心掛けています。

ところで普段何気なく使っているペーパータオルですが、製品によっては、「知らなかった!」という㊙の事柄があることに気づきました。

今現在使用中のペーパータオルは手触り、拭き心地、水分の吸収感など、使い心地は良いけど、少しお値段高めのものです。一時期「どうせ手を拭くだけだから、安いのでいいだろう」とチープな通販物に変えたときがありました。でも、やっぱり“安かろう悪かろう”なものは、“こんなに違うのか!”という程、品質が異なりすぐに元にもどしてしまいました。

先日、デンタルショーをちょっと覗きに行ったおり、一枚のペーパータオルに関するパンフレットを手渡されました。



「安心と安全」「食品・医療衛生タオル」そして食品衛生検査済みと書かれ、その特徴がいくつも記載されていました。
これは、当医院お気に入りで今使っているペーパータオルではありませんか、さらによく読んでみたら、“ただ手を拭くだけのペーパータオルにこんなにたくさんの事柄が込められていたなんて!”と驚いてしまいました。



医院に帰りあらためて確認してみると確かにパンフレットに書かれている通りでした。みなさんもさまざまな場所に設置されたペーパータオルを使うことと思いますが「いい感触!」と感じたらきっと”食品・医療衛生タオル“にちがいありません。日本は本当にきめ細やかな配慮があふれたところだと感じてください。

最後に、このブログに出ている㊙について気づいたことを記してみましょう。7月16日のテレビ番組欄を見ていたら“お台場”にあるテレビ局の番組は、やたら秘密を暴露していました。

なんと一日12回もの㊙を連発、こんなに秘密を洩らしたら大問題だし、よくもこんなに秘密を集めてこれたものだと感心してしまいました。㊙はたまにあるから“おっ”とか“あっ”と思うものなのにねー!(ちょっと皮肉)
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
見たことない!
毎日暑い日ばかりで、「もう梅雨明け?」と思うような天気が続いています。

先日、立て続けに「見たことないぞー!」という虫(昆虫)を見つけました。

まず大きな“かみきりむし”です。みつけたやつより小型なものは、比較的よくみかけるのですが、こいつは種類が違うようでとっても大きな“かみきりむし”でした。



もう一つは、玉虫色をした“蜂?”です。スタッフがわーわーと騒いでいたので、「どうしたの?」と尋ねると「蜂だと思うんですけど、へんなやつなんです」と、私がのぞいてみたら、なるほどおしりから針らしきものを出していて確かに蜂のようでした。



この地に住んではや13年“こんなの見たことない!”の一日でした。
真壁はまだまだ自然が残っているため、住み始めたころは、カブトムシがいっぱい捕れると、“カブトムシのハーレムだ!”とこどものように集めたり、“ああ、オケラがいる”「こんなの見たの何十年ぶりだ!」とか、“おお、ナナフシだ!”「初めて見たぞ!」とか、けっこう発見があり楽しんでいます。

昆虫以外にも、診療室のすぐ前の草薮には、“キジ”が住み着いていて時折「ギャー、ギャー」と変な鳴き声で驚かします。

私だけが知っている秘密情報をみなさんに教えちゃいましょう!
2組ほど住み着いているのですが、どちらも独身なんです。なぜかって?だってそれぞれの“メスのキジ”は我が家の“ポイちゃん”がペロリと食べちゃったのを私だけが知っているからです。

ポイちゃんは捨てられたらしく、ふらふらしているところを拾って飼い始めた奴なのですが、ポインターなので猟犬として扱われていたのか鳥を見ると追いかけていました。使えない奴でも猟犬としての本能はあるんだなと思っていたら、追いかけるだけでなく捕まえ、あげくにペロリと食べてしまうとんでもない犬だったのです。

現在まで、相当数の哀れな鳥が“ポイちゃん”の犠牲になっていることを確認しています。
だから、草薮のキジ君たちは、“バツ1”の独身なんです。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)