茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

おそうじロボット
先日、ホームセンターでおもしろいものを見つけました。

まるでポケットモンスターに出てくるモンスターボールそっくりです。勝手にコロコロ転がって勝手にスミズミきれいにしてくれる“おそうじロボット”です。写真にように、まわりにおそうじシートを付けて不規則にコロコロして時間をかけて最後にはスミズミきれいになるという仕組みです。







見ているだけでなんかとても楽しく、あっちへコロコロぶつかって方向を変え、またコロコロまたまたぶつかって方向を変え、これを際限もなく繰り返えしてくれます。

仕組みとしては簡単なのか、お値段とってもお得なサンキュッパそんな感じのロボットです。
テレビショッピングで見るようなおそうじロボットのように、高機能で高価格ではないのでナイスな品物だと思いました。

妻は「クイックルワイパーでチョチョイとやったほうがいいんじゃない!」なんて言っていたけど、私は動きを見ているだけでなんだか楽しいんだけどね!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
さくら咲く
各地で紅葉の便りが聞かれる今日この頃です。

筑波山の木々も色づき秋の気配がと言いたいところなのですが、診療室の窓からの景色ではまだまだといったところです。

朝夕の気温も寒さを感じるようになり、秋の彩が感じられる暦のはずなのになぜか診療室の窓から見える桜の木には花が咲いているのです。この敷地だけ季節が180度入れ替わっているとでもいうのでしょうか?





季節外れの暖かさが来てみたり、急な朝夕の冷え込みがこの桜の木に勘違いを生じさせたのかもしれません。この桜の木は来年の春にまた花を咲かせる気があるのかしら?一度勘違いしたらなかなか元には戻らないかもしれないし、鬼が笑うかもしれないけど来年が楽しみです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
エコナクッキングオイル
先日、私の身の回りにある大小さまざまな問題の1つが解決しました。
それがこの写真にある花王エコナクッキングオイルなんです。



みなさんもご存知のことと思いますがこいつ発癌性があるそうなんです。“トクホ”なんて名乗って“健康増進のためどんどん使いましょう!”と煽っておいて突然発癌性があるので製造中止!販売中止!なんて無責任なことしやがって“とんでもない!!“と感じつつ、ズ~と食品庫に眠っていました。

捨てるにしても発癌性のある物なのでゴミとして廃棄するにも気が引けていました。事実PCB(ポリ塩化ビフェニール)は、強い発癌性のため今だ処分が出来ず保管し続けているとのことですし・・・・

ところがひょんなことから返品できることがわかりました。
花王にエコナ係という部署があってそこが引き取ってくれることがわかり、写真のエコナクッキングオイルを宅急便で送ってみました。着払いで送っていいみたいだったのですが、気の弱い私は着払いで送って企業に対する嫌がらせや脅迫の罪になって前科者になってしまったら大変なので自分で送料を負担しました。

程なく花王から手紙と商品券が送られてきました。これがその写真です。



なんか言い訳がだらだらと書かれていましたが、事実、私の家族は健康に良いからと何年もエコナを使って天ぷらや揚げ物をしては食べていました。そして相次いで癌の病魔に襲われました。事実関係を証明することはできませんが企業姿勢としてはいかがなものかと強く憤りを感じています。

花王はこれ以外にもさまざま“うわさ”が流れていますが、今後は花王に限らず食品や日常品の購入にはよく吟味して注意を払わねばならないと強く感じた一件でした。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
CPR人形
この時期恒例になっている救急蘇生の訓練を土井歯科クリニックのみんなで取り組んでみました。

なぜこの時期?理由は農家の事情なんです。9月から10月にかけては稲刈り、たばこの出荷、落花生の収穫等々実りの季節だから忙しい⇒予約に余裕ができる⇒訓練の時間がとれる!と、まあ「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな感じの時期なんです。というわけで訓練用AEDと蘇生実習用マネキン(CPR人形)を使って緊急時の対応をしているんです。



まず患者さんの様子がおかしいと感じたらどうする?どう対応するか?から始まり救急薬品について簡単な説明(昇圧剤、降圧剤、抗アレルギー薬等々)とどのように行動するかについて講義。院長である私が「呼びかけても反応が無く顔色も最悪になった患者さんを見つけたらどうする?」という強引な設定をして今年も開始です。

でも実際、えびアレルギーの患者さんが来る途中で間違ってえびせんべいを食べてしまい気づかず来院したなんて想定外のこともあり得るしね!ここからは模擬訓練開始です。

「○○さんどうしました?大丈夫ですか?」と肩をたたいてもなんの反応もみられません。そして、大きな声で「意識なし」「呼吸なし」「脈なし」と確認してから「いまからCPRを開始します!」とまあ、こんな感じで2人一組になってアンビューバッグによる人工呼吸と心臓マッサージ(CPR)をおこないAEDで蘇生をする実習を繰り返しおこないました。

CPR人形は人工呼吸も心臓マッサージも簡単にできるけど生身の人間ではなかなか簡単ではないことを知っていますが(大学病院で経験あり!)そもそも本当に起きたらフルストマック(胃に内容物のある状態)でとっても危険だし。こんなことは想定外でもごめんですが訓練だけは怠ってはなりませぬ。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
たばこⅡ
どうやらまたまた、タバコが値上がりしそうです。

確か昨年のブログでも大幅値上げについて書いた気がするけれど、今回は小幅なようですが愛煙家には更なるダメージが加わりそうです。

そういえば値上げしても平気かどうかの調査?のためなのかJT(日本たばこ)からアンケート用紙が送られてきました。



禁煙歴かれこれ13年になる自称非喫煙者にアンケートを送りつけるなんてJTの失態としか考えられません!20年前の私だったら「もっと喫煙者にやさしくして!」「JTがんばれ!」なんて回答をしたのでしょうが、今回は“JTはたばこを作るべきではない、たばこ以外の事業で収益をあげるべきだ!”と、こんな風に回答してしまいました。(喫煙者のみなさんごめんなさい)

さらにこんな記事を見つけました。
厚生労働省発表による平成22年度「医療費の動向」では、医療費は過去最高の36兆6000億円となり前年度に比べて1兆3700億円(3.9%増)増加したそうです。

そしてこの医療費には、たばこに関連した健康被害(肺がん、呼吸器疾患等)が相当の割合含まれているに違いありません。この費用はたばこ税の税収をはるかに上回っているのでは?たばこをこの国から抹殺すれば日本の財政は好転する?でも、JTの職員はどうする?たばこ農家はどうする?喫煙の自由を!な~んて話になり“こんがらがって”わけがわからなくなってしまうんでしょうな~・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)