茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

校正してます!
土井歯科クリニックではインプラント治療や歯周病治療に取り組んでいます。

現在では、PRP(多血小板血漿)を用いてさらに一歩進んだ治療を取り入れ応用しています。そしてこの程、PRPを使用したインプラント治療の論文がインプラントジャーナルというインプラント治療の専門誌に採用されました。



写真にあるのが専門誌に掲載される原稿で、間違いがないかとか文献の引用はこれでいいのか?と校正をしているところです。

掲載されることは決定なのですが、どんな感じになるのかは発売された本を手にしてみないと私もわかりません。残念ながらこの本は専門誌なので一般の書店に並ぶことはほとんど無いと思いますが、歯科に関連した病院の職員や歯科医師がたくさん読んでくれるはずです。

今回掲載される内容は、PRPに関することやPRPを応用したインプラント治療についてなのでかなり専門的です。したがって「PRPってなんだ!」「PRPってどうやって使うの?」といった疑問にやさしく答え、わかり易く解説するコーナーをホームページにアップするので楽しみにしていて下さい。

最後に、掲載されるインプラントジャーナル47号が9月20日頃発売されるはずです。
“発売日をなぜ知らないか?と思うでしょう”だって年間購読してるからいつのまにか届いているだもん!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
大人のクジ引き大会
9月になり早々から大型台風の上陸で各地に大きな被害がもたらされ気をもんでおります。

おかげさまをもちまして土井歯科クリニックリニューアルオープンからなんとか2週間が経過しました。

実は8月18日から31日までの間、豪華景品?を用意して“大人のクジ引き大会”を開催していたのです。せっかくのリニューアルですから、なにかイベントができないかと思案していたところ、“そうだ子供にクジ引きしてもらっているんだから大人もやればいいんだ!”と考えたわけです。



当医院では、開業時から子供さんがその日の治療を終えるとスーパーボールやシールのクジ引きができるというお楽しみを提供しています。このシステムをそのまま大人に応用したら楽しんでもらえるのではないかという単純な発想でした。ただし大人なのでシールをもらってよろこんでもらえるなんてわけにはいきません!

そこで1等賞は電動歯ブラシ!6本も!(パチパチ)2等賞は歯科医院専用リステリン等々いろいろ景品をそろえ、残念賞にも歯ブラシを用意してリニューアルオープン記念のイベントをしていたのです。



豪華景品?のゆくえが気になったものの、射止めた人は大喜びしてくれたので私も大満足の“土井歯科クリニックリニューアル記念・大人のクジ引き大会”となりました。

今度は“クリスマス・大人のクジ引き大会”、あるいは“年末・大人のクジ引き大会”を開催してみようかと考えています。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
プチ自慢!
土井歯科クリニックの院内改装も無事終了、リニューアルオープンから1週間が経過しました。

私も含めスタッフのみんなも以前のような軽快な動きを取り戻しつつあります。来院する患者さんも「あ、きれいになった」「なんかとても明るくなりましたねー」「わー広くなったんですね」「すごく開放感が出ましたね」とかいろいろな
感想を下さいますが、最も多い感想が“広くなった”です。改装のみで、みなさんこう感じるのですから職人集団のワザには恐れ入ります。写真だけでは掴みづらいのですが、この場所に立つと本当に広さと開放感を実感できます。

今回、最初に考えたのはインプラント治療や歯周外科治療に使える無影灯でした。デンタルショーなどで無影灯を見て回りましたが、なかなか高価で導入は困難かと思っていたのです。

職人集団の社長が「無影灯がほしいの?」「そんなら簡単だよ!」と言ってカタログを見せてくれました。「こんな感じでよければとっても安くあがるよ」私は「え~!こんな感じで全然OK、これがこの値段でできるの?」ということで設置されたのが写真のような照明装置です。

 
どうです立派な無影灯でしょう!ユニット付属の照明よりも明るいくらいです。

そして横にあるひときわ明るい照明は、最新式の口腔外バキュームです。これはタービンから排出される粉塵を強力に吸い込む歯科版掃除機です。歯科の治療ではさまざまな汚染物質がまき散らされます(唾液、虫歯の粉、血液、金属粉、水、歯の削片、レジン削片、臭い)これらのものを強力に吸い込んでくれる口腔外バキュームは歯科治療に必須のアイテムです。

これを最新式のものに変更したのですが、なぜかLEDライトが付属されています。なんでこんなものが付いているんだ?と疑問に思いながらも使ってみると案外具合がいいのです。強力なLEDライトの効果で術野が非常に明るく見やすくなり、写真のようにひときわ明るくなっていることがわかると思います。たくさんの歯科医院を受け持つ材料屋さんも「実際に導入されているのを見たのは初めてです」と言って興味深く見ていました。私が「これってサイレンサーも付いて音も静かなんだぜー」とここでも自慢をしてしまいました。

最後に、改装工事中に歯科機械メーカーのメカニックが訪問のおり、「先生、城東建創さんに頼んだんですか?どこで知ったのですか?」と尋ねられました。「この医院の開業の時にお願いしたけど、とても安く、いい仕事をしてくれた業者だよ」と答えました。

そして、「城東さんは、社長はちょっとぶっきらぼうだけど、依頼主のことを考えて、とてもいい仕事をしてくれますよね」と褒めていたので、「だからまたお願いしたんだよ」と、こんな会話をしていました。そんなことで、これから改装を考えている医院やリフォームを考えている人はぜひ連絡してみるといいですよ。

まだまだ自慢の設備が盛りだくさんですが、これくらいにしておきたいと思います。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
リニューアルオープン
土井歯科クリニックいよいよリニューアルオープンです!

工期わずか8日間でかなりの部分に手を加えましたが、オープン前日には、遅くまでてんやわんやで壁やら棚やら机にあった物の位置がどこだったっけ!なんて言いながらなんとか配置。8月18日朝9時新装開店(パチンコ屋さんみたい)にこぎ着けることができました。

自分で言うのもなんだけど“かなりいいデキ”です。いや~こんなに雰囲気変わるんだ!と改装して大満足です。





改装で私の“なんとかしたい”と長年思っていた場所がとっても腕利きな職人集団のおかげでほぼ満点の改修ができました。1日分の工事が終了して“どこまでできたかな~”と興味深々で覗いた時、“ここってどうするんだろう?”と気になった所も最後にはきれいに処理されていきました。「いや~、本当にソツの無い仕事だね~」と何度も声をかけていました。

実は、この職人集団土井歯科クリニック創業時にもお世話になっていた人たちなんです。

そんなことで、実力は実証済みだったのですが。打ち合わせの時も「ここは、こんな風に仕上がるの?」と聞いたら「大丈夫だよ、ちゃんとやるから!」とか「ここはこんな風にすると収まりがいいと思うからまかせて!」なんて感じで決めていったのも事実です。
さすがに歯科医院の工事を数多く手掛けてきた職人集団です。しかもこんなご時世なので、かなり省エネにも力を入れた仕上がりにしてくれました。

それから、この仕上がりでこの予算でいいの?というのが私の正直な感想なんです。(予算の中には無影灯と最新式口腔外バキューム、さらに値段の高い省エネ材料もたくさん含まれています。)

まだ、数か所工事が残っていますが終われば“大大大満足”になると思います。今後は、どこが大満足なのかプチ自慢を綴ってみたいと考えています。

最後に、虫垂炎疑いの職人さんは手術の危機を乗り越え元気に職場復帰を果たしてくれました。

そして、この職人集団は一般住宅のリフォームもOKなので希望があれば紹介しますよ!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
いよいよはじまった!
以前からの告知の通り、いよいよ土井歯科クリニックの院内改装工事がはじまりました。

歯科用ユニット、口腔外バキューム、洗面台やら化粧台にトイレ、エアコンまで取り外しました。さらには壁を壊したり階段を削ってみたりと、ありとあらゆるものが剥ぎ取られとっても見通しの良い空間が広がりびっくりです。







打ち合わせでは、手術には無影灯がほしい!もう少し個室風にして!とか、もっともっと収納がほしいなんてことも。内装は汚れにくいものにして!照明器具をもっとおしゃれに!トイレや医院玄関回りを大改造したい!とか、キビシイ予算を伝えながらも数えたらキリが無いほど欲張りな希望を伝えていたのです。
「きびしいけど、だいじょうぶだから」と頼もしい返事をもらっていたのでなんだか申し訳ないです。

工事が始まってからも「ほら、ホームセンターでこんなの探してきたよ!これだったらこんな事が出来るしとっても安上がり」と欲張りな希望も難なく叶えてくれるではありませんか。

そんなわけでどんな仕上がりになるのか今からとっても楽しみです。

ところで、工事開始2日目に問題発生若手の職人さんが朝、私に声をかけてまいりました。工事初日の午後からお腹が痛くて早退したのだそうですが、やはり今朝になっても痛みがあるとのことでした。昨日よりは痛みが引いているので来てみたけれどやっぱり痛いとの訴え。私が「どこが痛いの?おなかの右側?痛い場所はオヘソより下?」と聞くと「昨日はオヘソのあたりだったのですが今朝からは右側でオヘソより下が痛いんです」との返事。「え~、もしかしたら盲腸(虫垂炎)かもしれないよ」と私。「そうだね、もう少しで隣の医院の診療が始まるから、一緒に付き添って事情を説明してあげるから」と不安を解消。

そして診察の結果、やはり虫垂炎の疑いのため薬をもらって自宅待機になりました。「え~、おなか切られちゃうんですか~」と本人とても心配して帰宅しました。

今日現在まで“切られた”という知らせが無いのでどうやら手術は免れたようです。
早く現場に復帰できることを願っています!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)