茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

考えない奴は伸びない!
今現在、南半球オーストラリアではサッカーとテニス競技で熱戦が繰り広げられています。

しかし、サッカーの方は期待と裏腹に敗退が決定してしまい残念な思いで一杯です。
試合内容は日本が圧倒していたものの僅かの差での敗退。
この僅かの差が前々からよく指摘されている決定力でしょう。

サッカーのプレイに関してはまったくの素人なのでわかりませんが、テレビ画面には私にとって何時もの見慣れたイライラする場面ばかりが目に入っていました。
パスは回るものの横ばかりで「もうちょっと何とかならないの?」と、もう散々見飽きた光景に感じていました。

もうウン十年も前、私が小学生の頃だったと記憶していますが、授業の中で「欧米人は狩猟民族だから一撃で仕留めないと食糧にあり付くことができないから必死に仕留めにかかるけど、日本人のように足が短く太い農耕民族は、しゃかりきになる必要も無いからおっとりしているんだ!」なんて教わったことが頭の中に残っています。

確かにサッカーの試合を見ていると“農耕民族だから仕方ない!”なんて妙に納得してしまう錯覚に陥ります。
一方で、テレビのチャンネルを変えてテニスの試合を観戦すると同じ農耕民族の錦織選手は“そんなの関係ない~!”とばかりに次々と決定力のあるショットを放っています。

解説者が「自分のテニスをすれば勝てるなんて考えてはいけない!なぜなら相手があるからです。」
相手のことを考えてテニスをしないと勝てない。と言ったことをコメントしていました。

サッカーでは「自分達のサッカーをすれば勝てる!」というコメントを良く耳にしてきたような気がします。
どのような意味で使っているのかはわかりませんが、サッカーだって相手があるスポーツなんだから相手によって戦術を変えてるはず?と感じているものの、いざ試合になると何時もの光景になってしまうのでしょうか?

私自身も、スポーツ指導をしている方々と話をすることがありますが、どの競技を指導している人も決って同じような話に行きつきます。

「考えない奴は伸びない!」

ちなみに、先日業者の人が“歯科治療におけるBプランを考える”みたいなタイトルの本を示し、「読んでみますか?」と聞かれましたが、私だって常にプランBはおろかプランCやプランDを組み立て、考え考え治療しています!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
凍っちまった!
毎日、まいにち寒い日が続き、朝ふとんから抜け出すのが億劫な日々です。
つい先日は、我が家の給湯器が凍りつきお湯がでなくなってしまいました。

気温が上昇して氷が溶けるまでお湯は出ないので、当然のこと、朝は冷たい冷たい水を我慢して顔や手を洗い、歯磨きしたりとなります。

手はかじかみ、歯はしみるでお湯の有り難さを実感できます。
冬の時期は何回かあることなのでそんなに珍しくありませんが、やっぱり暖かいお湯がでないとがっかりです。

しかしながら、この給湯器は新築時から今だ現役の働き者なので、そうそう文句も言えず、むしろ感謝しないといけません。

数年前、急に故障したことがあり修理を依頼したことがありました。
その際、この給湯器を見て「今だ現役なのは凄いですよ!」と驚かれたことがありました。

どうやら、我が家の給湯器のモデルは通常だと10年程で交換に迫られることが多いそうで、ためしに新品と交換した場合を試算するとかなりの金額が掛かるらしく“修理、現役続行!”を決めた経緯がありました。

したがって、“凍っちまった!”くらいで文句をいってはバチが当たります。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
さむい!
2015年もあっという間に10日あまりが過ぎました。

日本列島には寒波が居座り毎日毎日寒い日が続いています。

雪がたくさん積もる地方や氷点下10度以下になる地域にお住まいの方には、わたしが暮らしている場所よりとってもとってもたくさんの苦労がありましょうが、さむいものは寒いのです。

テレビ画面のピンポイント予報で桜川市の天気と気温を確認すると、晴れで最低気温は氷点下6度とか7度の表示になっていて嫌になります。

朝、ブーちゃん(犬)にごはんをあげるために外に出ると、すべてがカチンカチンに凍りつき、わたしに気付き喜ぶ犬を見ても「犬じゃなくてよかった!」なんてことを考えてしまう自分がいます。

射撃に行くため車庫のカギを開けようとしても凍りつき開けることが出来ないこともしばしばです。
温暖化していても毎日毎日こんなに寒いと、今から100年前はいったいどんな世界だったのだろう?と疑問に思います。

しかも、暖房といったら火鉢とかそんなものしかなかったのでしょう?

考えただけでもますますさむい!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
あけましておめでとうございます
いよいよ2015年が始まりました。

新たに年が明け1月1日、最初に出掛けたところは「そう、やっぱり射撃場」でした。

そして、撃ち初めで今年1年を自分なりに占ったところ「なんとなく消化不良!」といった結果だったので「欲を張らずに地道に精進すれば結果が着いて来る」と勝手に自己診断。

したがいまして、今年もみなさまのため、地域医療に貢献することを誓います!

などと高らかに宣言してごあいさつに代えさせていただきます!

う~ん、カッコイイ!自分で書いていて恥ずかしくなります。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
しめくくり
2014年も残すところ、あと僅かとなりました。

土井歯科クリニックも今週は、歯周外科手術もインプラント治療も抜歯も観血的治療と呼ばれる手技は無く、術後の抜糸があるだけです。

でも、先週は“これでもか!”と言う程、午前午後とメスを握っておりました。射撃場で合間にさまざまな人と話をする機会がありますが「へ~、歯医者さんなんだ!」と珍しがられ、そして「え~、歯医者さんでも手術するの?」と驚かれるのにも慣れました。

大学病院に勤務していた頃のように、手術室で全身麻酔でのオペと呼ばれるようなことはしませんが、インプラント埋入術とか、嚢胞摘出術、切開排膿術、抜歯術など、~術と名が付く小手術をたくさん手掛けています。

多くの歯医者さんは小手術のみならず、虫歯を治したり、歯の神経を治療するためとかさまざまな場面で局所麻酔の注射をします。

しかも、この注射がくせ者でしばしば脳貧血などの気分不快や血圧上昇やら、たくさんの危険性をはらんだ症状を引き起こします。

したがって、歯医者さんはお医者さんより、注意深い観察眼と察知能力が必要とされる職業かもしれません。
さらに、通院している患者さんも高齢化しているので高血圧や、高脂血症やらの疾患や、脳梗塞とか糖尿病やらさまざまな病気も抱えています。

そうなんですよ!

麻酔の注射を打つだけでもさまざま予測しなければならないのに、その上たくさんの病気を抱え、薬を飲んでいる患者さんに安全を確保して治療しなければならないとってもたいへんなお仕事でもあるのです。

したがって、この1年間無事に“しめくくれる”ことはたいへん意義のあることで、無事に“しめくくれた”ことに感謝して今年のブログを“しめくくり”たいと思います。(しめくくり3回)

それでは良いお年を!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)