茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

CPR人形
この時期恒例になっている救急蘇生の訓練を土井歯科クリニックのみんなで取り組んでみました。

なぜこの時期?理由は農家の事情なんです。9月から10月にかけては稲刈り、たばこの出荷、落花生の収穫等々実りの季節だから忙しい⇒予約に余裕ができる⇒訓練の時間がとれる!と、まあ「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな感じの時期なんです。というわけで訓練用AEDと蘇生実習用マネキン(CPR人形)を使って緊急時の対応をしているんです。



まず患者さんの様子がおかしいと感じたらどうする?どう対応するか?から始まり救急薬品について簡単な説明(昇圧剤、降圧剤、抗アレルギー薬等々)とどのように行動するかについて講義。院長である私が「呼びかけても反応が無く顔色も最悪になった患者さんを見つけたらどうする?」という強引な設定をして今年も開始です。

でも実際、えびアレルギーの患者さんが来る途中で間違ってえびせんべいを食べてしまい気づかず来院したなんて想定外のこともあり得るしね!ここからは模擬訓練開始です。

「○○さんどうしました?大丈夫ですか?」と肩をたたいてもなんの反応もみられません。そして、大きな声で「意識なし」「呼吸なし」「脈なし」と確認してから「いまからCPRを開始します!」とまあ、こんな感じで2人一組になってアンビューバッグによる人工呼吸と心臓マッサージ(CPR)をおこないAEDで蘇生をする実習を繰り返しおこないました。

CPR人形は人工呼吸も心臓マッサージも簡単にできるけど生身の人間ではなかなか簡単ではないことを知っていますが(大学病院で経験あり!)そもそも本当に起きたらフルストマック(胃に内容物のある状態)でとっても危険だし。こんなことは想定外でもごめんですが訓練だけは怠ってはなりませぬ。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
たばこⅡ
どうやらまたまた、タバコが値上がりしそうです。

確か昨年のブログでも大幅値上げについて書いた気がするけれど、今回は小幅なようですが愛煙家には更なるダメージが加わりそうです。

そういえば値上げしても平気かどうかの調査?のためなのかJT(日本たばこ)からアンケート用紙が送られてきました。



禁煙歴かれこれ13年になる自称非喫煙者にアンケートを送りつけるなんてJTの失態としか考えられません!20年前の私だったら「もっと喫煙者にやさしくして!」「JTがんばれ!」なんて回答をしたのでしょうが、今回は“JTはたばこを作るべきではない、たばこ以外の事業で収益をあげるべきだ!”と、こんな風に回答してしまいました。(喫煙者のみなさんごめんなさい)

さらにこんな記事を見つけました。
厚生労働省発表による平成22年度「医療費の動向」では、医療費は過去最高の36兆6000億円となり前年度に比べて1兆3700億円(3.9%増)増加したそうです。

そしてこの医療費には、たばこに関連した健康被害(肺がん、呼吸器疾患等)が相当の割合含まれているに違いありません。この費用はたばこ税の税収をはるかに上回っているのでは?たばこをこの国から抹殺すれば日本の財政は好転する?でも、JTの職員はどうする?たばこ農家はどうする?喫煙の自由を!な~んて話になり“こんがらがって”わけがわからなくなってしまうんでしょうな~・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
発売中!
先日告知したインプラントジャーナル掲載の件ですが、インプラントジャーナル47号がただいま発売中です。ただし、この書籍は専門誌なので一般の書店には置かれていない可能性が高いです。そこで本当に載っかった証をちょっとだけ披露したいと思います。

これが表紙!



そしてここ!



ま、こんなところなんですが、私の母親に「ほら、この本に載っかったよ!」と見せてあげたら、初めて本に載ったと非常に喜んでくれました。本当は、大学病院に勤務していた頃は学会発表のためにたくさん資料を作り、学会誌にも掲載されていたのですが、まったく知らせてなかったため私が何をしていたのか”チンプンカンプン”だったことが原因なのです。

大学病院にいた頃、母親に「いま、病院で何やってるの?」と聞かれたことがありました。
「いま、麻酔科にいるから患者さんに全身麻酔かけてる」とか「いま、容体の悪い患者さんがいるから人工呼吸器で管理してるから大変」なんて答えると「あんた、歯医者でしょう?そんなことしていいの?」と真顔で心配されたりしたこともありました。私が病院で歯を削ったり、難しい歯を抜いたりしているものとばかり思い込んでいたからのようでした。

その後も「そんなことできるの?」と不安なそぶりをされたこともあり、あまり仕事のことを話さなかったことも大いに関係しているかもしれません。

あれから20年あまり経った今、身につけた手技をほんの少し使うだけでインプラント治療や歯周病治療に大いに役立っています。そして今後も治療報告を発信し続けることが親孝行にもなればGJ(Good Job)です。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
台風
台風15号が日本列島を縦断し、またまた各地に大きな被害をもたらせ去っていきました。

幸いなことに、医院の窓から僅かに雨漏りが生じたことと家庭菜園が「なんてことでしょう!」くらいの被害で済みました。それでも台風通過中は窓が破れるのではないか、屋根が飛ばされないかと恐怖を感じるくらいビリビリ響くような強風が続きました。

なにより最悪だったのは、風雨が強まりはじめた頃に生じた長い長い停電。台風が通過して雨や風が収まっても復旧せず結局5時間余りも続きました。そしてさらに追い打ちをかけるように緊急地震速報と同時に起きた地震の強い揺れ。まったく自然災害にはなすすべもないことを再認識させられました。



当医院の立地は南側正面に筑波山、目の前に桜川が流れそして周囲に目立つ建物もなく田畑が広がる場所なため、非常に景観が良いものの風がまともに吹きつけるロケーションです。

停電前のテレビ画面には県西地区に竜巻注意報が発令されていると表示されていましたが、翌日来院した患者さんに道路を挟んで少し離れた数件の住宅では、突風により屋根や瓦が飛ばされたと教えていただきました。被害にあわれた方々はたいへんお気の毒としか言いようがない状況です。とんでもない暑さが続いたり、うろうろして大雨を降らせたあげくに上陸して大きな被害をもたらす台風等“いったいどうなっているんだ”と思いっきり悪態を吐きたくなる最近のお天気です。

ところで大震災の直前にイルカが打ち上げられたそうですが、今度もまたイルカが打ち上げられているそうです。今週はまたまた地震に警戒すべし!との噂が流れています。

みなさんご注意あれ!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
収穫
9月に入ってもまだまだ暑さが続き、もういいかげんにして!と吹き出す汗を拭いながら過ごしています。

とは言え今年も各地で収穫の便りが聞こえていますが、つい数日前、茨城の新米が届きました。



今年は原発事故の影響で放射能が懸念されていましたが非公式の最新検査では“放射能検出せず”との報告が届いているので安心安心です。今後も精米機でおいしいお米を炊いていただきたいと考えます。

ところで、以前紹介したパイナップルなのですがその後も順調に育ちこちらも先日収穫しました。

 

どうです立派なパイナップルにそだってくれたじゃありませんか!
あとは新米同様おいしくいただくだけです。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)