茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

時計遺伝子
 今から4年前、日本糖尿病協会の歯科医師登録医になったのですが、協会や製薬会社主催でちょくちょく講習会が開催されます。歯科医師向けの講習より医師向けの講習の方がとても興味深いとちょっと前のブログに綴りましたが、またまた医師向けの講習に潜入してたいへん興味深い知見を身に着けてしまったので特に気になったところを披露してみます。

今から40年程前、視床下部に時計遺伝子が見つかり、腹時計ならぬカラダのリズムを司る重要な遺伝子で大発見となったそうです。それから20年くらい経ってカラダのあらゆる臓器や組織にも時計遺伝子や時計細胞が見つかったそうです。さらに驚くことに生命の大爆発ともいえるカンブリア紀に誕生した生物でも時計遺伝子を持たない生物はすべて絶滅してしまい、現在地球に生きる生物全てが時計遺伝子を持っているそうな!ほんの10年くらい前には、病気の発症にこの時計遺伝子やら時計細胞が深く関わっていることがわかったそうです。
 
たとえば心筋梗塞は心臓の時計が狂うことで発症し、肝臓病なら肝臓の時計が狂うことで生じるとまあ、こんな感じらしいのです。だから普段から狂わないよう生活していれば健康で長生きすることも簡単にできるそうです!でも、人間にはたくさんの煩悩があってしょっちゅう狂っている人や、もともと狂っている人もいるのですが、こんな人でもがんばってその臓器や組織のリズムに合った生活をすれば修正できるようです。本当!と思えるようなことですがどんどん突き詰めていくとこんなふうになるようで医学研究の成果は本当に興味が尽きません。
 
一方歯科では、“これは無いでしょう”みたいなことがファックスやらダイレクトメールで毎日のように届きます。“この歯磨き粉で磨くと歯肉が回復する”魔法の歯磨き粉とか“このサプリを使うとみるみる若返る”みたいな、ちょっといくらなんでもマズイでしょうよ!こんなのも多いんです。最後にこの時計理論から考えると虫歯を治す時には適した時間があるのかしら?歯周外科手術、インプラント手術はとってもうまくいく時間帯がある?
 
そんな研究してみるのもいい???今回はこんなところでおしまいです、では次回この続きを綴りましょう。
 
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
みんなで乗り切らねば!
 以前告知させていただきましたが、当クリニックで2人目になる育児休業の申し出があったことを紹介しました。

先日体調不良のため、結果として予定より2週間早く休業を取得することになりました。今後約1年間出産、子育てのため休職しますが来年また元気に復帰してくれることを願います。また、子育てはさまざまな喜びもあれば困難も伴うでしょうが仕事と両立してくれることを期待して復帰を待つことにしたいと考えます。休職に伴う戦力ダウンに対しては、新聞広告により即戦力を補強でき、乗り切れる目処もついてホッとしたところです。
 
でも、本格的に仕事が回りはじめるにはもう少し時間が必要なので患者さんには迷惑がかかる場面もあろうかと思いますが今少し大目に見てやって下さい。それにしても、育児休業による休職と新戦力もまだ加わらない現状でただでさえ大変な時期なのに、今日は朝からインプラント埋入手術に歯周外科手術、午後からは本日2件目の歯周外科手術、仕上げにインプラント歯周炎の手術と外科手術だけで4件もありました。
 
インプラント周囲炎は見つけたら可能な限り早く対応しないといけない症状なので早く対応できて「めでたし!めでたし!」だったのですが、手術ばかりではなく普通に虫歯の治療(私は歯医者さんなので当然です!)もしないといけないのでなんと目の回る1日だったことか・・・・
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
開墾
 以前のブログでも紹介しましたが、私、家庭菜園でいろいろ野菜を作り、それを食卓で楽しんでいます。

もともと簡単な囲いを作りその中で“ちょっとした野菜を作って食べられたらいいな!”くらいで始めたところ、我が家の犬たちが遊んでくれると勘違いして荒らし回り、せっかくの苗が無残な状態にされることがしばしばでした。さすがに頭に来たのでフェンスで囲い本格的な菜園を始めてしまいました。
 
ところが、畑だ!と思っては見たものの、土はとても固く粘土状、ちょっと掘れば大小さまざまな石やらコンクリートの残骸やらの宝庫で、とてもじゃないけどただの荒れ地でした。それでもなんとか表面から10センチくらい掘り返し肥料やら腐葉土を混ぜ合わせ体裁を整え始めてみたものの、当然結果がいいわけなく、毎年少しずつ自分で改良を加えています。
 
今年はこの区画1メートル四方の改良に取り組みました。主にシャベルで30センチくらいの深さを掘るのですが、前述したようにとても固い土ですぐに手が痛くなるのでほんの僅かしか掘れません。また、掘っても掘ってもガラクタばかりなのでたった1メートル四方でも一苦労なのです。こうして何日もかけて整えた状態がこの写真①です。

写真①

 
そして写真②のように秘密の腐葉土育成場所から一輪車で何度も往復して分厚い腐葉土の層を作りました。

写真②



その腐葉土の中からは、今まで見たこと無い程の大きなカブトムシの幼虫(たぶん!)が顔を覗かせてくれました。

写真③



仕上げは、写真④のように肥料を混ぜて畝を作りいかにも畑のように仕上げてみました。ただ、この作業大変な労力が必要なので年に1回少しの区画だけにしています。

写真④


全部やり終えるまでこの先何年かかるのか不明で残念ですが、まずはここに何を植えようかなと想いを巡らせています。



投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
糖尿病と認知症
 4年ぐらい前でしょうか?
日本糖尿病協会の歯科医師登録医になりました。だからといって自慢できるものでも、大いに役立っているわけでも無し、なんとなく登録医証を持っています。でも、この登録医の更新は、糖尿病協会主催の糖尿病に関する講習を受講することが必要なんです。来年更新なので今の時期に集中的に受講しようとして、2月はもうすでに3回受講してしまいました。

この講習、歯科医師向けと医師向けのものがありますが圧倒的に医師向けのものが多く、内容的にはやっぱり医師向けのもののほうが聞いていて興味深く、私にとっては“当たり”もあれば“はずれ”もあります。たとえば歯科医師には「糖尿病新薬の使い方」なんて内容だと私が新薬を処方することが無いので「最近はいい薬が出来たんだねー」くらいの気楽な感じで聞くのですが、「薬物治療もこんなに進歩したんだ!」と感心したりすることもあります。

つい先日、とても興味深いというか「へー、そうなんだ!」という最新の知見を掴むことができました。糖尿病はインスリンを作ることができなかったり、十分な量が分泌されないため血糖値の高い状態が長期間続くことでさまざま合併症を引き起こす病気であり、なんと認知症との関係もわかってきたようです。認知症はAD(Alzheimer’s  disease)アルツハイマー型認知症とVD(Vascular  dementia)脳血管性認知症がかなりの比率を占めています。

ちなみにVDはカタカナでバスキュラーディメンティアなんて言うとカッコイイ響きになります。この脳血管性認知症は生命に深く関与しない領域で小さな脳梗塞を繰り返すことで次第に認知症が進行していく為、単なるボケが進んできたと勘違いされやすいタイプらしいです。糖尿病は血管にダメージを与えることが知られていますが、糖尿病発症⇒血管に損傷⇒脳梗塞⇒認知症こんな感じでボケてしまう例もあるようです。だから糖尿病と診断されたら、きちんと治療しないと認知症で家族ばかりか周囲に迷惑かけることにもなってしまいます。

さらに悪いことに、治療しているから安心なんて思っても一時的に高血糖状態になったり、低血糖発作を起こしたりする、いわゆるコントロールがうまく出来ない状態を繰り返すとやっぱり認知症になり易いそうです。アルツハイマー型認知症はというと、インスリンの量が十分でないと脳神経細胞を壊す物質が出来てしまい進行が早くなるみたいです。やっぱり糖尿病はしっかり血糖値をコントロールしてうまく付き合って行くしかないようです。

当院でも糖尿病を患った方が来院しますが、歯周外科治療とセルフコントロールで糖尿病のデータが良くなり喜ばれることもあります。また、インプラント治療が可能になった例もあります。
一方で、糖尿病コントロール不良の患者さんにさまざまな合併症の話をすると「そんな話しないでよ!」と言って音信不通になる人もいます。

このデータで何の治療もせず放置していたら本当にマズイと心配しても、向き合おうとしない人がいるのも事実です。でも責任は自分で取るしかないのですから!

投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
テレビのチカラ!
  今、真壁は毎年恒例“真壁のひなまつり”が開催されています。
真壁の古い町並みを散策しながら、さまざまな時期に作られた(江戸時代、明治、大正、昭和)ひな人形を見てまわるといった主旨の催し物です。
 
もう、すっかり定着した“ひなまつり”なのでテレビを始め新聞などでも度々取り上げられているので、この時期はたくさんの観光客が訪れ“はとバス”のツアーにも組み込まれているので茨城県ではすっかりメジャーな催し物です。
 
この地は、江戸時代からの町割りが残り、各所に歴史を感じる古い建築物があるので、近年、伝統建築物保存地区にも指定されこれを武器に益々の“町おこし”をしようといった思惑もあるのです。こういった地道な活動が成果を上げているのですが、やはりテレビの影響は大きいと言わざるを得ないと感じます。ここで“テレビのチカラ”を大きな糧とした店舗が真壁にはあと2つあるので紹介してみましょう。まず1つ目は、つぶれかけのレストランが大繁盛レストランに変身した事例です。
 
このレストランは当院から車で2~3分で、歩いてでも行ける場所にありますが、おいしいハンバーグの作り方を修業してお店にフィードバックする一部始終をテレビで放映する番組で紹介されました。放映後は、連日大繁盛の人気レストランと変身してしまいました。ただし、この放映はもう10年くらい前の出来事なので、今でもこのレストランが連日満員なのは、オーナーシェフの努力の賜物でしょうが“テレビのチカラ”を最大限生かした例でしょう。
 
先日、当院に東京から来客がありましたが、その方も「レストランでの食事も目的だったので、お腹も一杯にできて大満足でした。」と語っていました。2つ目の例は、当院から車で5~6分の場所にある“おせんべい屋”さんです。やはりテレビで“ぬれやき煎餅”がおいしいと紹介されて大繁盛になったお店です。当院に通院している患者さんから聞いた話なのですが、放映されるや否やお店の電話が鳴りっぱなしでとんでもない状態が暫らく続いたようでした。
 
今では連日大きなトラックが忙しく出入りしていますが、このお店もレストランの例のように、以前からの取り組みが業績アップに繋がっているのでしょう。真壁の地では“テレビのチカラ”がいっときの力ではなく継続したチカラとして発揮されている例ばかりなことがこれまたすごいと思います。
 
一方で、このように良いことばかりでないこともまた事実です。昨年の原発事故により、茨城を始め東日本の農産物は未だ“風評被害”に苦しんでいるし、歯科関連では、“インプラント治療”はネガティブな治療法のようなイメージが広がってしまいました。“テレビのチカラ”は正しく使われないと苦しむ人もまた多いものです!今回の写真は、ひなまつりの“真壁のひなどら”と、おいしい煎餅屋さんの“ぬれやき煎“です。
 
どちらも患者さんからの頂き物です。
本当にありがとうございました。

 







投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)