茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

テレビのチカラ!
  今、真壁は毎年恒例“真壁のひなまつり”が開催されています。
真壁の古い町並みを散策しながら、さまざまな時期に作られた(江戸時代、明治、大正、昭和)ひな人形を見てまわるといった主旨の催し物です。
 
もう、すっかり定着した“ひなまつり”なのでテレビを始め新聞などでも度々取り上げられているので、この時期はたくさんの観光客が訪れ“はとバス”のツアーにも組み込まれているので茨城県ではすっかりメジャーな催し物です。
 
この地は、江戸時代からの町割りが残り、各所に歴史を感じる古い建築物があるので、近年、伝統建築物保存地区にも指定されこれを武器に益々の“町おこし”をしようといった思惑もあるのです。こういった地道な活動が成果を上げているのですが、やはりテレビの影響は大きいと言わざるを得ないと感じます。ここで“テレビのチカラ”を大きな糧とした店舗が真壁にはあと2つあるので紹介してみましょう。まず1つ目は、つぶれかけのレストランが大繁盛レストランに変身した事例です。
 
このレストランは当院から車で2~3分で、歩いてでも行ける場所にありますが、おいしいハンバーグの作り方を修業してお店にフィードバックする一部始終をテレビで放映する番組で紹介されました。放映後は、連日大繁盛の人気レストランと変身してしまいました。ただし、この放映はもう10年くらい前の出来事なので、今でもこのレストランが連日満員なのは、オーナーシェフの努力の賜物でしょうが“テレビのチカラ”を最大限生かした例でしょう。
 
先日、当院に東京から来客がありましたが、その方も「レストランでの食事も目的だったので、お腹も一杯にできて大満足でした。」と語っていました。2つ目の例は、当院から車で5~6分の場所にある“おせんべい屋”さんです。やはりテレビで“ぬれやき煎餅”がおいしいと紹介されて大繁盛になったお店です。当院に通院している患者さんから聞いた話なのですが、放映されるや否やお店の電話が鳴りっぱなしでとんでもない状態が暫らく続いたようでした。
 
今では連日大きなトラックが忙しく出入りしていますが、このお店もレストランの例のように、以前からの取り組みが業績アップに繋がっているのでしょう。真壁の地では“テレビのチカラ”がいっときの力ではなく継続したチカラとして発揮されている例ばかりなことがこれまたすごいと思います。
 
一方で、このように良いことばかりでないこともまた事実です。昨年の原発事故により、茨城を始め東日本の農産物は未だ“風評被害”に苦しんでいるし、歯科関連では、“インプラント治療”はネガティブな治療法のようなイメージが広がってしまいました。“テレビのチカラ”は正しく使われないと苦しむ人もまた多いものです!今回の写真は、ひなまつりの“真壁のひなどら”と、おいしい煎餅屋さんの“ぬれやき煎“です。
 
どちらも患者さんからの頂き物です。
本当にありがとうございました。

 







投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
もう立春を過ぎたのに
しかしまあ、何時までも寒い日が続きます。

思い起こせば去年のクリスマス寒波からズ~と寒いまんまじゃないんですか?
朝、ワンコたちに餌をやりに外に出ると毎日といってもよいくらい水飲み場は分厚い氷が張り、
地面は霜柱です。それでも雪国のように雪は降らないし、
北国のように氷点下10度以下になることもないので文句をいってはいけないんでしょう。
記憶が正しければ3年前はほとんど氷が張らず「ああ~温暖化してるんだなー」
と実感したのでしたが・・・

そういえば、最近太陽の黒点がほとんど無くなり活動が低下しているからとか、ラニーニャ現象が発生しているからなんてニュースを聞いたことがあります。
地球の人口も60億人に達し、生活活動、産業による炭酸ガスの排出よりも自然現象の方が気候に、より大きな影響を与えるのでしょうか?

地球人口もウルトラマンでバルタン星人が地球にやって来た頃(私がとっても小さい頃)
は20億人ちょっとで、中学生(少し前!)では授業で38億人と教えられ、
それが今では60億人越えですからな~
いろいろな国が自分達の利害ばかりを主張して地球も大変でしょうね!

それでは、今回は寒い寒い真壁の朝の様子を写してみました。





投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
偉業達成
私、中学校の学校歯科医をしております。

先日、学校保健安全委員会が開催され出席いたしました。去年まではズ~と学校保健委員会という名称だったのに年が明けたら、いきなり安全という文字が追加されて学校保健安全委員会になってちょっとびっくりでした。

何が違うかといっても内容にはたいした変化もなく何時もの委員会といった雰囲気でした。今回の委員会で、校長先生が「こんなすごい賞をいただきました!」と言って大きな賞状を委員の前に示してくれました。

どうやら学校歯科保健の取り組みが評価され茨城県から表彰されたのでした。「茨城県の中学校で3校しか貰えないんです!」「県庁まで受け取りに行ってきましたが、歯科医師会の偉い先生もいてとても緊張しました。」と言いながらも嬉しそうに話してくれました。

私も学校歯科医として微力ながら協力できたことを素直に喜んでいます。「我が校で初めて貰った賞ですがこれからもいろいろ取り組んでみたい」と更なる飛躍を誓っていました。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
当たらないもの!
当たらないもの!・・・一番最初にイメージするものと言ったらやっぱり“宝くじ”を考えませんか?

実際、私も“サッカーくじ”を買い続けていますがやっぱり当たりません!この“サッカーくじ”のお話はまた次の機会にさせていただきますが、今回は“当たらない=射撃”について綴ってみたいと思います。

私は空中に打ち出されたクレー(標的)を散弾銃で撃って当てるクレー射撃(標的射撃)を趣味にし始めました。銃の所持許可を取得してかれこれ4年以上経ちそれなりの年数を重ねていますが、初めの数年は数回しか射撃場に行かない眠り銃の状態でした。そもそも土日はどこの射撃場も大会があり撃つことができないし、狩猟が解禁されている冬場しか射撃場に空きがないことからこんな状態になっていたのです。

それに銃を扱うことは一歩間違えば大きな事故に繋がるため慎重になっていたし、大会にもどうやって参加すればいいのか?そもそもうまく銃を扱えないのに大会に出るなんて無謀、練習も何時、何処でやればいいのか?どうすれば上達するのかもわからなかったからです。

そんなこんなでせっかく取得した銃の所持許可も有効活用されていなかったので去年から射撃場や銃砲店で情報収集してみました。どうやら初心者でも大会に混ざってもいいこと、下手だと見かねていろいろ指導してくれそうなことがわかり恐る恐る混じってみたのでした。屁っ放り腰で撃ち、当たらない様子をみて「こうやってみっぺ!」「ああやってみっぺ!」といろいろアドバイスをくれたり、「おお、若い人がやるのはいいことだっぺ」と声をかけてくれたりと全く心配なく「なぜもっと早く参加しなかったんだ?」と思ったしだいです。





何回か大会に参加してみると、確かに今の日本同様に参加者が高齢化しており私のような年齢でも“若い人”になってしまうのには少々驚かされました。このところの民主党の政策のせいか、銃の所持許可が厳しく新たな取得者が減少してしまい、非常に高齢化してしまっています。そのため最近では、害獣駆除がうまくいかず農作物の被害が拡大しているようです。そしてほとんどの参加者は口をそろえて現在の政策に異議を唱えていました「だいたい、銃で犯罪を犯す奴は近所からこいつに銃を持たせておくのは危険だからと何回も警察に通報されているのに、警察も全然動かないで銃を取り上げなかったからじゃねーか」と怒っていました。確かに射撃場に来ている人たちはマナーにうるさく少しでも危ない場面を見つけるとすぐに注意されてしまいます。まあ、あと数年も経つと減少どころか激減して本当に困った事態になるに違いありません、そのとき後悔しても知りませんよ民主党さんといったことになるでしょう!

いろんな話もできるようになり、なんとか暇を見つけて月に1回くらいの頻度で参加をしてきました。でも、こんな頻度では上達するほど甘くなく相変わらずの低レベル、「当たらない」「アタラナイ」「あたらない」です。

順番を待つ間にあまりのひどさに「いくつぶってるんだー?」と聞かれ、ぶってる?いったい何?と思っていたら、“ぶつ=打つ、撃つ”の意味だとわかり「いや~、まだ800くらいですから」なんて答えると「あ~、3000くらいはぶたないとだめだっぺ~」とすぐさま言われ「もっと練習に来~い」とこんな感じです。そして、今年こそは!とさらに情報を集め週に1度は何かの大会に出て、クレーの半分は撃破できるよう目標を定めました。クレーも当たれば気持ちが良いし、当たっても力無くパコッと2つか3つに割れるだけだともっときれいに粉々にしてやりたいと欲も出るし何か月か先には「いや~、そこそこ当たるけど、もっとぶたないとね~」なんて言えるようになりたいものです。

今年はすでにもう3回射撃場に通いました。
でも、やっぱり当たらない!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
そろそろ産休です!
以前のブログに土井歯科クリニックでは、一般事業主行動計画を策定し仕事と子育ての両立を支援するための雇用環境の整備、多様な労働条件の整備などに取り組んでいると書いたことがありました。

それから2年、再び当医院の育児休業制度活用の申し出があり、「働きがいがあり、働きやすい企業」「社員を大事にする企業」(労働局のキャッチコピーです!)なので育児休業を受け入れ、3月から産休になる職員がいます。

とは言え、3月から休業に入るとなると、医院の戦力ダウンで患者さんに迷惑をかけないためにもパートさんの募集をかけることにしました。
桜川市周辺に新聞広告を出させていただきましたので是非応募をいただければと考えています。

【募集内容】

職種:パート歯科衛生士
時間:応談(週1日でも午前のみでも可能)
年齢:不問、ブランクあっても歓迎
給与:時給1300円~1600円
待遇:交通費支給、制服貸与、勤務時間により賞与支給、
雇用保険や退職金制度への加入も可能
正規職員も募集します!


投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)