茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

茨城県警察歯科協議会 講演会
さて、今回は警察歯科医として歯科医師会主催の講演会に行ってまいりました。今回は各警察署の署員のみならず茨城県警察本部、茨城海上保安部の幹部の方の出席もありなかなかの顔ぶれでした。

身元不明死体の個人識別に対する歯科医師の役割、法律的な後押しに関した演題でした。
内容をかなり圧縮すると、昭和60年に発生した日航機墜落事故での歯科医師たちによる個人識別作業で多くの犠牲者の身元が判明したことに遡ります。

この事例で歯の治療痕が個人特定に多大な貢献をすることが国内的にも認識されました。
にもかかわらず、歯科医師が関わることが可能な法律の条文がまったく無く、この状態を変えようと長い間尽力されてきたものの結局変更されてきませんでした。

この状態が180度変わりました!
2011年の東日本大震災でした。やはり迅速に多数の遺体の個人識別が歯科医の協力でなされました。
ようやく政府も重い腰を上げ、あっという間に歯科医師が関わることのできる画期的と言われる法律ができあがりました。

そもそも改正前の法律は、私が生まれるずっと前の明治や昭和初期にできた法律で、歯科医師が関わるなんて想定されていないどう考えても不合理な代物でした。
余談になりますが、私が大学病院勤務時代に担当患者さんに死亡宣告や死亡診断書を書いた経験がありますが、これもたくさんの偉大なる先輩歯科医師が働きかけて法律を改正してくれたからできたことでもあるんです。

このように使命感を持って貢献することで道が開けていくものだなと先人たちの努力に感服です。
ところで、DNA鑑定すれば個人の特定は簡単では?と思いません?
これは、数年前に発生した韓国の射撃場の火災事件の例があります。

韓国側はDNA鑑定すればすぐに個人を特定できるとたかをくくっていたら、そうならなかったという事例に遡ります。
理論上は数十億分の1で特定できそうなものですが、実際にはそうでもなかったのです。
簡単に説明するとA検査で3分類されB検査でも3分類できるとしたら9種の組み合わせができます。
ところが3分類に頻度の差があったらまったく話が変わってしまいます。

A、Bそれぞれの検査の3分類が70%20%10%と出現率に違いがあったら、ある組み合わせが50%近い確率になり、一方で1%の確率もありなんてことで個人の特定に至らない場合があるからです。

A検査 a70%        B検査   x70%
     b20%                         y20%
     c10%               z10%
       ax確率49%  cz確率1%


というわけでDNA鑑定は万能ではなかったのでした。
当然全力を挙げて鑑定すれば特定可能なのでしょうが時間とお金がかかります。その点歯科の治療痕はカルテと現場の所見を照合すればあっさりとしかも高確率で個人の特定ができてしまうのです。

しかも歯科の治療は肉眼所見だけでなくレントゲンの所見を加えればほぼ無限の数の治療痕に変化してしまうので個人識別に大変威力を発揮することがおわかりいただけると思います。
今回ももうこんなに綴ってしまったのでここまでにしておきます。
またこの続きができる機会があればと思います。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
日本最古の糖尿病患者
日本糖尿病協会歯科医師登録医などという”如何にも”といった肩書を持っていることはご存知だと思います。
協会が発行する月刊誌が毎月送られてくるのですが、今月号の中にとても興味深い文章を見つけたのでお知らせしておこうと思い立ちました。

できればそのまま引用したいのですが、著作権とかいろいろありそうなので掻い摘んで解説してみます。
それは、平安時代に生きた歴史上のビッグネーム藤原道長という公卿様のお話です。
”この世をば わが世とぞ思う望月の 欠けたることもなしと思へば”
誰もが聞いたことのある、この有名な歌を詠んだ人物は日本の歴史上最古の糖尿病患者であるということです。
1000年も前に書かれた書物が現存していることも驚きですが、書物の記述から病気についても推定できることも凄いの一言です。

それによると、平安時代の貴族である公卿たちは、米はもちろん肉や乳製品も摂り豊かな食生活をしていたようです。また、仕事といえばもっぱら人事に関することが多く、しかも真夜中まで議論をすることもしばしばであったようです。

物事の円満解決のため、宴席も度々開かれお酒の量も相当なものになり、貴族の生活は精神的にも肉体的にもハードであったそうです。
そして、移動はというと牛車や馬車が使われて運動不足も甚だしかったようです。
現代でもこんな生活をしていれば病気になるのは当たり前で、記録によれば糖尿病の特徴である口渇、多飲といった当時”飲水病”呼ばれた症状を訴えていたようです。

年と共に、神経系の症状も発症し、さらに病状が悪化してくると視力障害も併発し、亡くなる前は背中に大きな腫れものが出来て、これが原因による感染症で意識障害を起こし亡くなったと記されているそうです。
平安時代と言えば今から1000年も前の時代です。しかも藤原道長の家系には糖尿病を発症した人物が多く認められたことも判明しています。糖尿病患者が、この時代にもいたなんて驚かされ、しかも現在判っている最古の人物だったなんて本当に知らなかった!

もっと詳しく知りたければ当院の待合室に置いてあるので是非読んでみてください。
とっても物知りになれること請け合いです。
最後に、せっかくなので世界最古についても記しておきましょう。

世界最古の国は、我が日本国であることをご存知でしたか?
この事実はちょっと調べてみれば本当のことだと直ぐ判るので検索してみてください!
今、隣国と呼ばれる国が歴史、歴史問題などと騒いでいますが、それらの国は第二次世界大戦後に建国され、たかが60数年の歴史の国だと覚えておいてください。三千年とか四千年と「どうだ!」と胸を張っても実際問題、独立国としては数百年で入れ替わり、途切れ途切れで続いた数千年なんですから!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
スタッフに感謝
つい先日のことでした。
「先生の診療所はいつもきれいですね!」と患者さんに褒められました。
確かに2年かけて内装や外装をリニューアルしてピカピカにしたり、診療用ユニットを始め常に最新の機械や機材を導入する努力をしている結果ということもあるでしょう。

でも、リニューアル工事を行う前からも、患者さんや初めて訪れる業者さんから「きれいにしてありますね!」と言われることもありました。

これは、ひとえに当院のスタッフのおかげでもあり日頃から感謝しております。診療中はいつもいつも忙しなく動き廻っているわけでは無く、予約のすいた時間もあれば、歯周外科手術が突然キャンセルになったりしてポッカリと空いた時間が出来ることもあります。

そんな時は普段できない雑務をみんなでこなしたり、院内の環境整備をしたりで過ごすことになります。具体的には普段手の回らない窓拭き、床清掃、ユニットの細かな所の清掃、カウンターやソファーの拭き掃除などなどあらゆる場所に及びます。

そんなスタッフの努力のおかげで当院の環境は維持されているのです。
しかも偉いことに私が指示するわけもなく、スタッフ自らが「今日はここをきれいにしよう!」と示し合わせて行動してくれることです。

と言うわけで、この場を借りて感謝のブログとしたいと思います。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
秋の味覚
毎日季節外れの猛暑で、明治時代まで遡った記録を次々に塗り替え一体何時まで続くんだ!
涼しくなったって、どうせまた猛暑が復活するんだろと悪態をつきたくなる日々が連なっています。
そうは言っても、確実に季節は進んでいるはずです。

従いまして、この写真のように、こんなに大きな松茸が手に入りました。
これは国産で正真正銘まちがい無いようです。
種明かしをさせていただくと、大塚医院の患者さんから「いつもお世話様になっております。」という感謝の意味から頂いた貴重な品物です。

私が直接頂いた物ではありませんが、我が家にもおすそ分けを頂いた次第です。「すごいなー!こんな立派な松茸、テレビで見たことあるぐらいで、本当にでっかいなー」「こんなの見たことないよ!」そんな会話ばかりでした。
松茸に縁のある生活ではなかったので、国産松茸の香りを十分に楽しんでから松茸ごはんに変身してくれました。
そして、味も香りも堪能させていただきました。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
トラップ射撃
さて、今回は私の趣味について語ってみたいと思います。

2012年2月のブログでトラップ射撃について書いています。
あれから1年と8か月、今ではもう“すっかり”というか“どっぷり”というか、とにかくますます射撃大好きになっています。

2013年9月23日ペルー・リマ市で開催された世界クレー選手権大会トラップ女子の部にて、中山由起枝選手が銀メダルを獲得しました。
トラップ種目で世界選手権のメダル獲得は初の快挙という記事を新聞のスポーツ欄に小さく出ているのを見つけました。
体操の世界選手権、東京国体など派手にテレビで報道されているのを尻目に、この快挙はまったく報道されていませんでした。

そうなんです!射撃は日本において超マイナーなスポーツという扱いなんですなー・・・・
確かに、この国では銃の所持は厳しく規制されているし、競技者の年齢も高いし、原則20歳にならないと銃を撃てないなんて、どう考えても世界選手権で好成績をおさめるなんて夢の夢みたいな環境です。
だからこそ、この成績はとってもブラボーと叫んでもいいぐらいなのに!

さて、自分のことにもどるとして射撃大好きと言うだけに、成績もそれなりに向上してきました。
銃砲店や射場月例会の大会では、まあ上手な部類と言われる80点を超えることもあり、始めた頃の「こりゃー、根本から叩き直さないとなんねーな!」と言われた酷い状態を知っているベテランからは「上手になったね!」と声を掛けられるまでにはなってきました。

しかし、まだまだ課題だらけでなかなか納得が得られてはいません。
よく「無心で撃たないと!」といわれますが、煩悩満載の頭の中では「わかっちゃいるけど無理!」のオンパレードです。

ただ、最近わかってきたのは、集中して射撃ができた時は、1日が終わり家に帰ると「ああー、疲れた!」とグッタリ感を自覚できるようになったことです。

それにしても、技術ももちろん必要だけれど、心すなわちメンタルな部分がとても大きなスポーツなんだと自覚がついてきたことです。
「調子がいいぞ!」なんて頭の中で考え始めると途端にはずしまくりでなんとも上手くいかず、儘ならない、そこがまたおもしろく、歯痒い競技です。

今は、自分の課題をクリアしてまた一段レベルを上げるのが目標です。
あと、射撃について最後に付け加えときます。
1)日本の国で合法的に銃をぶっ放すこができる!
2)かなり高齢(90才くらい)になっても銃をぶっ放すことができる!
3)射撃をやっているとボケないで銃をぶっ放すことができる!(たぶん?)
4)男ばかりで銃をぶっ放している(女性シューター歓迎)
5)車を持ってないと銃をぶっ放せない!(射場は郊外にあるから)
6)銃をぶっ放していると当たらなくてもとっても楽しい!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)