茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

こしあぶら
春から初夏にかけてのこの時期は一年で最も過ごし易く爽やかな季節ではないでしょうか?
天気も良いし「さて、今日も射撃だ!」と射撃場に出掛けました。

お一人様で顔を出しても必ず知り合いがいるものです。
その日も、しばしば遠征射撃に出かける射友と一緒になり、「あれ、今日は一人なんですか?」と声をかけました。

すると「午前中、山の中で師匠と一緒に山菜を獲ってたんですよ!」との返答、その後、一旦家に帰り、射撃のため出直したので、その射友もお一人様での登場となったようです。

「“こしあぶら”って知ってます?」と聞かれ、
「こしあぶら?聞いたこともありませんが、一体何なんです?」と答えたところ、止めてあった車から何やら持って再び登場しました。

「これなんですけど、とっても珍しい山菜です」と見せてくれました。
「“たらの芽”のような山菜ですが、天ぷらにしたら最高に美味しいですよ!」「よろしかったらどうぞ」と、
このとても美味しいとされる素材を頂きました。

こちらが頂いた“こしあぶら”の写真です。

詳しく聞いてみると、
1)茨城県でも北部の寒冷な気候でないと自生しない樹木であること。
2)栽培がとても難しく、小さな苗を植えてもすぐに枯れてしまうこと。
3)新芽なので旬は1週間ほどしかないこと。
4)たらの芽よりも美味しく、天ぷらや、お浸しで食べられていること。
5)樹高があると新芽をゲットするのが大変であること。
6)群生しないため、新芽を求めて山の急な斜面を登ったりで、まるで登山のような苦労をすることがある。
以上、とても貴重で、手に入れることが困難なことが良くわかりました。

何はともあれ、射撃と射撃談義を堪能した後、頂いた“こしあぶら”を手に自宅に帰りました。

帰宅後、妻に今日の出来事を伝えるとやはり
「こしあぶら?聞いたことない!」と、茨城で生まれながらも知らないとのことでした。
さては、早速料理の準備です。

ネットを立ち上げ、天ぷらの作り方を検索
「なるほど、天ぷら粉は少し薄めにし、油の温度も低めにしてカラッと揚げるのがコツなのね!」と山菜の天ぷらを予習してから料理開始です。(私も少しは料理ができるのです)
「できたぞ!」と写真にあるように完成です。

そして食べてみました!
一言でいうと
「美味しい!」
「絶品!」
「サクサクで幾らでも食べられる!」と、こんな感想です。

確かにタラの芽のような姿形をしているものの、口の中に入れても全くエグ味が無く“タラの芽なんか!”と言いたくなるような美味しさでした。

ここからは、余談です。
愛犬のブーちゃんと河川敷を散歩するのですが、タラの芽に似た樹木がそこかしこに自生しています。

「これは何の樹なんだろうな?」と思いながら散歩していましたが、検索してみたところ“カラスざんしょう”という植物らしいことが判明しました。
やはり新芽は天ぷらにすれば食べられると書いてありましたが、あまり美味しくは無いようです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
続・水銀に関する水俣条約
さて、今回も引き続き水銀に関するブログです。

前回、国際機関の取り組みについて触れましたが、続編では各地域についての現状です。
米国では、年間61トン(2008年)の水銀が排出されています。
米国環境保護庁(EPA)は2014年に、歯科用アマルガムの環境への排出を削減するためクリーンウォーター法の基準を提案。

家庭排水の処理施設である公共排水処理(POTW)に流入する水銀の約半分は歯科医院から排出されるとして、セパレーターと回収した水銀のリサイクルを義務付け、これにより年間5.1トン削減できるとしています。

EUでは全体で年間145トン(2005年)の水銀が排出されています。
EU科学委員会は歯科用アマルガムがEUにおける2番目に大きな水銀の使用であるとして、水銀とその化合物の排出において環境品質基準を制定しています。

EU全体としての歯科用アマルガムの使用に対する規制はないものの、スウェーデン、オランダ、デンマークでは水銀を含む歯科用アマルガムの輸入・製造・販売・使用が禁止され、多くのEU参加国では歯科医院にセパレーターの設置を義務付けています。

最後に日本です。
世界全体の水銀需要が3798トン(2005年)で歯科用アマルガムが10%を占めるのに対し、日本の水銀使用量は9.0トン(2015年)で歯科用アマルガムは0.2%と非常に少なくなっています。

日本国内の歯科用アマルガムによる水銀使用量は、1970年には約5.2トン、1999年は約0.7トン、2006年には約0.1トン、2010年には約0.02トンまで削減されてきました。

平成28年4月(2016年)からは保険診療での使用不可となり歯科用における需要は、ほぼ0だと思われます。
環境省の水銀大気排出インベントリ(2010年度ベース、2013年度更新)によると、日本国内における水銀の大気排出量は年間17~21トンと推計され、歯科用アマルガム製造による排出は0.4キログラム(0.0004トン)と非常に僅かと推定されています。

また、火葬に伴う歯科用アマルガムの蒸発による排出は年間0.07トンとも推定されています。
そして、歯科医院から排出される水銀については明確なデータが無く、大半が金属業者によって回収されていると考えられています。

日本においては、コンポジットレジンやグラスアイオノマーセメントなどの代替材料開発がなされ、保険制度の充実もあり臨床応用の発展によりアマルガムの減少に繋がったと考えられています。
逆の見方をすれば、開発途上国では、材料、設備、費用などからまだまだ水銀が使われ続けるのでしょう。

せっかく、129ヵ国が締結しているのですから、今後も削減に努力を惜しまず、未締結の国にも積極的に働きかけるとともに、サポート体制の確立も重要と考えます。
水俣病が「Minamata disease」として世界的にも認知されているとは知りませんでしたが、イタイイタイ病はどうなんだろう?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
水銀に関する水俣条約
今回は、日本歯科医師会雑誌の後ろの方のページにひっそり載った、目立たないけど重要と思われ、しかもほぼすべての方がご存知無いと考えられる記事を引用して綴ります。

2013年10月、水銀および水銀化合物による環境汚染、健康被害を防ぐため「水銀に関する水俣条約」が国際連合条約として採択されました。

水俣条約という名称は、有機水銀による公害病である水俣病(海外ではMinamata disease として広く知られています)と同じ被害を繰り返してはならないという決意のもとに名付けられました。

この条約は、国際的な水銀管理を目指すものであり2016年4月の時点で129ヵ国が締結しています。
日本歯科医師会は、この条約の締結に際し「環境汚染対策としてアマルガム使用の廃絶に取り組む」とし、平成28年度の診療報酬改定で充填用銀錫アマルガムが廃止されたことにより、現在保険治療でアマルガム充填をしている歯科医院は無いと思われます。

私自身、治療でアマルガム充填を行なった経験が無く、30年前学生実習で1度だけ模型相手の経験があるのみです。

治療時に患者さんの口に中を覗いた時、アマルガム充填を見つけると「いったい、何年前の治療なんだろう?」と考えることもあり、また、私より遥かに若い年齢の患者さんにアマルガム治療を見つけると「あら~、アマルガムだ!高齢の先生が治療をしたのかな?」なんてことを思ったりしています。

また、歯科用カタログにアマルガムミキサー(治療用のアマルガムを作成する機械)が掲載されているのを見つけ、「購入する歯科医院があるとは思えないけど!」などと呟くこともありました。

そうは言っても、歯科用アマルガムの安全性については国際的に確認されており、「う蝕などの問題が無い限り口腔内のアマルガム修復物は原則として除去すべきではない」とされています。
また、除去する場合は「適切な回収方法を検討すべき」ともされています。
日本国内では排除されても、海外における歯科用アマルガムの使用は、現在でも修復材料として広く使用されています。

WHO(世界保健機構)は、水銀とヒトの健康について水銀含有保健医療機器の輸入販売と水銀使用の阻止を訴え、歯科用アマルガムからの水銀は世界全体の水銀排出量の約1%であり、一般下水中の全水銀の3分の1が歯科医院から排出されていると報告しています。

その昔、大学病院で当直していた頃は、「水銀体温計で熱を測っていたら口の中で割れてしまい水銀を飲み込んだけどどうしたらよいのでしょうか?」なんて問い合わせを受けたことがあったっけ!

UNEP(国連環境計画)は水銀が人体および環境に及ぼす被害について警告しています。
アマルガム修復の頻度は東アジア・東南アジアおよびEUで多く、世界全体では歯科用アマルガム中の水銀として年間約340トンが使用され、そのうち約70~100トンが環境中に排出されると算出しています。

また、アマルガム充填の既往がある人を火葬すると、水銀は完全に大気中に放出されるが、その量は1年に約3.6トンであると報告しています。

FDI(世界歯科連盟)は、歯科アマルガム由来の水銀による環境汚染に対し注意を呼びかけ、水俣条約を受けて歯科アマルガムの段階的廃止と進行状況を監視していくとしています。

このように世界の様々な国際機関が水銀使用に対する警鐘を発し、水銀の環境汚染の実態を報告しています。
これを読んだ皆さんも自身の口の中をじっくり見つめ直すチャンスかもしれません。
次回は米国、EU、日本の現状について綴ってみることにしましょう。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
不愉快
毎日テレビを見ていると、民放の場合必ず番組スポンサーのCMが放映されます。
無料で視聴しているのですから仕方ないことです。

ただ、このテレビCMは何となく見ているもの、良くできてるな~、と少しばかり感心してしまうもの、など様々溢れています。

そして、この様々なCMの中には、見ていてとても不愉快になるものが少しばかりあります。
「○○子~、俺は君の何だったんだ~。」
「ほけん!」
と言われてあっさりフラれてしまう保険会社のCMです。

このCMが流れ出すと決まって私は、
「本当に、ふざけてるよな~。このCM作った人、何考えてるんだろう?そもそもよくスポンサーがOK出したよな~。」
と呆れたように言い、
「絶対、この会社の保険には入らない!」
と不愉快極まりないと怒りを表します。

すると私の妻が、旦那が緊急入院したところに、妻が駆けつけ、
「私たちの生活はどうなるの?」
と言う保険会社のも嫌い!

「だって、旦那さんが緊急入院したら、まず旦那さんのことを心配するのが当たり前でしょう?」
「それなのに私たちの生活どうなるの?」
が最初の言い草なんだから一体何考えてるの?と続きます。

また、ピザのCMでは、
「お持ち帰り、いいな~」
と若いおねえちゃんと一緒にタクシーに乗り込むシーンが出てくるのも、
「若い女性から見たら不愉快なんじゃないの~。」
なんて会話をしています。

何はともあれ、印象に残ればCMとしては成功なのかもしれませんが、
「絶対、買わない」とか、
「絶対、契約しない!」なんて思われたらスポンサー企業としては目も当てられないと思うのですが・・・

しかしながら、そのCMスポンサーがOK出したのですから私がとやかく言うことではないのでしょう。
ただ、今までにはもっともっと不愉快だったCMが存在します。

そのCMが流れ始めると、自然とチャンネルを変えてしまう破壊力抜群の凄いCMでした。
余りにも不愉快だったので、すぐチャンネルを変えていたため、記憶に残らず綴れないのが残念です。
これだけ多くのCMが溢れれば、作成する側もインパクトがあり、好印象なものもなかなか作れないのでしょうね。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
初めて知った
それは、つい先日のことでした。
そして、初めて知ったことを、初めて経験したのです。

我が家は自宅兼診療所なので、一階部分が歯科クリニックで二階が自宅といった構造になっています。
歯科クリニックを開業してかれこれ20年、様々な出来事や経験をしてまいりました。

さらに、この建物と繋がる合併処理浄化槽も休まず働き続けてくれました。
私も歯科医師として、日々患者さんと接し「治療も大事だけど治療後のメインテナンスも大切です。」と説いていました。

当然、我が家の浄化槽も設置時より定期点検業務や水質検査、モーターの交換などを専門業者に依頼していました。
もちろん、大事に大事にメインテナンスをしていたつもり!

先日と綴った日より10日程遡った日の出来事でした。
いつも点検してくれる会社の担当者から「そろそろ、浄化槽の清掃を依頼してください。」と言われたのです。

私「どういう事でしょうか?」
担当者「浄化排出される水に少し濁りが出始めているので、公社による水質検査に引っかかるかもしれないので!」と理由を言われました。

どうやら詳しく聞くと、我が家に設置されている合併処理浄化槽は25人槽といって一般家庭のものよりかなり大きな容量なので、今まで汚泥処理をしなくても水質に全く問題なかったそうです。

このように使い続けた結果、いよいよもって処理能力の限界に達したといったところでしょうか。
定期点検していれば問題無いと、今まで全く知らずにこれまで来ていたのでした!

さて、汚泥処理はどこに依頼すれば良いのか分からず、取り敢えず専門とされる業者に電話してみました。
「25人槽ですか?20年間、一回も処理していないのですか?」と、なかば呆れたというか唖然とするみたいな反応が返ってきたのです。

汚泥処理が必要なんて考えてみたこともなく過ごしてきたのですから当然です。
「う~ん、とにかくやってみないと分からないけれど、もしかしたら一回で全て処理できないかもしれないし、何しろ汚泥の量が多いはずなので2台で伺います。」と。

そして運命の日となった先日、処理のため浄化槽に車両が回されて来ました。
幸いなことに浄化槽近くに車両が着けられたため、吸引力のある強力なホースが使え、一日で全ての作業を終了することができたのです。

最後に処理業者から「本当は、毎年汚泥処理をしないといけないのですが、大きな槽でそれなりに金額もかかるので2~3年に一回でいいから処理して下さい。」と言われてしまいました。

確かに請求書を見たら「こんなにかかるの?」と感じた金額が記入されて少し驚いたのも事実です。
何はともあれ、浄化槽は定期的に汚泥処理が必要なんて初めて知った!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)