茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

ドクターストップ
みなさま、私の趣味をご存知のことと思います。

ところが、今現在“射禁”になってしまいました。
何が悲しいって、“射撃はダメ”というところのドクターストップがかかっていることです。

そもそもの始まりは、先月中頃の夜中でした。
突然、目が覚めると部屋の中の景色が時計の秒針のようにガクガクと回っていると感じると同時に気分最悪マックスに!

そして、よろよろとしながらもトイレに駆け込み嘔吐。
この経験は数十年振り、一体何が起こったんだ?と、
戸惑いながらも数時間耐えていたら何とか収まりました。

次の日からは「あれは何だったのだ?」というくらい日常の生活が取り戻せていました。
それからまた2週間ほどしたら、またあのとんでもない状態が発生しました。
やっぱり収まったら何ともない、さらに10日後またまた、発生。
都合1ヶ月と少しの間に3回。

しかも、回数を重ねるごとに苦しむ時間も嘔吐の回数も増大する最悪の展開が続きました。
私の人生で初めての経験なものの、“原因は多分これかな”と想像しつつ、頭の中にとんでもないものが育っていたら大変だと大学病院を受診しました。

痺れや耳鳴り平衡感覚など神経学的には問題無し、そして頭の中を調べるためMRI検査も受けてきました。
この景色が回る症状と嘔吐は良性発作性頭位性めまいと診断。

予想の通り耳石がフラフラとしてくれたおかげで、しばしばこんなことが起こったということで落ち着きました。
解決法としては、めまいに対する薬を飲むことと、頭を急に動かさないことで耳石が落ち着くのを待ちなさい!と宣告。

従って、しばらく射撃はダメと言うことでドクターストップなのです。
今回MRI検査を受けてみてビックリしたことがあります。
私自身の脳血管の走行がリアルに描出されていたのです。

幸い何の問題も無く安心することができたのですが、MRIってこんなことも判るのかとMRI検査の進歩に驚いてしまったのです。

私が大学病院でICUや麻酔科で研修していた30年くらい前は、脳血管の検査と言ったら鼠径部の血管から造影剤を流してレントゲン撮影をしなければ診断できない、とても危険な検査の一つだったのに凄い進歩だな~と本当に感心してしまいました。

「昔はね~、こうやって検査したんだよ!」とか「昔はね~、・・・」を連呼してしまいそうで浦島太郎です。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
日本を狙え?
またまた、ノースコリアなる国の指導者が日本を跨いでミサイルを撃ちやがった!

で、!
今回は古ぼけて、あまり使い物にならない頭で考えたことを、ちょっとばかり調べてみました。
間違った見解かもしれないので悪しからず。

そもそも、日本上空800㎞を通過したので迎撃ミサイルで撃ち落とすことは不可能だったようです。
ん、国際宇宙ステーションは上空400㎞で地球をグルグル回っているのにミサイルは何で落ちてくるの?

以前、ロフテッド軌道とか言って2600㎞まで打ち上げた時も落ちてきたけど、こんなに高く打ち上げられたら人工衛星にならないの?

答えは、弾道ミサイルは高く打ち上げるためだけに全ての燃料を使うから地球の引力とか重力で落ちてくるそうで、何となく納得!

次に、ロフテッド軌道で打ち上げて日本海に落下させるのは何処を狙うという疑問です。
40分くらい飛ぶと地球は自転しているからこれを無視できないのでは?
24時間で4万キロ東方向に動くから、約時速1600㎞で移動しているから40分飛んだら、ノースコリアの緯度を無視して考えも1000㎞くらいは地面が移動しているのでは?
と言うことは、日本本土にミサイルの照準を合わせると日本海に落下するということかしら?

ふざけやがって!
ノースコリア!

なんて思っていたら「ちょっと待てよ!」飛行機はどうなるんだ?
ジェット機は時速800㎞で飛行するから西の方向には飛べないじゃん!
と変てこりんな現象が生じてしまいます。

もう少し調べてみたら、慣性の法則が働くから変じゃないと言うことが判明。
我々は地球に生活しているから宇宙から見た動きとは異なるから問題無いようです。

ということは、ノースコリアさんは、深く考えずに行動しているだけなんだ!との結論になります。
なーんだ、日本を狙って打ち上げているわけでなく「そう思えるだけなんだ!」と錆びついた頭で考えた結論です。

最後に、日本本土を狙って弾道ミサイルを発射したとしても、弾頭そのものを精密に誘導する術を持たないため、もし原発を狙ったとしても簡単には命中しないのだそうです。

もし、150キロトン程度の核弾頭を搭載しても150メートル位の精度がないと頑丈な建物を破壊できないようで、脅しとして使うくらいがせいぜいのようです。
何でも少しは頭を使って調べてみるものです。

こんな感じだから“電磁パルス攻撃だ!”とさらに脅しているのでしょう。
そもそも核ミサイル撃つか?

その前に
反撃するものを何も持たないくせに、
対話が重要!
憲法9条があるから平気!

なんて言ってる勢力があるけど私は絶対信じない。
“抑止力があるから対話ができる”は信じます。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
Jアラート
地球上でノースコリアと呼ばれている国が、核実験やICBM、中距離弾道ミサイルだのと紛争の種をまき散らしています。

つい先日などはミサイルを日本の国を跨ぎ太平洋へと飛ばしやがった!
おかげで、朝の早い時間にJアラートなどという“空襲警報か”と思わせる警報音が鳴り響きました。
詳しい内容は忘れてしまったものの「ミサイルが発射されました。建物の中に避難してください。・・・」このような放送が繰り返されたように覚えています。

「とうとう、やりやがったな!」
「これであの国もお終いか!」
なんて思ったものの、今現在、無傷で存在しています。

そもそも我が日本国には、どの国に対しても反撃できる能力は持たないし、せいぜい「遺憾です!」とか「最大限の抗議!」くらいしか持ち合わせていないので仕方ないのかもしれません。

ノースコリアが無傷で存在していると言うことは、今後もJアラートが発動する可能性が高いわけです。
しかも、いつ発動するかも予測不能です。

そこで、土井歯科クリニックが診療中にJアラートが鳴ったらどうするのか?の行動規範を探ってみました。
当院は、院長が私、職員は午前中であれば5名勤務しているので計6人になります。
患者さんは時間帯にもよりますが、5~6人と仮定すると総計で10人と少し程度を見積もれば十分であろうと判断できました。

ただ、これだけの人数が数分のうちに安全な建物に避難しようにも、そもそも付近に頑丈な建物が見当たりません!
そうか!当院にはレントゲン室があるではないか、そして建物の中にあり、周囲を鉛に覆われた独立した小部屋です。

当然、放射線は遮断できるし、分厚いドアで外気を遮断し密閉された空間が実現されます。
試しに5人ほどで避難してみると、歯科用CTが設置できるくらいの広さがあるため、思ったよりも広く十人程度の避難であれば全く問題無いことが確認できました。

ミサイルは物凄いスピードで飛翔するので、10分程度避難できれば十分らしいものの、狭い空間なので長時間は無理そうです。
レントゲン機器に囲まれた狭い空間が非常時にどうか?といった問題も東日本大震災で震度6にも耐えた実績もあるのでクリアーかと思っています。

余談ですが、Jアラートが“うるさい”とか“迷惑”だと言っているバカ者としか思えない人々がネット上に見られます。
私の考えでは、予測とか予見はとても大切なことで、これが無いといざ現実になった時どうしていいか分からず立ち尽くすのでないかと思っています。

実際、私が診療や処置をしていると見込み違いな事態にたくさん出くわすものの「あり得ること」と予見していれば冷静に対処できます。
普段から「あり得る、起こり得る」と思っていればJアラートは有難いものだと感じられるのではないでしょうか。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
そんな時代なのか!
今回は、“私の認識も時代遅れになったのか!”と感じさせられたニュースを見つけました。
歯を抜いた後「薬を3日分出します!」というフレーズは、もはや古いというより、“この概念そのものが無くなった”というショックなものでした。

確かに薬剤耐性菌に関するニュースを耳にするし、このブログでも耐性菌について綴ったこともあります。
抗生物質が効かない細菌により患者さんが死亡したとか、最新の薬剤をもってしても効果が認められない!など知ってはいたものの、入院患者さんや重度の感染症を診療することが無くなり、どこか他の世界の事のように感じていました。

細菌による逆襲は確実に我々人類に迫り、このまま手をこまねいていると薬剤耐性に起因する死亡者数は増大し、2050年までには全世界で1000万人が死亡すると想定されているそうです。
そして、この数字は近年の癌による死亡者数820万人を超えるそうです。

つい最近こんなことがありました。
近くの医院で処方された薬を確認した時のことでした。
出された薬の中にパセトシンという抗生物質を見つけました。
私は思はず「こんなに古~いペニシリン系の薬を処方しているけど、耐性菌だらけのはずで、はたして効くのかな?」なんて心の中で思い「なんか特殊な事情でもあるのかしら?」なんてことも頭の中に浮かびました。

そう!
ところが、この処方をした先生、とても耐性菌に理解のある優秀な方であることを今回改めて思い知ったのでした。
2016年に出された歯科感染症治療の原則とガイドラインによると、ペニシリン系薬が第一選択で、現在最も使われている第三世代セフェムが推奨されていないことです。

軽度、中等度の感染症であればペニシリン系とマクロライド系で十分、術後の感染予防抗菌薬などは原則必要無いなんて書いてありました。

例えば、当院でもしばしば行われているインプラント埋入手術では、術前に最小量のペニシリン系抗菌薬を単回投与し、難しい親知らずの抜歯には少しだけ処方するのみにし、感染リスクの少ない抜歯症例では処方の必要性すらないとのことです。
昔ながらの処方を信じていた私としては「え~、そんな時代なの!」と認識を新たにさせられたニュースとなりました。

ただ、抜歯に対し術前単回投与を選択した場合、保険請求はどうなるのか?とか
果たして新しい投与法を古ぼけた頭の中に浸み込ませることができるのか?なんて考えてしまいます。

そうは言っても、“待ったなし!”ですから取り組まないわけにはいきません。でもね、もう少しじっくりと勉強させてください。
しばらくしたら、きっと当院の処方は変わります。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
単回使用医療機器の再製造
興味深い記事を見つけたので綴ってみます。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」の関連法令が改正され、単回使用医療機器(single-use device:SUD)を、一定の条件のもとで複数回使用できるようにする「再製造」の制度がスタートしたそうです。

注射針やシリンジをはじめカテーテルなど、SUD化(単回使用医療機器)された多くの医療機器が普及したことで、処置や手術に伴う感染リスクが大幅に低減し、医療安全に大きく貢献していることはご存知でしょう。
1回の使用で捨てるべき機器であるにもかかわらず、製品によっては精緻で高価であるため「再使用」している施設も少なくないとされていました。

全国の国立大学医学部附属病院のアンケート調査でも「再使用」している施設がかなりあることが判明しています。
院内での洗浄・滅菌は不完全になりがちで、性能・安全性が保証されないため、世界的にも「再使用」すべきでないとの認識になっています。

国内でも集団感染の事例もあることから「再使用」しないよう、何度か喚起されていました。
しかしながら、米国では「再使用」の問題を解消するため、専門の業者によって使用済のSUDを収集して処置を行い、製品として販売する制度が導入されました。

次いでドイツでも同様の制度が導入されました。
遅ればせながら我が日本でも同じような制度がスタートしたということになります。

例えば、EPカテーテルの国内価格は約20万円ですが、1回の検査で複数本使用するので、専門施設ではこれを年間数千本使用することもあるそうです。

また、廃棄するにもコストが相当額になることからも、再製造制度が利用できれば病院経費の負担軽減が期待されているとも記載されていました。

確かに私が大学病院に勤務にしていた頃は、高価なディスポ製品を気軽に使っていたし、汚染されてしまえば、新品をまた使うなんてこともありました。

実際、麻酔科で研修していた頃、1つ数百円のディスポ製品を多くの研修医が気軽にポイ、ポイ使っては捨てているのを見て、医局長が「これ、いったい幾らすると思ってんだ!」と叫んでいたのを思い出します。
日本の医療制度はこの手技には「幾ら」と診療報酬が決まっているので、気軽にポイ捨てされるとさすがの教育機関である大学病院でも大赤字決定となってしまいますから。

でも、日本のことだから、「再製造」のハードルが諸外国に比べて各段に厳しいのだろうな?
かえって新品を使った方が「安上がりかもしれない」なんて余計な事を考えてしまう私でした。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)