茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

出番でした!
新年になり早いものでもう2週間も経ちましたが、虫歯治療をはじめ入れ歯、歯周病、矯正治療にインプラント治療と早くもフル回転で診療をしています。

今度は、新年最初の介護保険認定審査会の番です。
最初だというのに、審査数はいつもの4割増しで準備にいつもより時間をかけ出番に備えましたが、新規申請の数が多く、更新申請も介護度の悪化が目に着き、この寒い時期ならではの内容といった感じでした。

私は6年ぶりの審査委員としての出番なので、前回の時と比較して要介護が高いだろうといった症例も、介護保険の申請者数と要介護者の増加により、介護保険の審査が厳しく要介護度が低く判定されるように感じられます。

最近は医療機関に入院している時から申請をする例も増え介護保険の財政状態は増々逼迫し危機に瀕するようにもなりつつあるようですが、われわれ委員は申請された症例を厳正に審査するだけなのですが・・・

歯科医師の立場で介護保険を考えると我々が直接関与できそうな項目としては口腔清掃と食事の項目くらいなのですが、要介護度の高い人ほど義歯の使用例が高く、食事がうまく出来ない人ほど義歯がうまく機能していないような気がします。

事実、当院で多数のインプラントを埋入して義歯から解放された患者さんが脳梗塞で倒れたにもかかわらず、驚異的な回復力で今では杖だけで歩行可能となり言葉もかなりはっきり発音できるようになった方がいらっしゃいます。
リハビリでもインプラントのおかげで全身に力が入ったとのことで、やっぱり歯は命なんです。

歯周病でも外科治療を併用して時間をかけて治療すれば、歯の喪失が最小限にとどめられしっかり噛めるようになるとともに「先生のおかげでなんでも噛めるようになりました。」と感謝の言葉をかけられることもあるのです。

我こそは歯周病で噛めないという人はぜひ当院に来てみてください!
1年くらい時間をもらえれば絶対といってもいいくらいに立て直してみせましょう!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
たいへんだな~
お正月休みの気分が抜けないなんて不謹慎なことを言ってはなりませぬ。
早速、新年早々から土井歯科クリニックでは歯周外科治療やインプラント埋入手術を行い、いつもどおりの診療をしています。

数日前のことでした。
今年初めての振込みのため普段から行きつけている銀行へ行きました。
その日は、午前中診療を行い、慌ただしく昼食もままならない状態で葬儀に出席したため、銀行に着いた時間が閉店まで30分程の時間になってしまいました。

年明け間もないこともあり、まだ店内は混雑しており、自分の番が来るまでソファーに座ってしばらく待っていると、副支店長がやってまいりました。
副支店長とは年齢が近いこともあり、時間に余裕がある時は、お茶をいただきながら世間話をしたり、愚痴をこぼしたりすることがあり、お互いちょっとした息抜きにもなっている関係です。

恒例の新年のあいさつを交わし、「御時間大丈夫ですか?」と声を掛けられ、いつものように店内のパーテイションの影にある簡単なソファーに座りちょっとだけ話を始めました。
なんか疲れた表情をしていて「忙しそうですが、大丈夫ですか?」と声を掛けると小さな声で「忙しいのはいつものことですが、今日は自分の預金を勝手に引き出されて調べてほしいと言っているお客様がいらしているのです。」と教えてくれました。

本人の思い違いや家族が引き出して伝えるのを忘れたなどの理由が考えられるのですが、スキミングで本当に暗証番号を盗まれて引き出されたなんてこともあるので銀行としては、このような申し出があった場合は徹底的に調べる必要があるそうです。
銀行の取り決めとして警察に来てもらい一緒に立ち会うことで公正をきすとのことでした。
私の振り込み手続きが終了した頃警察も到着し、副支店長は「では、これで失礼します。」と言って去って行きました。

この時、閉店まであと数分となり業務終了のシャッターを下ろす準備を整えている所でもあり、私が銀行から出た時に出入り口を囲むように2台のパトカーが止まっているのが目に入りました。
そして、この異様な光景に気付いた野次馬が「なになに?銀行強盗?」と噂しているのが耳に入り、と同時に、「ちがうよ!そうじゃないんだな~・・真実を知っているのは私だけかもしれない!」と心の中で呟き車の置いてある駐車場へと歩いていきました。

“銀行もたいへんなんだな~”と

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
あけましておめでとうございます。

さて、本年最初のブログです。
確か年初は、生き物を扱った題材を取り上げていたはずなので、我が家の仲間のポイちゃんが最近変なことを覚えたので写真を交えて発表しましょう。

ご存知の方も多いと思いますが、元猟犬だったポイちゃんは捨てられて迷い犬になっていじめられているところを保護して仲間に加わった経緯があります。
したがって、ポイッと捨てられた犬、ポインターのポイから名前はポイちゃんです。

そんなことで、他の仲間の犬たとえばブーちゃん(ブラッキー)より頭が悪いと思っていたら、以外と大胆なところがあってしばしば驚かされます。
まずは写真をみてもらいましょう!

診療室の窓からすぐの所に佇むポイちゃんです。
どこに佇むかと言えば機械室の屋根の上なんですなー!
けっこう高い所で女性の背の高さくらいでどうやってこんな高い所に昇ったのか理解に苦しむ場所です。
しかも「どうだ!」とばかりに自慢げな仕草をする“ポイ”に対し「チクショー!」とこんな感じ!
昇り方はまたまた写真を見ていただければ大体判ります。
まず、エアコンの室外機に昇りホップ!
そこから自分達の家の屋根に上りステップ!
最後に機械室の屋根によじ登りジャンプ!で完成

まずスタッフが見つけて「先生!見てください。ポイちゃんが・・・」
私「あぜん!」
スタッフみんなで笑い!
患者さん「まあ、かわいい!」
とまあ、こんな具合の反応です。

ポイちゃん、年末の本当に押し詰まった頃に突然こんな事を始めてくれました。
高い所から初日の出を拝みたかったのかもしれません。
それにしても、今後もポイちゃんから目が離せない油断ならない奴です。
新しい年が始まったのに干支とは違う犬の話題でどうもすいません!

今年もよろしくお願いします。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
本年最後です
2013年もあと僅かとなりました。
土井歯科クリニックの診療もあと数日を残すところです。
今年も虫歯の治療をはじめ歯周病治療やインプラント治療、矯正治療などさまざま取り組み、これからもなお一層の向上を目指す所存であります。

でも、やっぱり最後の締めの話題は射撃に関することになってしまいます。
12月22日に百穴射場忘年射撃大会があり、便乗するかたちでFMCの射撃仲間とビジエバーベキュー大会を企画して、射撃そっちのけで夫婦2人バーベキューを堪能してまいりました。(我々夫婦は食べるのみ専門!)
メニューを紹介するとカモ鍋、焼きそば、炭火焼肉です。

カモ鍋にはこだわりの製法で透き通ったスープに仕上げ2種類のカモを使った実にすばらしい出来栄えの鍋料理でした。
焼きそばだって熊のラードをたっぷり使用した高級焼きそばで、クマのラードなんて考えもつかない手法を用いた料理でしたよ!
熊と聞いて「え~~。」と思うかもしれませんが、これまたおいしく「旨い!」「美味しい!」の連呼となりました。

そしてさらに「旨い!美味しい!」の連呼となった炭火による焼肉です。
これも教えちゃいますがキジ(淡泊である意味、焼き魚のような味わいもあり)
カモ、イノシシ、シカと高級ジビエ焼肉のフルコースです。
シカは心臓(ハツ)肝臓(レバー)と人生初の食材を食す幸せをいただきました。(熊の焼肉はもうすでに経験済み!)

とにかく美味しくて、美味しくて食べてばかりで、射撃の方は「もう、順番が着たの?」って感じで「う~、お腹いっぱい!」と言いながら射撃をしていたので成績なんか関係無いと言いながらも、22枚もあてるラウンドもあって、この寒い時期にしては“いいんじゃない”なんて成績も挙げられました。

妻に誘われ始めた射撃ですが、すっかり射撃という競技に魅了されています。今年は11月に猟友会にも入会し、猟を始める準備も整いました。
家庭菜園も持っているし猟で成果を上げられれば本当の意味の自給自足も夢でなくなります。
ただし、野生のものを美味しく頂かなければならないのですから、多くの人によってさまざまな手が加えられて初めて食卓に上ることです。

お肉屋さんに行って「お肉下さい!」といって購入できるわけではないことを肝に命じる必要があります。
本年のブログはこれが最後になるので、本当はインプラント治療の総括にでもしようかと考えていましたが、自慢話のような内容になりそうだったので、余りに感動したバーベキュー話にしてみました。
来年も身の回りに起きたこと、気付いた話題などを中心に綴ってまいります。
それでは、みなさん良いお年を・・・・・
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
10番!
サッカー日本代表の本田圭佑がACミランに移籍!
しかも10番を背負うというのですから、なんという快挙!なんて話ではないのです。

私の綴るブログなので、歯に関する10番についても綴ってみましょう。
歯医者さんで治療経験があれば、1番、2番・・・8番なんて言っているのを聞いたことがあるかもしれませんね!

歯式と言って何処の歯を指しているのかを示す番号で、右上3番なんて言えば自分から見て、右の上あご、前から数えて3番目の歯を指します。
たとえば、1,2番は前歯、6、7番は奥歯を指す数字になります。
よく、「親不知(おやしらず)が腫れて痛い」なんてことを聞いたりすることがあると思いますが、これは8番と呼んでいます。

通常、歯式には8番までしか用意されておらず、上下左右に8本ずつで大多数の人は最大でも32本の歯であり、もっとたくさんの歯が生えている人は稀です。
今までも、9番の歯(口の中に歯が生えた状態で)を持った人をみかけたことは僅か数人で、10番の歯を持つ人なんか何かの症候群を持った人くらいに思っていました。

ところが、数か月前、虫歯治療に来院した患者さんには、10番の歯があったのでびっくりでした。
別に症候群を持った人でもなくごくごく普通の人なんです。
「初めて診せてもらいました。」なんて言ったらびっくりされそうだったので、それとなく記念に写真を撮らせてもらいました。

くわしくは解説しませんが10番があるんです!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)