茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

糖尿病と歯周病
糖尿病と歯周病との関係はこのブログのなかでも何度か綴ってまいりましたが、歯科医師会雑誌にこの二つに関連する調査が掲載されていました。

私のブログの読者であるみなさんは歯周病が糖尿病の6番目の合併症であり、糖尿病と歯周病の関連や血糖値の悪化が認知機能を低下させ、結果として認知症が進行することもお解りでしょう。

何を今さらなんて思うことも、切り口を変えることで異なる面が浮き彫りになることもあるのです。
雑誌に掲載された内容を要約すると重度の歯周病患者さんに抗菌剤を併用して歯周病治療をすると糖尿病の病態指標であるHbA1cが有意に減少するとの結果を得たとのことでした。

結果を良く読んでみると、抗菌剤を使うと0.49ポイント低下して、使わないと0.3ポイントの低下で使った方が大きく減少することが判明したと書いてありました。

そもそも重症歯周病であれば抜歯を含めた根本治療が必要だと考えるのですが、初期治療をして抗菌剤の投与のみとすれば、一時的に改善するだけではないのか?または常に抗菌剤を使い続けなければならないのか?などちょっと気になりました。

私が大学病院に勤務していた頃はMRSA(メチシリン耐性ブドウ球菌)による院内感染が問題となり安易な抗生物質の使用に警鐘が鳴らされた時代でした。現在でも、インフルエンザの治療薬としてのタミフルなどはだいぶ耐性インフルエンザウイルスが増えているようですし、歯周病も病原菌が問題なのですから、抗菌剤に頼った治療は後で痛い目にあったりしないものかと少し心配でもあります。

私も歯周外科治療により糖尿病が改善することを経験しています。
インプラント治療を希望して来院した患者さんだったのですが、糖尿病がありやはりHbA1cが高い状態だったので歯周外科治療をおこなうことで、なんとHbA1cが正常値内まで低下してしまい患者さんの主治医の先生が「いったいどうしたの?薬を飲まなくてもよくなったじゃない!」と驚かれたと嬉しそうに話してくれた患者さんがいました。

当然インプラント治療も無事完了できてめでたし、めでたしの症例を経験したことがあります。
このようにデータが改善した患者さんもいるし、一方であまり変化のなかった患者さんがいるのも事実なので、なにが改善のカギを握っているのか判ればいいのでしょうが・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新聞記事
今度の雪は記録ずくめの豪雪となり関東一円右往左往の大混乱です。

射撃大会は台風でも中止にならないと言われているのに、今度ばかりは降雪のため中止が相次ぎ、場所によっては雪の重みで射台の屋根が落ちてしまった所もあって大損害を被った射撃場は今後が心配です。

その日はちょうど豪雪から2日後でなんとか予定の大会が開催されました。
射撃場の受付で「おはよ~!」と声をかけて入ったときのことです。

「ああ~、土井さん。いま、ちょうど土井さんの話をしてたところだよ。」と言われ“いったいなんかヤラカシタ?”と思ったものの、どうやら私が射撃で良い成績を収め、その結果が新聞に載っていたということを何人かでワイワイ話していたらしいのです。

詳しく話を聞いてみた所、何日か前の読○新聞の茨城版にトラップ射撃の成績欄で月例会の3位に載っていたと教えてくれました。

「何の月例会で3位になったの?」と聞かれ、1月の始めに思いがけず好成績を納めた大会があったのを思い出し、その際、年明け早々からこれだけ当たれば今年は期待できそうだとの好感触を得たときのものだったのです。

一仕切この話題で盛り上がり“今年の土井さんはなかなかやりそうだ!”という印象を“おじ様方”に植え付けることができたかもしれないぞシメシメとこんな感じです!

当日の射撃成績はというと、一面雪景色でクレーの飛び出しが確認し辛く、みんな「当たんねーな~」とぼやきばかりが聞こえた1日でしたが、悪いながらも4番目の成績でなんとか面目を保った日となりました。

○売新聞を購読していたため、自宅に帰るや否や、何日分もひっくり返しこの記事を見つけました。
なにはともあれ励みになります。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
11%
さて、AEDという装置を見たり聞いたりしたことがあると思います。

AEDは正常に働かなくなった心臓(心室頻拍、心室細動)に、電気ショックを与えて正常な働きを取り戻す治療装置です。

学校、駅、病院をはじめ公共の場にはほとんど設置されているので目にすることが多くなっています。
AED設置を登録し公開に同意している施設は全国で17万件を超え、当然、わが土井歯科クリニックにも設置し登録までしているので17万件のうちの1件になっています。

設置しているだけの施設もあるようで、私がよく行く射撃場では、「トレーニングしてる?」と私が聞くと「やってないからわかんない、何かあったら土井さん呼ぶから!」(あくまで冗談)なんて言われたこともあります。
当院では、ダミー人形を取り寄せ、CPR(人工呼吸、心臓マッサージ)とAEDの使用法をトレーニングしているので、もしもの時の準備(絶対いやだけれど!)のみならずバッテリー、パッドのメインテナンスもしっかりおこなっています。

自分の医院がこうだから、他の歯科医院もしっかり備えているのかと思いきや、なんと歯科向け学術雑誌の中に衝撃的な数字を見つけ、その数字が11%なんです。

歯科医院にはAEDを設置するべき施設とされていますが、普及率の方は全国平均11%であり、そのなかでも茨城県は全国平均に及ばない10%未満とのデータを見つけました。
先日のインプラント治療では、2か月前に狭心様発作を起こし手術当日の血圧が190/120もあって、“頭がクラクラする”くらいの患者さんがいました。

「どうする?」と聞いたら「やりたい!」との希望を受けて、静脈路を確保して鎮静剤を投与するとともに、万全の救急薬も用意し、なんとか血圧をコントロールすることで埋入手術をおこないました。

その際モニター(生体監視装置)を装着して、常に注視しながらデータを患者さんに伝え安心感を与えるムンテラ(ムンドテラピー)をしながらも、手術は上顎の水平垂直的に骨吸収を起こしていた症例のため、人工骨にPRPを応用したり、洞粘膜の拳上、骨を水平的に拡大したりと術式そのものも難易度の高いものでした。

当然、無事に終了した時はヘトヘトになってしまいました。
最近は“自分が手掛けなければ誰がやるんだ!”みたいな症例も多く、AEDは、当院のお守りみたいな存在です。
したがって、AEDのグリーンランプを確認して今日もホッと安心です。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2時間
さて、今回は射撃の話題を交えて“2時間”について綴ってみましょう。

私が射撃を趣味にしていることはご存知だと思いますが、銃をぶっ放すためには実包といって散弾が必要です。
当然好きなだけぶっ放すわけにはいかず、限られた分が無くなったら警察まで出向いて標的射撃用の実包譲受許可を申請して、さらに、証紙を買って“何発までなら買ってもいいですよ!”という許可を貰って、やっとこさ銃砲店で実包を購入して再びぶっ放せるようになります。

銃の所持が厳しく制限されているこの日本ですから、あらかじめ自宅で申請書類を作成してから、警察へ出向いても許可をもらうまで待ち時間が結構あります。
そんな時は、警察の人とチョットだけ雑談したりするのですが、その日は、たくさん置いてあるファイルの中から“オレオレ詐欺”とファイリングしてあるものが目に留まりました。

「真壁でもオレオレ詐欺の電話は多くあるのですか?」と気になり聞いてみました。
すると「そんなに多くは無いけどありますよ!」と答えが返り「何時だったか、銀行からオレオレ詐欺の可能性があると通報を受け、駆けつけた所、絶対詐欺だと感じる事例だったので、銀行員と振り込みを止めるよう説得してみたが、本人は詐欺話を完全に信じ込んでいてどんなに説得しても聞き入れてくれなかった!」と。
「携帯電話に連絡して確かめてみて下さい。」とやさしく言っても頑として受け入れてくれなくてとっても困ったことがあったと話してくれました。

結局2時間説得して、ようやく携帯電話に連絡してもらうことで詐欺だと判明したそうですが、たった1分程の時間で済むようなことでも信じ込んでしまった人間には通用しない、まるでマインドコントロールにかかってしまったような状態から解放するには2時間くらいの時間が必要であったとのことでした。

そう言えば、銀行の自分の口座から勝手に預金が引き出されてしまったと訴えた人の話を書きましたが、これも本人がATMから引き出している様子がビデオに撮影されていたそうです。
なんだ“自分の勘違い”じゃないか!で済みそうな事例だったのですが、勝手に引き出されたという思い込みをリセットするのに、警察官と銀行員が2時間説明と説得をして渋々了承してもらったとのことです。
今度は私の事例ですが、総合病院に通院していた時のことですが受診日を間違えて1日遅れで行ってしまったことがありました。

診察と薬をもらうだけの数分で終了するような病状となっていたのですが、予約が無いので長い待ち時間を覚悟していたものの、2時間と少し待って受付に「あとどのくらい待ちますか?」と尋ねると、「さ~、見当もつきません」という返答をされて待つのを諦めて帰宅したことがありました。

2時間以上待ってさらにどれくらい待つか見当もつかないとわかった時、自分の心が折れてしまいました。
2時間という時間は何かを決断するのに最低限必要な時間の単位なのかもしれません。

みなさんはどう感じられましたか?
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
今だけ!
ブログを綴っていると、適当と言うか「これはちがうだろう!」みたいなことを記してはいけないと考え、「本当に正しいかちょっと調べてみよう。」とネットで検索することもしばしばです。

今では死語になっていると思いますが“ネットサーフィン”なることをして、なるべく正確な情報をと心掛けています。

先日、グーグルでいろいろ検索していたのですがなんとなく“インプラント茨城県”と入力してみたところ、土井歯科クリニックのホームページが2ページ目の真中くらいにあることを見つけ「オオー、すごいぞ!こんな上位にある!」ととってもうれしくなってしまいました。

上位にあるからといって「ホームページ見てきました!インプラントして下さーい。」なんてことがあるわけもなく、“どこにあるかわからない順位よりも目に留まり易いところにあったほうがいい”そんな感じでした。

そして今度は、逆の“茨城県インプラント”と入力して検索してみたところどうでしょう!
なんと土井歯科クリニックのホームページが1ページ目の1番上にあるではありませんか!
うれしいのでもう一回書かせてください、土井歯科クリニックのホームページが1ページ目の1番上にあるんです!

いや~、こんなことってあるんですね~
やらせで業者に依頼しているわけではないし、1丁目1番地みたいな所は、どこかのネット業者に依頼しないとなれないとばかり思っていました。

そんなことで、この珍現象を見られるのもきっと「今だけ!」だと思うので是非ともみなさん“いつ見られるの?”“今だけでしょ!”を見てあげて下さいませ。
よろしくお願いします。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)