茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

軽トラ
ポカポカ陽気も続き野菜を始め果実の芽も大分伸びてまいりました。
特にブドウの木は成長も早くいろいろサポートしてあげないと実りの秋は期待できません。

今までも、切り出してきた竹や既成の鉄製ポールを使って支えを作ってきましたが、ことごとくポイちゃんの強烈なダメージにより収穫減を繰り返してきました。

ご存知ポイちゃんという犬、強靭な顎の持ち主で噛めそうな物と認識すれば、かなり太い鉄製のポールでもたちまちのうちにグシャグシャにしてしまいます。

現在まで、この犬のおかげでフェンスを作ったり、配管の補強を強いられたりと多額の出費や多大なる損害を受け保健所送りにしてやろうかと思ったことも数知れずですが、寛大な措置というか諦めと言いますか今に至っております。

“もうこれ以上は好きにさせない!”と言う決意のもと“今度こそは!”と建設資材を使ってブドウの木をサポートしてやろうと考えました。

鋼鉄製のポールを組んでぶどう棚を作れば完璧と考えたものの、普段のホームセンターの買い物にはランエボが相棒です。しかし、建設資材ともなると長くて重量のあるものが多く少々役不足なので軽トラの出番となるわけです。

以前から田舎住まいには軽トラがあったら便利だなと言っては、冗談めかして“買っちゃおうか?”なんて話もしていましたが、実際年に数回の出動のために購入するのはためらいがありました。

でも、ホームセンターが軽トラの貸し出しをしていることを何年も前から知っていたので、これを利用しない手は無いと思い立ち、この軽トラで資材の運搬に挑戦してみた次第です。

やってみると手続きは至って簡単でラクラク、しかも軽トラって意外とたくさん積めることや、軽トラの運転デビューも出来てとお得体験たっぷりでした。

しかもさらに、当医院の玄関前の花壇がさみしい状態だったので、プランター用の土と季節のお花もついでとばかりに購入し植栽することで華やかにしてみました。

 
きれいなお花を堪能してみて下さいませ!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
コゲラノス
今回の題名はコゲラノスです。

なんだか呪文のようですが、書き直すと“コゲラの巣”となり勘の鋭いかたなら“ピンッ!”と来るような題材です。

少し前に院長室の窓から見える、枯れかけた木に小さなキツツキが巣を作っているとお知らせいたしました。

その後も脅かさないよう注意しながら成り行きを見守っておりましたが、このコゲラちゃんどうやらすっかりお気に入りの場所になったようで住み着いてくれました。

ロールスクリーンを下げ窓との隙間をほんの少し空けておき、診療の合間にそっと覗いて観察を続けると、運が良いと巣穴からちょこっと顔を覗かせた主を見かけることができます。あまりジロジロ見てコゲラと目が合ったらいけない!なんて考えながらも「何やってるんだろう?」「卵を温めているのかな?」なんていろいろ想像ができてとっても楽しいーです。

ところで、コゲラの巣との距離がどれくらい近いか窓と樹木の関係を写真に収めてみたので「何てところに巣を作ったんだ!」と私がどれだけ驚いているか良くわかると思います。
そして、コゲラがちょこっと巣穴から顔を覗かせているところも併せて写真に収めることができたので見てあげて下さい。

とってもかわいいですよ!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
髪の毛
さて、今回は最近「オヤッ!」と思った事柄について綴ってみましょう。

髪の毛が少々不自由な方には申し訳無い話題なんですが、私は髪の毛が固く、子供の頃から朝起きると寝癖で収拾のつかない状態に陥っていました。

そのため、小学校の高学年では生意気にもドライヤーなんぞを使っていました。今だに朝は整髪料を付けてドライヤーで髪型を整えるのは毎朝の儀式みたいなものです。

このところ、朝に鏡の前に立つと髪の毛が逆立ちまくりでそれはそれは大爆発と言った状態になっていました。いつものように整髪料を付けドライヤーをかけてもなかなか髪の毛が言うことを聞いてくれず悪戦苦闘して「まあ、いいか!」と半分諦め診療室へと向かっていました。(私の髪の毛が逆立っていても誰も気にすることもない!)

ところが、ここ数日雨模様が続いたせいか髪の毛が小爆発程度に抑えられドライヤー時間も短縮で「いいんじゃない!」といった具合に整ってくれていました。

この現象は「なんで?」と考えてみたら「もしかして、これ?」と思い当たったのがこれです。

ちょっと前まで、天気予報では「このところ空気がカラカラに乾いています。火の取り扱いには注意しましょう!」とアナウンスして日中の湿度が大変低く10%を下回る日も続いていたことを思い出しました。
髪の毛は湿度の測定に使われたこともあるほどの湿気に敏感な素材です。

したがって、最近の髪の毛大爆発は空気のカラカラと密接に関係しているに違いないと「ピンッ!」と来たわけです。そんなに自慢するほどのことでは無いけど、ちょっと気になったので綴ってみました。

いかがでしょう?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
消費税
4月に入り消費税がさらに3%上がり8%にまでなりましたが、みなさんもささやかな抵抗を試みたことでしょう。

当然土井歯科クリニックでも、グローブやらマスクやら石膏やらとささやかに買いだめをして抵抗してみました。でも、ご安心ください!土井歯科クリニックはインプラント治療、矯正治療をはじめセラミック冠等の自費治療の料金は今まで通りのままで据え置いています。

この消費税アップによる税収はすべて社会保障に使われると公約されていますが、医科、歯科、も診療報酬改定となり一部新しい点数で診療が始まっているのをご存知でしょうか?

社会保障に使われると言われているのだから、「今まで以上に儲かっていいなー」なんて羨ましがられそうですが「ところがどっこい冗談じゃない!」というのがすべての医療人の本音でしょう。

歯科においては、消費税上昇分には絶対満たない改定になっているし、金属冠を作るための金属価格なんて作れば作るほど逆ザヤが増えていくような価格設定にされ、さらに酷い状況で文句や泣き言の嵐となってしまいました。

そもそも歯科医院の経営が苦境に立っているから今回もアップします!なんて威勢の良い声が聞こえていましたが、消費税上昇分にプラスされる財源は全国の歯科医院すべて合わせて30億円です。
これって約9万件の歯科医院に分配すると1軒あたり年間3万円とちょっとで、月にしたら2500円くらいで小学生のお小遣いくらいじゃないかといった話になっています。

医科の改定でもいろいろ問題があるようで、外科医でもある妻はあきれたようにこう言いました。
「手術が下手なほうがいっぱい貰えて上手だと少なくなるんだからやってられない!」と。どういうことかと言えば、最近テレビで医療もののドラマが多く放送されていますが、神の手を持つ主人公が困難なオペを短時間で完璧にこなすなんてシーンがありますが、こんなことでは報酬が少なくなって病院の死活問題になってしまいます。

正解は「わたしこのオペ初めてなんです!」なんて言ってるへたくそな外科医があきれるほど長時間かけて手術した方がいっぱい貰える仕組みになってしまったそうです。

これは少し誇張としても本当にこんなシステムが一部導入されたようです。
これでは、外科医あるいは外科系といわれる診療医の成り手が増々少なくなるし、そもそも外科医が一人前に成るのにどれだけの年月がかかると思っているのか全く理解していないとも話していました。

このままだと、ガンと診断されて手術まで6か月待ちなんて日も、もうすぐやってくるでしょうし、ガンを6か月放置したらどうなるかなんて考えたくもありません。
歯科においても往診した場合、短い時間で手際よく治療したら報酬がとても低くなるシステムが導入されてしまいました。

医療費だけを問題にして、医療の現場がどうなっているのかを顧みないと結局ツケを払うのは患者さんになってしまうことでしょう。

先日、私の医院で紹介状を書いてある大学病院を受診してもらったら何時間も待たされ2週間後が初診の予約日だと言われたと怒って帰って来た患者さんがいました。私はなるべく自分の医院で解決できるよう努めているので紹介するのはそれなりに理由あってのことなんですが・・・この事例では、さらに別の大学病院に紹介して解決しましたが、歯科なんてコンビニよりも多いと言われて久しいのにこんな扱いをされるのだから医科ではもっと深刻なことが起こり得るかもしれません。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
こんなところに!
4月に入りますます春らしい陽気になってまいりましたが先日のことでした。診療に一区切りがついて「あ~、つかれた!」とばかりに院長室(物置部屋みたいな所)のイスで少しばかり休息していた時でした。

「コッコッコッ」、「コッコッコッ」と、どこからか小さな音が聞こえていました。

「いったい何の音だろう?」「どこから聞こえてくるんだろう!」と周囲を見渡してみましたが、なかなか音源を確認できずにいたところ、ふと、外かもしれないと窓の外に目をやると驚愕の光景が目に入りました。

窓から1メートルと離れていない枯れかけた樹木にキツツキがとまり木に穴を開けている音だったのです。
「これはいい木を見つけた!」とばかりに夢中になってツツイテいる最中で私が覗いていることにも気付かない様子でした。

私は私で、脅かさないようにソッとその場を離れカメラを探しに院長室を出ました。
そして旨い具合に撮影に成功した写真がこれです。


調べてみるとコゲラという名前の鳥でジャパニーズ・ピグミー・ウッドペッカーとも呼ばれる小さなキツツキと判明しました。

当院は鳥たちに好かれるようで、この木のお隣にも鳩が巣を作ったことがあるし、数年前には医院の出入り口にツバメが巣を作り子育てするのを見守ったことがあります。

疫病神や貧乏神に好かれるのは困りものですが、なにはともあれ、いろいろな人や動物に好かれるのは良いことです。でも、医院の玄関にスズメバチが巣を作った時は、やはり困りものでしたがね!

今回も、うまく見守れればなによりです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)