茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

消費税
4月に入り消費税がさらに3%上がり8%にまでなりましたが、みなさんもささやかな抵抗を試みたことでしょう。

当然土井歯科クリニックでも、グローブやらマスクやら石膏やらとささやかに買いだめをして抵抗してみました。でも、ご安心ください!土井歯科クリニックはインプラント治療、矯正治療をはじめセラミック冠等の自費治療の料金は今まで通りのままで据え置いています。

この消費税アップによる税収はすべて社会保障に使われると公約されていますが、医科、歯科、も診療報酬改定となり一部新しい点数で診療が始まっているのをご存知でしょうか?

社会保障に使われると言われているのだから、「今まで以上に儲かっていいなー」なんて羨ましがられそうですが「ところがどっこい冗談じゃない!」というのがすべての医療人の本音でしょう。

歯科においては、消費税上昇分には絶対満たない改定になっているし、金属冠を作るための金属価格なんて作れば作るほど逆ザヤが増えていくような価格設定にされ、さらに酷い状況で文句や泣き言の嵐となってしまいました。

そもそも歯科医院の経営が苦境に立っているから今回もアップします!なんて威勢の良い声が聞こえていましたが、消費税上昇分にプラスされる財源は全国の歯科医院すべて合わせて30億円です。
これって約9万件の歯科医院に分配すると1軒あたり年間3万円とちょっとで、月にしたら2500円くらいで小学生のお小遣いくらいじゃないかといった話になっています。

医科の改定でもいろいろ問題があるようで、外科医でもある妻はあきれたようにこう言いました。
「手術が下手なほうがいっぱい貰えて上手だと少なくなるんだからやってられない!」と。どういうことかと言えば、最近テレビで医療もののドラマが多く放送されていますが、神の手を持つ主人公が困難なオペを短時間で完璧にこなすなんてシーンがありますが、こんなことでは報酬が少なくなって病院の死活問題になってしまいます。

正解は「わたしこのオペ初めてなんです!」なんて言ってるへたくそな外科医があきれるほど長時間かけて手術した方がいっぱい貰える仕組みになってしまったそうです。

これは少し誇張としても本当にこんなシステムが一部導入されたようです。
これでは、外科医あるいは外科系といわれる診療医の成り手が増々少なくなるし、そもそも外科医が一人前に成るのにどれだけの年月がかかると思っているのか全く理解していないとも話していました。

このままだと、ガンと診断されて手術まで6か月待ちなんて日も、もうすぐやってくるでしょうし、ガンを6か月放置したらどうなるかなんて考えたくもありません。
歯科においても往診した場合、短い時間で手際よく治療したら報酬がとても低くなるシステムが導入されてしまいました。

医療費だけを問題にして、医療の現場がどうなっているのかを顧みないと結局ツケを払うのは患者さんになってしまうことでしょう。

先日、私の医院で紹介状を書いてある大学病院を受診してもらったら何時間も待たされ2週間後が初診の予約日だと言われたと怒って帰って来た患者さんがいました。私はなるべく自分の医院で解決できるよう努めているので紹介するのはそれなりに理由あってのことなんですが・・・この事例では、さらに別の大学病院に紹介して解決しましたが、歯科なんてコンビニよりも多いと言われて久しいのにこんな扱いをされるのだから医科ではもっと深刻なことが起こり得るかもしれません。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
こんなところに!
4月に入りますます春らしい陽気になってまいりましたが先日のことでした。診療に一区切りがついて「あ~、つかれた!」とばかりに院長室(物置部屋みたいな所)のイスで少しばかり休息していた時でした。

「コッコッコッ」、「コッコッコッ」と、どこからか小さな音が聞こえていました。

「いったい何の音だろう?」「どこから聞こえてくるんだろう!」と周囲を見渡してみましたが、なかなか音源を確認できずにいたところ、ふと、外かもしれないと窓の外に目をやると驚愕の光景が目に入りました。

窓から1メートルと離れていない枯れかけた樹木にキツツキがとまり木に穴を開けている音だったのです。
「これはいい木を見つけた!」とばかりに夢中になってツツイテいる最中で私が覗いていることにも気付かない様子でした。

私は私で、脅かさないようにソッとその場を離れカメラを探しに院長室を出ました。
そして旨い具合に撮影に成功した写真がこれです。


調べてみるとコゲラという名前の鳥でジャパニーズ・ピグミー・ウッドペッカーとも呼ばれる小さなキツツキと判明しました。

当院は鳥たちに好かれるようで、この木のお隣にも鳩が巣を作ったことがあるし、数年前には医院の出入り口にツバメが巣を作り子育てするのを見守ったことがあります。

疫病神や貧乏神に好かれるのは困りものですが、なにはともあれ、いろいろな人や動物に好かれるのは良いことです。でも、医院の玄関にスズメバチが巣を作った時は、やはり困りものでしたがね!

今回も、うまく見守れればなによりです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
挑戦(最終結果)
さあ、2週間に渡り自らを実験台にしたホームブリーチも終了し、お待たせの結果報告です。
なんだかんだで約20時間ほどの時間をかけてホワイトニングしてみたので“そりゃ、白くなるよ!”というのが結論のはずです。

だってね、前後の写真を並べるとどっちがどっちなのかわからないんです!
 
ブリーチ前   ブリーチ最後

自分では鏡を見て白くなったと感じてはいるものの、“他人の目からはどうなのか?”となると、今だ、気付いた人が現われず他人にとって私の歯が白くなろうがどうでもよいことではないか?というか“そんなに変わってないんじゃない!”というのが結論です。

自分としては白くなったことで“少々若返った”と感じているものの、ホワイトニングしたことを意識しているからで「わあ~、白い」という程、真っ白くなったわけでもないからな~・・・

でもね、職業病なのかテレビを観ていても、タレントや女優さんの口元に目がいってしまい「もう少し、歯の手入れをしたらいいのに!」と思うこともしばしばあるんです。

お肌の手入れやお化粧をしっかりしていても、歯や口元に注目すると年齢が出ていると感じたり、この人かなり地位の高い人(経済的、社会的いろいろ)なのにいかにも“安物の入れ歯”と思わしき義歯が見えている人、“さすがだな~良いもの使ってるわ~!”と感心する人がいたりとさまざまです。

妻はというと、女の目線で身に着けているアクセサリーを鑑定してみたりと、注目するところが違えば見るところも異なるものです。

それではみなさま、目がどうした、鼻がどうした、美肌がどうしたもいいけど、もっともっと歯や口もとに注目してね!

おねがいです。
最後にお恥ずかしながらホワイトニング前と後の写真をお見せして終わりにしたいと思います。(どこが変わってるの?と言われそう)

さらにもっともっとブリーチをがんばり、“白くなった”と納得してもらえるくらいまで!結局このシリーズはそのうち続編をお送りします。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
挑戦(こんなとこで!)
前回に引き続いての報告です。

ホームブリーチは、家の中でやらなければならないなんて誰が決めたの?
ということで、本日はフィールドブリーチを決行してみました。

では、どこで?
私の趣味をご存知ならば答えはわかると思います。

そう、射撃場です!
もしかしてこれって世界初の試み?

さっそく射撃場に着いたら上下のマウスピースに薬剤を塗布して装着、そのまま射撃をすることでホワイトニングもしちゃうという一石二鳥法を実践してみました。

マウスピースを装着すると噛み合わせの高さが変わり違和感があったものの、午前中の2ラウンドをそのまま経験してみましたが成績もまずまずで「いけるじゃん!」こんな感じでした。
午後は通常に戻し2ラウンド撃ってみたら、なんと惨憺たる成績でガックリ!

もしかしたらマウスピースの装着は射撃に効果あるかもしれないと考え、今後はマウスピースを着けて射撃をおこなう新たな挑戦をしてみようかと思っちゃいました。!!
だって歯科医師でないとこんなこと思いつかないだろうし、マウスピースだってさまざま試行することも可能ですから。

材質には硬質のものと軟質のものがあるし、厚さも薄いものから厚いものまで何種類もあるし、組み合わせは相当な数になるでしょう。

効果を試すにも何種類かのマウスピースをアトランダムに試すのか、決められた順に試すのか、はたまた天候によって種類を変えたほうがよいのか論文が書けそうなくらい思いが巡ります。

でもね、そもそもマウスピースの装着は射撃成績の向上に役立つのか?それが問題です。
せっかくの思いつきだし、歯医者さんにとっては、いろんなマウスピースを作るのはお手の物だし試してみる価値ありではないでしょうか?

それでは挑戦Ⅱにご期待下さい。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
挑戦(中間報告)
わたくし現在ホームブリーチ挑戦中です。
1週間が経過し、途中経過ならびに感じたことを報告してみたいと思います。
   
ホームブリーチ初日:
挑戦初日、どんなものかと期待と不安の中、規定量の薬剤をトレーに盛り歯列に装着、間もなく噛み合わせが高くなったため唾液がたくさん出てきます。嘔吐反射の強い私には、とっても気になるので吐き出すか飲み込んでしまうか迷ってしまうのと同時、唾液と薬剤が混ざりなんとなく苦く、最初はやっぱり吐き出してしまったものの、慣れるに従いどうでも良くなりました。
装着時間は2時間以内と記載されていたので、なるべく長時間の装着を心掛けるものの約1時間半で断念しトレーをはずし、軽くうがいをしてトレーも一緒に洗って終了。
鏡で確認してみるとかなり白くなっているのがわかり「すごいな~」と感心して就寝。

2日目:
朝、鏡で歯の色を確認すると昨日の“あの白さはどこにいってしまったんだ”というくらい元に戻っていてがっかり!
始めたばかりだから仕方ないと前日同様がんばり2日目終了。
しばらくしてから鏡を覗くとやっぱり後戻り大!

3日~7日目:
ホームブリーチにもすっかり慣れスムースに一連の作業が進行。
後戻りにもすっかり慣れ本当のところどのくらい白くなるのか不安になるのと毎日、長時間装着するのも少々面倒になり始める!
知覚過敏についての注意書きがあったものの不快症状もほぼ無く、折り開始地点通過といったところで報告終了です。
 


最後に開始時と1週間後の状態をお見せします。
ただし、あくまで挑戦なので、お見苦しい写真なのは勘弁です。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)