茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

お盆休みを利用して、母親の実家がある浜松までお墓参りを兼ね、浜名湖の舘山寺(かんざんじ)温泉に行ってまいりました。

お墓参りや親戚へのあいさつ回りについては省略させていただきますが、実家が浜名湖からほど近くに位置していたため、小さな頃から春休み、夏休みと母親の実家を拠点にして浜名湖のさまざまな場所へ、家族や親類に連れて行ってもらい、また自分達で自転車を漕いで行き知らない所は無いというくらい、海水浴やら探検と称してさまざま訪れていました。

さすがに、ここ20年くらいは訪れる回数もぐっと減ったものの、舘山寺周辺は海水浴場や遊園地があってそれこそ数えきれないくらい遊びに行った場所でした。

ところが、今回は舘山寺のホテルに宿泊したことでホテル備え付けの“見どころパンフレット”に目を通した時「舘山寺ってお寺だよね?そういえば一回も行ったことなかったよね!」ということで恥ずかしながら生まれて初めてお詣りに行ってしまいました!

そもそも成り立ちは平安時代に遡り、かの弘法大師が修行し、開創したたいへん歴史あるお寺だったのです。

鎌倉時代に焼失し再建されたことや、南北朝時代からは500年に渡り守られたこと、穴大師という1500年前の横穴式古墳があり弘法大師がここで修行し、しかも眼病平癒の功徳があるなんて全く知りませんでした。

お隣にある愛宕神社だって西暦727年鎮座し火之加具土神(ひのかぐつちのかみ)と由緒が記してありました。

さらに浜名湖も500年前は霞ケ浦みたいな水深の浅い淡水湖だったのに大地震の津波で太平洋と繋がったなんてことも、もちろん初めての知見で子供の頃と人生折り返しをはるかに過ぎた大人では、まったく異なる視点で物事を見ることができ、まさに大人の成せる業と言えるかもしれません。

最後に、浜名湖といえば“うなぎ”がたいへん有名ですが、昔は至る所にあった養殖池はほぼ姿を消し、お盆の時期になればあちこちの“うなぎ屋さん”で蒲焼を買う行列を見ることができましたが、“ご時世には逆らえず”と、どこもひっそりとしていました。

でも、しっかり“うな重”は食べて帰ってきました。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
なかなか優れものです!
腰が痛いやら、肩が痛いだのと愚痴のようなことを綴ったことがありました。整形外科受診で長年の心配を解消するとともに、通院でのリハビリと自宅での簡単リハビリの方法を教わりがんばろうと決意したものの、診療が忙しく思うように時間が取れなかったり、元来のさぼり癖が出てなかなか軽快しない状態が続いていました。

そう言えば、受診時のやり取りで「ちょっとした台みたいなものに片足を掛けておくと腰の負担が軽くなりますよ。」とアドバイスされていたことを思い出しました。ホームセンターに立ち寄った時、このアドバイスを思い出し“これってどうよ!”と直感したものを手に取りました。

安い(100円くらい)し、軽いし、色の具合も良し、だめでも後悔しない品物!ということで購入してしまいました。

発砲スチロール製の“みかげ石”風のれんがです。
診療室の床の色とマッチするし、軽いので足を使って移動させるのも簡単で床に傷も着かない、なんたって安いので気に入らなくても、破損したって後悔無しと良いこと尽くめです。

なにはともあれ写真のように診療ユニットの足元に置いて使ってみました。
診療時にちょっとだけ足を載せて屈んでみたり、覗き込むような姿勢を取ってみたりと何時ものように診療してみました。

すると、なんということでしょう!
何時もだったら「あ~、腰が痛い!」と呟く場面でもなんだかとっても楽な感じで診療を継続できるのです。

たった数百円でこんなにも楽になるとは!
恐るべし発砲スチロール製れんが!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
消耗品の交換
いざというときのために常備しているAEDです。
すでに当クリニックの守り神のように、何時も何時も同じ場所から見守ってくれています。

このほど“AED消耗品に関する案内”が送付されてまいりました。
どうやら、除細動パッドの交換時期が来たようで確かめてみたらやっぱり使用期限が迫っていました。
早速、購入先に連絡し除細動パッドを購入し交換して、イザという時に使えない役立たずの守り神にならないよう、しっかりメインテナンスさせていただいてます!

案内状にとっても気になる注意書きを見つけてしまいました。
「安全にAEDをお使いいただくために、保証期間および耐用期間にあわせ、ハートスタートAED製品の新規お買い換え(更新購入)をご検討ください。」

HSI本体の保証期間:5年    HSI本体の耐用期間:7年
とありました。

あのね~、除細動パッドの使用期限は2年、バッテリーの使用期限が4年です。
ということは、バッテリー1回交換するだけで買い替えが必要ってこと?

イザという時使えないと困るのは理解できるけど消耗品を交換すればもうちょっと行けそうな気がします。
そもそもAEDっていくらすると思ってるの?

そんなにチョイチョイ買い換えられないぞ!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
リハビリ
以前から腰が痛い、腰が痛い、と念仏のようにというか、口癖のように訴えておりました。
まあ、これは歯科医師にとって職業病みたいなものだからうまいこと付き合って行くしかないと言い聞かせてもいました。

一か月前くらいから、今度は左肩に痛みが走り、ゆっくりと動かせば何とか堪えられるような状態になってしまいました。ほっとけば治るのか、それとも深刻なことが進行しているのか知るためにも整形外科を受診してみました。

理学的所見やレントゲン検査の結果、肩は五十肩の初期、腰は第4、第5腰椎に変形が見られるもののリハビリすれば良くなるとの結果を聞いて一先ず安心。このところ健康診断の度に少しずつ身長が低くなっていたことからも腰の結果には納得!

今後とも長いお付き合いをしなければならないパーツたちなので快適に過ごすためリハビリ治療と一緒に運動方法も伝授していただきました。プロの手にかかるとあら不思議、快調だし楽に動かすことができるようになりました。

これからは、時間を見つけてリハビリのため通院しつつ、自宅では教わった運動を継続してみようと思います。体が言うこと聞いてくれないと仕事に差し支えるし、だいいち趣味の射撃が楽しくないですから!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ゴジラ
先日、なにげなくテレビのチャンネルを合わせたところ、偶然“ゴジラ”の映画が放送されていました。
「ほ~、ゴジラなんてやってる!」と思い、なんとなく“ながら視聴”をしておりました。
いよいよゴジラ登場!

日本に近づき東京湾から上陸、東京のビル群を破壊とお決まりのパターンが始まりました。と、そこで気付いたことがありました。

この映画に出てくる自衛隊はとっても戦闘的で勇猛で頼もしいな~と画面をみて感じたのです。
ゴジラが東京湾に侵入するや否やミサイル攻撃、ビルを破壊しまくるゴジラに対し戦闘機によるミサイル、戦車からの砲撃、地上からはミサイルを雨あられと浴びせていました。でも、結局ゴジラに完敗してしまうのですが・・・

今、国会では集団的自衛権が議論されていますが、論戦の中でちょっと無理な想定なのでは?なんて質問もあるようです。

もし、ゴジラの映画のなかで当てはめて見ると、ゴジラが東京湾に出現した時、日本の領海に侵入しているのか?いないのか?そこで自衛隊はどう対応するのか!なんて考えると、通常ではまず海上保安庁の巡視船が領海に近づかないよう警告したり、ゴジラに放水したりするのが本当かしら?

自衛隊が対応したとしてもやっぱり警告、警告射撃止まりでしょう!
攻撃するには国会での決議が必要だ!なんてことになるだろうし、もっと極端なことを考えると、「なぜゴジラと話し合いによる解決をしないんだ!」といった意見が出るのではなかろうか?

このあたりで、すでにゴジラの映画は成立しないのですが、東京が破壊される時は「自衛隊は攻撃よりも住民の避難誘導や壊れた瓦礫の撤去を優先して活動するべきだ!」と言われそうなシーンもありました。

いやはや、ここまでくるとゴジラも何のためにはるばる日本に来て東京を破壊しているのか“訳がわからん!”と混乱してしまいそうでゴジラに同情すらしてしまいそうです。

日本が紛争に巻き込まれて自衛隊がミサイルをバンバン撃つなんてことは考えたくもありませんが、せめて映画のゴジラがある程度成り立つような法整備をして欲しいし、やられたらすぐやり返せる国になって欲しいと考えるのは右翼的?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)