茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

講話
私、中学校の学校歯科医の任に就いています。

先日、歯と口の健康集会の講師として中学校の講堂で「虫歯と歯周病」について講話をしてまいりました。

講話の目的は、「生徒の歯についての知識・理解を深めるとともに、歯磨きの習慣化や治療率の向上を目指し、歯と口の健康のため具体的な行動ができる生徒の育成を目指す。」とあり、とってもこんな大役受けられない!と感じたものの引き受けないわけにはまいりません!!

依頼を受けて、そんなこんなで約1カ月原稿やらスライドなど準備を重ねていました。

当初は約40分間のお話を!と聞かされ、そんな長時間?とブツブツ言って準備を進め“よし!目処が着いたぞ!”なんて思っていたら、10日前になって「先生のご負担を考え20分程度のお時間で結構です。」なんて変更を申し渡され「え~、もっと早く言ってよ、原稿ほとんど出来上がってるのに!」

こんなことがあったものの、30分程度の時間を確保してもらい、少々難しい話も取り入れて、当日は早口でなんとか強行し終了。

「歯周病を放置すると全身疾患との関連もあり怖い病気だぞ!」といったことが伝わってくれたかな?とか、チンプンカンプンで眠くなったら困ると「虫歯や歯周病でこんなになっちゃうよ!」という刺激的な写真も取り入れ、視覚からも印象に残せたかなと自己評価。

なんにせよ、例え短時間でも依頼されるといろいろ準備が必要なので終わるまで何かと気になるものですが無事終了して“ホッと一息”でした。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
解禁
11月15日は七五三です。
私も遠い昔、千歳飴を持って神社にお参りに行った記憶があります。

もう、とんでもなくたくさん歳を重ねてしまったのでこんな行事関係無い!

ということで11月15日は猟友にとって猟解禁日です。

私も猟友会に所属しているので、さあ~猟場で鴨撃ち、雉撃ちだ~!と言いたい所でしたが、何時ものように通常モードの診療でした。

実際、猟に出ることも無いので、猟で仕留めた獲物を分けてもらえたらとってもラッキーという果報は寝て待ての人です。

実は先日、北海道まで猟に出かけた射友から鹿のお肉をいただきました。
宅配便で送られて来たのですがズッシリとした重量に驚き、荷を解いてみたら、きれいに、そして丁寧に処理された最高のお肉でした。

さっそく、シカ肉シチュー、シカ肉ロースト、ステーキとフルコースをいただき、最後は定番のBBQでした。
シチューにてもローストにしても最高級の牛肉で作りましたといってもわからない出来栄えで、しかも超美味しい~、と叫びたくなる程でした。

数年前までビジエ料理なんてどうなの?
なんて思っていたけど、この自然からの贈り物のすばらしさをたくさんの方々に知ってもらいたいこの頃です。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
リボン
世の中いろいろな色のリボンを見かけます。

みどり、あお、ピンク、あか、もっともっとたくさんの色があったと思います。○○リボン運動とかそんな名称が付けられ、それぞれの色には意味があって病気に対する偏見を無くそうとか、世の中への啓発とかさまざまな意味を込めた運動の一環だったと記憶しています。

関心がないわけではないけど、あまりにもたくさんのリボン運動があって正直混乱しています。
今回また新たな色のリボン運動を知ることになりました。

児童虐待に対するオレンジリボン運動です。
確か以前、歯科医師向けの児童虐待発見マニュアルを入手したとお知らせしたことがあったと思います。
今だ、児童に対する虐待は根絶されていないようで悲しいことです。

もう一度児童虐待についておさらいしておきましょう。
虐待は保護者が子どもに対して行う行為で4つに分類されます。

①身体的虐待  
 なぐる、ける、やけどを負わせるなど

②性的虐待
 性的行為を強いる、性器を見せるなど

③ネグレクト(養育の拒否・怠慢)
 家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、車の中に放置するなど

④心理的虐待
 ことばによるおどし、無視や拒否的な態度をとる、きょうだい間の差別、子どもが同居する家庭におけるDVなど

以上発見したらすぐ通報しましょう!
匿名でもOK、秘密は守られるそうです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
秋の果実
さて、今回も秋の味覚第2弾です。

前回は“あけび”で古くから日本で知られていた超野生的果実でしたが、今回紹介する果実は外国からの渡来品です。

まず国内の青果店やスーパーで見かけることは無いと思われます。
私もいくつか珍しい果実を目撃してきましたが、この果実を見かけたことは無く、写真にあるように“フェイジョア”という果実なんです。
実は、この果実、我が家の敷地に植えてある木になったものでみなさん驚いてくれました?
南国の果実で暖かい地でないと生育しないのですが、寒冷地(マイナス5度程度)でもなんとか越冬できるとのことで購入した果樹で、もうかれこれ10年くらい育てています。

とってもいい匂いのする実でなんとなくキウイにも似た果物です。
木も大分大きく育ちきちんと摘果したら食べごたえのある大きさにすることができそうなので今後の課題です。
あと、“種無しざくろ”の果樹も育成中です。

今年の春、ようやく7年目にして花が咲いたので来年は“種無しざくろ”の果実を手に入れることができそうなので、種の無いざくろを思い切りガブ付けるのが楽しみです。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
秋の味覚
食べ物のおいしい季節がやって来た!

あれもこれもと食べてばかりで増々体重が気になってしまいますが、今回はちょっと珍しい秋の味覚を紹介してみましょう。

まずはこの写真をみていただきましょう。

こんもりと茂った蔓のような植物が見えると思います。
何の植物かと問えば、答えは“あけび”の木です。

そもそも“あけび”の実はおろか、実物の木を見たことがある人はとても少ないのではないか?と思いますが、この木の樹齢は30年以上、しかも射撃場の敷地に育っているという驚きのおまけ付きです。

この時期、実が熟し食べ頃になるので射撃の合間に“あけび狩り”も楽しめてしまうとってもお得な季節です。

次の写真は実際に“あけび”が実っている様子とはじけて食べ頃のものです。実はほんのり甘くて種ばかりなので「わ~、おいしい!」と言えるようなものではありませんがとっても“珍しい秋の味覚”です。



射撃歴ウン十年の方から聞いた話ですが昔は“炒め物”にして食べたりしたそうです。

「へ~、そんな食べ方したんだ!」どんな味がして、どんな味付けで食べたんだろうととっても興味が湧きました。
来年は若い実を使って是非料理にも挑戦してみたいものです。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)