茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

銀色の金歯?
日本の歯科医療は歯周病、虫歯、差し歯、入れ歯治療等ほぼすべてが保険治療可能な世界に誇れる制度が整備されています。

ただし、保険治療では審美性といって白い歯を作れる場所や材質に制限があります。
したがって、部分的な虫歯の治療や、奥歯の治療は金属材料に限られ、銀歯と呼ばれています。

こういった事情があるため、日本人の口の中は、諸外国の人と比較して銀歯ばかりが並んで見た目が悪いと言われることもあります。

悪者的に見られるこの銀歯の成分は金、銀、パラジウムといった金属から成る合金です。
しかもこの金属の値段は、国が“この値段で計算します!”と一方的に決められて、この歯は何円と言った具合に細かく決められているので、購入価格が上がったからといって勝手に値段を変更出来ない仕組みです。

この4月から価格改定がおこなわれ1g1279円(税込)になりましたが、この値段は西暦2000年の純金1gの年間最高価格よりも高いのです。

したがって、「銀歯!」、「え~銀歯!」なんて言ってられない値段のものが粛々(上から目線だ!と批判された言葉でごめんなさい)と作成され装着されています。

そう! ついこのあいだの純金よりも高価な金属が装着され、その人の価値を少しだけ高めていると考えてもらえると苦労も報われるかもしれません。

でも、この銀歯1g1279円には裏の事情もあることもよく覚えておいて下さい。
近年の金属価格の上昇は異常で天井知らずです。

したがって、逆ザヤといって国が定めた価格で購入することが出来ない状態が何年も続いています。
例を挙げてみると、一般的に30g単位で購入しますが、公定価格1g1000円(税込)ならば30gで30000円ですが、実勢価格が1g1050円だと30g31500円さらに消費税8%が加わり34020円になってしまいます。

こうなってしまうと、作れば作るほど赤字がかさむといった悪循環に陥りますが、治療ですから表面的には笑顔でいても裏では泣いているといったことがず~と続いています。

当然、国もいろいろ手を打ってはいるものの、デフレのときに批判された「too late too little」すなわち値段がかなり上がってから解消されない程度に価格が改定されるといったことが繰り返されて、“もう何年続いているかな~”そんな感じです。

銀歯なんて言わずに“銀色の金歯”と思ってくれるといいな!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
○○がない!
世間様においては、新年度と言えばあちらこちらでさまざまな出来事が起こっています。

私の周りでも、世間話に付き合ってくれたり、銀行の秘密をちょっとだけ教えてくれた副支店長さんが異動で新たな店舗に着任して活躍することが決定しました。

このブログがアップした頃には、新たに着任した店舗で張り切って仕事を始めていることと思います。
銀行の人事異動は突然のように発表され、短期間で慌ただしく異動の準備をしなければならないようです。
それでも、昨年は店舗にとっても最高の業績を挙げることができ、とても満足のゆく仕事ができたと語っておりました。

新たに着任する支店はまだ出来たばかりのピカピカの店舗だそうで、おどろいたことにこの最新のお店には○○がないそうです。

それを聞いて思わず「え~、○○がないんですか~?」とびっくりしてしました。
これは秘密なので教えるわけにはいかないのですが、みなさんもぜひ最新の銀行店舗を訪れ○○を探してみてください。

私も、副支店長が着任した店舗を訪れ、挨拶がてら○○が本当にないか確かめてみたいと思います。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
柔軟性はいのち
最近とっても気になるニュースがあるので、これについて少しコメントしてみたいと考えます。
私が子どものころ「ひとの命は地球より重い!」と言ってテロリストに身代金を支払い世界から笑いものになった事件がありました。

今度は、「サンゴの命は基地周辺に住む数千人あるいは数万人の命より重い!」と言って移設絶対反対と叫んでいる知事さんがいらっしゃいます。

普通に考えたら、“世界一危険と言われる普天間基地を早急になんとかせねば!”と知恵を絞るのが第一でしょう。
そもそも「最低でも県外」といって移設先をあれほど探しても見つからなかったのだから、今後見つかる可能性は限りなく0だと思うのですが~・・・

まあ、移設反対を公約に唱えて知事の座に就いたからこのままではニッチモサッチモ行かないとの焦りもあるのでしょうか?

メディアはと言うと「沖縄にこれ以上基地が増えると困る」?と報道しています。
何、言ってるんだ!“普天間の基地が危ないから辺野古へ移設するんでしょう?”
これが本当の目的ではないの?

沖縄だって迷惑料みたいなもので“沖縄振興”の名目で多額の補助金を得ているのでしょう?
“基地も補助金もいらない”なんて声もあるでしょうが日本の安全保障から考えたらアメリカか自衛隊の基地は必要でしょう

アメリカ兵が・・・と言いつつも地域経済には必要でしょうし、すべてが自分の思い通りになるわけないのは世の常。
隣国ともいわれる日本嫌いの国々も「歴史認識が~」「いあんふが~」と言い続けていますが、多額の援助なり借款を得て成長してきたでしょう。

日本政府はどちらに対しても負い目みたいなものがあるので、法律を制定したり条約を結んでも“そんなの関係ない~”との合唱に押され、ますますトンでも状態。

私は毎日のように診療していますが“最初に決めた方針は絶対変えない!”なんてことをしていたら治療なんて本当にニッチモサッチモ行かなくなってしまいます。

基本的な原理原則は守るものの、第二、第三の手を用意して柔軟に対応しなければ“この先生はダメ”の烙印を押されてしまいます。

特に医療の分野では「駄目なものはダメ!」といった場面に出くわすことがしばしばあって、政治のようにダメな物でもゴリ押しすれば展望が開けるかもしれないとか、声を上げ続ければ何とかしてくれそうなんて場面はなんとも羨ましい世界です。

私も、“柔軟性はいのち”を公約に政治家を目指してみようかな?なんて考えてしまいそう。
これはこれで“ブレている政治家”との烙印を押されて叩かれてしまうかも・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
どうなっちまったんだ!
私がクレー射撃を趣味にしていることはご存知と思いますが、久しぶりに射撃の話題を!
そろそろ、お花見の便りが聞かれる頃になりましたが、同時に射撃シーズンも開幕です。
猟で鈍った腕を磨きに射撃場を訪れる射友も増えてまいりました。

私は猟をやらないのでシーズンオフが無いのですが、それにも関わらず最近成績がさっぱりです。
直近2大会で連続ダントツ最下位を記録してしまい、いろんな人から「どうしちゃったの?」と声を掛けられることもしばしばです。

昨年の年末までなんの問題も無く8割以上のクレーを撃破していたのに、2015年になるとほぼ同時に、半分のクレーを撃破するのも困難になってしまったのです。

「そのうち当たるようになるさ!」なんて言っていたら、あっという間の2か月間。
さすがに「これはあまりにおかしい!」と原因をいろいろ探っていたところ、ようやく原因というか症状が判明。
ひょんなことから深刻な病状が判り“せっかくのシーズン到来にも関わらずとっても憂鬱”な状態です。

というわけで、成績に一喜一憂せず以前のような射撃を思い出しながら大会に参加して、大会後の練習にも精を出し射撃のリハビリをせっせとしています。

以前のような好調さが取り戻せれば良いのですが、どうなることやら・・・
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
社会科見学・続編
朝6時に出発して深夜11時半に帰宅。
ほぼ事前の行動計画通りに運び、改めて日本の鉄道各社の運行能力のすばらしさを実感いたしました。
特に新幹線の乗り心地と言ったら、まるで飛行機と変わらないかのようなサウンドを醸しだし、目的地まで一跳びなんて感じを受けました。

残念だったのは、あと数日後であったならば最高時速285kmを体験できたのに!・・・
お天気も前回の社会科見学と同様荒れ模様。

現地では季節外れの大雪に見舞われ雪の中での見学や、交通機関の乱れで最後はヒヤヒヤさせられましたが“終わり良ければすべて良”となったのは幸いでした。

社会科見学本番では、今回の目玉と言っても良く、最も興味のあった日本が作り上げた最新鋭国産対潜哨戒機P-1を真近に見ることができました。(チョ~感激)

しかも防衛省に引き渡し直前の9号機、あらかた出来上がった10号機も見られて、今後哨戒任務についた2機に再会できることを楽しみにしたいと思います。

また、一番奥まった場所にあったエンジンも外され塗装も剥ぎ取られた機体はP-1初号機でオーバーホールの真最中で、初飛行からもう5年も経ち徹底的に不具合の調査をおこなっているとの説明がありました。
動画や写真撮影は固く禁じられていたので、証拠写真はありませんが、P-1のきめ細やかな作り込みは私のような素人でも容易に判断ができました。

滑らかな曲線を描く機体、凹凸の無い機体表面、マニアックとも思える装備、全てが私を魅了し、工場責任者の説明も「これは防衛機密じゃないの?」なんてことまで話してもらいました。
P-1が対潜哨戒機として専用設計された世界一の能力を持った機体であることを事前に知っていたこともありますが、改めて特別な設計や装備を数々知ることができました。

一方でアメリカの航空機メーカーの胴体部品の組み立てラインも見学しましたが、厳しい品質管理がされ、それはそれですばらしいのですがP-1の製造現場を見た後はなんだか見劣りするような感じがいたしました。
まあ、設計思想が古くなっているものの、現在のベストセラー機ですから不満を言っても仕方ありません!

それ以外にも国内はおろか世界中にも輸出されている回転翼機の生産ライン、航空機実験施設、自衛隊から点検作業を依頼された航空機、修理中の航空機もあり、どれだけの種類があるんだ、もっと見せてくれ!そんな感じでした。

外は雪が降りしきり、広大な敷地はバス移動を要し、建物の中も寒く防寒着が必要でしたが、いつまでも見学していたい、時間がいつまでも止まっていてほしいと感じた社会科見学でした。
最後にもう一つの目的だった友人との再会も無事に果たし、すべてが順調な行程でした。
さらに最後にもう一つの話題を!

英語表記で3/14/15は2015年3月14日を意味します。
この日は100年に一度の記念すべき日だったのをご存知でしたか?

察しの良い人は気付いたかもしれませんが、3.1415と円周率を表す日です。
しかも小数点4位まで揃うのは100年に一回の記念すべき日であり、北陸新幹線の開業日が重なったことで今後二度と来ない日だったのですよ!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)