茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

参加後!
前回お知らせ致しましたが、PRP研究会のセミナーに参加してまいりました。
講師の先生は、現在順天堂大学整形外科で診療に研究に活躍する傍ら、サッカー界ではJリーグのチームドクター、ユース世代日本代表のドクターを兼務しています。しかもPRPを自らの研究のメインとしつつ、たくさんの選手を治療して信頼を得ていることを知りました。

また、セミナー参加者にも日本におけるプロバスケットボールのチームドクター、テニスのジュニア世代に携わるドクター等、現在の日本におけるスポーツ診療の第一線の先生方の姿があり、PRPの可能性を実感すると共に情熱を直に感じられる場となりました。

実際、全国から故障を抱えたアスリートがツテを辿って診察や治療に訪れるとのことで、PRP治療が国内でもここまで知られるようになったのか!と驚き、自分も歯科医師の代表としてしっかりしなければと感じました。
セミナーについてですが、そもそもPRPとはPlatelet-Rich-Plasma
の略で日本語では多血小板血漿と訳されます。

血液を遠心分離して血小板を濃縮し治療に応用することで、血小板からさまざまな成長因子が放出され、これが引き金となり数多くの細胞が周囲に集まることで連鎖反応的に好循環が展開され、治癒が促進される。と、まあ、このようなイメージですが、まだまだ不明なことも多くさまざま基礎研究も進められています。

整形外科領域における実際の臨床応用では、肘、肩、膝、足首などの関節の障害に使われることが多く、当然、アスリートの治療がほとんどなので必然といえます。

ただ、歯科に関係することとして興味深かったのは、アスリートに多く発生する疲労骨折に対する応用で、症例数は少ないものの治癒が早くなると報告されていました。この骨折は、難治性で時間がかかることが多いため早期に復帰できることは朗報になると同時に、歯科でもインプラント治療など骨に関する治療もあるので参考になりました。
さまざま、専門用語も飛び交い難しいこともありましたが今回の報告はこれくらいにしておきます。

最後にPRPは、手術を避けて治癒できる可能性がありアスリートに大きな恩恵を与える治療であり、そして情熱を持ったドクターがそれを支えています。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
行ってきます!
この程、私が所属しているACR研究会のセミナーが東京で開催されるので行ってきます。

簡単に言えばPRPの最新の研究や知見についての知識を深めるために参加してきます!といったところです。
歯科においてはPRPを応用した臨床をおこなっている医療機関はほとんどないものの、医科の分野においては形成外科、皮膚科、整形外科、美容分野とさまざま応用されています。

以前にもお知らせしましたがニューヨークヤンキースに所属する田中投手(マー君)は肘の治療にPRPを使うことで手術を回避して復活したことは記憶に新しいことです。

今回は順天堂大学医学部整形外科・スポーツ診療科の先生が整形外科領域での研究や臨床応用についての最新の成果を講演していただけるので、聞きに行ってきま~す。

多分参加する方はほぼすべてお医者さんだろうから歯科とはまったく異なる専門用語が飛び交ったら“ちんぷんかんぷん”かもしれないのがちょっと心配!

とはいえ、医科分野ではPRPの研究や臨床応用が海外で多数発表されています。

日本国内でも、以前からスポーツ選手の治療に応用されていましたが、田中投手の治療にPRPが使われたことが報道されたおかげで、一般の方にも認知され始めているようです。

歯科のインプラントにおいても海外の論文で有用性が発表されています。
さて、どんな話が聞けるのかとっても楽しみです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
縮んだ!
11月に今年2回目の健康診断に行って来たのですが、先日結果の通知を受け取りました。

春先に受けた検診が1日ドッグでバリウム検査やらなんやらとたくさんの項目があったのですが、今回の検診は特定健康診査で、採血とレントゲン写真に身体計測(メタボリックシンドローム判定)が中心の簡易検査でした。

春におこなった身長測定でなんか縮んでるぞ!と思ったのがきっかけで2回目を受けることにしたのですが、やっぱり同じで縮んでたのです。

そもそもウン十年前は身長180センチを優に超えていたのですが、21世紀を迎えた頃から少しずつ縮み始め、ここ数年急速に進行しています。

そうそう昔は冗談で「血液型は大型(O型)です。」(本当にO型)なんて自虐ネタを言っていたのですが中型になりそうな予感。

春と秋の2回の計測でも結果は同じだったので、あと数年もすると180センチを割り込みそうな勢いです。

5~6年前から「腰が痛い」「腰が痛い」と念仏のように唱えていたので、とうとう椎間板も悲鳴を上げるどころか、物理的に変形してしまったのでしょう。過去の測定結果を確認してみても納得で“数字は嘘をつかない”は本当でした。

最後に誤解の無いよう記しておきますが、身長を測りたくてわざわざ出向いたのでは無く、特定健診のために受けたのですからね!

特定健診は組合員の何%以上が受けないとペナルティーが課せられてしまうから受診することは良いことなのですよ!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
講話
私、中学校の学校歯科医の任に就いています。

先日、歯と口の健康集会の講師として中学校の講堂で「虫歯と歯周病」について講話をしてまいりました。

講話の目的は、「生徒の歯についての知識・理解を深めるとともに、歯磨きの習慣化や治療率の向上を目指し、歯と口の健康のため具体的な行動ができる生徒の育成を目指す。」とあり、とってもこんな大役受けられない!と感じたものの引き受けないわけにはまいりません!!

依頼を受けて、そんなこんなで約1カ月原稿やらスライドなど準備を重ねていました。

当初は約40分間のお話を!と聞かされ、そんな長時間?とブツブツ言って準備を進め“よし!目処が着いたぞ!”なんて思っていたら、10日前になって「先生のご負担を考え20分程度のお時間で結構です。」なんて変更を申し渡され「え~、もっと早く言ってよ、原稿ほとんど出来上がってるのに!」

こんなことがあったものの、30分程度の時間を確保してもらい、少々難しい話も取り入れて、当日は早口でなんとか強行し終了。

「歯周病を放置すると全身疾患との関連もあり怖い病気だぞ!」といったことが伝わってくれたかな?とか、チンプンカンプンで眠くなったら困ると「虫歯や歯周病でこんなになっちゃうよ!」という刺激的な写真も取り入れ、視覚からも印象に残せたかなと自己評価。

なんにせよ、例え短時間でも依頼されるといろいろ準備が必要なので終わるまで何かと気になるものですが無事終了して“ホッと一息”でした。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
解禁
11月15日は七五三です。
私も遠い昔、千歳飴を持って神社にお参りに行った記憶があります。

もう、とんでもなくたくさん歳を重ねてしまったのでこんな行事関係無い!

ということで11月15日は猟友にとって猟解禁日です。

私も猟友会に所属しているので、さあ~猟場で鴨撃ち、雉撃ちだ~!と言いたい所でしたが、何時ものように通常モードの診療でした。

実際、猟に出ることも無いので、猟で仕留めた獲物を分けてもらえたらとってもラッキーという果報は寝て待ての人です。

実は先日、北海道まで猟に出かけた射友から鹿のお肉をいただきました。
宅配便で送られて来たのですがズッシリとした重量に驚き、荷を解いてみたら、きれいに、そして丁寧に処理された最高のお肉でした。

さっそく、シカ肉シチュー、シカ肉ロースト、ステーキとフルコースをいただき、最後は定番のBBQでした。
シチューにてもローストにしても最高級の牛肉で作りましたといってもわからない出来栄えで、しかも超美味しい~、と叫びたくなる程でした。

数年前までビジエ料理なんてどうなの?
なんて思っていたけど、この自然からの贈り物のすばらしさをたくさんの方々に知ってもらいたいこの頃です。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)