茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

強制捜査
1か月程前のことですが、日本歯科医師連盟が政治資金規正法違反の疑いで東京地検特捜部の家宅捜索を受けました。

10年前にも同じような不祥事を引き起こしています。

“政治資金に対しては適切な対応をしていた”と弁明しているものの、地検特捜部が動いたことを考えると、かなり確証を掴んでの捜査であったことが推察されます。

「また、やったの?」という思いと、上層部の人たちは「いったい何を考えているの?懲りない人たち!」「我々の会費をこんなことに使ってたの?」といった感覚です。

しかも、10年前の不祥事の時は“懲罰的改定”とまで言われた診療報酬の大幅ダウンがあり、しかも医療費抑制の流れから何度か続いた記憶もあります。

一般会員にとっては、まったく知らないところでおこなわれた迷惑千万な行為のおかげで、大幅な収入減により経営的にも苦しかったことを思い出します。

来年にも診療報酬の改定が迫っていますが、また今回も悪夢が再現されそうで戦々恐々です。

長年懸案となっている歯科医師の需給問題もズ~と放置されたままで、歯科大学を再編することも無く、定員削減するわけでも無く、そもそも歯医者に問題解決能力が無いことが知られてしまい足下見られた状態が長く続いています。

もしかしたら、歯医者さんは自ら望んで虐められるのが好きな人たちの集団なのでしょうか?
私はごめんです!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
どうなんでしょう?
今回は器械や機材についてのお話です。

一般的にテレビ、冷蔵庫、エアコンなどは一度購入すればかなり長い間使い続けることができると思います。
一方、歯科で使う器械類は損耗が激しく数年も使えれば御の字のものも多々あります。

数百万円以上する器械類は多少無理をして修理しますが、数万円から十数万円の品目で直ぐに診療に差し支える物は、あっさり新品を購入することになってしまいます。

理由として、修理にかなりの日数や代金がかさむこと、修理しても同じ故障が起こりやすいことが挙げられます。
そのため、余裕があれば新品の購入と同時に一応修理しておいてバックアップ用にしたり、新旧同時に併用したりします。

今年になってから、超音波スケーラー、超音波ハンドピース、超音波洗浄機、根管長測定器と次々故障に見舞われ新規に購入しています。

当院では、可能な限り購入品のロットナンバーと購入日時を控えてあるので、履歴を調べれば大抵のことが判ってしまいます。

調べてみると短いもので2年~3年程度で使用不能になるし、長くても10年が限界であることが解っています。
したがって、互換性の問題や使い勝手の関係で何時も同じものを使っているように見えても、かなり短いスパンで入れ替わっているものが多々あるのです。

一般家庭とは違い、医療用なので頻繁に滅菌や消毒されるので過酷な環境に晒されるからでしょう。
もう一方で、世の中ではエコで節約、省エネが推奨されているのに、医療の世界ではほんの僅かでも使えば破棄、多額のコストを掛けて同じ製品を数多く揃えて滅菌を繰り返すなど、時代に逆行するかのような行為をしなければなりません。

ディスポと呼ばれるグローブ、コップ、エプロン等、そして使用頻度の高い消耗部品は毎回交換しなければならないので多くの出費と共に毎日大量の廃棄物が出てしまいます。

今、お店によってはレジ袋が無かったり、自分で袋詰めしたりと節約モードですが、当院でもコップやエプロンなど“自ら用意できるものは持参してください!”なんていうのはどうなんでしょう?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
地域貢献
土井歯科クリニックがこの地に開業して18年あまり、微力ながらも地域の歯科医療に貢献してきたと自負しております。

うれしいことに、患者さん達からも「口腔外科の先生だから、ここに来れば遠くの病院に行かなくても何とかしてくれる。」と言っていただいております。

そして、さらにうれしいことに、桜川警察署より感謝状をいただくに至りました。
これも警察歯科医を拝命し、本当に僅かながらも警察業務に協力してきたことが評価されたのだと思っております。
これからも、驕ることなく地域歯科医療、警察業務にも積極的に携わることができれば幸せです。

こんな感じで、ありがちな決意を表明して今回のブログを締めくくりたいと思います。
尚、感謝状は見て、観て、視てとばかりに待合室に飾ってありますよ!
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
特定細胞加工物製造
再生医療等安全性確保法が平成25年11月20日に成立し平成26年11月25日に施行されました。

どのような法律かと言えば、再生医療等の安全性の確保等を図るため、再生医療等の提供機関及び細胞培養加工施設についての基準を新たに設ける。(原文まま)

この法律の施行により、PRPを使用した医療行為は新たな法律にしたがって提供されなければいけません。
PRPは第3種再生医療等に分類されリスクの低いカテゴリーになっていますが、構造設備基準やら委員会を設立したりとなかなかに細かく規定され、より安全性の高さが求められるものとなりました。

土井歯科クリニックの場合、以前からPRPを使った治療実績があるので経過措置適応になり、少し余裕があるものの提出書類を作成していました。

この程、申請書類の作成が終了し厚生局へ提出することができたので、まずは一安心といったところでしょうか。

今回施行されたものは、法律なので違反したら罰金や懲役刑に処せられてしまうので必ずしっかりとした申請と医療への応用をしていかなければいけません。しかし、こういった法律は前例が無いため役所のほうでも少々戸惑っている感じで書類の提出も何度か電話でのやり取りが必要でした。

しかも、書類はネット上での作成が必要だったのでパソコンの使い方に慣れていないと面倒だったり、いくつかのパソコンソフトの知識がないとうまく作れなかったりとちょっとばかり手間取りました。

主要な内容はネット上で作成し終了していますが、厚生局に提出する書類をちょっとだけお披露目です!

この書類はすでに郵送してあるのですが、この提出先の住所と宛先の長いこと長いこと、まるで嫌がらせかのように封書一杯に文字が並んでしまいました。
投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
さて、久しぶりにPRPについて綴ってみましょう。
「Tarzan」という商業誌にPRPの特集が掲載されました。
このブログでも以前から何回も綴ってまいりましたが、ヤンキースのマー君こと田中将大選手が手術では無くPRP治療を選択して復帰したことは記憶に新しいことです。
美容だけでは無く、整形外科分野ではスポーツ選手やアスリートの故障にも数多く応用されていることもご存知でしょう。

今回の特集では、PRPとは何か?
なぜ効くのか?
どのような症状なら治療OK?
副作用は?
海外ではどうなっている?
そもそもどうやって作るの?

など事細かに解説されていて今まで目にしてきた記事とは少し異なり、医療関係者向けのような扱いです。

しかもですよ!!
記者が実際にPRP治療を体験し、詳しい作製法が写真付きで載っています。この方法は土井歯科クリニックが実際に使っているシングルスピン用滅菌真空採血管(スピッツ)を使っていて、遠心分離のメニューも同じ(誌面では毎分350回転となっていたけど実際には3500回転です)じゃん!

ということは、この特集記事は私の所属するACR研究会の会員クリニックで取材をしたのね!
この特集のことは事前に研究会事務局から、メールと記事が配信されていましたが、一般の人のあいだにPRP治療を知る人がまた増えてくれたことはとてもうれしいことです。

PRPの作成では、記事に出ていたような特殊な採血管を使うシングルスピンと言って1回の遠心分離で血小板を高濃縮する方法や、一般的な作成法のダブルスピンといって2回に分けて遠心分離をして血小板の濃縮度を高くして作る赤血球が混じった赤いPRPがあります。

そもそも血小板の寿命は数日ですが、血小板から多くの成長因子が放出されることで、連鎖反応的に作用して長期間に渡り治療効果が持続されるということです。
赤血球が混じった赤いPRPについても血球成分がどのような影響を与えているかも論議されています。
しかし、実際には赤血球が無い方が注射後の痛みが少ないようです。

また、この記事には骨折の治癒促進効果に対するデータが示されていました。
これは歯科領域に当てはめると、骨を扱うインプラント治療でも有効性を示唆しています。
当院でも以前からPRPを使ったインプラント治療をしていますが、骨の量が少なく難症例といった高度な技術と経験がないとできないようなインプラント治療でも高い成功率を納めています。

重度歯周病治療に必須の歯周外科手術でもPRPの効果が期待できるのですが、歯周外科手術には健康保険が適用されるので、保険適用外の人工骨やPRPを応用した歯周外科手術は現在ほぼ需要が無いのが残念です。
土井歯科クリニックは地域密着型のクリニックなので、たくさんの患者さんに「ここに来れば何とかしてくれる」と支持されていますが、これからもたくさんの方々の期待を裏切らないよう努力していきます。

追伸
薄毛でお悩みの方にもPRP治療で髪の毛が濃くなったという論文もありました!論文名は“PLATELET-RICH PLASMA: A THERAPY FOR HAIR GROWTH”簡単にいえば“PRPを使った増毛治療”

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)