茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

社会科見学・続編
朝6時に出発して深夜11時半に帰宅。
ほぼ事前の行動計画通りに運び、改めて日本の鉄道各社の運行能力のすばらしさを実感いたしました。
特に新幹線の乗り心地と言ったら、まるで飛行機と変わらないかのようなサウンドを醸しだし、目的地まで一跳びなんて感じを受けました。

残念だったのは、あと数日後であったならば最高時速285kmを体験できたのに!・・・
お天気も前回の社会科見学と同様荒れ模様。

現地では季節外れの大雪に見舞われ雪の中での見学や、交通機関の乱れで最後はヒヤヒヤさせられましたが“終わり良ければすべて良”となったのは幸いでした。

社会科見学本番では、今回の目玉と言っても良く、最も興味のあった日本が作り上げた最新鋭国産対潜哨戒機P-1を真近に見ることができました。(チョ~感激)

しかも防衛省に引き渡し直前の9号機、あらかた出来上がった10号機も見られて、今後哨戒任務についた2機に再会できることを楽しみにしたいと思います。

また、一番奥まった場所にあったエンジンも外され塗装も剥ぎ取られた機体はP-1初号機でオーバーホールの真最中で、初飛行からもう5年も経ち徹底的に不具合の調査をおこなっているとの説明がありました。
動画や写真撮影は固く禁じられていたので、証拠写真はありませんが、P-1のきめ細やかな作り込みは私のような素人でも容易に判断ができました。

滑らかな曲線を描く機体、凹凸の無い機体表面、マニアックとも思える装備、全てが私を魅了し、工場責任者の説明も「これは防衛機密じゃないの?」なんてことまで話してもらいました。
P-1が対潜哨戒機として専用設計された世界一の能力を持った機体であることを事前に知っていたこともありますが、改めて特別な設計や装備を数々知ることができました。

一方でアメリカの航空機メーカーの胴体部品の組み立てラインも見学しましたが、厳しい品質管理がされ、それはそれですばらしいのですがP-1の製造現場を見た後はなんだか見劣りするような感じがいたしました。
まあ、設計思想が古くなっているものの、現在のベストセラー機ですから不満を言っても仕方ありません!

それ以外にも国内はおろか世界中にも輸出されている回転翼機の生産ライン、航空機実験施設、自衛隊から点検作業を依頼された航空機、修理中の航空機もあり、どれだけの種類があるんだ、もっと見せてくれ!そんな感じでした。

外は雪が降りしきり、広大な敷地はバス移動を要し、建物の中も寒く防寒着が必要でしたが、いつまでも見学していたい、時間がいつまでも止まっていてほしいと感じた社会科見学でした。
最後にもう一つの目的だった友人との再会も無事に果たし、すべてが順調な行程でした。
さらに最後にもう一つの話題を!

英語表記で3/14/15は2015年3月14日を意味します。
この日は100年に一度の記念すべき日だったのをご存知でしたか?

察しの良い人は気付いたかもしれませんが、3.1415と円周率を表す日です。
しかも小数点4位まで揃うのは100年に一回の記念すべき日であり、北陸新幹線の開業日が重なったことで今後二度と来ない日だったのですよ!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
社会科見学
今週は、来院希望の患者さんには大変申し訳ありませんが、1日だけお休みを頂き岐阜まで社会科見学に行ってまいります。

駄目で元々、と思いながら応募した工場見学会に思い掛けず当選してしまったからです。
応募者多数なのが判っていたので「どうせ当たらないから平日の見学会でもいいか!」なんて感じだったので“当選のお知らせ”が届いたときはびっくりでした。

したがって、当日は朝6時に家を出発、車で駅まで行って電車や新幹線を乗り継いで岐阜にある工場を見学します。
2時間程の見学コースが終了したら、とんぼ返りで当日深夜の日付が変わるころ家に帰宅するとってもハードなスケジュールを予定しています。

なぜ、こんな無理なスケジュールを組むかと言えば、もう一つの目的である遠く離れた土地に住む友人との再会です。

こんなことでも無ければ、わざわざ休みを取ってお互いに会うなんてことはありません。
この友人に最後に会ったのは、このブログでも紹介したことがある“あのエピソード”以来のことです。
それは、広島空港から羽田まで最終便の飛行機で帰る計画をしていたら、羽田上空の悪天候で着陸できず、上空で延々と待機。

しまいには搭載していた燃料が少なくなり、セントレア空港に引き返し給油の為だけに着陸のおまけがあって、日付が翌日になってからようやく羽田に着陸できたあの事件の日以来です。

今回も悪天候が発生しやすい3月なので、前回の教訓を生かして行きも帰りも新幹線を迷わず選択します。
電話ではよく話をするものの、実際に会うのは数年ぶりなのでとても楽しみです。

くれぐれも念を押しますが、社会科見学をすることで知識や見聞を増やし人生を豊かにするために行ってくるのですからね!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ひなまつり
3月3日は祝日ではありませんが“ひなまつり”です。

現在桜川市では“真壁のひなまつり”が開催されています。
テレビ番組でも紹介されたため、連日大勢の観光客が訪れ道路は歩行者天国さながらの様を呈しています。

そのため所用で真壁の街中を車で進むときは、慎重に運転しないと思わぬことに巻き込まれる可能性があり注意が必要です。

先日も所用があり銀行まで車を運転してまいりました。
目的地である常陽銀行真壁支店は真壁伝承館の近くに立地し、この“真壁のひなまつり”の1丁目1番地からほど近く、観光客が大勢歩いています。

行内では、手続き終了まで少し時間があり副支店長と話をすることができました。
その時頂いたのが写真にある真壁支店特製のオリジナルポケットティッシュです。
話によると、このティッシュのデザインは“真壁のひなまつり”に合わせて真壁支店独自に1万個作成し、行員のみなさんが街中で配布していると教えてくれました。

常陽銀行では会社の方針としてボランティア活動を奨励しているため、日頃から行員のみなさんが社会奉仕をしていることもあり、このような企画も独自にできるようです。

また、支店の外に設置してあるトイレも観光で来た方々に自由に使ってもらえるよう案内表示をして開放しています。
去年までは、主催者側が銀行傍の空き地に簡易トイレを設置していたものの、経費削減のあおりで撤去されてしまい、今年からは銀行のトイレが大活躍となってしまったようです。

1日に何度も清掃や点検、トイレットペーパーの交換などを行員がおこない、“ひなまつり”への貢献度大で感謝状の1枚や2枚貰ってもバチが当たらないだろうといった状態になってしまったようです。

副支店長とはひなまつりの賑わいについて、開放したトイレで一部迷惑行為があること、ポケットティッシュ作成の裏話など2人の秘密みたいなことも話して銀行を後にしました。

普段はほとんど通行人がいない街中にたくさんの人が歩いていると活気があっていいことだし、町の活性化にも役立っているようなので、常陽銀行のみなさんもこの時期だけは、いつも以上に行員一丸でがんばって下さいとエールを送りたいと思います。

私もこうしてブログで取り上げて、ほんの少しだけかもしれないけど好感度アップに貢献しているつもり・・・

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
季節は移ろう
暦の上ではもうすでに春です。

しかし、現実はまだまだ寒い日が続いています。
我が家の家族も同然、ワンコのブーちゃんのために毎日朝と晩にごはんをあげるため、外に出ることになります。
何時もいつもほぼ同じ時間に外に出る為、太陽の位置や星の位置の変化を感じることになります。

冬の時期は日の出の時間が遅いため、冬至に太陽が昇る位置を覚えておくと、お日様の昇る位置が行ったり来たりと少しずつ変化することを実感できます。

晩の時間帯はと言うと、星空が季節ごとに変化するので大まかな星座を覚えておくと、より季節感を身近に感じやすくなるものです。

星座に詳しくなくても、さすがにオリオン座くらいは私でも認識できるので季節の指標にもってこいです。
秋頃に、ようやく東の空に見えるようになっていたこの星座も、今の時期にはもう西の空と言ってもいいような所に見えて「ああ、もうこんな所にあるよ~」とか「まだまだ、寒いよね~」なんてブーちゃんと話したりしています。

太古の昔から人類は太陽や星を見ては季節を判断していました。
こんなブーちゃんのごはんからも季節の移ろいを感じることができるのです。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
高い!
歯科医院を開業し、毎日のように患者さんに接し歯科治療をしていると、さまざまな不満や不平を耳にすることがあります。

ネットで歯科関係のサイトを覗いてみても、“治療費が高い!”なんてコメントも多く目にすることができます。
しかも「4000円も5000円も取られた!」なんて具体的な金額が書き込まれているものもあります。

私も先日「高い!」と言って帰られた患者さんを経験しました。
壊れた総入れ歯の修理を希望して来院されたかたでしたが、「いくらかかるのか?」とスタッフを通じて問われたので、「大体3000円くらいですと答えて!」と伝えてもらったところ、それを聞いたら帰ってしまったと聞かされました。

“こんなことがあった!”と仲の良い歯科医師に話したら「3割の負担割合ならそんなものだよね。」と話ながらも、「2500円くらい。と言ったほうが良かったかな?」なんてことや、「費用についてはいろいろ言う人がいるから仕方ないよ。」なんて会話もしました。

今の日本はほとんどの医療が健康保険でカバーされるので非常に安価で治療が受けられることに慣れ過ぎているような気がします。

私が大学病院に勤務していた頃、海外で歯科治療を受けた患者さんの体験談を聞く機会がありました。
日本なら保険を使えば1万円もかからないような銀歯のブリッジ治療が、アメリカで受けたら30万円かかったと教えてくれたし、また、返還前の香港で作ってもらったというプラスチック製の仮ブリッジを必要があって壊そうとしたら「やめて~、この仮歯10万円かかったんだから!」と叫ばれたこともありました。

この程度の仮ブリッジなら、その場でしかも無料で作ってしまうようなものだったので、「外国で歯医者さんにかかるのは大変なんだな~」と感じたことを覚えています。

また、「オーストラリアにいた時、差し歯が取れて歯医者さんで着けてもらったら1万円かかった。」なんて話、「治療費よりも感染予防のために使うディスポ製品の費用の方が高いから治療費が全体として高額になる。」とか日本の常識が世界では非常識になる話がゴロゴロしていました。

だからと言って“我々の請求する費用を黙って払えば良い!”なんて乱暴なことは言わないけれど、「高い!」と言う前に少し考えていただきたい。

歯や入れ歯は毎日食事の度、おやつを食べる度に必ずお世話になるものです。海外で常識な高い治療費、日本で受けられる保険制度、毎日の使用頻度から考えて見れば、とってもリーズナブルな治療費だと思うのですが・・・

日本の歯科治療費は保険治療も自費治療も世界的に見て非常識に安く、治療水準は世界レベルにあることをもっと知って欲しいと考えます。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)