茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

再生医療等の安全性の確保等に関する法律
この“再生医療等の安全性の確保等に関する法律”と言われても「ああ、例の法律ね!」と感じた人はほぼ皆無だと思います。

しかし、当院のように自己多血小板血漿(PRP)を使ってインプラント治療や歯周組織欠損の治療をしている医療機関をはじめ、患者さん自身の血液を加工して(何らかの成分を利用したり、抽出して使用)治療(疾患)に利用している医療機関にとっては、今とてつもなく大変な筈です。

再生医療等安全性確保法が平成26年11月25日の施行され、平成27年11月24日までの1年間は、法律成立以前から、法律に該当する治療をしていた医療機関は猶予となり、この期間中に法律の取り決めをクリアしなければなりません!

読んでも何のことやらサッパリわからん!

と思う方たちが大部分だと思うので、もう少し分かり易く説明すると、「本年11月25日からは、今まで患者さん自身から採血した血液を遠心分離等で加工することが自由だったのが、法律によって厳しく制限されることになった。」ということです。

数カ月前のブログでも綴ったように、5月に“特定細胞加工物製造届書”というものを結構大変な思いをして提出しました。(この届書も難産でした)

そして、いよいよ本丸とも言える“再生医療等提供計画”を懸命に作成していました。
この書類は、5月の製造届書と比べたら遥かにハードルが高く生半可では超えることができません。
特定細胞加工物製造届書は、全国の医科、歯科の研究機関や医療機関合わせて約2100件ほどの届出がありましたが、再生医療等提供計画のハードルまで超えられるところは、もしかしたら非常に少なくなるかもしれません。

とてつもなく高いハードルに挑戦しているのが当院、すなわち土井歯科クリニックなのです。

当院の目指すハードルは再生医療等安全性確保法の第3種再生医療等ですが、ES細胞やiPS細胞等を扱う第1種、体性幹細胞等を扱う第2種、体細胞を加工等する第3種と3種類あり、当院は1番リスクの低いレベルでの提出を目指していますが、だからといって提出する書類はそれほど変わりません。

このようにブログで綴るくらいなので、このハードルを超えられる目途が立ったと言えますが、この写真を見て頂ければ書類の多さがわかっていただけると思います。

この書類の山をさらに認定再生医療等委員会に提出して審査を受けOKとなったら、再生医療等提供計画を厚生局に提出してすべてのハードルを超えることが出来ます。

次の写真はこの書類を作成するために使った資料の一部ですが、コピーに使ったり、印刷したり、破棄したりで、今回の書類作成の為に使ったA4の用紙は合わせて2000枚近くになりました。
このブログでも再生医療等、特定細胞加工物という言葉を何度か使っていますが、書類作成する上でこの2つの単語だけでも数百回入力したと思います。

しばらくの間、再生医療等とか特定細胞加工物なんて単語は見たくないものの、また2週間くらいしたら最終ハードルで沢山入力するのでしょう!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
かぜがふけば!
昔からのことわざに“風が吹けば桶屋が儲かる”という言葉があります。
回りまわって、まったく関係無いような所に影響があるといったことです。

例えば異常気象などは、南米ペルー沖の海水温が高いとか低いなんてことが、日本に冷夏や暖冬をもたらすなんてことは皆さんもご存知でしょう。

これを踏まえて、今回のお話に繋がります。

歯医者さんでは、俗に銀歯と言われる保険で作ることのできる金属が多く使われています。
以前のブログで綴った保険適応金属で、もう何年も逆ザヤになり損ばかり出しているのでいい加減にしてほしいと愚痴ったことがありました。

ところが、ここ2カ月ばかり価格下落で逆ザヤも解消してホッと一息だったのですが、先日突然約10%値上がりしました。
ホッと一息がまた元の状態に戻ってしまったわけですが、この突然の値上がりの原因がフォルクスワーゲンにあるということなのです!

ディーゼルエンジンの排ガス不正の発覚により、全世界で1000万台以上がリコールになると報道されたことで、ディーゼルエンジンに対する不信が広がりガソリンエンジンに回帰するといった憶測が広がっているそうです。
このガソリンエンジンに使われる触媒がパラジウムで、ハイブリッド車も基本積んでいるエンジンはガソリンなので同様になります。

歯科で使われる保険適応金属は、金、銀、パラジウムの3つが主成分なんですが、このパラジウムの需要が高まるとのことで一気に値上がりしてしまったというのが真相のようです。
金に関しては、中国の景気減速で低下気味でしたが、シリア情勢やISの動き、アメリカの利上げの時期などでどうなるか予断を許しません。

歯科治療とはまったく関係無いところで我々も含めて患者さんとして通院している方々にも関係しているのです。
どうです?世界のことが気になり始めたでしょう?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
心配なことが・・・
以前、歯科医師連盟が政治資金規正法違反で東京地検特捜部の家宅捜索を受けたと書いたことがありました。

このほど迂回献金の容疑が固まり幹部3人が逮捕されてしまいました。
「あ~あ!」というか「やっぱり!」と言うべきか、この時期の逮捕がまた“ミソ”かもしれません。
なぜなら、来年4月に医科、歯科共に診療報酬改定が待っています。

そして、どれくらい報酬が上がるのか?下がるのか?が年末までのこの時期にほぼ決まるからです。
10年前の不祥事では「懲罰的改定」とまで言われ、歯科開業医はかなりのダメージを受けました。
しかも今回は2度目ですよ!

懲罰的改定で済めば御の字、最悪「壊滅的改定」にならなければ良いなと内心ビクビクしています。
逮捕の時期も“ズバリど真ん中”ということは来年4月からは頭の中で「心配、しんぱい、シンパイ」が連呼しそう!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
役立たず?
シルバーウイークはみなさん如何過ごされたでしょうか?

“たくさんの楽しかった思い出”や“渋滞でうんざりだった”といったさまざま経験をしたことでしょう。

私は連休前から体が重く、何か波乱を予感させる兆候を感じ取っていました。
案の定、後半には風邪(たぶん風邪症候群だと思います)を引いてしまい、強烈な倦怠感、熱発、咳と“これでもか!”とばかりに襲われてしまい、「とにかく水飲んで寝てるしかない」とひたすら休んでいました。

しかし、我が家にはブーちゃんという番犬がいるため、毎日ごはんをあげに行かなければなりません。
体調不良だからブーちゃんここまで食べに来い!といったことには絶対ならないので、必ず私自らブーちゃんの元に届けなければなりません。

番犬としては優秀でもこんな時は融通が効かないのが玉に瑕です。
ごはんを用意するため、「う~、ダルイ~」と感じながらいつもの3倍くらい時間をかけてゆっくり、ゆっくり着替え、玄関に行くためこれまた転がり落ちないように1階まで手すりを伝って降りていきました。

用意が終わると玄関を開け、またまた階段を降りフラフラしながら歩き始め、壁がある所では寄りかかりながら伝い歩き、やっとのことでブーちゃんを発見。
いつもと違う様子のご主人様に警戒しながらも尻尾を振るブーちゃん。
無言で柵のカギを開け、さらにゆっくりと歩を進めて「決死の思いだ!」なんてことを考えつついつものごはん場に到着。

話しかける気力も無く、心の中で「ほれ、食え」こんな感じでした。
こんな感じで接しているので、なかなか食べようとしません。
待つのもつらいので、その場にへたり込み、運んできたごはん皿を枕に寝転がってしまいました。

私がブーちゃんと遊ぶ時にいつもやっていることなのですが、構ってもらえて喜んでいるときに「グー、グーといびきを舁くように」突然寝たふりをするのです。
しばらく経つと「ウ~、」と唸った後「ほら、起きろ!」とばかり「ワン、ワン」と吠えるといった遊びを毎日のようにしています。

こんな事をしていたので、私が本当に寝てしまったらどんな反応をするのか見てみたいといった興味もありました。
当然いつものように「ウ~、」と唸り「ワン、ワン」同じ反応でした。
さらに無視をしていたら同じ行動パターンを2度、3度しますが、「ご主人様が大変!何とかしなくちゃ」なんてことも無く、遠巻きに眺めているだけでした。番犬としては優秀でも“ブーちゃんに私の命を預ける”ことはできません。

「なんだよ、ブーちゃんがっかり!」とまたまた心の中で呟きノロノロ起き上がり、元来た道をゆっくりと足を引き摺るようにフラフラ戻っていきました。

でも、ブーちゃん君は優秀な番犬で可愛かったらそれでいいのです。
役立たずなんかではありません!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
続報
未曾有の大水害から一週間が経過し、冠水していた地域も排水作業が進み本格的な復旧に向かい始めたようでなによりです。

私、午前中の診療を終了し、午後から就職説明会に参加したため、夕刻になってやっと私事をする時間を得ることができました。

私の趣味であるクレー射撃のための実包(散弾銃の弾)を購入するため馴染みの銃砲店を訪れました。
実包を購入し店主と雑談を始めた矢先に一人の方が来店しました。

その人物は今回の水害で被害に遭われ、泥を被ってしまった銃砲類を預けに訪れたのでした。
聞くところによると被災地周辺では約100丁余りの銃が所持されており、警察が一軒一軒回って銃の保管状況を確認し、盗難の心配や保管不可能な銃を警察で一時保管するなどの措置を行っているとのことでした。

また、テレビや新聞で報道されているように盗難事件も多発しているようで、その人物も通帳、印、現金を盗まれ、さらに銃の所持許可まで盗まれてしまったと悔やんでいました。
作業服で作業員を装ったり自衛隊を真似た迷彩服で大勢の人数で盗難を繰り返す大変悪質な集団が横行しているようです。

ようやく電気が復旧して、瓦礫の後片付け、家の整理でクタクタになっているのに、泥棒まで横行するなんてもうどうしたら良いのか途方に暮れているとの訴えを真剣にしていました。
また、周囲は田んぼが広がる農業地帯ですが、田畑も水に漬かり、農機具もだめになってしまった農家も多いようです。

農業従事者のほとんどが65歳以上で70歳を超える人も多いため、今回の水害を乗り越え、農業を再開する余力も無く廃業を決める人が大部分であろうと力無く話されました。

とにかく、ソーラー発電のために堤防を削ったことが被害を大きくしたとたいへん憤っていました。
「法律では問題無いと役所の連中が言っているようだけど、どう考えてもおかしい!」と、とても理不尽に思っているようです。

この法律は民主党政権時代に決められたことで、とんだ置き土産になり大災害の源になったようです。

もう一つ、銃の所持に関する置き土産があるので追加しておきます。
経験者教習といって3年に1度、射撃場で銃の取り扱いと射撃検定があるのですが、実施の意味が分からないようなことで、しかも結構な金額を払って強要されます。
なぜなら、日本は銃の所持が厳しく制限されているため、年に1度銃検といって警察で銃の使用頻度や検査を通じてチェックされているからです。

また、3年に1度の所持許可の更新時に“キチガイで無い”ことを証明する診断書が必要なのですが、精神科あるいは心療内科で診断してもらうことと改正されました。

真面目に精神科を受診したら、「いきなり来られて“キチガイで無い”ことを証明しろ」と言われても無理と診断拒否されたり、「診断するには1日入院して検査しなければできません!」と言われたりでかえって混乱してしまいました。
当然安易に診断して銃の乱射でもされたら、診断した病院は責任取らされるのですから!
結局“かかりつけ医”で診断書をもらえばOKということに落ち着き改正前の状態に戻りました。
重ね重ね本当に碌でも無い置き土産ばかり置いて行ってくれました。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)