茨城県桜川市のインプラント | 土井歯科クリニック
茨城県 インプラント・土井歯科クリニックHOME>院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

院長ブログ 茨城県 インプラント 桜川市 インプラント は、土井歯科クリニックへ

BP製剤
さて、久しぶりにアカデミックな話題?を綴ってみましょう。

今の日本は高齢化社会から超高齢化社会に突入しています。
そして、当たり前のように人間が歳を重ねると、骨が脆くなり、結果として骨粗鬆症の患者さんが増えていきます。
この骨粗鬆症が進行して大腿骨の骨折を起こしてしまうと、約3割の方が寝たきりとなり、著しいQOLの低下を引き起こします。

したがい予防のための薬物治療といった早期介入が不可欠とされているのです。
この薬物で中心的な役割を果たしているのがBP製剤(ビスホスホネート製剤)です。

大変有用な薬なのですが、歯科においては少々厄介な側面があり、場合によっては“こんなになっちゃうの?”と信じられないような副作用を生じることが知られています。

このブログでも何度か取り上げたことがあるように、顎骨壊死という発症したら治療法が無い大変憂慮すべき副作用があるのです。

抜歯など骨に対する侵襲を避ければ殆ど発症しないため、内服薬や注射剤にも関心を払い、患者さんによく確認して歯科治療に当たる必要があります。
特に当院では、歯周外科手術をはじめインプラント治療も多く手掛けているため、BP製剤投与の有無は気になります。

最近も立て続けに問題が発生しました。
抜歯、歯周外科、インプラント治療を希望してもBP製剤のために延期せざるを得ない例です。
患者さんの主治医に治療中の間だけ薬剤の中止を依頼したり、たとえ中止できたとしても数か月の間は侵襲的歯科治療が出来ない等、またこの期間を不自由なく過ごしてもらうにはどうするのか?などなど頭の痛いことが山積してしまうのです。

幸いにして、主治医の先生や患者さんの理解も得られ顎骨壊死など大きな問題に繋がった症例はありません。
歯科の側から見るとBP製剤は厄介者ですが、医科の側からは骨折を予防し、寝たきりを防止し、生活機能や生活の質を向上させる有効な薬剤です。

そして、一部の悪性腫瘍では大変有用性が高く注射薬で使われています。
このような現状を考えると“ぼやいてばかり”ではなく我々歯科医師がしっかり情報確認し把握すればいいだけなのです。

どうです?
アカデミックなお話だったかな?

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
サーキュレーター
この時期、家電量販店やホームセンターを訪れるとストーブ、コタツ、空気清浄機と定番の機器を目にします。
そして、売り場の一角には必ずサーキュレーターなる扇風機のような“小型の送風機”を見かけます。

電気料金の値上がりや節電の呼びかけにより、省エネ家電製品もたくさんリリースされていますが、サーキュレーターはとってもお得な家電だということをあらためて認識しました。

当院に於いても、院内改装時に天井扇を付けてみたり、サーキュレーターを導入することで、快適さと節電の両立を実感できていたのです。

そして今回、自宅居間でも使ってみようと、家電量販店で最新式のサーキュレーターを購入してみました。
DCモーター搭載で音の静かさと使用電力の少なさを両立しつつ、バッテリーを内臓し、いざとなったらコードレスでも使うことのできるタイプです。

早速使ってみた感想はと言うと「何で、もっと前から使わなかったんだ!」と後悔の塊です。
良いことばかりで悪いことが何も無いと言うことです。
1)    音が静かで気にならない
2)    節電効果が抜群
3)    ストーブかエアコンどちらかのみで部屋の中は半袖シャツでOK
4)    エアコンの場合は温度設定が低くてもOKなので静かでお金も節約
5)    ストーブとの併用では、湿度が高く保てるため風邪をひきにくく、さらにお薦め
6)    首振りやタイマー機能が付いていて便利で安心
7)    バッテリー内臓なので停電時でも運転可能
8)    小春日和であればサーキュレーターのみで暖房器具無しでも十分暖かい
9)    リモコンで操作できるので楽ちん
10)    今年の冬はどれくらい電気代が安くなるか楽しみ
以上、気がついた事を列挙してみました。

実際に使ってみてこんなに効果抜群だとは思っていなかったのでビックリです。

是非、一家に一台サーキュレーターを!
或いは各部屋に一台サーキュレーターを!

なんだかメーカーの宣伝責任者みたいになってしまいましたが、使うと良さが解りますよ。
できれば、色々な機能が付いたサーキュレーターがお勧めです。
高機能でもそんなにお値段高くは無いですから!

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
だいじな ほけん
あちゃ~、またまた「私が嫌いだ~」と綴ったことのあるCMが復活しました。しかも、さらにパワーアップして!
結婚式の場に現れた男に対して「だいじな・・・ほけん」と言い切る女!

「いったい、なにかんがえてんだ~!」まったくもって、わけがわかりません!
まあ、CMだから話題になればそれでOKなんだから、目くじら立てることもあるまい!と余裕を持って構えていればいいだけなんですがね。

それでもつい難癖を付けてしまいたくなるのです。
モテモテ女子で出来る女ならば、こんなセリフを吐くのも有りなのかもしれませんが、女性にモテた経験の無い私のような男性だと、とても捻くれた解釈をしたくなるものです。

“だいじな・・・ほけん”と言われた男は、女性にとって本命になることの無い単なる保険君であって、第二本命にも、第三本命にも成れない存在としか思えないのです。

こんなことを考えてしまう私も、変人と言われてしまいそうですが、何となく自分の事を指されている気がしてしまうため、兎に角このCMは大嫌いです。

このCMを考えた人は恐らく、いや、絶対私と同世代では無いはずです。
強いて言うならば、新人類、宇宙人と言われた、私より若い世代、或いは女性?に違いないと思うのですがいかが?
最終的にOKを出したスポンサー企業の責任者は私より上の世代それとも下なのかしら?

考えれば考えるほどわかりません!
これだけは言っておきます。
私の大事な保険は○○保険です。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
恒例化
いよいよ寒さも本番になってきました。
紅葉前線も南下、北国では雪の便りも聞かれ始めました。

そんな中、庭にあるフェイジョアの木が今年もたくさんの実をつけてくれました。
手が届かないところにある実だって、寒くなると自然に落ちてくるので収穫はとっても楽ちんな孝行者です。

以前も綴った事があるように、国内においてはとても珍しく、ほとんどの人が見たこともない幻の果実です。
当然、食したことのある人も殆どいないため、どんな味がするのかの表現もなかなかに難しいものです。

とても香が良く、甘酸っぱいパッションフルーツの様でもあり、ラ・フランスの様な食感をもつ南国フルーツでしょうか?
花が咲いたら咲いただけ実るので、ほったらかしにすると小さな実がこれでもか!と収穫出来てしまいます。

あまりに小さいと食するのが面倒なので、選果したいものの高い場所にあるものにはお手上げ状態です。
よって、今年も小さな実を中心に超大量収穫となってしまいました。(オーマイガー!)

比較的大きな実は、皮をむいて生食。
あまりに小さな実は残念ながら放置!(もったいない!)
中程度の大きさの実が大半なのですが、このサイズをどうするかが最大の難敵です。

親しい人に差し上げてもいいのですが、貰っても「わあ、うれしい!」と言ったものでもない為、例年ジャムに加工して楽しむことが恒例になっています。

とにかく大量なので、何百個も皮をむくことから始まるのですが、慣れない包丁使いで手に豆が出来てしまいます。
次いで、ミキサーで砕きペースト状にしてから、大量の砂糖を加え煮るのです。

そう、フェイジョアの実と砂糖だけの100%天然ジャムを完成させます。

あまりに大量にできてしまうので、一部は冷凍して一年かけて完食することで授かった届け物に感謝することが恒例です。
しかもこのジャム作り、年々腕を上げていると自負しています。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
いよいよ解禁!
殆どの方たちはご存知無いでしょうが、いよいよ狩猟の解禁です。
但し、地域によっては時期が異なるので一般的には狩猟解禁ですと言っておきましょう。

最近は、野生動物による農産物被害の拡大や、住宅地周辺にも出没し住民被害も問題となっています。
それ故に、一年中猟期といっても良い地域もあり、深刻さが伺えます。

このため、どうしても“駆除する”といった側面ばかりが強調されがちですが、仕留めた野生動物を“美味しく頂く”という段階があって、初めて狩猟とも言える筈です。

標的射撃はするけど狩猟をやらない私が声を大にしても伝わらないのですが、確実に言えることは、野生動物を美味しく頂くには、とても大変な作業があって初めて可能だと言うこともあります。

一番多いのは「匂いがね~!」との意見ですが、確かにその通りなのも事実です。
私も射友を通して多くの肉を頂き、そして食してまいりました。

そして、感じたことは野生動物の解体作業やその肉の処理の仕方によって、匂いと味そして硬さを大きく変化させることが可能であることです。

私も野生動物のお肉は臭くて硬いと固定観念とも思えるものを持ち続けていた一人でしたが、今ではキチンと処理されればスーパーで売っているお肉と引けを取らないかもしれないとまで考えが変化しています。

先日、福島県の射撃場まで遠征射撃に出かけてきました。
ある射友が仕留めた熊と鹿の肉によるジビエバーベキューが披露され、あまりの美味しさに待ち時間の間、ズ~とひたすら焼いては食べを繰り返してしまいました。

その場で焼かれた熊肉は、それまでの硬くて少々匂いが気になるというイメージをまったく覆がえしてくれました。
「え~、熊ってとにかく硬いというイメージだったのに、この熊肉は柔らかくて鹿肉と言われても判らないくらいですね!」

「これって、何か特別なことをしたのですか?」と真剣に聞いてしまう出来事でした。
是非是非皆さん!
「美味しい」と唸ってしまう野生動物を実際に口にしてみて下さい。
絶対考えが変わります!

実は、ハクビシンも美味しいらしいですよ!
残念ながら私はまだチャンスに恵まれていませんが、何でも夜行性のため、猟が昼間しかできないこともあり、捕えるのが困難だそうです。

さらに、煮ても焼いても食えぬ野生の食材はハシビロガモだそうです。
臭くて臭くてどうしても食べられないと有名なお話です。

投稿者 土井歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)